Goodbye alert.

つぶやき。ぽえむ。 monacoin-core のソースコードを読めば気づくはずですが、0.20 からは、アラートシステムが削除になります。 これをもって「51% 攻撃が!」など FUD 飛ばす人たちが増えるでしょうから、いま一度、現状を確認しておきましょう。 PoW に対する攻撃は、ハッシュパワーが必要です。攻撃のためにマイニングマシンを購入するとコストがかかりますし、買ってしまったら素直にマイニングしたほうが利益が出たりするケースもあります。攻撃のためのハッシュパワーは、借りてくるのが現実的です。たとえば nicehash のような仕組みを使って。 いつかも呟いた気がしますが、難易度の指標として、crypto51.app というサイトの nicehash-able 値が使えます。値が小さいほど、攻撃のためのハッシュパワー調達が困難となります。 このポエムを書いている時点での、モナコインの nicehash-able 値は 1% です。 鉄壁の王者 Bitcoin は、貫禄の 0%。Litecoin で 9%。細かい仕組みは違いますが、モナコインのアラートシステムと同目的の仕組みを取り入れた BitcoinCash は 22%。  (もっと草の方を見てみると、1,720,863% などあったりします。恐ろしいですね) つまり、現時点でのモナコインに限って言えば、もうアラートシステムのような妥協は不要になっています。 なぜ不要になったのか、時系列については、どこかに書いた記憶があるので、何度も書きません。 「CPU や GPU でも掘れる」を謳い文句にした、またはハッシュレートがコイン価格に比べ不相応に低い、そんな PoW チェーンたちは、今後も攻撃リスクに怯えながらアラートシステムに類するものに頼ることになるのでしょう。ご愁傷さま。 モナコインにしても、マイナーたちの動向は core 開発者らには預かり知れません。将来的に、攻撃避けの妥協を再度組み込むことも、有り得るでしょう。

モナカードのTwitter紐づけ機能解説

いまいち何の機能なのか伝わってないようなので解説します。 機能Twitterとモナカードを紐づける機能です。詳しくは後述します。 設定方法card.mona.jpのアカウントページで該当の設定にチェックするだけです。https://card.mona.jp/account 詳細①「別アプリでの登録カードもTwitterと紐づける」とは?このチェックを入れた後にモナパレットでカードを登録または再登録すると、card.mona.jpとモナパレットのアドレスが同一の時に自動でTwitterアカウントと紐づけされ登録されます。今までモナパレットで登録した場合はTwitterアカウント欄が空欄になっていましたが、この機能を使えば付与できるようになります。 ②「カードの保有情報をTwitterと紐づける」とは?カードホルダーのページに自分の名前を表示させることができます。また、自分の保有しているカードの公開ページにも自分の名前を載せることができます。実装の理由①については、モナパレットだけを使いたくてもTwitter名を入力したいためcard.mona.jpから登録していた人の手間を減らしたかったのと、将来的にモナカードが自分の手から離れたときになりすましを防ぐ役割を果たせるように用意しました。②についてはOpenSeaに保有者のアカウント名が表示されていて、所有欲を満たすのによいなと思ったのでパクって導入しました。

無題

つぶやき。ぽえむ。 まあまずコミュニティとアソシエーションという対立する軸の存在を理解していないと、無職業者BOT の発想に追いつくことは無理だと思う。 マッキーヴァーの定義 (1917年) が有名どころ。 コミュニティ「場所や空間を共有する結合の形式で、地縁による自生的な共同生活」 アソシエーション「目的や関心を共有する結合の形式で、契約による人為的な団体」 しかし後にコミュニティには複数の在り方があることがあぶり出される。これはヒラリーが 1955 年に明らかにした。 これらの研究は、まだ 100 年かそこらしか歴史がない。よって、社会学に触れる機会がない仮想通貨技術ヲタクたちが、「コミュニティ」なる難解な語をうまく扱えなくても仕方がない。 2017 年バブルで喧伝された(今もあるかも)、いわゆる「コミュニティが強い」は、コミュニティというよりもアソシエーションに近い。この混濁された用法でラベル付けされた「コミュニティ」は、モナコインには存在しない(または、淘汰された)。これが無職業者 BOT の見解。 一方で、マッキーヴァーが見抜いた特徴としての純朴な「コミュニティ」は、空間を共有する人がいる限り、自然発生する。モナコインには一定数の利用者が居るのでコミュニティが発生しないはずはない。そしてそこから生まれるコミュニケーションは、ネットワーク外部性の源泉なので、モナコインの価値創造において有利に働く。 けれども、自然発生するならあえて誰かが大きな旗を振る必要もない。小さな旗を振る多数の人が自律的に動く方が、分散台帳であるモナコインの性質にもあっている。 プレマイン発行されたり "財団" なるものが発行枚数の多くを管理しているようなコインでは、事情が異なるだろうけれども。 Ⓜ ここまで読んで「ならコミュニティはあるじゃん」というツッコミをしたくなった人は、「コミュニティ」という多義性のある語の落とし穴にハマっているだけだと思う。

バッジャー君

Spotlight

SNS platform for distributing digital content using Bitcoin. Each piece of content can be sold or purchased for as little as one $0.01 in Bitcoin, making it a fun place to start for both readers and creators.

Sign up
Search spotlight

Reckless ads

ads here

Popluar stories

Request

彼氏のdogeさんよりたくさんお金くれる人に乗り換えを考えてる。私って罪な女かしら。

Tipping