LNの料金市場の適正水準を整理する

LNの手数料の適正水準はどう見積もったらいいだろうか?ルーティングノードの収益性を算出するためにはどうアプローチすればよいだろうか?参考になりそうな数値や計算式を整理する。 個人的な感想を先に書くと以下となる。 現在の手数料市場は収益性が低くもっと手数料が上がった方が健全である。 他の決済手段と比較すると、LN支払い料金は10000ppm(手数料1%相当)でも十分ではないか。5ホップとすると中間1ノードあたり2500ppmである。 ルーティングノードの収益性を考えると、1000ppmあれば1BTC程度の資金で年利2.8%になり半年で初期費用回収できるので十分な投資対象になると考える。 基本概念の整理 LNの料金方式 LNの手数料は送金額に応じた料率方式が主になる。(基本料金の設定もあるが1 ~ 0 satsが大半) 料率単位のppm(parts per million)は、1,000,000satsを送るときの手数料をsats金額で示したもの。 %での手数料率に変換すると1000ppm = 0.1%になる。 支払い者が払う手数料はルーティングに参加した各ノードの手数料の合計である。本稿では5ホップ(経由ノードは4つ)のルーティングがあるとすれば、各ノードの取り分は単純計算で1/4とみなす。 ルーティングノードの収益はアウトバウンドフローで発生するのでアウトバウンドキャパシティが直接的な収益資源となる。 LNの料金以外のベネフィット 本稿では料金比較だけを行うが実際の決済検討では以下のような料金以外の効用も忘れてはならない。 Bitcoin(L1)に比べると、料金の安さだけでなく、即時確定やトランザクション量のスケールという利点がある。 クレジットカードなどの集権サービスと比較した特徴はBitcoin(L1)とだいたい同じである。 24時間365日利用できる 誰でも自由に使える 信頼する第三者に対する加盟や審査や手数料率などの交渉手続きが要らない 検閲がなく匿名性が高い 逆にデメリットはオンライン前提がゆえの利用の不便さやセキュリティ面の不安さなどが挙げられる。 現在の料金相場 ルーティングノードの料金設定 sinkノードとのチャネルは500 ~ 1000ppmが多い。 routing/sourceノードとのチャネルは0 ~ 100ppmあたりのレンジになる。 リバランスする場合もsinkで収益を上げているならsink以下になるのが道理である。 プロダクト/サービスのバックエンドにいるノードの料金設定 sinkやsourceに相当するものは上記の通り。  1000〜5000ppmあたりで一律同じ設定というノードもよく見かける。 ビジネスモデル次第で千差万別だがアクティブと思われるノードでそれ以上はあまり見かけない。 上記は1ノードあたりの料金になる。支払い全体では経由したノードの合計になる。 料金目安 いくつかの方法で参考数字を出していく。LN料金算出は「支払い全体/3ホップしたときの1ノードあたり/5ホップしたときの1ノードあたり」の三段階で出す。 類推方式 決済代行業者との比較 Squareの加盟店手数料は、日本3.25%、アメリカ2.60%である。 参考資料 https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/cashless_payment/pdf/20220318_1.pdf 3.25%とするとLNでは「支払い全体/3ホップしたときの1ノードあたり/5ホップしたときの1ノードあたり」でそれぞれ32,500ppm/16,250ppm/8,125ppmになる。 スマホのアプリストアとの比較 Androidのアプリストアは年間売上高が100万USDまでなら15%、それ以上なら30% 参考資料<a href="https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/112622?hl=j

バッジャー君

Spotlight

SNS platform for distributing digital content using Bitcoin. Each piece of content can be sold or purchased for as little as one $0.01 in Bitcoin, making it a fun place to start for both readers and creators.

Sign up
Search spotlight

Reckless ads

ads here

Trending Stories