Cryptcoin Junkey

Cryptcoin Junkey

@1234

I'm just a BOT.

(;;)

No one you following yet

モナカードへのタダ乗りは?

つぶやき。ぽえむ。 廉価で発行でき有志が IPFS の pin 留めしてくれるモナカードを作り、他のプラットフォームで高値で売るのは、可能だがダメだろ という雑談を、どこかで見かけました。 まあ、できるなら、やりますよね…。 Ⓜ 以下、無職業者 BOT の個人的意見ですが。 IPFS のハッシュって、コンテンツが同じ限り同一なのですよね。 つまり、モナカードの善意を逆手に取って儲けようなんぞ思う輩については、リストアップして公表できます。 匿名で好き放題できると思われがちなクリプト界隈ですが、評判経済という潮流に飲み込まれずに済むはずもなく、評判の落ちたところから好んで買う人も多くはないでしょう。 また敵意をもってリストアップしなくても良いかもしれず、穏健なリストアップで「流通しているカードの永続性に気を遣っているデジタルアートプロジェクト」という評判がモナカードに立つなら、それはそれで広告コストとして十分にペイするかもしれません。 モナカードの最大の弱みは「知られていないこと」なので、何か騒ぎがおきたほうがプラスだ、くらいに思いながら、無職業者 BOT はモナカード用の pinnet を構築するための基盤をちまちま作っていたところでした。 (しかしモナパーティ自身の機能強化もあるので、手が足りていない) 考え方は、ひとそれぞれ。みんな違って。ぽえむ。

モナパーティには 2 種類の「アドレス」がある

ちょいと技術的な話を。ぽえむではない。 イーサリアム系のチェーンには、外部所有アカウント(EOA)とコントラクトアドレスの 2 種類のアドレスがある。これは割と知られていることでしょう。イーサリアム入門者は、大抵この辺りの理解が足りないがゆえの痛い目を見るので。 イーサリアムとは在り方が違うのですが、実は Counterparty にも 2 種類のアドレスがあります。よってモナパーティにも 2 種類のアドレスがあります。 一つはモナコインアドレスです。これは分かりやすいですね。アセットを所有でき、Counterparty-server が解釈するメッセージを送信できる。お馴染みです。 もう一つは tx_hash です。 Ⓜ この雑文を読み終えたとき「なるほど」と思う読者層には tx_hash の細かい説明はいらないでしょう。 もし馴染みがないようでしたら、Insight などのブロックチェーンエクスプローラを眺めているとダラダラと流れてくる数字を思い出してください、あれは大抵の場合 tx_hash です。 「Counterparty のメッセージはトランザクションの output に OP_RETURN という仕組みを使って埋め込まれる」というのは、割と知られている話でしょう。 Counterparty のメッセージは 1 トランザクション当たり 1 つしか含まれません。トランザクションには output の元となる input となる utxo の情報など含みます。たとえ同じメッセージが繰り返されたとしても、トランザクション全体の hash が、他のトランザクションの hash と同じになることは(確率は0でないにしても事実上)ありません。 重複しないなら場所を示す情報(アドレス)として使えます。そこで、(Counterparty-server が valid と認めたメッセージから始まる)コントラクトの場所を特定する情報として、tx_hash が使われています。コントラクトの場所を示す、事実上の「アドレス」です。 「なんとなく解りそうだが解らん」という読者のために、具体例として cancel メッセージを挙げておきます。Counterparty では古くからあるメッセージです。 cancel メッセージは、DEX などマッチングを待っているコントラクトに対して中断を要求するメッセージです。このメッセージの引数は、マッチング待ちを開始したメッセージを含む tx_hash です。 Ⓜ いままでの Counterparty では、第 2 のアドレスである tx_hash の存在は、ほぼ認識せずに済んできました。認識しなければならなかったのは、 DEX や Bet の UI を作る人くらいでしょうか。 今後も多くのユーザにとっては知らな

Monaparty Automation の設計発想

つぶやき。ぽえむ。 Ⓜ プログラミング言語って、様々な分類方法があります。その中の一つに、汎用言語とドメイン固有言語という区分け法があります。 汎用言語は、ざっくり「プログラミングスクールが教えているようなやつ」です。ドメイン固有言語は「特定領域(=ドメイン)では便利だが、他分野への応用は効かないやつ」です。 プログラミング言語に詳しくない方でも、Microsoft Excel ではマクロが使えて、さらに VBA で高度なことができるという話は耳にしたことがあるのではと思います。Excel マクロはドメイン固有言語、VBA は汎用言語です。 Ⓜ イーサリアムで主に使われている Solidity は、暗号資産を扱うためのドメイン固有言語ではあるのですが、どちらかというと汎用言語に近い思想で設計されています。 イーサリアムの成功を受けて雨後の筍のように出たスマコン系チェーンは概ね「汎用言語でプログラミングできる」を謳っています。 汎用言語でスマコンを記述するメリットは「スマコン以外でのプログラミングの経験が活きる」「自由度が高い」です。デメリットは「プログラミング未経験者には敷居が高い」「言語によってはバグを生み出しやすい」です。「バグの生み出しやすさ」は「自由度の高さ」の裏返しなので、痛し痒しなのですが。 ドメイン固有言語でスマコンを記述するメリット/デメリットは、概ね汎用言語のそれと裏腹になります。 Ⓜ Monaparty Automation は、ドメイン固有言語のアプローチを採っています。 「モナパーティの利用者は、アセットの送付とか DEX 取引とかをしたい」つまり「メッセージをチェーンに刻みつける作業の自動化以外の自動化に興味がない」はずなので、それに必要な機能のみ提供すれば十分便利、という前提に立っています。モナパーティがコンピュータになったからといって、それを使って CG を描くための行列計算とかしないでしょふつう、という。 ただし、Excel マクロも汎用言語で解決できる計算問題なら(効率はさておき)解決できるのと同様に、Monaparty Automation も CG を描くための行列計算に使えます。少なくとも設計上は。動作させるために消費される XMP 額は膨大になるでしょうけれども。 Ⓜ (マインクラフトの)レッドストーンと似たようなものでは、という解釈をどこかで見ました。ユーザ体験的に、狙っているところは確かに似ています。既にある世界観に自動化を溶け込ませているのは同じで

遅延評価と Monaparty Automation

つぶやき。ぽえむ。 順調に遅れている Monaparty Automation ですが、実現を支援するためのメッセージ仕様の検討を始めました。 今回草稿は日本語で書いたので読んでいただければ分かる話なのですが、要約すると、メッセージを後で評価するというだけの機能です。タイマー予約みたいな。 この機能、ワンショットでも使い勝手がよい(Twitter では「DEX と絡めてオークションに使える」という案が出ていました)のですが「遅延評価したメッセージ自身を遅延評価に再登録する」ことで、周期実行ができます。読者が JavaScript でなにか書いたことがある方なら、こんなコードとだいたい同じと思っていただければ。 // 1 秒ごとに実行される。 setTimeout(function loop() { setTimeout("loop()",1000); }, 1000); Ⓜ 学校の教科書によると、コンピュータは「逐次」「反復」「分岐」で動くとされてます。これに「変数」を加える流派もあるようです。 今回策定中の遅延評価メッセージを使うと、「逐次」と「反復」が実現されます。「変数」はモナパーティのアセットを使えばよいです。変数に関しては broadcast や (リリース準備中の) asset_metadata を使う手もあるでしょう。 すると、「分岐」を支援するメッセージが登場すれば、モナパーティはそれ自身がコンピュータになります。<span styl

モナコインと短期トレード

つぶやき。ぽえむ。 結論だけ先に書く。 「モナコインは、短期トレードには全く向かない資産になりつつある」 Ⓜ 板取引勢が言いそうな理由は、ここでは書かない。雲を描いたりフィボナッチな円を描いたりするのは才能溢れるアーティストに任せる。 先日、AskMona 管理人氏が国税庁に宛てる予定の文書が、一部界隈でちょっとした話題になった。 事前照会の趣旨は(国税庁に宛てるのだから当然)税制に関するものなのだが、その根拠として用いられたデータがある。 いっぽう、モナコインの保有者は、OP_RETURNという仕組みを用いることにより、不特定の者に対する事実上の支払を行うことなしに、純粋に任意の文字列をブロックチェーンに記録することが可能です。ブロックチェーン上の記録を調べますと、令和3年11月1日から令和3年11月1日までの間におきまして、すべての記録のうち60.4パーセントがOP_RETURNという仕組みを用いています。このため、モナコインは不特定の者に対する事実上の支払のためにのみ用いられているといったことはありません。 要するにモナコインのオンチェーンは、暗号資産 MONA の送金手段よりも、他の価値記録(モナパーティとか落書きとか)のために存在していると言って差し支えない状態になっている。 ここで、ビットコイナーでありながらモナコイナーも自認している田中氏の文章が思い出される。 <d

Yuya purchased this article 8vt2ojj8j

100

Yuya purchased this article qj8fg6g19

100

Purchased this article lrgwhu85m

-100

Purchased this article nrshix3wn

-100

culizusi purchased this article 7oy7j0upn

100

culizusi purchased this article id32wr9b6

100

宇都宮 tipped this article 7oy7j0upn

240

Purchased this article li1z12o1s

-100

Yuya purchased this article bg4hi3zoz

100

test purchased this article crmq3trrr

100

Purchased this article hbf2pvtmg

-100

kojisan purchased this article l5muy1l3x

100

Yuya purchased this article 8faq18i1i

100

Purchased this article y9hrvhbjy

-100

Purchased this article 4bvevmhjk

-100

unknown purchased this article crmq3trrr

100

Anonymous purchased this article 85iphjpfm

100

Yuya purchased this article v8zdc8f9c

100

じゅんじゅん purchased this article v8zdc8f9c

100

Purchased this article k5nb7i4df

-100

Popular stories

Mona is moving the branch to Bitcoin core, why?

1128

唯一性と希少性と、デジタル・アセット

1040

Monacoin-core 0.20, when?

844

Archives

2022-01
13posts
2021-12
2posts
2021-11
5posts
2021-10
7posts
2021-09
16posts
2021-08
1posts
2021-07
4posts
2021-06
19posts
2021-05
1posts
2021-04
11posts
2021-03
28posts
2021-02
28posts
2021-01
20posts
2020-12
6posts
2020-11
15posts
2020-10
33posts
2020-09
8posts
2020-07
1posts
2020-06
1posts