SBI VCがどうやって儲けているか全然分からないので2019年度の決算公告を見る

SBI VCがどうやって儲けているか全然分からないので2019年度の決算公告を見る

言い訳しておくと自分は会計畑の人間ではないですし、この記事は調べた数字と「どうやったらこの数字が出てくるのか?」という疑問について書きなぐったメモです。もしこの記事が有識者の目に止まって有益な情報が得られたらな…という期待で書いています。 1)疑問に思った経緯 自分はbitFlyer社の加納さんのツイートから疑問に思ったので調べ始めました。 顧客の預かり資産以上に営業収益が出るのは、どういうことでしょう? https://t.co/xtkeg6Q8qr — 加納裕三 (Yuzo Kano) (@YuzoKano) August 8, 2020 こちらは、たなかたかゆき(パピコ)さん(@papico_chupa)がまとめられた国内の仮想通貨交換業者の2019年度決算について言及されたものです。 ここで確認したいのはSBI VCトレード社以外の業者は「預かり資産」>「営業収益」となっていることです。 取引所の収益源と言うと、顧客の売買等の手数料で稼ぐのが基本的だと思われます。例えば売買手数料1%だとして(クソ高いですがw)顧客から100万円を預かり、顧客が100万円分の売買を指示した時に取引所が1万円の収入を得ます。仮に顧客が全力で100回取引を繰り返したとしても取引所の取り分は約63.4万円です(顧客の手元には100万円 × 0.99^100 ≒ 36.6万円残る)。永遠に預かり資産を上回る収益は得られません。 入出金・レバレッジ取引・ポジション維持手数料、追証、呑み…等の要素も絡んでは来ますが、手数料ビジネスだけでは顧客の「預かり資産」を「営業収益」が上回ることは基本的にありえないと思います。あるとすれば、手数料とは全く別の収益源が必要になります。 ここで業界に鳴り物入りで参画してきたディーカレット社の数字を比較対象として見てみましょう。 <a href="https://www.decurret.c

100

【カルダノADA】インセンティブテストネットのステーキング報酬の復元方法

2020年8月8日にダイダロスウォレットのver2.1.0がリリースされました。今回のバージョンアップにより先行的に稼働していたインセンティブテストネットでのステーキング報酬の復元が可能となりました。 shelleyダイダロスウォレットでのインセンティブテストネット(ITN)のステーキング報酬の復元の仕方についてまとめます。 ①ダイダロスをダウンロードする 以下オフィシャルサイトからダイダロスをダウンロードします。 https://daedaluswallet.io/ なお今までのダイダロスをお持ちの場合、ダイダロスを立ち上げると以下のような最新版リリースの通知が表示されます。 「Daedaluswallet.ioでDaedalusをダウンロードする」を選択すれば確実にオフィシャルサイトに遷移しますのでそちらからダウンロードしてください。 ダウンロードする端末OSに合わせて緑色のボタン「ダイダロスのダウンロード」を選択します。macOS、Linux、Windowsに対応しています。 サポート対象のプラットフォーム Windows 8.1、Windows 10(64ビットWindowsのみサポート)MacOS 10.13, MacOS 10.14, MacOS 10.15Linux - テスト対象:Ubuntu 18.04 LTSUbuntu 20.04 LTSFedora 28 推奨する最低ハードウェア要件 64ビットデュアルコアプロセッサ4GBのRAM10GBの空きディスク容量ブロードバンドインターネット接続 インストールする ダウンロードが完了するとインストーラーが立ち上がります。 以下はMacの場合の画面ですが、他OSもインストール画面は違えど工程は基本的には同じです。なおインストールの際はダイダロスのウォレットを一

【カルダノADA】インセンティブテストネットのステーキング報酬の復元方法

暗号通貨界最強のSNS「Ask Mona 3.0」

Askmonaはモナコイン関連サービスの中でも太古から存在するSNSサービスです。 暗号通貨を活用したいと考える愛好家であれば、誰でも気軽にコインを投げたり受け取ったりできるSNSを一度は夢見るでしょう。 モナコインには、あります。 機能はシンプルで、スレッド型の掲示板型で、コメントに対して気軽にモナコインが送金できる機能が搭載されています。 本来は、ヤフー!知恵袋的な質問に答えてモナコインをもらう的なコンセプトということでしたが、現在では掲示板としての利用が主となっています。 もともとはAsk Monaという名称でしたが、日本のカストディ規制に対応するためAsk Mona 3.0へアップデートし、最先端の新時代のSNSサービスとなりました。 秘密鍵は自分で管理しつつ、全ての投稿に対して、モナコインの送受信が可能です。<br style="outline:

暗号通貨界最強のSNS「Ask Mona 3.0」

やさしいAMM

Uniswap, Curve, Bancor, Balancerに代表されるAutomated Market Maker (AMM)の雰囲気だけお伝えします。   AMMはプールされた複数のアセット間の取引を提供する仕組みです。Automatedと言っているので、ある基本原理のもとに勝手に動きます。それは大別すると主に次の2つです: x * y = 一定 x + y = 一定 ここでx, yはそれぞれプール内のアセットの量です。   x * y = 一定 のAMM Uniswap, Bancor v1, Balancerが該当します。 この原理は y = 1 / x の形に書き直せるので、プール内のアセット量が辿る軌跡を描いてみると、次の図の青線のようになります。 ある時点での価格はプールに少量(dx)が入ってきたときに出ていく量(dy)から考えることができるので、接線の傾き(dy/dx)です。   上の図の例で言えば、オレンジの点(x, y) = (1, 1)での価格は y/x = 1で、緑の点(x, y) = (2, 0.5)での価格は y/x = 0.25です。   x, yのどちらも0になることはないため、プール内のアセットバランスがどのような場合でも価格を算定し取引を提供することができます。逆に言うと、アセットバランスに応じて価格を導出するプライスファインダー(オラクル)としての役割を持ちます。   発展 Uniswap基本原理の正体は (x^0.5) * (y^0.5) = 一定 です。ウェイト(0.5)が隠れています。   Balancerではウェイトを自由に設定できます: (x^w1) * (y^w2) = 一定   さらにアセットの種類も3つ以上にすることができて、 (x1^w1) * (x2^w2) * ... * (xn^wn) = 一定 というのが一般化された姿です。 参考: Balancer whitepaper https://balancer.finance/whitepaper/ x + y

やさしいAMM

チェックインLN端末作ってみた

以前、ビットコイン価格ティッカーを作ったことを記事で紹介しました。 今回は、昨年ツイッター上でBen Arc氏がLightning Networkを使ったビットコインのフィジカルLN蛇口(原名はphysically-faucet)を作って紹介していたので、今回はそれをマネしてM5StackにそのLN蛇口機能を実装してみました。 動作は以下のとおりシンプルです。 端末がビットコインのギフト用QRコードを生成 LN対応ウォレットでQRコードをスキャンしてビットコインを受け取る 以下がそのデモ動画になります。 これを使えば、お店やゲストハウス、コワーキングスペース等に設置して、訪問するたびにビットコイン(100satoshi)が貰える、なんてことができます!! 少額でもなんか嬉しくないですか?? ポイントよりもやっぱり本物?のビットコインが欲しいですよね(笑) もしこのチェックイン端末に興味がある方がいましたらご連絡ください!コメントもいただけると嬉しいです!!   (参考) 今回のプロジェクトの仕様は以下となります。 デバイス:M5Stack Basic LNノード:c-lightning プラグイン:Sparko 参考プロジェクト(フォーク元)の仕様は以下となります。 デバイス:ST7735 1.8 TFT, ESP32 NodeMCU 32s LNノード:LND インタフェース:Zap Wallet <

チェックインLN端末作ってみた

FTXのデリバティブDEX「Serum」が登場とのこと

こんにちは、ビットコインFX狂騒曲を運営しているbit仙人です。 Bspeak!クリプトメルマガさんから届いたメルマガに、気になるトピックがあったので紹介します。※CoinPostさんも数日前に紹介してた 以下引用 暗号取引所FTXは、Serumと呼ばれる分散型取引所(DEX)を、今後数週間以内にSolanaブロックチェーン上に構築する計画を発表しました。 Serum(SRM)と MegaSerum(MSRM)というトークンが発行される予定で、ディスカウントに使われます。またステーキングとバーンにも使われる予定です。 またSolanaは5月にKinというプロジェクトがSolanaに移行することも発表されていて、徐々に注目を集めています。 今回の発表をうけてSolanaのトークンは14%ほど上昇し、セールから700%ほどになったとのこと。 今回のSerumはSolanaを使ってEthereumの互換性をもたせる予定ですが、Solana以外のスマコンプラットフォームも、Ethereum互換を前提としています。そういった意味で、Ethereum Killierと言われているプラットフォームはEthereumサイドチェーンの役割が大きくなります。   Serum上で発行される予定のBTCトークンとUSDトークンの仕組み 1. Serum上で毎週満期を迎えるBTCの先物契約をつくる 2. それぞれの先物契約のロングポジションを表すトークンをつくる(例:BTC-2020-07-22、BTC-2020-07-29) しかし有効期限があると、区別されて流動性が十分につくれないし、検索もしにくい。 3.そこで、もう一つのトークンSerumBTCを作る。スマートコントラクトで「BTC-2020-07-22トークン」をロックし、等価の「SerumBTCトークン」を生成する。redeem(償還)もそのスマートコントラクトが行う。 毎週SerumBTCコントラクトが、現状のBTC先物(例:BTC-2020-07-22)から次の週のBTC先物(例:BTC-2020-07-29)へと自動的に担保対象を変更する。 こうしてSerumBTC自体は有効期限がないSerum上のBTCトークンを作る。 全てtoken化することで、期限のない限月つなぎのビットコイン先物?ができるってことですね。 流動性次第では使う

FTXのデリバティブDEX「Serum」が登場とのこと

貯金好き日本人が知らない事実。銀行は魔法使い。

みなさんは貯金するために銀行を利用します。 私自身も銀行をたくさん利用します。 しかしこれから話すことは皆さんが意外と知らないような銀行のお話です。 これを聞いて少し怖く感じる人もいるかもしれません。 銀行について悪いイメージを作っているわけではありませんのでそこはご了承ください。

貯金好き日本人が知らない事実。銀行は魔法使い。
300

デジタルゴールドから脱皮した時、ビットコインは真のアセットになる?

なんか カッコつけたタイトルにしちゃいましたが、内容は大したことないです。   ビットコインはよく、金に例えられて「デジタルゴールド」といわれていますね。 でも私は最近、ビットコインをデジタルゴールドだという表現にあんまりしっくりこない。なんか視野が狭まる感じがして…。   確かに性質はゴールドに似ているし、よくわからない人にはキャッチーなフレーズだし、イメージがつきやすいかもしれない。 定義づけすればたしかにわかりやすいんだけど、でもビットコインを通貨とか決済とかデジタルゴールドとかって、型にはめる考え方はどうなんだろうか。   ビットコインはビットコインだし、 1BTCは、1BTCだし。  

デジタルゴールドから脱皮した時、ビットコインは真のアセットになる?

Discordに書き込みしたらSatoshiがもらえる仕組みを作った

こんにちは。最近のSpotlightには真面目な投稿が増えてきてますね。私はツイッターみたいな使い方をしていたのですが、今日から改めたいと思います。 さて、私は普段コインランというプライベートコミュニティのDiscordでクリプト関連の情報を発信しています。このDiscord内で書き込みをしたら、1投稿あたり100satoshiがもらえる機能を実装したので、実現までの経緯を記録したいと思います。 ■ コインランの紹介ページhttps://lounge.dmm.com/detail/1114/   ビットコインのフルノードを建てる まずここが一番の障壁です。Discordのボットを動かしているのはクラウド上のサーバーなので、ビットコインのフルノード、そしてライトニングのノードもクラウド上に構築する必要がありました。 ビットコインのチェーンサイズは執筆時点で約300GB近くあるので、その辺の格安VPSではストレージが足りません。また、愚直にAWSで立てようとすると毎月のコストが1万円を超えます。 ということで、まずはPRUNEノードでの運用を考えました。PRUNEノードは、古いチェーンのデータは捨て新しいブロックのみを管理するノード設定のことです。もしPRUNEノードでライトニングを稼働させることができれば、月1000円弱の格安VPSでも運用可能になります。 しかし、PRUNEノードではライトニングのノード(LND)は動きませんでした。LNDに対してオンチェーン送金を行うと、なぜかコンファメーション数がマイナスの値になるなど、まともに動作しませんでした。 結局、流行りのSSH採用VPSではなくHDDのVPSを利用してフルノードを建てることにしました。カゴヤのVPSならHDD400GBで月1760円なので、これなら許容範囲です。(BigStoneさんに教えてもらいました)https://www.kagoya.jp/cloud/vps/ ライトニングのノードを建てる ライトニングの実装はいくつかあります。今回はLNDを採用することにしました。理由は周辺ツールが一番充実しているからです。https://github.com/lightningnetwork/lnd 外部からLN

Discordに書き込みしたらSatoshiがもらえる仕組みを作った

Reckless広告

掲載方法はこちら

おねだり中のユーザー

おねだり中のユーザーはまだいません。