反省会記念NFT(Badger Capsule)概要

老害NFTerの復讐が始まる‥(のかもしれない) 概要 2021年のNFTブームを記念して、またもっちーNFT発行チャレンジに便乗して、ビットコイナー反省会でも記念NFTシリーズ「Badger Capsule」を始めることにしました。 過去のビットコイナー反省会の動画上での名言や取り扱われた名シーンをNFT化し、イラストは外部のクリエイターから公募します。供給量の一部をクリエイター、また発言者自身にも渡すことで、NFTトークンの分配を分散させつつ、過去の反省会の出演者にも一部還元することを狙います(Retroactive airdrop) また、各NFTトークンは実験的に複数のブロックチェーン上で発行し、一つのチェーンに依存せずに数年以上長期的に生き残れるシリーズになることを目指します。 仕組み in 一言 基本的には古き良きRarepepe、Memorychainに近いイラスト申請スキームを採用。 各発言に関するイラストを外部クリエイターが自由に作品にして投稿、クオリティの高い作品はオーガナイザーに承認され、正式に各NFTの画像に設定されます。 また、採用されたクリエイターには発行されたトークンの一部が渡されます。(分配方法などは別セクションで説明) トークン発行プラットフォームについて ※Genesisシリーズの各トークンプラットフォームごとの発行比率などは現在検討、最終調整中。後程アップデート予定。 Badger Capsuleの特徴として、最初から複数ブロックチェーン上のNFTプラットフォームでの発行を前提としている。 複数ブロックチェーン発行にすることで、リーチできるユーザー層の拡大、クリエイターへプラットフォーム選択の戦略性の提供、プラットフォームに依存しなシリーズの長期での生存確率の引き上げ、買い占め行動などの抑制を期待する。 開始時点で使用するトークン発行プラットフォームは、Counterparty、Monaparty、Ethereum、Polygonを想定。クリエイターからの要望などに応じて対応プラットフォームは随時増やしていく。 また、将来的に特定のプラットフォームが廃れたり、メンテされない状態になった場合、Emblem Vaultなどの仕組みを使いその他のプラットフォームに移動させることを最初から想定しておく。 重要なのは複数プラットフォームを自由に行き来しながら、その時々に最適なソリューションを選択する手法を実験し、各プラットフォーム間での価格や文化の差が出るか、などを同時に実験すること NFTトークンの分配について ※トークン分配のスキームについては現在検討中。運用中に状況を見ながら、ルールを変更、最適化する可能性があります。 Badger Capsuleで発行されたGenesisシリーズのNFTトークンは以下の割合で分配される予定です。 初期売出し(3割) クリエイター報酬

バッジャー君

Spotlight

SNS platform for distributing digital content using Bitcoin. Each piece of content can be sold or purchased for as little as one $0.01 in Bitcoin, making it a fun place to start for both readers and creators.

Sign up
Search spotlight

Reckless ads

ads here

Popluar stories

Request

oppai

Tipping