Monaparty に登場した MONANA アセットについて

2020 年 9 月中旬から、Monaparty に MONANA という名前のアセットが登場しました。このアセットについて、非公式な見解を記しておきます。

ちなみに Monaparty の公式な見解は

「ノンカストディアルなチェーンの上で
利用者が何をして何が起きても知らんがな」

です。バグでチェーンが止まるなんてことはないよう、ノードのコードについては最善は尽くします。以上。

MONANA アセットとは

XMP 以外の全てのアセットと同様に、誰かが生成した Monaparty 上のアセットです。

Monaparty のアセットは、埋め込みのコントラクトしか動作しないので、アセット自身には別段の特徴はありません。

しかし、どうやらオフチェーンで、いわゆる金融庁ホワイトリスト銘柄である Monacoin と双方向に交換できる…よう…です…。

…と曖昧な表現にしているのは、MONANA の発行者が日本の資金決済法が定める仮想通貨交換業の登録を受けているか、現時点では不明だから。

ここでは交換の方法など、具体的なところには踏み込みません。幇助での検挙という極悪な得意技を持つ、警察のご厄介にはなりたくないので。

ご興味ある方は Google 先生を駆使するなり Telegram やら ダーク web やらに潜るなりしてください。

誰が発行し誰が交換に応じているのか

不明です。秘密鍵の所有者が発行したことは確定的に言えますが、誰が所有者なのかは本人以外知りえません。

このようなサービスを作り切れるのは、日本全体を見ても 1000 人も居ないでしょう。さらに Monaparty に興味を持つ人となれば、かなり絞られてきます。外国人という可能性もゼロではありませんが。大体の目星はつきます。言わないけど。

ちなみに作者は当業者 BOT および中の人ではありません。証明できないですが。

DEX の開発運用者というだけでも淡いグレーを感じるのに、仮想通貨交換業の登録無くこのようなサービスを行ったら、完全に役満、クロでしょう。実績上げたくて仕方がないサイバー警察が喜んで乗り込んできますわ。さすがにそこまで人生賭けられません。

信じていいの?安全なの?

MONANA 自身は単なる Monaparty アセットなので、安全というか、まあ、他の Monacard などと差はありません。

たぶん、この質問が出る真意は「1 MONA == 1 MONANA と信じていいの?」ということでしょう。

こたえは「わからん。お墨付きの与えようがない」です。

デポジットされた MONA が多くなった時点で MONANA と交換された MONA が略奪される可能性はあります。

発行者に悪意がある(またはカネに目がくらんで悪意が芽生える)可能性はあります。当業者Botの直感としては、たぶん無いだろうなとは思いますが。だがしかし、トラストレス。

発行者が善人のままでも秘密鍵が盗まれれば終わりです。いわゆる GOX …というか秘密鍵が盗まれるというケースなので、コインチェックのほうが近いでしょうか。

安心安全や価値源泉の確かさを重視するならば、Proof of Burn で消えたモナコインの裏付けがある XMP のほうが確実でしょう。

たとえ非公式な見解であっても「信じてよい」とは言えないのは率直なところです。

不正を検出する方法はないの?

あります。交換はオフチェーンですが MONA も MONANA も同じモナコインのブロックチェーンに履歴が残りますので。

mpchain.info が便利です。(ホントありがたいサービスだ)

まず、MONANA の総発行量と発行者のアドレスを確認します。

https://mpchain.info/asset/MONANA

本稿執筆時点で、供給量 1000 MONANA で、生成者も所有者も同じアドレスです。

では、このアドレスの情報を見てみましょう。

https://mpchain.info/address/MHTbD721xUW1yPm1hcJshavSDGTZQUy5wA

約 286 MONA と約 714 MONANA を保有しています。

286 + 714 == 1000 ですから、外部への流出がないことは分かります。とりあえず安心ですね。今のところは。 

使ったら法に触れる?

法律については弁護士にご相談いただくのが確実だと思いますが。

海外の取引所を使っているようなものなので、使った側に罰則がある可能性はほぼ無いと思います。法に問われるリスクがあるとしたら、交換サービスの提供側です。

まとめ

MONANA アセットについて、ざっと解っていることと解らないこと、リスク等について纏めました。

モナコインの界隈は、そもそも始祖であるワタナベ氏の素性すら判っておらず、それでも成り立ってきました。フザケているようでいて、中身はゴリゴリのトラストレス勢が育ててきたコインです。見抜けなければ使えない系。

Monapary も、その系譜の上にあります。サービスへの与信をどれくらいにしてよいのか見抜きつつ、何かがあっても笑って済ませる範囲の資金や時間で遊びましょう。

100