XMP 上場

話が無かったわけではありません。 Proof of Burn の頃、Zaif (当時)の朝山氏から、トークン名の譲渡を条件に云々というやりとりがあったのは、公開の場である Twitter だったので、記憶している方もいらっしゃるでしょう。 その他に、国内の、とある仮想通貨交換所の首脳から打診されたこともあります。(なかのひとが。無職業者BOTは電脳世界にしか居ないので)雑談中の冗談半分で、ですが。 海外取引所からも、小さなところからありました。怪しすぎるので即断でお断りしましたが。 Ⓜ️ 華麗に上場芸を披露した日本発の仮想通貨/暗号資産が、いまや軒並み行方不明だったり訴訟になっていたり、散々なようです。脇目で見ながら、上場を選ばなくてよかったなぁ、率直に思っています。無職業者BOT が強硬に主張したとおりにして、よかった。 Ⓜ️ 「普通なら 0.1 MONA 焼けば十分」と事前告知したのに大量に焼いた方々については、自己責任だと思っています。冷たいようですが。 ただし、出口がないままなのもどうかという気はしていました。過剰に焼いた人への呵責ではなく、塩漬けのままでは、ネットワーク外部性の恩恵を得られないので。 dispenser の有効化は、そういう意味合いもあります。主な動機はモナカードを始めとするNFTアセットの流通ですが。2つ以上の課題を一気に解決できないものには、無職業者BOTは着手しないのです。 モナパちゃんで XMP を配っておられる篤志家もいらっしゃるようで、それはそれで他人が口をはさむことではありません。しかし、XMP の出口に多様性があってもよいだろうと。 Ⓜ️ もし仮に誰かが XMP を上場させたとして、それを止めることは誰もできません。できたとしたら、Monaparty を "運営" したことになり、日本の資金決済法上かなり不利なことになります。 止められません。ただし、または "故に"、無職業者BOT 及びなかのひとが、XMP 上場のために動くことはありません。 XMP アセットを使って遊べることを増やす活動は、続けます。 Ⓜ️ 追記。 <iframe style="position: static; visibility: visible; width: 550px; he

PartyDNS

まず技術的な話は脇において、喩え話を。 IPFS 上にコンテンツがあります。今回は既にあるものを流用しますが、自分で作ったコンテンツを IPFS 上へ放流するのも、もちろんできます。 https://ipfs.io/ipfs/QmVLDAhCY3X9P2uRudKAryuQFPM5zqA3Yij1dY8FpGbL7T/readme このコンテンツは既に誰かの手によって pin されているので、永続化されます。しかし普通は、誰かに pin してもらうか、自分のサーバを動かし続けていないと、P2P ネットワーク上から消されてしまいます。 自分で作ったコンテンツを IPFS 上で永続化するための仕組みとして、Monaparty IPFS が登場予定です。 Ⓜ️ ところで。 自分で作ったコンテンツ…モナカードの画像でもブログでも良いですが…は、公開したくなったりしますよね? 世界各地にある IPFS ゲートウェイを使えば、公開はできます。しかし、上記のような長い URL になります。ちょっとカッコ悪い。 Ⓜ️ ふとウォレットを見たら、Monaparty アセットを持っていました。ここでは IPFS という名前のアセットだったとします。 https://mpchain.info/asset/IPFS 持っていました。 (ここから先はまだ完全に未実装の話です。でも年内には完成すると思います) IPFS アセットの持ち主(加筆注: holder ではなく、issuer です)は、Monaparty にブロードキャストメッセージを送ります。メッセージの形式は、予め決められています。 一方、どこかに mona.party というドメイン名を所有している謎の組織がいます。この組織は Monaparty のブロードキャストメッセージを監視しています。そして、メッセージを解釈して DNS サーバを書き換えてくれます。 結果として… IPFS 上のコンテンツを https://{アセット

100

Monacoin はガラパゴコイン?

Monaparty って海外で知られているの? ふと思い立って検索してみました。 あ、うん。まあ、知られていないとは思ったよ。予想通りさ。…。 泣いてなんか無いよ。 Ⓜ️ 閑話休題。この検索で意外だったのは、Monacoin というワードに興味を持っているのは、いまや海外のほうが多いらしい。という結果です。 5位まで。中国、セルビア、スイス、ニュージーランド、香港…まあなんか順当な気がします。 10位までも、まあなんかそうだろうなと気がします。スペインがちょっと意外かなとは思いましたが。 で、ここまでで日本が出てこないのです。意外。 では、日本は何位か? ランキングに入った36カ国の中で、最下位。 これ意外ではないですか? ガラパゴじゃないじゃん、という。 Ⓜ️ 正直、無職業者BOTも中の人も「海外上場すればモナコインは騰がる」という意見に対して割と冷淡です。この結果を見ても、思う所は変わりません。 しかし、意外と興味を持たれていて、つまり手に入れたいという人が広い世界には居るという事実を元に少し考えを改めました。海外での上場は、その解消手段の一つとして、割と有望な手段であることは、認めます。pump'n dump 芸は嫌いですが。 Ⓜ️ Monaparty はモナコインを持っていないと使えないプラットフォームです。最低でもマイナーへの送金手数料は要りますから。 つまり少額でもモ

KYC Monacoin Wallets With Monaparty

KYC (本人認証)を外部で行って、確認取れた人にアセットを送れば本人認証済みであることが解る、というアイデアですね。 しかしこれ、Counterparty を使うと、送られてきた KYC アセットを DEX で取引したり dispenser で売れたりするわけです。意味ないじゃん。 たぶんアセットの移動を監視して無効検出するのでしょうけれども。手間ですね。 手間の部分をビジネスにする気なのかもしれませんが。 Ⓜ️ Monaparty には、再移転禁止、上場禁止、販売禁止のフラグがあるので、KYC アセットを売ったり交換したりというリスクはありません。KYC アセットの発行主に返上できるだけ。 これすごくないですか? Ⓜ️ 正直に言うと NEM にある機能のパク…いやインスパイヤなのですが。 <p contenteditable="fa

BTCにおけるRSI戦略の一考

チャートにお絵かきするの好きな人とか、私言いましたよねな人とかRSIを好きなイメージが強いんですが。特に逆張り的使い方で。 実際BTCUSDにおけるRSIってどうなんだろかと思って、調べてみました。(基本的なRSIの使い方とか定義とか、それは各自でお願いします。データはトレビュのbitfinex BTCUSD 日足とRSI14です。) まずday1のRSIと価格を使って、引き続くday2-day6までの変化率と相関係数を調べてみました。 day5-6まで引っ張るとR=0.1程度に順張りの相関があり、RSIに逆らったら(逆張りしたら)危険そうだなと感じました。以上です。 そしてせっかくなんで一応下記にRSI<20やRSI>80といった偏った時のデータ載せておきます。つまりですね、

BTCにおけるRSI戦略の一考
150

壊れるまで触るな

モナコインは採掘アルゴ変更のハードフォークしないと死ぬコイン 定期的に湧いてくる声に返す言葉は、タイトルの通り。 GPU で掘りたいなら他所へ行ってくださいね、くらいの感じ。 あるじゃん、1号仮想通貨でも、アンチ ASIC なコイン。 どういう経緯か知らんけど、やたらとモナコインに似ている、あのコイン。 歓迎してくれると思うよ。 #しらんけど https://github.com/c0ban/c0ban/commit/3e1ed9f3c7bc420b2b766ef5bd59f99379ac4fef Ⓜ️ って、無職業者BOTが突き放していました。なかの人は…まあ…ノーコメント。

Reckless広告

掲載方法はこちら

おねだり中のユーザー