Monacard2.0の仕様に問題がないかチェックしてください

Monacardは私の手を離れcard.mona.jpに構築された仕組みから、みんなが使えるプロトコルに移行します。プロトコルは後から変更が面倒になるので今のうちに改善案があればTwitterのリプライかコメント欄でお願いします。最終的な判断は私がします。 Monacard1.0はそのままにしていても従来通り遊べますし、新規登録もしばらくはできるので心配しないでください。 画像に関して 画像はimgurではなくIPFSに変更します。今のところIPFSへのアップロードはcard.mona.jpを通す必要があります。card.mona.jpからアップロードする必要がある理由は後述します。将来的にはどこからIPFSにアップロードしても大丈夫なようになる可能性があります。 メタデータに関して カードの名前などのメタデータはcard.mona.jpのサーバーに保存するのではなく、アセットのdescriptionに書き込むことになります。具体的には以下のようになります。 @monacard{"card_name": "MONACARD2.0", "owner_name": "モナカード公式","add_description": "このカードは新しい方式で登録されました。","tag": "公式,test,2.0","hash": "QmXiEwxZYNkWYTEidgruK78Vx8fEFuc81Diyoaau5DVieh","ver": "2"} もちろんチェーンへの書き込み量が増えるのでトランザクションの発行にいつもより余計にMONAが必要です。上記の例だと今だと1円分くらいだと思います。アセットの発行と同時に書き込みができるのがメリットの一つです。 card.mona.jpとAPIについて いくらmonacardがプロトコルになったからと言って、そのままでは誰も使えないですし使わないと思うので、引き続きcard.mona.jpで今まで通りのサービスとして使えるように運営していきます。 IPFSへのアップロードはcard.mona.jpの支援ページから行うか、API経由でしか行えないようにします。IPFSでの浸透に時間がかかるのでやむを得ないですがこういう仕様です。IPFSにアップロードするとhash値がもらえるのでそれを使ってJSONを組みアセットのdescriptionに入力します。JSONを組む支援ページもあります。card.mona.jpのbotが2分おきにmonapartyを巡回してcard.mona.jpへの登録とimgurへのアップロードを行います。 まとめるとcard.mona.jpが提供するのは以下の項目です。・IPFSアップロードページ・IPFSアップロードAPI・JSON作成支援ページ・チェーンを巡回してcard.mona.jpへの登録とimgurへの画像アップロードをするbotモナカードAPIやエクスプローラーは従来通り提供します。 互換性について Monacard2.0自体はimgurをサポートしませんが、card.mona.jpを通すとimgurを利用できるので対応アプリは実装を変更しなくてもMonacard2.0を表示できます。 将来的に MonapartyでIPFSへの本対応が行われたときはそっちに仕組みを寄せると思います。card.mona.jpのコア部分を誰でも構築することができる仕組みを作って、Monacard2.0が真の意味でプロトコルになれればいいかなと思っています。

秘密鍵の保存だけで👌 ElectrumのRecoverable channelsとは

以前の記事で、LNノードを運用する上でのバックアップについて紹介しました。そこでは、オンチェーン資金のバックアップは秘密鍵の保管を、オフチェーン資金のバックアップでは、UmbrelやmyNodeなどLNDを使ってる場合はStatic Channel Backupと呼ばれるファイルをチャネルの開設ごとにバックアップする必要がありました。オンチェーン資金のバックアップは一度限りで良いですが、LNのチャネル上にあるオフチェーン資金は秘密鍵とは別にチャネル開設ごとに取得する必要があるので、結構手間がかかります。できれば秘密鍵に集約したいですよね。そんな悩みを解消してくれるのがElectrumのRecoverable channelsです。 Electrumはビットコインウォレットの老舗ですが、去年ごろからライトニングネットワークをサポートしました。そのElectrumが実装したRecoverable channelsとは、チャネルバックアップをチャネル開設時のトランザクションに書き込むというものです。こうすることで、ユーザーはチャネルバックアップをする必要はなく、秘密鍵さえ保管しておけばいいのです。もしLNノードやウォレットが壊れたりしたら、秘密鍵からオンチェーン資金を復旧し、また、オフチェーン資金の復旧に必要なチャネルバックアップは、ブロックチェーンから読み取り、その情報を使って復旧することができます。 Recoverable channelsの欠点は、チャネル開設時のデータサイズが大きくなるので手数料が通常以上にかかるります。また、ブロックチェーンに書き込んでいるのでチャネル開設時の相手にチャネルバックアップをしていることが知られてしまいます(バックアップデータ自体は暗号化されているので内容は分からない)。以前の記事でも触れましたが、このStatic Channel Backupはある一定の信頼があるので、もし相手にSCBから復旧しようしていることが知られると不正をされる場合があります。とは言え、実践的にはこのような不正はほぼありえないと思いますし、ユーザーは秘密鍵の保管だけで良いので、よりLNが使いやすくなりそうです。 ElectrumのRecoverable channelsについては以下のリリースノートおよびコードベースを参照してみください。

ビットコインと米ドルは共存するのか? それとも競合するのか?

周知のように、2021年9月7日(現地時間)、中米エルサルバドルでビットコイン法が施行されました。 これによって、ビットコインは世界で初めて法定通貨となりました。 歴史的瞬間です!!!   さて、これまた周知のように、同国ではビットコインだけが法定通貨として通用するのではなく、これまで同様に、米ドルも使うことができるそうです。 つまり、彼の地では、ビットコインと米ドルという、二つの通貨が同時に存在することになります。 これはどういう結果になるのでしょうか? 私はこれに興味津々なのです。 今回はその話です。 お付き合いいただければ幸いです。     二つの通貨の存在が、どうなっていくか。 私は二つのシナリオが考えられると思います。   まず一つ目のシナリオは、「共存」です。 別の分野で住み分けたり、あるいは、お互いを補完しあったりして、双方が存続していくという在り方です。   二つ目のシナリオは、「競合」です。 お互いに優位を競い合う中で、場合によっては、どちらかが完敗するかもしれません。 そうなると、法的には両者が認められいても、現実に通用するのはどちらか一方だということになるでしょう。     こうしたことを私が考えたのは、経済の本を読んでいて、「かつてイギリスでは、金貨と銀貨の両方が使用されていたが、それがうまくいかずに、その結果、金本位制になった」という説明を目にしたからです。 18世紀のイギリスでは、金銀複本位制でしたが、それで経済を安定させることができなかったために、19世紀になって金本位制に移行した、というのです。   「悪貨は良貨を駆逐する」という言葉があります。 これは、「二種類の通貨が認められている場合、人は良質な貨幣(良貨)を保蔵しようとするとともに、質の悪い貨幣(悪貨)を処分しようとするので、悪貨のほうが決済手段として通用するようになる」ーーという現象をいうそうです。 二つの通貨に質の違いがある場合、通貨として両立できないということかもしれません。   以上をまとめると、私の興味は以下の二点になります。 ①エルサルバドルにおいて、米ドルとビットコインの二貨幣体制は可能なのか ②「悪化が良貨を駆逐する」ような事態となった場合、勝つのはどちらか  

バッジャー君

Spotlight

SNS platform for distributing digital content using Bitcoin. Each piece of content can be sold or purchased for as little as one $0.01 in Bitcoin, making it a fun place to start for both readers and creators.

Sign up
Search spotlight

Reckless ads

ads here

Popluar stories

Request

oppai

Tipping