名前
サムネイル

猫を喰うか否か。

今住んでいる家の下の階はクルド難民が経営するトルコ料理店、近所にはイランから亡命してきた女性が住んでいたりと、いろいろ多様性に富んでいる。 ドイツは移民や難民が多いので、言葉が全く通じないどころか、文化が違って病気はブードゥー教の呪いだと信じている患者を医療機関はどう受け入れるべきかという議論がよくされていて、医療従事者はもっと異文化理解に努めるべきだとか言われている。 しかし私は経験上、異文化理解ってそんな簡単にできるもんじゃないと断言できる。 というのも、 私は以前パキスタンで猫を飼っていたのだけれど、(元)配偶者がある日、猫を指さしながら、 「これいつ食うん???!!!」 とばかでかい声で言うので、

名前
サムネイル

みんなの幸せを願って!

福の神に祓ってもらって、推し様に良いお年をして離脱

名前

真珠と通貨

伊勢に来ております。実はこの町、戦前から戦後、真珠の集積地として栄えた一面も持っております。今日は、とある真珠屋さんのお手伝い?で真珠売ってます。あんまり価値はわかっておりませんが、いろいろな種類がございまして、今日はその種類を、私の下手な写真にてご紹介をさせていただければ、と思います。

名前

真珠と通貨

伊勢に来ております。実はこの町、戦前から戦後、真珠の集積地として栄えた一面も持っております。今日は、とある真珠屋さんのお手伝い?で真珠売ってます。あんまり価値はわかっておりませんが、いろいろな種類がございまして、今日はその種類を、私の下手な写真にてご紹介をさせていただければ、と思います。

名前

別れと出会いに関して

日本のビットコイン業界は黎明期から有名人がいました。1人目はサトシナカモト。2人目はMtGoxを経営していたマルクカルプレス。3人目がビットコインジーザスと呼ばれていたロジャーヴァーです。 <div style="caret-color: rgba(0, 0, 0, 0.847); color: rgba(0, 0, 0, 0.847); font-family: -apple-system-font

サムネイル

エクスコインは果たして成功するか

本日(2019年12月11日)、「エクスコイン」なる仮想通貨のプレスリリースがあったそうです。 日本初のステーブルコインということで、話題になりそうです。   しかしこれ、大丈夫なんでしょうか? 「あたらしい経済」での記事を読んで、不安になりました。 竹田恒泰氏のエクスコイン社らが発表した156種類のステーブルコイン「xcoin」について考察 <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-s3-001/article/201

名前
サムネイル

BTCLN→→→アルトコイン(ETH編)

ビットコインは持ってるけど、他のコインへ交換したいな。でも取引所を使うのは手数料取られるし、送金時間も遅いしって悩んだことありませんか? そこで今回は、ライトニングネットワークを活用してビットコインをアルトコインへ瞬時に交換できるサイトの1つであるFixedFloat.com(No KYCなサービスです)を使ってみました。 まずは、交換に送信するコインの種類を選びます。僕はもちろんBTCLNを選択。そして、受取るコインはETHを選択しました。 <img style="display: block; margin-left: au

名前
サムネイル

大阪について

写真は、大阪の梅田からの風景。 なんやかやいうて、大阪へもちょくちょく顔を出す、が、今コレを書いているのは名古屋というこのとんでもなくひねくれモノの私。

名前
サムネイル

⚡BitfinexからBitrefill経由LN払いでアンドレアスさんの新刊を買おうとする話⚡

先日のBitfinexライトニング・ネットワーク対応に続いて大々的に発表されたBitrefillとの提携発表。 これによりライトニング・ネットワーク支払いによる様々なギフトカードの購入が手軽になり、日常生活でのビットコインの利用がさらに身近になりました。 さっそくKatakotoさんも何かで使ってみたかったのですが、最近性欲も物欲も瀬戸内寂聴なみに滅されてしまっており(いや、逆に凄そう。なんの話だ。)なかなか実際に試す機会が持てずにおりました。 そこへ来て アンドレアス・M・アントノプロス氏の“The Internet of Money”最新第3巻の発売! <img s

名前
サムネイル

やっぱり1番強いのは🦍

うっほ🦍🍌うっほ🦍🍌   (推し様の楽曲への私信とあっては味見一択だし、せっかくだから事務所のみんなを巻き込むス