「終戦後の日経平均は176円だった」…そして、「今日は235円の値下がりだった」

株価について知りたいと思って検索していたら、おもしろいまとめ記事を見つけました。 何だかんだ言っても経済は拡大する〜終戦後、日経平均株価は176円だった(NAVERまとめ、なおひとずさん)   このまとめによると、日経平均株価がスタートしたのは1949年。昭和だと24年ですね。 太平洋戦争の敗戦から数年経ち、東証が再開したタイミングがこの時だったようです。 このときの日経平均株価が、176円21銭だったというんですね。   いや〜、なんというか、ものすごくインパクトのある数字ですね。 今は2万円前後で推移していますから、数値だけ比較すると、70年で100倍以上になった、ってことになりますね。 隔世の感、という言葉は、こういう時に使うのでしょうか。     ちなみに、これを書いている2020年1月23日の日経平均株価の終値は、2万3,795円44銭。 前日比235円91銭(0.98%)の値下がりだそうです。 なんとこの値下がり額は、戦後の日経平均株価である176円21銭を上回ります!!! たった1日の変動額が、70年前の日経平均株価を超えてしまうとは!!!   戦後の人が、「日経平均が235円の値下がり」と聞いたら、何の話か分からないでしょうね。 もし今、「日経平均が30,000円の値下がり」と言われたら、「誤植だろうな」と一蹴されて終わりでしょうから。   でも、今から70年後には、「3万円の値下がり」もありうるということでしょうか。 そのころには、日経平均は200万円・・・?   さすがに70年後の世界を見ることは、私の年齢的にはあり得ませんが、いずれにしろ、未来は退屈させてはくれなさそうですね。 ではまた!

名前
サムネイル

大学の思い出

旧正月が近づいてまいりましておめでとうございます。こちらは大晦日に花火大会があり、教会の窓が割れたり民家が燃えて人や動物が多数大けがをした以外はほとんどクリスマスの延長のようなもので、サンタやツリーも最近まで飾られており、正月らしさは感じられなかった。 パキスタンでも年の移り変わる際には、実弾入りの祝砲がそこらかしこで上がり、流れ弾に当たって死傷者がでること以外は普通の日である。ゆえに、麺類を食べたり餅を食べたり、神社でおみくじを引いたりスーパーで無用な福袋を買ったりと、イベント満載な日本の正月は非常に羨ましいばかりである。 パキスタンは12月31日や1月1日も平日であり、正月は関係なく今の時期は学期末試験の勉強をしていた記憶がある。そして現在はドイツで学期末の試験とレポートに追われている。 天才の誉れ高く、ラテン語、エスペラント語、大阪語などが母語のごとく堪能であるわしが唯一F(不可、つまり再履修)を取ったのがアラビア語である。大学はワッハーブ派のイスラム系大学であったのでアラビア語が必修であり、卒業試験はクルアーンの暗唱であった。

名前
サムネイル

宣伝です

私事ながら、アプリを作りました。今回はその宣伝です。しかし、普通の宣伝とは違います。なんと、この記事の有料部分で宣伝をしてしまいます!そんなことをして何の意味があるのか?いやいや、私にも経済的合理性に反する行動をとる自由があります。

名前
サムネイル

今日はカレーの日

せっかくなので、特製チキンカレーに骨付きチキンビリヤニですっかりお腹いっぱい

名前
サムネイル

朝三暮四を考える。

15年ほど前のネタですが・・・ファイナンスの理論を考えてるときに、このことわざはちとおかしいというのに気が付いた。 《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見える故事から》 目先の違いに気をとられて、実際は同じであるのに気がつかないこと。また、うまい言葉や方法で人をだますこと。 この赤字の部分に注目!

名前

読書力の向上

私がビットコインにハマったのが、2013年末からなので、約6年間のビットコイナーである。ビットコインにハマる人の共通体験として、最初の1週間あるいは1ヶ月間、興奮が続いて、眠れない、徹夜してしまう、調べ続けたら朝だった、ベッドに入っても眠れないので起きて調べた等があります。 また優良企業の取締役だったのに無断欠勤して約1ヶ月音信不通になって、復帰したら首になった、辞表を提出した等。新卒で入ったパナソニックより、調べてるビットコインが面白過ぎて、辞めたしまった某○ージ等、楽しいエピソードが豊富です。 そして、ビットコインにハマると、一般的に技術的な仕組み、アプリケーションを含むエコシステム、業規制、金融全般、そもそもお金って何だ、中銀って何やってるんだ、等々にハマります。 更に国家とは何だ、警察・軍隊・徴税の役割や、国境の意味等、考えて、調べたりする様になります。 なぜ、それを調べるのか?それは直接的・間接的に投資の根拠となるからです。あるいは単純に面白いから、好奇心を覚えるからという面があります。

名前

コンテンツをLN支払いで読みたい

現在、ウェブ上の無償コンテンツは多くが広告収入で運営されている。つまり、いかにクリックして貰うか、検索の際に上位の記載されて、クリックを得るかがウェブマーケティングらしい。 一例としては、こんな記事。https://president.jp/articles/-/32320?page=4 ページを分割すると、読者は次ページをクリックするので、広告を多く表示出来るという設計だろうか?知らんけど。

BTC価格が再び100万円に到達!!!

・・・したそうですね。 今年も「億り人」が話題になるでしょうか?   私は微々たる量しか保有していないので、あと400倍くらいにならないと、「億」にはなりませんが・・・。   でもね、たまに思うんですよ。 あまり高騰して、誰もがお金持ちになると、物価の方も上がりますよね? 結局プラスマイナスゼロになったりしないのかな?・・・って。   たとえば、資産が100倍になって、「よっしゃー!高級車買うぞ!!」って思ってたら、 車の値段の方も100倍になってて、はい相殺、みたいな。     これまでにビットコインが最高値をつけたのは2017年でしたが、あのときも、ほんとに急騰したのは11月とか12月の一瞬だった。 だからきっと、実体経済に影響しなかったんですよね。物価にも影響しなかった。   でももし今後、高騰が1年とか2年とか続いて、ビットコイン長者があちこちに出現したら、たぶん物価があがるんじゃないでしょうか。 だって、仮想通貨を持ってるだけで大儲けした人たちが、その儲けをどうするでしょうか? 老後の備え? ・・・そんなわけないですよね。 不動産とか、車とか、飲み食いやらで、散財するでしょう。 そしたら、物価は上がる。 ・・・人々の生活はどうなるのかな??     ウィキペディアで「バブル景気」というページを見ると、平成最初のバブル経済というのは、1986年(昭和61年)12月から1991年(平成3年)2月までの、51か月間もつづいたんだそうです。   仮想通貨の場合、幸か不幸か、それほど長期間の高騰は、まだ経験したことがない。 今までなかっただけで、これから起こるかもしれない。   ビットコインの上昇がどれだけ続くか、そしてそれが社会にどう影響するか。 平成バブルの狂乱ふたたび・・・となるでしょうか? それとも、その儲けが設備投資や開発費用、人材確保などに流れ込み、日本全体を活性化させていくでしょうか? 推移を見守っていきたいと思います。    

名前

初投稿です

テスト投稿です、お願いいたします! 課金部分は使ってみるだけなので、内容はありません!

名前
サムネイル

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 7

🐇Lesson 7🕳️知識の限界 “下へ、下へ、もっと下へ。このままいつまでもずっと落ちてくのでしょうか?”引用元:不思議の国のアリス ビットコインにのめり込むことは、人を謙虚にさせる体験となる。私は物事を知っていると思っていた。私は教育を受けたと思っていた。少なくとも私はコンピュータ・サイエンスは理解していると思っていた。何年も勉強したのだから、デジタル署名、ハッシュ、暗号化、セキュリティ運用、ネットワークに関するあらゆる事を知っているはず。そうだろう? まったく違った。 ビットコインを動かしている基礎の全てを学ぶことは困難である。 それら全てを深く理解することは、ほぼ不可能だ。 “誰もビットコイン・ラビットホールの底を見つけられていない。”ジェイムソン・ロップ 私の読むべき本のリストは、私が読めるスピードをはるかに超えて拡大し続けている。読むべき論文や記事は事実上、無限にある。これら全部のトピックについてのポッドキャストは、私が聴くことができる以上に多くある。本当に謙虚になる体験だ。さらには、ビットコインは進化しており、イノベーションの加速率で最新情報に遅れないでついて行くことなどほぼ不可能なのだ。第1のレイヤーのホコリはまだ落ち着いてすらいないが、人々はすでに第2のレイヤーを構築し、第3レイヤーに取り組んでいる。 ビットコインは私に、私はほぼ何も知らないことを教えてくれた。そして、このラビットホールは底が知れないことも。   (C)Gigi "21 Lessons" クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に基づき翻訳