無題

つぶやき。ぽえむ。 まあまずコミュニティとアソシエーションという対立する軸の存在を理解していないと、無職業者BOT の発想に追いつくことは無理だと思う。 マッキーヴァーの定義 (1917年) が有名どころ。 コミュニティ「場所や空間を共有する結合の形式で、地縁による自生的な共同生活」 アソシエーション「目的や関心を共有する結合の形式で、契約による人為的な団体」 しかし後にコミュニティには複数の在り方があることがあぶり出される。これはヒラリーが 1955 年に明らかにした。 これらの研究は、まだ 100 年かそこらしか歴史がない。よって、社会学に触れる機会がない仮想通貨技術ヲタクたちが、「コミュニティ」なる難解な語をうまく扱えなくても仕方がない。 2017 年バブルで喧伝された(今もあるかも)、いわゆる「コミュニティが強い」は、コミュニティというよりもアソシエーションに近い。この混濁された用法でラベル付けされた「コミュニティ」は、モナコインには存在しない(または、淘汰された)。これが無職業者 BOT の見解。 一方で、マッキーヴァーが見抜いた特徴としての純朴な「コミュニティ」は、空間を共有する人がいる限り、自然発生する。モナコインには一定数の利用者が居るのでコミュニティが発生しないはずはない。そしてそこから生まれるコミュニケーションは、ネットワーク外部性の源泉なので、モナコインの価値創造において有利に働く。 けれども、自然発生するならあえて誰かが大きな旗を振る必要もない。小さな旗を振る多数の人が自律的に動く方が、分散台帳であるモナコインの性質にもあっている。 プレマイン発行されたり "財団" なるものが発行枚数の多くを管理しているようなコインでは、事情が異なるだろうけれども。 Ⓜ ここまで読んで「ならコミュニティはあるじゃん」というツッコミをしたくなった人は、「コミュニティ」という多義性のある語の落とし穴にハマっているだけだと思う。

ワイが見つけた、世界のHWウォレット自作プロジェクトをまとめちゃうよ1

今日は、かわいい海洋生物風宇宙人のタコ頭です。 -----追記----- 謝罪 BitBoyに関するリサーチが不足しており、評価が微妙になっています。 追加パーツが揃い次第、別途評価記事を書きます。 堪忍やで -------------- 皆さん、LedgerのECの顧客情報が流出してしまった事件を覚えています? (LedgerShopさんの運営に問題があった訳ではありませんのでご注意を。) 更に、ワイの誤解で無ければ、あるHWウォレットを購入した時税関で配送袋を開けられた形跡があった事があり、業務上仕方が無いのはわかりますがモノがモノだけに気味が悪く正直腹ただしい思いをしました。 これらにより、公式通販だからと言って安全ではない事、物流網の問題まで真剣に考えないといけない事を実感しました。 そこで、HWウォレットそのものを作れないかという考えになったのです。 正直、ワイは最近DXやなんや知らんがそういう事で思ったより忙しくあまり進んでいないのですが、取り敢えずここいらでワイが見つけたHWウォレットのDIYプロジェクトを自分の為にまとめておいた方がええんちゃうか?と思ったのでまとめます。はい。 ただ、個人から本格的なOSSプロジェクトまで、数が思っていたより多いw みんな、Don`t Trust Verifyを徹底してんねーやっぱりww 全然足りてないので、この記事のタイトルに1をつけて誤魔化してます。 もしかすると2があるかもね。 PyTrezor https://www.pitrezor.com/2018/02/pitrezor-homemade-trezor-bitcoin-wallet.html 製作済み サイトを確認してもらえればわかりますが、超簡単ですw 簡単かつ入手のしやすいラズパイベースの為、sdcardにあらゆる情報を保存する仕組みになっており安全ではありません。 絶対実用するんじゃないぞ!金が飛ぶぞw OLEDモジュールやスイッチ類を個別に購入するパターンと、一体になったシールド(モジュール)を購入する方法がありますが何かカッコ良かったのでワイは後者を選びましたのでそちらを前提に進めます。 (実はバラでも組んでますがw) この一体型シールドを使った場合はピンアサインが変わるので設定ファイルをいじる必要があしまっする。 忘れずに上記サイトに従って設定をして下さい。 今回の組み方だと半田付けは不要、しかしラズパイゼロはピンが立っていない物も売られているので半田付けの心得がない殿方は注意やで。 必要な部品と取り扱いのあるショップの例 Raspberry Pi Zero (ラズパイなんて何処でも売っとる) Adafruit 128x64 OLED Bonnet for Raspberry Pi (https://switch-science.com/) Sdcard (とりあえず、ラズパイに刺さればなんでもええんちゃう?) Trezor One Dev Kit https://mcudev.github.io/trezor-dev-kit/ 作る気ない これは、サイトの通りTrezorの開発実験を想定したものです。 なので、大切な暗号通貨の保管に使っちゃいけねいぜ。 ただ、PyTrezorよりはちゃんとしてマフ。はい。 ベースにはCORE 405Rという開発ボード(出来合いの学習や開発に使うための汎用基盤)が国内では入手しにくいのがキズです。(ワイの使ったことの無いサイトやけど、個人輸入は出来そう) このままの仕様で作るのは面倒やけど、国内で手に入りやすい部品を使い、開発実験用にあらやだ恥ずかしい全パーツ絶賛露出中のTrezorOneを一つ作っておきたいですねぇ。はい。 ちなみにこれで、二つ目のTrezorOneベースのプロジェクトになりますが、TrezorOneベースのプロジェクトは非常に

魔法のカセットボーイ

私は変なコンテンツを取り扱うことについては一日の長がある事を自負しており、いつも変なコンテンツを作ったり、探したりしていますが、今回はなんと「変なコンテンツの方から寄ってきた」という話です。 事の発端はAiwaのウォークマンを手に入れたことからです。最もウォークマンと言うのはソニーの商品名なので、Aiwaの奴は「カセットボーイ」と呼ぶそうです。初めて知りました。まあでも普通にウォークマンと呼んでしまいますがね。 まあとにかくカセットのウォークマンが欲しかったのですが、ソニーの奴は中古でもほぼ骨董品なので高いなあと思っていた所にAiwaのカセットボーイのジャンク品を入手した次第。 ジャンク品なので動くかどうかはギャンブル。とりあえずカセットと電池を入れて、何度かスイッチを入れたり弄り回しているとテープが回り始めました。しかし音を出してみると何かまともな音ではない。やっぱり外れかな~と思いながら、この壊れた機械の出す狂った音楽を聴いていると、所々で思わず失笑が漏れてしまうような絶妙な壊れ方をしているのに気付いたのです。 このおかしさは言葉で説明するのは難しいので実際の音を聴いてもらうしかありません。 どうでしょうか。何とも原始的なお笑いコンテンツじゃないでしょうか。多分江戸時代の人が聴いても失笑すると思います。 これは加工とかは一切なく、このカセットボーイから鳴っている音をそのまま録音してます。 そしてどんな音楽をかけてもこの音に変換されてしまいます。他のカセットデッキで聴くともちろん正常に再生されていたテープがです。 <iframe style="position: static; visibility: visible; width: 488px; height: 541px; display: block; flex-grow: 1;" id="twitter-widget-1" scrolling="no" allowtransparency="true" allowfullscreen="allowfullscreen" class="" title="Twitter Tweet" src="htt

Utreexoは中央集権的にならないか?

ビットコインの分散性を維持するためには、取引データを最小限に維持することが重要です。現在ビットコインの取引データは400GBを越え、UTXOだけでも4GBあります。 ビットコインにはフルノードとSPVと呼ばれる軽量クライアントがあります。フルノードは、さらにPrunedモードと呼ばれるUTXOだけを保持する運用も可能です。また軽量クライアントでは、フルノードと違い、全データを検証せずにブロックヘッダーのみをダウンロードし、自身に必要な取引データだけを検証することでストレージ容量を節約しています。 これまで軽量クライアントはBIP37で定義されているBloom Filterを使って各ウォレットを実装してきましたが、プライバシーが損なわれることからBitcoin Core v0.19.0以降ではBloom Filterはデフォルトでは無効となっています。Bloom Filterのデメリットは、クライアントごとにフィルターが異なるので検閲が可能となる点です。これを解決するために登場したのがBIP157,BIP158のCompact Block Filterで、これはBloom Filterとは異なり、フィルターがブロックごとに作成されるためビットコイン・ネットワークで全て同じものとなります。ただし、どちらにしても軽量クライアントはあくまでブロックヘッダーのみを保持し自身に必要な取引データのみを検証するので、全データを検証するフルノード/Prunedノードほどトラストレスではありません。 さて、ビットコインのフルノードは全データを保持するフルノードと検証したデータは捨てUTXOのみを保持するPrunedノードの2種類がありますが、これとは別なアプローチをするフルノードの提案としてUtreexoがあります。技術的な説明は割愛しますが、UtreexoはUTXOの管理・保持をマークル木ハッシュを使ったアキュムレーターで行います。これにより保持するデータ容量の大幅な削減だけでなくいくつかのメリットが生まれます。 メリット Utreexoノードは数キロバイトのデータ保持のみでよい IBDの並列処理が可能 コンセンサスアルゴリズムをデーターベースから独立できる ソフトフォークなしで実現できる デメリット IBDではネットワーク帯域が20%増加 Utreexoアーカイブノードは通常のフルノード以上のストレージが必要 ※IBDとはInitial Block Downloadの略で、最初の同期処理で行うブロックデータのダウンロードのこと Utreexoはソフトフォークなしで実現可能ですが、そのトリックはブリッジノードとよばれるノードの存在です。このブリッジノード(上記デメリットのUtreexoアーカイブノードと同義)は、フルノードと同じく全取引データの保持はもちろん、Proofと呼ばれるUtreexoノード(別名、Compact State Node)が検証するための証明を保持しないといけません。 以下の図はUtreexoのホワイトペーパーからの抜粋ですが、右側のFull nodeが既存のビットコイン・ネットワークで、左側のCompact State NodeがUtreexoノードのネットワークです。その間にブリッジノードが介在することで、Utreexoネットワークが形成できるわけですが、これはUtreexoノードはブリッジノードに依存することを意味しており、ここが単一障害点や中央集権的なポイントにならないのか?というのが問題となりそうです。 ビットコインでは、フルノードの存在は必須ですが、全てのユーザーが必ずしも全データを保持する必要はなく、そのためにPrunedノードが存在します。UtreexoノードをPrunedノードに対する「代替案・選択肢」として見ることができるかもしれませんが、それでもPrunedノードに比べるとトラストレベルが出てくるので、「トレードオフ」という言葉を持ち出さないといけないような気がします。 以上を考えると、Utreexoはビットコインの分散型ネットワークを維持していくために必要なものなのか疑問が残ります。この投稿を読んでいる方で何か思うところがあればコメントお願いします。 [追記]Utreexoの発案者のインタビューを聴きました。とても面白い内容で、Utreexoが生まれたきっかけは論文を書かないといけないから仕方なく書いた話であったり、数学や暗号学は発明するものではなく、見つけ出

バッジャー君

Spotlight

SNS platform for distributing digital content using Bitcoin. Each piece of content can be sold or purchased for as little as one $0.01 in Bitcoin, making it a fun place to start for both readers and creators.

Sign up
Search spotlight

Reckless ads

ads here

Popluar stories

Request

彼氏のdogeさんよりたくさんお金くれる人に乗り換えを考えてる。私って罪な女かしら。

Tipping