おすすめの記事

学力向上をささえる側から、さまよえる保護者の方々へ

2,000組の親子から  おもに理系を中心とした教育支援業で多くの児童や生徒と接してきました。6才から大学院生まで。これまで授業などで直接教えた人数でおよそ2,000名ほどでしょうか。子どもたち(一部は青年)とその保護者の方々のようすから見えてくることがあります。  それは子に親がどう接してきたかという点です。この記事ではあくまでも学力で子どもを評価することは避けつつ記述しました。すくなくとも子どもの意欲や自主性という面でとらえていただければと思います。 親の気持ちの余裕  結論からいうと、親が子に対してどれだけ余裕を持った態度を示してきたかということです。この「余裕」とは何も経済的・時間的という意味ではなく、気持ちの「余裕」。とくに小学校低学年までの子どもに対してです。  保護者の方々と面談の機会があります。なかにはそののちも20年あまり交流のつづく方がおられます。その方は、当時反抗期の子にどう向き合うえばわかってもらえるか私にたずねつつも、自問自答してたしかめておられるかのようでした。  また新しくお店を持ち、大きなローンを抱え働きずくめですとおっしゃっていました。けっして楽に生きていらっしゃるはずではありません。お仕事を日々とどこおりなくすすめられ、つつましく暮らしているように見受けられました。ところがお話しされる表情に余裕さえ感じられたのです。そこにはお子さんの話になるといつも目を細められ、期待や愛情が抑制のきいた言葉の端々に感じられました。  若かった私には、「たくましいご両親だなあ。」と印象深かったですし、しみじみお子さんたちが糧になっていると感じられました。もちろん今ではお子さんたちは独立されて、社会をささえる人物にそれぞれ成長しています。  親ならあたりまえじゃないかとお読みの方々はお感じになるかもしれません。そのおとなの「あたりまえ」こそ、気持ちの余裕を確保するために求められ、再確認してみたいところではないでしょうか。 余裕をもてない保護者の方々のとまどいと方策  過保護でもなく、過干渉でもない「中庸」。ほどほどがよいことがわかっていても、なかなかわかってくれない子ども。いら立ち、感情の高ぶりがおこるのもしかたないかもしれません。ほんとうにもどかしくなるでしょう。  とくに最初のお子さんはそうかもしれません。子どもの数が減っていますので、保護者の方々とお話しすると、とまどいや自信がないごようすが見てとれます。さまざまな情報をあつめても、まわりにきいてもわかりません。  それはそうです。教育に正解はないでしょう。上で「中庸」という言葉で紹介したように、結論としてほどほどがよいということです。保護者も子どもをつうじて親として成長していきます。なにも子育てに完璧をめざす必要はないですし、その姿勢ではうまくいかないものです。  そこで迷いつづ

アルタミラのへそ
アルタミラのへそ
バッジャー君

Spotlightとは

ビットコインを活用したデジタルコンテンツを配信できるプラットフォームです。
各コンテンツは約1円~からビットコイン決済で販売・購入できるようになっており、読者もクリエーターも楽しく始めることができます。

アカウントを作成