LNの料金市場の適正水準を整理する

LNの手数料の適正水準はどう見積もったらいいだろうか?ルーティングノードの収益性を算出するためにはどうアプローチすればよいだろうか?参考になりそうな数値や計算式を整理する。 個人的な感想を先に書くと以下となる。 現在の手数料市場は収益性が低くもっと手数料が上がった方が健全である。 他の決済手段と比較すると、LN支払い料金は10000ppm(手数料1%相当)でも十分ではないか。5ホップとすると中間1ノードあたり2500ppmである。 ルーティングノードの収益性を考えると、1000ppmあれば1BTC程度の資金で年利2.8%になり半年で初期費用回収できるので十分な投資対象になると考える。 基本概念の整理 LNの料金方式 LNの手数料は送金額に応じた料率方式が主になる。(基本料金の設定もあるが1 ~ 0 satsが大半) 料率単位のppm(parts per million)は、1,000,000satsを送るときの手数料をsats金額で示したもの。 %での手数料率に変換すると1000ppm = 0.1%になる。 支払い者が払う手数料はルーティングに参加した各ノードの手数料の合計である。本稿では5ホップ(経由ノードは4つ)のルーティングがあるとすれば、各ノードの取り分は単純計算で1/4とみなす。 ルーティングノードの収益はアウトバウンドフローで発生するのでアウトバウンドキャパシティが直接的な収益資源となる。 LNの料金以外のベネフィット 本稿では料金比較だけを行うが実際の決済検討では以下のような料金以外の効用も忘れてはならない。 Bitcoin(L1)に比べると、料金の安さだけでなく、即時確定やトランザクション量のスケールという利点がある。 クレジットカードなどの集権サービスと比較した特徴はBitcoin(L1)とだいたい同じである。 24時間365日利用できる 誰でも自由に使える 信頼する第三者に対する加盟や審査や手数料率などの交渉手続きが要らない 検閲がなく匿名性が高い 逆にデメリットはオンライン前提がゆえの利用の不便さやセキュリティ面の不安さなどが挙げられる。 現在の料金相場 ルーティングノードの料金設定 sinkノードとのチャネルは500 ~ 1000ppmが多い。 routing/sourceノードとのチャネルは0 ~ 100ppmあたりのレンジになる。 リバランスする場合もsinkで収益を上げているならsink以下になるのが道理である。 プロダクト/サービスのバックエンドにいるノードの料金設定 sinkやsourceに相当するものは上記の通り。  1000〜5000ppmあたりで一律同じ設定というノードもよく見かける。 ビジネスモデル次第で千差万別だがアクティブと思われるノードでそれ以上はあまり見かけない。 上記は1ノードあたりの料金になる。支払い全体では経由したノードの合計になる。 料金目安 いくつかの方法で参考数字を出していく。LN料金算出は「支払い全体/3ホップしたときの1ノードあたり/5ホップしたときの1ノードあたり」の三段階で出す。 類推方式 決済代行業者との比較 Squareの加盟店手数料は、日本3.25%、アメリカ2.60%である。 参考資料 https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/cashless_payment/pdf/20220318_1.pdf 3.25%とするとLNでは「支払い全体/3ホップしたときの1ノードあたり/5ホップしたときの1ノードあたり」でそれぞれ32,500ppm/16,250ppm/8,125ppmになる。 スマホのアプリストアとの比較 Androidのアプリストアは年間売上高が100万USDまでなら15%、それ以上なら30% 参考資料<a href="https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/112622?hl=j

PoS記事の追記

元記事:https://spotlight.soy/detail?article_id=gpahtacsxEthereum PoSとPoW(主にBitcoin)の違いをあくまで書くつもりでありましたが、予想外に記事がシェア頂いたため(シェア&議論ありがとうございます!)、多くのトピック外の議論を呼ぶことになりました。基本的にこの記事はEthereum全体の分散性に関して議論するものではなかったのですが、追記しますと、基本的に分散性(非中央集権性)はValidatorの他に二つの要素 Data Availability(DA)と開発主体(Core)の権力がどうなっているのかが大きい要素です。DAに関してはEthereumではDASというアルゴリズムで分散化されるのですが、基本ValidatorよりもDAがボトルネックになると考えられます。つまりこの記事で書かれているところよりもDAが分散性の肝です。多くのクリプトプロジェクトではDA問題が無視されるため、強調したいところですが、EthereumでもDAは40万のような多いノードでは分散されません。BitcoinではDAも含めて多くのノードで分散されています。Bitcoin Layer3のRGBではDAノードがノータリーノードと同じ数になるため、ここがボトルネックとなります。Lightning Network (Layer2)ではDAは個別ノードに分離し自己管理となるので、この問題は発生せずBitcoin Layer1と同じセキュリティになります。開発主体の分散に関して言えば、Ethereumが現状まだハードフォーク祭りであることを加味すればまだまだです。しかし、Core開発コミュニティは世界中に分散され、合理性のない提案は普通に却下され、創始者を含めた古参開発者の影響力は実質的に大きく下がっています。(これはTwitterやメディアからはいつもVBがフォーカスされるため、一見わかりにくい部分ではあります。)なんとかergeハードフォークが4つほど残っているため、これが終わると安定版となるでしょう。Bitcoinの初期の開発とマイニングの安定と分散まで2~3年かかったのを考えれば、この期間がEthereumでは10年ほどかかっていると考えることもできます。今の時点で言っても、十分Ethereumは機能するため、もし合理性のないHFがあればネットワークは分岐し、正当性のあるものが選ばれるでしょう。この点開発コミュニティの権力は内にも外にも限定されています。PoSの他のデメリットとしては、KYCされた取引所で購入しなければトークンが手に入らないこと、つまりエコシステムに入れないことが挙げられており、これは非常に重要なポイントだと思いました。が、Ethereum内の通貨でサービスへの支払いが増えるにつれ、ここは解決されるでしょう。PoSの証券性の議論にも波及されていましたが、個人のステイカーは明確にネットワーク維持の労働を行っておりこの対価として受け取るEtherが証券に当たるのはどういう解釈なのかは非常に疑問で、明確な指摘はどの公的機関からもされていない現状です。一方、ステーキングサービスがレンディングにあたる可能性はSECからも明確に指摘されていました。PoSに限らず、全体的で主観的に見れば、未だEthereumの分散性はBitcoinの半分以下であるように思えますが、これは5年スパンで大きく変わるものと考えており、自由な競争に全ての通貨が分け隔てなくさらされることが本来の資本主義・市場原理であり、昔からの文脈で言えばハイエクの言う通貨の自由競争による最小政府ではないでしょうか?環境やエナジーコンサンプションは、公共財と見た時もしかしたら重要なのかもしれませんが、個人的にあまり注目しておらず、火力発電のうち効率の悪いものを直して日本の火力と同じ水準にすればそれだけで解決するとも言われているので、Bitcoin以外で直す部分が多すぎて、正直どうでも良いのでテキトーに書いてしまいました。これに関する両サイドの議論(PoSは環境pump vs bitcoinで地球破滅)に本当に興味がないのです。Bitcoinサイドに関しても、宇宙空間やアエクメネ地域で自然エネルギーでマイニングすれば、用途のない電気がブロック伝播だけで、そのままセキュリティにつながり、効率的で強いセキュリティを作れるため、長期的にはBitcoinが"非効率"だとはどの視点で見ても思いません。

PoSで本当にいいのか?

Ethereumのマージが迫っています。PoSへの移行を見る前に、最後にPoSは今までの懸念を払拭できているか?このままPoSを主流にして良いのか冷静に考えてみましょう。PoSには元々多くの懸念がありました。多くの理論的なアップグレードがされ、残された論点はビザンチン将軍問題や二重支払いに関するシステマティックな話よりも、公平性や一般的に言う非中央集権性の議論に移っているように思われます。まず、第一に「PoSとPoWの比較」について考える時、重要なのはパラメータ(=実際の数字)です。実際の値について考えなければPoWとPoSの比較議論は、「女性に生まれる方が男に生まれるより幸せだと思う」くらいの解像度の議論になってしまい、最高級のお世辞を言っても「完全に世界最悪の時間の無駄ではない議論」程度の内容でしょう。例えば、極端な例で「年間100%以上インフレでスパコンを持ってないと参加不可能なPoW」と「インフレ率が0.1%で100億ノードが自由に参加でき、アドレスはDIDで1個人が複数ノードを持てないPoS」があれば当然PoSの方が圧倒的に公平です。神は細部とパラメータに宿ります。Q1~Q6でお好きなトピックを読んでみてください。目次:Q1: PoSは長期的に非中央集権ですか?Q2: プレマイン/ICOされたトークンでPoSをやって不公平だと本当に思わないのか?Q3: PoSは格差拡大のシステムでしょうか?Q4: PoSはPoWにある自由な競争がありません。Q5: PoSにはPoWのように大きなコストと代償がないのでコインに価値がないQ6: PoSは環境保護にかこつけたPumpでは?Q1: PoSは長期的に非中央集権ですか?A: PoSはステークが分散していれば非中央集権です。もちろんPoWもWorkが分散していれば非中央集権です。どちらでもステーキングプールLidoへの集権化(30%以上)や、マイニングプールの集権化(3つのプールで51%以上 https://btc.com/stats/pool)が問題となっています。ステーキングプールによる51%(33%)攻撃に備える場合、ステーキング鍵と保有鍵を別にすることでステーキングプールからはwithdrawが可能になることが好ましいです。これは近いアップデートで導入されることになり、PoWと同じようにプールのスイッチが可能になるため、主導権はプールから個々のステイカーに移ります。攻撃後には51%攻撃者のステークが没収されるため、攻撃インセンティブは非常に低く、攻撃者の復帰ができないことから攻撃者への集権化はPoWより防がれやすいと言えます。一方で、PoWと違いネットワークの同期にEhtereumのPoSは依存しているため、世界規模のネットワークの破壊時に弱く、この時には攻撃者に大きく集権化します。「非中央集権」という言葉は「権」が権利と権力を表す場合が別々にあると思います。権力に表す場合、それは資産を奪えるかどうかであり、上の攻撃の話と一致します。権利を表す場合は、利益の分配に着目するとよく、プレマインやICOのステイカーにおける比率について後述のQ2で、インフレ率4.5%40万アドレスが妥当かどうかを後述のQ3で細部を話ししています。Q2: プレマイン/ICOされたトークンでPoSをやって不公平だと思わないのか?A: 冷めた目で見て結論から言えば公平だと思いませんが、(クリプトの他の候補はもちろん)初期のマイニングリワードの大きいビットコインと比べて格別に不公平な要素も特にありません。そして、他のどのケースとも同じく極端にラッキーな人もいると思います。例えば、初期にコファウンダー面して報酬を大量に受け取り、アイディアだけ盗んですぐ抜けて新しい競合ICOを立ち上げた人など。極端にラッキーだったり悪どい人と自分を比較すれば不愉快な不公平性だと思いますし、例えばVBの保有率が0.4%でJustin Sun以下あることに目を向ければそれは非常に少なく、公平以上のものに見えます。次の2つのことに注目してます。1) 十分かはわかりませんが、ASICが作れないタイプのPoWで公平にインフレさせ、何サイクルもクリプトバブル/不況の波の中、ホルダーの内容が入れ替わった状態でPoSが始まることです。これ

バッジャー君

Spotlight

SNS platform for distributing digital content using Bitcoin. Each piece of content can be sold or purchased for as little as one $0.01 in Bitcoin, making it a fun place to start for both readers and creators.

Sign up
Search spotlight

Reckless ads

ads here

Trending Stories