総額1Bitcoin プレゼントキャンペーン

隠れインフレにご注意を

こんにちは、カラコンルです。   先日、はなまるうどんがかけうどんの価格を70円値上げしました。これにより価格は150円→220円になりました。 実ははなまるうどんが値上げをするのは今回が初めてではなく、3回目です。最初は100(税込)から始まり、7年間の間に130円(税込)→150円(税抜)→220円(税抜)です。   今までが破格の価格だったとも言えますが、物価がどんどん上昇していて、もはやその価格を維持出来なくなったとも考えられます。   日本経済は失われた30年と言われ、デフレに陥っていたことは事実です。そ

隠れインフレにご注意を

ライトニングネットワークの手数料市場

ビットコインの手数料は、マイナーに送金データをブロックへ取り込んでもらうために支払う手数料で、より早く送金完了したいユーザーはより多くの手数料を払う必要があります。言い換えると、ユーザー競合による手数料モデルです。一方、ライトニングネットワークは、ネットワークオペレーターが予め手数料を公開して、ユーザーがどのオペレーター経由で送金するかを決めます。そのため、オペレーター競合による手数料モデルと言えます。 オンチェーン送金の手数料:ユーザードリブン オフチェーン送金の手数料:オペレータードリブン オンチェーン送金の手数料市場は発達しているので、特に問題視されることは少ないのですが、オフチェーン送金の手数料市場は未熟でしばしば問題にされ

ライトニングネットワークの手数料市場

11年ぶりに動いたビットコインはサトシのものか?

2020年5月20日夜、11年以上ぶりに2009年2月10日にマイニングされたビットコインが移動されました。 取引記録→Blockchain.info ビットコインの最初のブロックが採掘されたのは2009年1月9日のことで、今回動いたコインが誕生したのは3,654ブロック目のことです。(つい最近の半減期が630,000ブロック目だったので、どれくらい最初のほうかわかりますね。) このコインについて、「サトシか?」という疑問が湧くのは当然のことかと思います。当時ビットコインのソフト

11年ぶりに動いたビットコインはサトシのものか?

クリプト旅行記1:メキシコで対面取引所を使ってみた

はじめまして!Token Labという有料クリプト情報サイトでリサーチャーをやってるDa-です。 私は仕事がら、北米と南米に出張に行く事が多いので、現地で調べてきた色々なクリプト事情をシリーズで書いていこうと思います。 ちなみに2019年は2ヵ月に1回、2週間程度出張に行ってました。南米まで行くと片道35時間ほどかかるので、2週間くらい行かないと割に合わないんです。だって往復だけで70時間=3日間かかりますからね!1週間で帰ってきたら営業日で2日間しか仕事できません。 ちなみに日曜の朝

クリプト旅行記1:メキシコで対面取引所を使ってみた

ビットコインとプライバシー

プライベートで書いていた記事を公開します。本当のメインコンテンツはBitcoin WikiのPrivacy記事の全訳なのですが、長すぎて投稿できなかったのでリンクだけ貼っておきます。 構成 トレーダーはプライバシーについて学ぶ必要はあるのか? プライバシーの基礎知識 オンチェーン上のプライバシー ウォレットの特徴分析 ビットコインは本当に透明性が高いのか オフチェーン上のプライバシー 取引所の先回り売買 機関投資家によるUTXOの監視と分析

ビットコインとプライバシー

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson19

🐇Lesson 19🕳️プライバシーは死んでいない “参加者たちはみんな、順番をまったりしないで、いっぺんに玉をうっていて、そのあいだずっといいあらそっては、アナグマをとりあってけんかしてます。そしてじきに女王さまはカンカンに怒って、そこらじゅうズシズシうろついては、「あやつの首をちょん切れ!」だの「こやつの首をちょん切れ!」だの一分に一度くらいはわめいています。”引用元:不思議の国のアリス もし専門家が信じられるなら、<a hr

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson19

忘れ去られたトークンを供養する正しいタイミングとMpurseの今後

いつかSATOSHICARDで家を買えると思っていました。 ローンチしたSpells of Genesisがいまいちハマれなかった時も、いつかSATOSHICARDで家を買えると思っていました。 目先のBTCを買う金に困ってSATOSHICARDを売却した時も、それでもいつかSATOSHICARDで家を買えると思っていました。 Spells of Genesisの運営が「私たちはゲームの更なる発展と新しいコンテンツ制作を中断することを余儀なくされています。」と言い残して一線を引いた時も、やはりいつかSATOSHICARDで家を買えると思っていました。 開発中断宣言後に運営が粛々とトークンセールの案内を送ってきた時も、いつかSATO

忘れ去られたトークンを供養する正しいタイミングとMpurseの今後
総額1Bitcoin プレゼントキャンペーン

おねだり中のユーザー

おねだり中のユーザーはまだいません。

Reckless広告

掲載方法はこちら