🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 16

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 16

“信用するな、検証せよ”についての考察 “「証拠は得られた」王様がいった。「では、求刑を!」”引用元:不思議の国のアリス ビットコインは従来の通貨を置き換えるか、少なくとも代替通貨を提供することを目的としている。従来の通貨は、米ドルのような法定通貨であれFortniteのV-Bucks(ゲーム内通貨)のような現代的な独占的通貨であれ、中央集権化された権威によって拘束されている。両方の例において、あなたはあなたのお金を発行、管理そして流通させる中央集権的権威を信用しなければならない。ビットコインはこの拘束を解き放つ。ビットコインが解決する主な問題は、信用の問題である。 “従来の通貨の根本的な問題は、それを機能させるために必要なあらゆる信用である。 […] 必要なのは、信用の代わりに暗号的証明に基づく電子決済システムである。”サトシ ビットコインは、中央サーバーや信用できる主体を持たず、完全に分散化されることにより信用の問題を解決する。信用できる主体どころか、信用できる第三者すらない。以上。中央の権威がない場合、単純に信頼すべき人も誰もいない。完全な分散化こそがイノベーションなのである。これこそが、ビットコインの強靭さの源であり、ビットコインが今も生き残っている理由である。分散化はまた、我々がマイニング、ノード、ハードウェア・ウォレット、そしてそうブロックチェーンを有している理由でもある。“信用”すべきなのは唯一、我々の数学と物理学の理解が完全に的外れではないということと、マイナーの過半数が(彼らがそうするように動機づけられているように)誠実に行動すると言うことのみである。 通常の世界は“信用するが、検証する”という仮定の下に動くが、ビットコインは“信用するな、検証せよ”という仮定の下に動いている。サトシはビットコイン・ホワイトペーパーの導入と結論部分の両方で、信用を取り除くことの重要性を非常に明確にした。 “結論: 我々は信用に基づかない電子取引のシステムを提案してきた。

MakerDAOの債務危機に関して

MakerDAOの債務危機に関して

はじめに本記事は、2020/3/12頃から発生したMakerDAOの債務危機についての整理と今後の展望・調査の足がかりのために記載しました。本記事を出発点として、MakerDAOの仕組みや改善点を浮き彫りにし、システムを俯瞰し、また今後の調査への参考になればと思います。 MakerDAOについてMakerDAOは、暗号資産を担保にステーブルコイン「DAI」の貸付ができるEthereum上のレンディングサービスです。当初は担保にできるコインはETHだけでしたが、2019年11月からBATを担保にDAIの貸し出しが可能となりました。また今回のBlack Thursday事件後には、USDCを担保にすることも可能となりました。 DAIの価格安定についてステーブルコインDAIは1DAI = 1USDになるように設計されいます。DAIの発行には発行額の150%のコインを担保する必要があり、このコインを担保する為の箱のことをVault(以前まではCDP: Collateral Debt Position)と言います。例えば、1ETH = 150USDで1ETHを担保とした場合、発行できるのは100DAIまでとなります。ここでETHの価格が上がれば、DAIの発行可能数は上がりますが、逆に価格が下がると、担保率が150%以下となってしまいます。担保率が150%以下となるとMakerDAOのネットワーク参加者(Keeperと言う)が、その担保を「清算」することが可能となります。これは、担保であるETHをDAIで買い付けて、DAIをシステムへ還元し、システムがDAIを消滅することで、清算されます。この清算プロセスが上手く回ることで、不良債権を減らし、システムを健全な状態に保つことがDAIの価格安定にとって非常に大切なこととなります。 (余談)こうやって見ると、なんだか銀行の貸付と似ていると思いませんか?既存の金融システムをそのままブロックチェーン上に実装することで、貸し借りの仲介者を無くすことが可能になることを示唆しているように思われます。ただ、現状では担保が必須であり、信用を担保とした。ここで、誰がDAIを発行しているのかという観点から、私たちが使っているお金は誰が発行しているのかを考えてみたいと思います。DAIはユーザーが借りる瞬間にシステムが発行し、ユーザーが返却すると消滅します。私たちが使っているお金も実はこれと同様なプロセスでお金の創造と消滅が行われます。銀行が企業に貸し付けた瞬間にお金が創造され、企業が返済すると消滅します。また、身近な例では、クレジットカードの利用も同様で、消費者がスーパーで買い物をしてクレジットカードで支払うと、消費者のバランスシートにはローンが、スーパーのバランスシートには預金が追加されます。消費者がクレジットカードの請求額を支払うと、銀行はその消費者の預金を減らします。これによって新規に作られたお金が消滅します。

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 15

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 15

  🐇Lesson 15🕳️数字の強み “えーと、四五の十二で、四六の十三で、四七が――あれ、これじゃいつまでたっても二十にならないぞ!”引用元:不思議の国のアリス 数字は我々の毎日の生活においてなくてはならないものだ。しかしながら、大きな数字と言うのは、我々のほとんどがなじみがないものである。日々の生活の中で出くわす最大の数字と言えば、数百万、数十億、または数兆の範囲である。我々は貧困状態にある何百万人もの人々、銀行救済に費やされた数十億ドル、そして何兆もの国家債務などについて目にするかもしれない。これらの見出しの意味を理解するのは難しいかもしれないが、これらの数字のサイズに関してはいくらかはなじんでいる。 数十億や数兆にはなじんでいるかもしれないが、我々の直観はすでにこうした大きさの数字の扱いをしくじり始めている。100万/10億/1兆秒が経過するのをどれだけ長く待たなければならないか、直感的に分かるだろうか?あなたが私のような人であるならば、実際に数字を噛み砕くことなくして途方に暮れてしまうことだろう。 この例を詳しく見てみよう。10⁶、 10⁹、10¹²:それぞれの差異は3桁の増加である。秒で考えるのはあまり役に立たないので、頭で理解できるものに変換することにしよう。 10⁶: 100万秒は1.5週間前。 10⁹: 10億秒はほぼ32年前。 10¹²: 1兆秒前にはマンハッタンは厚い氷の層の下にあった。 <img src="https://al

ビットコインアート

ビットコインアート

突然ですが、ビットコインアートというものを聞いたことがあるでしょうか?世の中にはビットコインの魅力に取り付かれた人々は、何もプログラマーやエンジニアだけではなく、作家や芸術家など様々な分野で活躍している人々もいるんです。 その中でも、今回はビットコインを絵画を通して表現している1Dq氏のアートをご紹介します。実際にビットコイン支払いで購入することもできるので、サイトに掲載されていた価格も一緒に記載しました(本記事の見出し画像は、今月のビットコインの下落×新型コロナをテーマにしたものらしいです)。  

ビットコインとは

ビットコインとは

今回ビットコインとはなにかについて簡単な記事を書きました。   ビットコインの生い立ち ビットコインは2008年10月にSatoshi Nakamotoと名乗る人物がホワイトペーパーを公開したことによってはじまりました。https://bitcoin.org/files/bitcoin-paper/bitcoin_jp.pdf その3か月後にビットコインのソフトウェアがオープンソースで公開され、運用が開始されました。それから今日に至るまでの11年間において、約99.98%のアップタイムを実現しており、かなり丈夫なデータベースであることがわかります。http://bitcoinuptime.com/ ではビットコインという分散台帳がなぜ今日に至るまで問題なく運用されているかを知るために、ビットコインの仕組みを見てみましょう。   ビットコインの概要 ドルだとFRBや日本にはBOJといった中央銀行がそれぞれの管理者として通貨の発行をコントロールしていますが、ビットコインには中央管理者がいません。またビットコインには誰が誰にいくら送金したかという台帳を管理する中央的存在(銀行)が存在しません。 ではビットコインを管理しているのは誰でしょうか。答えは皆さまです。 より詳しく説明しますと、ビットコインの世界ではだれでもノードを立ち上げ、今まで起きたすべてのトランザクションを確認することができます。これはすべてのトランザクションが含まれた台帳を各ノードが管理しているということを意味します。そして台帳の中身を10分に1回みんなで共有し、齟齬がないかを確認しています。結果としてすべての人が同じを台帳を持ち、帳尻が合うようになります。     マイニングの仕組み ではビットコインはどのように生成されているのでしょうか。 マイナーという存在がブロック報酬を手に入れるため、パズルを解いており、一番最初にパズルを解いたマイナーが報酬を手に入れる仕組みとなっております。4年間ごとにブロック報酬は半減する仕組みとなっており、はじめは50ビットコイン/ブロックの報酬でしたが、現在は12.5ビットコイン/ブロックであります。2020/5/11頃に半減期に突入し、マイニング報酬は6.25ビットコイン/ブロックとなります。 そもそもなぜマイナーは膨大な計算資源を要するパズルを解いているかというと、トランザクションの順位付けをするためです。これによって二重支払いを防いでおります。この膨大な計算資源を費やすことをProof of Workと呼ばれており、文字通りブロックを生

日経平均2万円割れ、円は対ドル100円に迫る。そしてBTCは暴落(3月9日午前の状況)

日経平均2万円割れ、円は対ドル100円に迫る。そしてBTCは暴落(3月9日午前の状況)

前回、武漢肺炎の記事を書いてから、ちょうど1カ月がたちました。 →武漢ウイルスの死者800人越え、BTCは110万円回復(2月9日の状況)   ではでは、3月9日の情報をまとめておきたいと思います。 中国本土の感染者数・・・累計8万735人 前回の記事では3万7000人だったので、115%の増加です。2倍以上ですね。   中国本土の死者数・・・累計3119人 前回の記事では800人を超えたところでした。それから約300%の増加。約4倍です。 出典:新型コロナ、中国本土の死者3119人に (日本経済新聞 2020/3/9)   前回記事では、中国のAIが「感染拡大のピークは2月16日ごろ」と予測したという話題を紹介しました。そして、ピーク時の感染者数は約6万人だとされていました。 これ、完全に外れましたね。 予断を許さない状況、というのはこのことなのではないかと思います。   経済への影響も気になるところ。 3月9日午前の終値は、日経平均株価が前週末比1276円68銭(6.15%)安い1万9473円07銭、円は対ドルで101円台をつけました。 大荒れです。   そしてビットコインです。   ビットコイン価格は、前日比で10%以上も安い(!)1BTC=82万円台に下落しています。 1BTC=110万円だった1カ月前と比べると、その下げ幅は25%!! つまり4分の1の価値が消えるという大暴落!!   ・・・悲鳴が聞こえてきそうです。   皆さん、この苦難の時期を、ともに乗り切りましょう。  

アカウント登録、入金、取引、出金するまで

アカウント登録、入金、取引、出金するまで

bitmaniaにアカウント登録、入金してから出金するまでの一連の流れについて書きました。 bitmaniaに登録https://bitmania-ex.com/ に行き、メールアドレスとパスワードを入力する。利用規約に同意した上で新規登録ボタンをクリックする。   登録したメールアドレスにメールが行くので、そのメールに含まれているurlをクリックしてアカウント登録は完了です。  入金方法右上にある入出金アイコンをクリックする。  一番上に出てくるビットコインアドレスあてにビットコインを送付すると入金になります。2つの承認を確認した後入金が完了します。   証拠金の振り替え方法入金した後、トレードしたい銘柄の証拠金にビットコインを入れてください。例えばMONAJPYをトレードしたい場合は、ウォレットから証拠金に移動で証拠金に移したい金額を入力して移動させてください。 そのあとは自由にその銘柄をトレードできます。  トレード方法取引したい銘柄のページに行きますと、ページの左にある下記の注文画面で取引することができます。 <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-

資金調達手数料の仕組み

資金調達手数料の仕組み

資金調達手数料の概要 bitmaniaでは現物取引は一切行われておらず、BTCを担保としたデリバティブ取引のみが可能となっております。デリバティブのみ取引可能な取引所では現物との価格乖離を防ぐ仕組みが必要であり、bitmaniaでは資金調達手数料の仕組みが導入されています。 具体的には下記のように資金調達手数料の徴収・付与が行われています。デリバティブ価格がIndex価格を上回っている場合、ロングポジション側がショートポジション側に資金調達手数料を支払います。Index価格がデリバティブ価格を上回っている場合、ショートポジション側がロングポジション側に資金調達手数料を支払います。 なお、取引所はもちろん資金調達手数料を受け取ることはありません。あくまでもユーザーの間で受け取り・支払いが発生しています。  資金調達レートの計算方法 資金調達手数料を徴収・付与する16時間前から8時間前に、1分ごとにインデックス価格とデリバティブの取引価格をそれぞれ算出し、その差をとります。その差をそのときのインデックス価格で割り、これを8時間分合計して平均をとったのが資金調達レートとなります。 下記計算式で資金調達手数料が計算されております。資金調達手数料=資金調達時に持っているポジション * 資金調達レート 例:資金調達レートが0.05%の状態でロングポジションを10BTC分持っているとき、資金調達手数料=10 * 0.05% = 0.005 BTCを支払うことになります。このとき10BTC分ショートしているユーザーは0.005 BTC分を受け取ります。 ※資金調達レートの最大値を0.375%,最小値を-0.375%でキャップしております。  資金調達時間 資金調達手数料は8時間ごとに徴収・付与されます。徴収・付与時間は6:00, 14:00, 22:00 JSTの計3回となっております。 資金調達手数料に着目したトレード戦略 資金調達手数料の説明は以上になります。資金調達手数料を用いた戦略はいろいろ考えられ、様々な取引所を用いて面白いポジションを構築することが可能になります。例としてbitmaniaとbitmexの間の資金調達手数料の差を裁定する取引などが考えられます。実際、3月7日におけるETH,XRPの資金調達手数料はbitmaniaでは0bps/8hrs近辺なのに対して、bitmexは8bps/8hrs近辺であります。bitmaniaでETHJPYをロングして、bitmexでETHUSDをショートして疑似デルタ・ニュートラルポジションを構築しながら8bps/8hrsを手に入れることが可能

デルタ・ニュートラルとは?

デルタ・ニュートラルとは?

本記事では最小コストでBTCJPYのポジションをデルタ・ニュートラルにする方法を解説します。 そもそもデルタとは?デルタとはBTCの微小変化(例えば1%)に対してPnLがどれぐらい変化するかを表す指標です。例:bitmaniaで1契約ロングした場合のデルタは10000*0.01=100JPYです。すなわちBTC価格が1%動くとPnLが100円分変化します。 デルタ・ニュートラルとはBTC価格が変化してもPnLに影響を与えないポジションを指します。もちろん現物のビットコインを一切持っていないユーザーのデルタはゼロです。この記事を読んでる人達の多くは現物のビットコインを持っていると思われ、本記事でデルタ・ニュートラルに持っていく最も効率的な方法を解説します。  デルタ・ニュートラルにする方法結論から言えば、BTCJPY価格 * 保有しているビットコインの枚数/10,000 分をbitmaniaでショートすればデルタ・ニュートラルとなります。例:2BTCを保有していて、そのときのBTCJPY価格が950,000円だと仮定しましょう。このとき、950,000 * 2 / 10,000 =190となり、bitmaniaで190枚の契約をショートすればデルタ・ニュートラルとなります。 このとき実際にBTCJPY価格が変動した際にPnLがどうなるか見てみましょう。BTCJPYが950,000円から1,100,000円に上昇したとします。このときbitmaniaでのPnLは(1/1,100,000-1/950,000) * 190 * 1000 = -0.272727 btc(約-300,000円)となります。現物の2BTCのPnLは(1,100,000-950,000) * 2 =300,000円となります。ポジション全体のPnLは0となりデルタ・ニュートラルであることが確認できます。  なぜbitmaniaでデルタ・ニュートラルにするべきか取引所の収益はおおむね2通りあります。1.売買手数料2.ポジション管理手数料 2のポジション管理手数料をとる取引所はデルタ・ニュートラルのポジションを持つのに適しておりません。例えばポジション管理手数料が0.04%/dayの取引所で、2BTC分のポジションを1か月間デルタ・ニュートラルの状態にした場合、支払う手数料は、950,000 * 2 * 0.04% * 30=22,800円です。(計算簡略化のためBTCJPY=950,000で固定しました。)デルタ・ニュートラルの状態を保つ期間が長ければ長

5分で分かるALTJPY FX

5分で分かるALTJPY FX

はじめにこの記事ではALTJPY FXの仕組みを簡単に説明します。様々なアルトコインがありますが、今回はMONAJPYで説明します。 詳細を知りたい方は下記ドキュメントをご参照ください。https://bitmania-ex.com/AltContractDetail?symbol=MONAJPY 1契約のサイズ弊社のALTJPY FXは1契約の大きさがそれぞれのBitcoin 乗数によって異なります。ALTJPY FXの契約サイズ = ALTJPY価格 * Bitcoin 乗数例えばMONAJPYの場合、Bitcoin 乗数=0.00005 BTCです。 したがって、記事執筆時(2020/03/04時点)のMONAJPYの契約サイズは197 * 0.00005 BTC = 0.00985 BTCとなります。  レバレッジ100倍のレバレッジで取引可能です。  インデックスbitmaniaはIMONAというインデックス価格を使用して損益計算やロスカットを行っています。IMONAはbitbank,Zaif,Bittrexの3つの取引所のMONA現物価格をそれぞれの出来高でウェイトして計算しております。具体的なウェイトは下記ドキュメントを参照ください。https://bitmania-ex.com/doc/ja/Rule#index-price  実勢価格との乖離防止方法bitmaniaはファンディングの仕組みを採用して実勢価格との乖離を最小化しております。  手数料Taker は手数料を支払いますが、Maker では手数料を受け取ります。 テイカー手数料:0.075%メイカー手数料:-0.025%  ゼロロスカット保険基金およびデレバレッジの仕組みでお客様が追証を受けることはございません。詳細は以下ドキュメントをご参照ください。https://bitmania-ex.com/doc/ja/Rule#insurancehttps://bitmania-ex.com/doc/ja/Rule#deleverage  最後にアルトコインをレバレッジ100倍で取

おねだり中のユーザー

Reckless広告

掲載方法はこちら