OP_CAT😺とCovenants📜の備忘録

先月末に物議を醸しだしたOP_CTVを調べていくなかで、他のOPコードや暗号トリックを使ってCovenantsを実現する方法が面白かったので、以下の記事をベースに纏めてみました(以下の記事を理解した前提で記事を書いてます)。 https://www.wpsoftware.net/andrew/blog/cat-and-schnorr-tricks-i.html 前提 Covenantsの仕組みを理解するためには、ビットコインのトランザクションのデータ構造とスクリプトシステムを理解する必要があります。 1. トランザクションのデータ構造 トランザクションのデータ構造は以下のようになっています。inputsフィールドはさらにprev txidやscriptSigに、outpusフィールドはvalueやscriptPubkeyに細分化されています。 2. スクリプトシステム スクリプトシステムは、OPコード(命令語・機械語)を1つ1つ実行し、データをスタック領域へプッシュしたりする実行環境のことです。以下の図例は標準的なビットコインのスクリプトを実行しているもので、scriptPubkeyとscriptSigを結合し、OPコードを実行、データをスタックへプッシュしていく流れを表しています。 ビットコインを送金する場合、上記のデータ構造に沿ってデータを組み立て、それに対して署名をしscriptSigに署名をセットします。このデータをブロードキャストし、受け取ったノードが、この署名を検証する時、prev txidとprev txout-indexを参照して消費しようとしている前のトランザクションのscriptPubkeyを取得します。イメージとしては以下の図のようになります(参照元)。そして上記のスクリプトシステムに従ってスクリプトを実行していきます。 Covenantsの実現方法 さて今回見ていくCovenantsを実現するための方法は、以下の3つです。 1. CAT + CHECKSIGFROMSTACK + CHECKSIG →TXにアクセス、Covenantsは可能 2. CHECKSIGFROMSTACK + CHECKSIG →TXハッシュにアクセス、Covenantsは不可能 3. CAT + BIP340 + CHECKSIG →TXにアクセス、Covenantsは可能 冒頭で触れたOP_CTVはCovenantsを実現するためのOPコードですが、以下で紹介するOPコード CAT と CHECKSIGFROMSTACK はより低級な命令語で汎用性のあるものです。 CAT は二つのアイテムを結合する命令語、 CHECKSIGFROMSTACK は任意のメッセージの署名検証をする命令語となります。 1. CAT + CHECKSIGFROMSTACK + CHECKSIG まず、1について。このOPコードの CAT と CHECKSIGFROMSTACK はビットコインには含まれていないもので、サイドチェーンのElementsに含まれているものです。このOPコードを使うことで、トランザク

Opendime買ってみた感想

こんにちはだお! トレードで損しすぎて頭おかしくなったお! 今日は、まだボクにお金があった時に買ったOpendimeが届いたので、使ってみた感想を紹介するよ え?Opendimeってなんだって? まあ、簡単にいうと、USB型物理ウォレットだお! USBを受け渡しするだけでビットコインをやりとりできるようにつくられてるお! これだお! どういうものかというと、これをPCのUSBポートに差し込んで、適当な画像をドラッグ&ドロップするとランダムなBTCアドレスが生成されるお! そこにBTCを送金して入金すればOKだお! ただし、このウォレットには送金機能はないお! 送金したいときには、→のついた穴の部分めがけて画びょうで穴をあけるんだお! そうすると回路が開いて秘密鍵が表示可能になるのでそれをつかって取り出せばOKだお! つまり、残高はPCにつないでアドレスを表示させればよくて、穴があいていなければまだ使用されていないということで、これ自体を相手に渡せばBTCを渡したのと同じことになるということだお! 面白そう!と思って買ってみたお! 以下、感想だお! ちっさい!(となりはiPhone 8 Plus君) 普通のUSBサイズを想像してたけどそれより小さい。頑丈そうではあるけどにしてもちっさい。簡単になくしてしまいそうだお! 公式サイトで同時に販売されていた収納用ケース買えばよかったと思ったお!高かったからスルーしたお! USBへの差し込み口が普通と違って、単に先端が伸びてるだけだったので戸惑ったけど、そのまま先端をUSBポートに差し込めば起動したお! 実際にアドレスを生成するところまでやってみたけど、使い方は上に書いた通りで簡単だお! 穴をあけると聞いていたのに透明なカバーがかかって外れないのであれ?と思ったけどどうやらカバーごと穴あける仕様のようだお!そこまでは試してないお! カバーのつきかたがものよってまちまちで穴から少し外れかかってるのもあったけど、まあそんなもんかな! しかしこんなに小さいと簡単にぶっこわれるんじゃないかと不安になるお。 見た目より頑丈ではあるけど、もし先端がボキって折れたり、水にぬらしたり、傷がついたりしたら終わりと思うと怖くなるお! PCに入れた瞬間にウィルス対策ソフトに削除されないかとかも不安になるお! HODLの手段としては格安のUSBメモリ複数買ってオフライン環境でelectrumか自作ペーパーウォレットを入れた方がええんじゃないかって気になるお そのままビットコインを受け渡しできるといっても、Opendime自体が数千円するせいで取引の手段としては微妙だと思うお! そういうわけで私の結論としては、ウォレットとしては微妙だけど、ビットコイングッズとしてはいいかなって感じだお! 今度、親族の出産祝いでこれにBTC入れて渡そうと思ってたけどトレードで大損したのでそんなお金なくなったお! 悲しいお! ちなみに↓のポイントは普通より高めに設定しておいたのでなんとなくで承認しないように注意だお!

読書ざんまい

前回の記事で本のレビューをするなど豪語していましたが結構難しいことに気付きました。そもそもみなさん知っていそうな内容ばかりでしたし、引用だらけになりそうです。 https://spotlight.soy/detail?article_id=qn3m3ua7p ただ改めていろいろ分かって面白かったです。特にBitcoin=ブロックチェーンではないという捉え方は新鮮に感じられました。ビットコイン・スタンダードは初めて読んだのですが、ケインズとハイエクの対比が強烈で、もう少しその辺りの知識をつけてから読み直したいです。 4冊ほど読んだのですが2049年「お金」消滅は自分にない視点で書かれていて衝撃でした。広い意味での貨幣が存在しない世界なのでBitcoinもありません。以下ざっくりとした概要です。 ・「欲望の二重の一致」が目的で貨幣が生まれた・しかし現代ではインターネットによって一致させられるので貨幣は不要・エネルギーと食糧が無料になっているので生活にお金がいらない・お金を得るための仕事も消滅していわゆる自己実現的な生き方になる 太陽から降り注ぐエネルギーだけで電力が賄われ、併せて食糧の供給が持続するなど前提がありますが結果としてあらゆる物の価格が0円になるとされています。するとお金を稼ぐ必要がなくなり、なにか目的があればNPOのような寄り合いで解決されます。またその頃にはAIやロボット技術が発達して医者が不要だったりします。 いま自分で書いていてもやや突飛な発想だと思いますが同時にあるかもしれないとも思います。そこでなんとなく現代からお金がない世界へのレイヤーみたいなものを整理してまとめてみました。あくまで備忘録として。 主体を信頼物々交換期を経て貨幣が誕生したが、現代ではそれを如何に効率よく増やすかに焦点が当てられている。基本的に労働で手に入るがその価値は信頼される主体によって決定される。 主権取り戻したい主権が信頼される主体に集中していることを良しとせず、コントロールを取り戻したい。その為に自分たちで貨幣を発行したり準ずる組織を立ち上げ管理する。 主体いらないそもそも信頼される主体(コントロール)がいらないと考え、誰にも管理されない独自通貨や自由経済に委ねたい。 お金いらないお金があるから格差が生まれるのでいらない。エネルギーと食糧を供給し続け、欲望の二重はインターネットで一致させにいく。あらゆる物の価値は0になる。 レイヤーといってもグラデーションがあったり重なる部分もありそうですが1に対するアプローチが2と3で異なっていたり、場合によっては2と4は相性がよさそうと思ったり、4にシフトするためには3が必要不可欠?など想像が膨らみます。 それと公共財の生まれ方みたいなものに興味が湧きました。最初は集権的に開発してPoW的なゲームが回りはじめると分散化していき、アップデートはオフチェーンの徹底的な討論とノードによる判断で決定されるなど。このプロセスは他にも応用できたりするのでしょうか。経済的なインセンティブや多数決・ピザンチンをもっとよく知る必要がありそうですが。 おまけ少し古い話ですが香港では収銀車なるものが現金を電子マネーに換えてくれるようです。これは便利そうですがキャッシュレス政策の意図を鑑みるに・・・エルサルバドルでBitcoin車を見る日はくるのでしょうか。 参照:https://note.com/hho/n/n74f1257cf19d

バッジャー君

Spotlight

SNS platform for distributing digital content using Bitcoin. Each piece of content can be sold or purchased for as little as one $0.01 in Bitcoin, making it a fun place to start for both readers and creators.

Sign up
Search spotlight

Reckless ads

ads here

Trending Stories