Windows 10でstream-lnd-htlcsを実行する

Umbrelって設置に関してはGUIで全てできてしまいます。びっくりするくらい簡単にできます。ただし、障害が起こった時とかちょっと詳しく掘り下げたい時とかはSSHでログインしてからのCUI操作が必須になります。コマンドに慣れてない人にとっては下手にいじって環境潰してしまったらと思うと非常に恐怖を感じると思います。しかも対象が資産を管理している端末ならなおさらの事。仕事で多少LINUXを使う自分でさえUmbrelでのコマンド操作はかなりビビります。 そこでルーティング情報を取得するstream-lnd-htlcsを極力Umbrel側に手を加えずにWindowsメインで動かす手順を紹介します。 ①lnd.confの変更 このファイルはおそらく過去にaliasの設定で触った事があると思います。その時と同じ手順でSSHで接続してnanoエディタでファイルを開きます。tlsextraipがすでに設定されていると思いますが、すぐ下にUmbrelのローカルIPを追加で設定します。私の場合はtlsextraip=192.168.11.2で追加しています。 UmbrelのローカルIPがわからない時はDOSプロンプトよりping -4 umbrel.localと打てばローカルIPが返ってきます。lnd.confの設定を保存したらSSHからexitし、UmbrelのWEB画面より再起動を行ってください。注意が必要なのはUmbrelはデフォルトではDHCPで動いるので将来IPアドレスが変更になる可能性があります。その場合は再度設定変更が必要になるので固定IPで設定しておくか、別の方法でIPが変わらないようにしましょう。自分はルーター側でMACアドレス指定でIPを固定しています。 ②証明書関連ファイルのダウンロード 次にUmbrelからファイルのダウンロードが必要になりますが、私は普段WindowsからLinuxにファイルアップロードやダウンロードする時はWinSCPというソフトを使っています。エクスプローラーライクでドラッグアンドドロップで操作できるのでかなり便利です。で、ダウンロード必要なファイルは /home/umbrel/umbrel/lnd/tls.cert /home/umbrel/umbrel/lnd/data/chain/bitcoin/mainnet/readonly.macaroon になります。いったんデスクトップにでも保存しておいてください。tls.certファイルは上のUmbrel再起動で更新されるので、その後のダウンロードでないと実行時にエラーになります。 ③Pythonのインストール、stream-lnd-htlcsのダウンロード WindowsにPythonをインストールし、stream-lnd-htlcsをZIPダウンロードします。ZIPを解凍したらstream-lnd-htlcs-masterフォルダができるのでその中にlndtempフォルダを新規作成し、上でダウンロードした二つの証明書関連ファイルをlndtempの中に入れます。requirements.txtも忘れずに適用させましょう。 ④ソースの修正、プログラム実行 以下の要領でstream-lnd-htlcs-master内にある二つのソースファイルを変更します。 1.stream-lnd-htlcs.py "--lnd-dir", default="~/.lnd", dest="lnddir", help="lnd directory; default ~/.lnd", ↓ "--lnd-dir", default="lndtemp", dest="lnddir", help="lnd directory; default ~/.lnd", "--host", default="localhost:10009", dest="host", help="host address; default localhost:10009", ↓ "--host", default="192.168.11.2:10009", dest="host", help="host address; default 192.168.11.2:10009", with open(args.outfile, 'a') as f: ↓ with open

ビットコインの半減期に関して、反省と考察

ビットコインのブロックは10分毎に生成されて、2週間毎に難易度調整されて、約4年毎に半減期を迎える。 つまり、2009-2012 50 BTC/10分2013-2016 25 BTC2017-2020 12.5 BTC2021-2024 6.25 BTC いまここ2025-2028 3.125 BTC2029-2032 1.5625 BTC  この様に、大体4年毎に、BTCは半減期を迎えるため、総量は21Mと計算出来る。 実際の半減期当日を列挙すると、11/28/20127/9/20165/11/2020であり、4年ではなく、4年弱で半減している。これは難易度調整後に、ハッシュレート上がって、ブロック生成時間が10分を若干割ってるためだろう。 ここでは、単純化のため4年毎に半減と仮定すると、2041-2044 0.1953125 BTC/10分 20年後2045-2048 0.09765625 BTC2061-2064 0.00610351 BTC 40年後2073-2076 0.00762939 BTC2085-2088 0.00009536 BTC2101-2104 0.00000596 BTC 80年後2113-2116 0.00000074 BTC2125-2128 0.00000009 BTC2137-2140 0.00000001 BTC 116年後 つまり、2137-2140はマイナー報酬が1 Satoshiで、それ以降、新規のBTC報酬はなくなる。新規で報酬するには、小数点以下を8桁から更に切り下げる事は出来る。上限21Mを変更する事はないと思われる。 マイナーの年間売上規模を考えてみる。2015年のビットコイン価格を4万円と仮定すると、4万円 x 25 x 6 x 24 x 365 = 526億円/年 2017年のビットコイン価格を50万円とすると、50万円 x 12.5 x 6 x 24 x 365 = 3285億円 2021年のビットコイン価格を500万円とすると、500万円 x 6.25 x 6 x 24 x 365 = 1兆6425億円 2026年のビットコイン価格を1億円と仮定すると、1億円 x 3.125 x 6 x 24 x 365 = 16.4兆円 ここから、主に電気代、機器代、土地代、人件費などを引くと利益である。マイナーの産業としての規模は増え続けていて、クリーンエナジー対応必須である。4年でBTC報酬量が半減するので、半減後に価格2倍になると、売上は同規模だが、実際の価格は1桁上がっているため、マイナーの売上額も1桁上がっている。 さて、現時点では、半減する速度より、価格上がる速度が速いので、売上額は上がっているが、例えば2141年にマイナーの報酬は全て、手数料から得る必要がある。現在は、新規報酬額 > 手数料だが、いつ、それが逆転するのだろうか? なぜ、こんな事を書いてるかと言うと、2014年に某青山学院大学教授から、ビットコイン価格は、zero or many zeroと言われて、many zeroな未来しか見えなかった(人は自分の見たい未来を見てしまう)のだが、その後、考察を深めて、価格の急上昇は急降下のリスクを孕むと気付き反省した。そして、2018年頃、ふと今でもzero or many zeroでは?と気付き、それは結構なリスクでは?と思ってます。 識者の皆様は能天気にBTC価格上がり続けると言ってますが、最悪のシナリオも考えておく必要あって、つらつら考えてます。https://www.youtube.com/watch?v=G9RnKxnQxwA その後、一晩考えて、ライトニングネットワークあるので、チャネルの開閉にベースレイヤーが利用されると気付きました。 つまり、ビットコインのベースレイヤーは価値の保存のためにあって、2ndレイヤーは主にクロスボーダーの少額決済に絶大な競争優位性あります。2ndレイヤーの利便性が花開いて、ベースレイヤーの価値を更に増やすと大変ポジティブです。 結論 半減期は機能してるらしく。 以上

一度見ただけでは気づかないインターステラーの表設定+裏設定

インターステラー見ましたか?めっちゃ面白いですよね。 どんな話だったか覚えていますか? なんか地球温暖化で地球に住めなくなって、宇宙に行く…ブラックホールとか重力みたいな話? インターステラーは壮大なスペースオペラ、親子の絆ものの映画なのですが、クリストファーノーラン監督が映画の背景となる舞台設定にも趣向を凝らしているので解説していきたいと思います。 ①表設定:時代設定 『2001年宇宙の旅』の時代設定は言うまでもなく2001年です。では、インターステラーはいつの話と設定されているのでしょうか? 正確な年は決まっていませんが、主人公の父が「私が子供のころは人口は60億人だった、毎日が新しい発明にあふれていた」と言っています。 彼の年齢はおよそ60〜70歳の様に見えます。彼のセリフの「子供の頃」とはおそらく10歳前後を指しているのでしょう。 地球の人口が60億人だったときは1998年です。 1998年:10歳 60歳:2048年 舞台は2048〜2058年ごろの設定とわかります。 余談ですが、この映画の発表年は2014年です。このおじいさんは20代視聴者の将来の姿です。 ②表設定:舞台設定 この映画は今から約30年後の未来を時代設定としていますが、 1、世界は第三次世界大戦を経験しており 2、環境問題では砂嵐が吹き荒れ、地球に人間が住めないほどになりつつある この映画の中で第三次世界大戦が言及されるシーンは多くありますが、インド空軍のドローンを捕獲するシーンでは10年前に空軍が解体されたことがハッキリと書かれています。 インターステラーの世界は定期的な砂嵐が発生しており、主要な農作物を枯らすウィルスが蔓延しています。 この設定は「地球温暖化がこのまま進むとこうなる」という見方もあると思いますが、気候変動だけで30年後に環境はここまで荒廃するでしょうか? 以下が私の解釈です 第三次世界大戦によって、敵国の主要都市または国土全体が爆撃を受け廃墟になり砂嵐が発生。崩れた大量のコンクリートのビルがその嵐に削り取られ、砂嵐を巨大化させた。 この他大陸で発生した砂嵐がアメリカ大陸に届く、というSFなのではないかと私は考えています。 また、農作物を枯らすウィルスは敵国の化学兵器なのかな?とも考えましたが、わざわざ人間の悪意を入れずとも、このように考えることができるのではないでしょうか。 敗戦国での農業は農薬・化学肥料・水資源の不足、また大規模な砂嵐で傷つき枯死する農作物が多く、その中からはカビなどのウィルスも多く発生する。 ウィルスは砂嵐に運ばれてアメリカに到達した。 現代の農業は規模が大きく、規模が大きければ強いウィルスが発生する確率も高くなります。 この様に考えた方が終戦後の資源が少ない世界で人為的にウィルスを発生させるより無理がないと考えました。 ③裏設定:社会システム 2001年に人類は宇宙旅行を出来ませんでした。現在火星にすら人間は到達していません。 なぜかと言うと、コスパが悪かったからです。大金が必要なのは当然ですが、それを超えるような必要性がありません。 いずれ宇宙旅行は出来るけど、自分が生きてるうちには行けないかな…?と思う人が多いのではないでしょうか。 それではクリストファーノーラン監督がスペースオペラの映画を撮りたい!と思っても時代を21XX年に設定しなくてはいけません。 監督は舞台を現在から30年後とするために第三次世界大戦後の近未来という設定にしました。 しかしその設定の上で社会を描くと色々な辻褄合わせが必要になります。 ここでクリストファーノーラン監督は全ての辻褄をあわせる裏設定を採用します。 「第三次世界大戦後、アメリカは共産主義化する」 資本主義的な自由経済では環境破壊に歯止めがきかない これが一番大きな理由だと思いますが、この裏設定で映画のあらゆるシーンに説明がつきます。 インターステラーでのアメリカ版共産主義のポイントです ①企業は全て国営になり、ほとんどの企業は解散させられている ②生活に必要なものは配給制 ③国民の仕事は農業 ④中央集権的な教育体制 以下に例を挙げてみました 服屋さん おそらくインターステラーの世界で、服は古着・倉庫に在

流行るp2pと流行らないp2p

[注意] マジで浅い考察です。Twitterで1ツイートするのと同じ程度の内容です。マスアダプションしたp2p:Uber / Uber Eats / メルカリ / Airbnb /skypeマスアダプションしてないp2p:Winny / Tor / BitTorrent / Napster前者は他のWeb2.0企業やSNSと通信の形は同じ。(Skypeは途中でp2p通信の多くを廃止した) ユーザーから見たコミュニケーションはp2p。後者は通信からしてp2p。ユーザーから見たコミュニケーションはp2p+匿名性。WinnyとNapsterはp2pネットワークだったけど規制で死んだ。疑問:多くの仮想通貨は後者の特徴が多そうだけれどもどうだろう?答えの候補1) ノードが少ないp2pじゃない仮想通貨がほとんどだからいいんじゃね?笑答えの候補2) 後者なんだけど、今度こそ後者が勝つのだ!リバタリアンの夢なのだ!答えの候補3) それはWeb2.0の話だ。今はWeb3.0なんだぞ?アンドリーセンホロビッツに習わなかったのか?答えの候補4) その通り!!p2p+匿名性は犯罪だ!私の作ったこの匿名性のない仮想通貨ズビンドラは素晴らしい。これはビットコイン以上の時価総額になるぞ。偉い人のお墨付きだ!ガクトもウミトも買う!!….答えの候補5) インターネットって元々p2pじゃね?もしかして上のp2pの分類2つには例外ある?=> インターネット(TCP/IP)の基本構造はp2pなのか?=> 正確には違うTCP/IPの設計思想は "E2E原理"。End2End。通信プロトコルの機能はなるべく参加ノード端末(End)で走らせるべきで、途中の中継ノードはリレーに徹するべきだという原理。このEnd2End原理では、どのノードも他のどのノードに対しても途中でパケットを変換されることなく、通信することができる。誤り訂正符号により確実に届くパケットは誤差や偽造は端末(End)で検証・検知される。この中継ノードにEndノード自体も参加するのがp2pであるので、P2Pの方がよりフラットであると言える。ここで面白いのは、リレーに徹するというのはすなわちインターネット中立性ということなんだけれでも、これが経済的にも良いという点。中継サービスは偽造はできなくても検閲はできてしまうことがあるので、邪魔することができる。しかし、この検閲可能性を作るとこの検閲されないような実装の仕方などが沢山出てきて、開発コストが全員に対して嵩んでしまうこと。つまり、インターネット中立性があることが経済的にも合理的な状況を作る。詳しくはこちらP2Pは中間での検閲が不可能なE2Eであり、E2Eがp2pと共通点の多い思想であることが分かると思う。=> インターネットそのものがマスアダプションに成功した(通信もP2Pな)P2Pネットワーク?さらに言えば、インターネットそのものくらいになればp2pはマスアダプションするし、マスアダプションしなかった非検閲型の良いP2Pたちに足りていなかったものは、インターネットプロ

「懸念」という呪い

つぶやき。ポエム。TL;DR 「主語は小さく」が、つまらぬ炎上を防ぐ常道ではあるのですが。本稿では、あえて主語をボカします。なぜならば。ここで扱う「呪い」は、特定の誰かに罹っているのではないからです。日本全体に、薄ぼんやりと、強固に罹っています。 日本語話せるのに日本語読めない方々のために敢えて確認しておきますが、罹っているのは日本全体です。特定のコミュニティでもなく、ましてや特定の誰かでもありません。 無職業者BOTは暗号資産特化型の ASIC みたいな単機能 BOT です。しかし、なかのひとは、それなりに "日本初" なるものに関わってきました。片手の指の数をちょっと超える程度ですが。なので、この呪いが見えます。 Ⓜ さて、日本において、誰かが何か新しいこと…特に技術的な…を試みたとします。 ここで必ず掛かってくる声があります。暗号資産関連に限りません。恐ろしいほど全方位で、同様の場面が見られます。 他の類似サービスのことは知らんけど、運営者がしっかりと法的問題がないことを専門家なり規制官庁なりに相談するんだよ! …なにが問題なのか、分かりませんか? ならば、ご愁傷さま。あなたは「呪い」に罹っています。 Ⓜ 心配し懸念を表明するのは、常識的な大人の反応? そうですね。 ですが。知りも調べもしないで、技術者に技術以外の負荷を掛けて平然としているというのは、無責任なのですよ。大人のふりをした無責任。または大人(主語が大きい)ってものは無責任であるのが宿命、なのかもしれませんが。 新しいことを試すには、技術的な能力だけでは足りません。法規制やら商習慣やらに対処する能力が要ります。この全てを備えるのは、相応のコストが要ります。それを無邪気に要求していることに気づいていない。この態度は、イノベーションを阻害するのに十分です。 Ⓜ 一応確認しておきますが。「先駆者は、法規制なんて考える必要はない」なんて半グレみたいなことを主張するつもりは全くありません。モナパーティの開発運用に対し、どうすれば合法性の訴求ができるのかを悩んできた経緯は、過去何回か Spotlight で振り返りました。 ただし、それを無邪気無責任にふんわりと要求するのは、イノベーションにおいて阻害要因でしかありません。 ではどうすればよいか。無邪気や無責任を捨て、あと一歩の協力をする態度を示せばよい。 別に全面協力である必要はないでしょう。 繰り返しになりますが。技術主導の新しい何かが市場参入にあたって、大抵の場合、さらなる技術力は要りません。必要なのは、技術力以外の参入障壁要素への処し方。判りやすいのは法令による規制です。または、先行事例の研究。これらは概ね技術力以外の要素が必要になります。 無邪気無責任に空っぽな懸念を表明している人々にでも、というか、むしろそういう人々の中に向く人が居るかもしれない要素です。 Ⓜ 他の類似サービスのことは知らんけど、 を軸にして「大人」を擁護する意見が出がちなのは、まあ解ります。 ただ、ちょっと考えてほしいのです。類似サービスの研究は、どこが参入障壁で、どう回避できるのかを見積もるための、最短の近道です。MBA の授業では「ケーススタディ」なるものを沢山行うようですが、さすが、頭の良い人たちは良く解っています。賢者は歴史に学ぶ。 それもやらずに、新しいサービスに対し、底の見えないコストだけ押し付けているとしたら。しかも当人はそれに気づいていない、としたら。たぶん悪意はない。むしろ善意。 これこそ「呪い」ですよ。 この「呪い」は、薄ぼんやりと深く日本に染み付いていて、世代が一巡するくらいでは消えないかもしれないと諦めそうになるときもあります。でも、断続的にイノベーションが群発したこともある国でもあります。ウザがられてもお気持ち表明するべきときは表明する必要があると思っています。 Ⓜ なお、「IchiGo ちゃんの法的リスク(FUDじゃないよ)」は、モナパーティ(およびエコシステム全体)が無邪気無責任ではないことの表明として書きました。これ別に技術者じゃなくてもできるはずなのですけれどもね。技術者が技術以外のことに時間を取られ、イノベーションは遠のいていく…。 <i

バッジャー君

Spotlight

SNS platform for distributing digital content using Bitcoin. Each piece of content can be sold or purchased for as little as one $0.01 in Bitcoin, making it a fun place to start for both readers and creators.

Sign up
Search spotlight

Reckless ads

ads here

Popluar stories

Request

12/5 19:06 現在、方向感が定まらない状況です。決め手がありません。私はノーポジです。

Tipping