おすすめ記事

日本酒が裏技でおいしくなりました

こんばんは。 JNWさんの「誰でも簡単に日本酒を美味しくする裏技」を試してみました。ちょっと工夫するだけで口当たりまろやかになり、飲みやすくなります。 日本酒がお家にある皆さん、ぜひリンク先の記事を参考に試してみてください。超おすすめです。 記事:「誰でも簡単に日本酒を美味しくする裏技とは?」 それではお休みなさい           上の感想文だけでは、お叱りを受けると思ったので自分なりに工夫してみました。使った道具はこれです。 ごく普通の超音波洗浄器です。お家で眼鏡やアクセサリーをきれいにできるやつです。これに水を入れます。 次に日本酒を適当な容器に注ぎます。今回は50mlくらいです。 日本酒入り容器を超音波洗浄器に入れて、スイッチON 1~2分くらい超音波をかけると日本酒のピリピリとした舌ざわりが軽くなり、オリジナルの方法と同じくらいのまろやかな口当たりになりました。この方法も道具があれば、おすすめ?です。 <

日本語のビットコイン関連YouTubeコンテンツの動向 (2019年以降版)

YouTubeにおける最近の日本語でのビットコイン関連コンテンツがどのようなものか、量・質ともに興味があったので、大量にデータを取得して分析してみることにしました。YouTubeコンテンツを作成している・作成したい方、広告を依頼したい方などの参考にはなると思います。(より詳細な分析が必要な方は、ご自身で行うかご相談ください。) 「ビットコイン」「ブロックチェーン」の2つのワードについて、2019年以降にアップロードされた動画のうち再生回数上位のもの約500件ずつに関して、以下のデータ分析を行いました: ・再生回数の多い動画上位・トップ500の動画の再生回数が多いチャンネル上位・再生回数と動画の尺の関係 (上位チャンネルと全体との対比あり)・使用されているタグの頻度とワードクラウド 久しぶりにエクセルで複雑なことをしたので、格闘しました。(データの取得はPython書いてやったので、正直言うと可視化までPythonとかでやったほうが早かったし使い回せた気がします。もう二度とエクセル触りたくねえ) エクセルと向き合うのが辛かったので、生ビールを奢ってもらうくらいの価格にしました。興味のある方はぜひご覧ください。 (スライド画像8枚、リストは書き下しもあり。解説文は少量あり。) 【追記 7/26】さっそく英語"Bitcoin"の結果も追加しました

東京都のコロナ感染拡大の近況

約2週間ぶりの投稿となります。 当初、警鐘を鳴らすつもりでいくつか記事を書くはずだったのですが、一気に感染者が増えてしまって気が滅入ってました。少し遅くなりましたが、今回も区市町村別の患者数データを読み解いて近況を見ていきましょう。※このデータの見方は「東京都においてのコロナ患者数の実態」をご覧ください。 ここでおことわりを入れます。私は感染症や統計学の専門家ではなく、あくまでデータを表計算ソフトでにらめっこしてる素人です。一個人の見解なので情報に誤りがあるかもしれません。ここに書かれた情報はご自身の責任でご利用ください。 まず、ごちゃごちゃしてますが、こちらのグラフからご覧ください。7月22日時点の区市町村別の患者数増加率です。 はじめに、全23区で新規患者が出ています。平均的に毎日1~3%のペースで患者数が増えていますが、一部の区を除いて累計患者数の増加率は若干減少してきているようです。ただし、本日7月23日に東京都で366人の新規患者が出たので状況がガラッと変わるかもしれません。 連日「夜の街」が報道で話題になってることで「夜の新宿や池袋が危ない」という認識を持たれた方も多いかもしれませんが、実際は全23区においてほぼ毎日感染者が出ているという事実は忘れてはいけません。新宿や池袋に限られた問題では決してありません。 また、注視すべき点として、重症患者も増えてきました。東京都の新型コロナウイルス感染症対策サイトに掲載されている数字は23日時点で21人まで増えています。14日時点で7人だったので、実に9日間で重症患者数が3倍に増えています。7月1日に280人だった入院患者数が23日には964人に増えてしまっていて、病床数は1000から2800に増やしている最中です。医療機関では対応に追われていることが想像できます。 さて、ここからは最近上昇傾向の東部2区に焦点を合わせてみます。 <img src="https://s3-ap-northeast-

ホームブルーイングって何?_家でビールを醸造する方法 1

一部の方から、これ書いたら面白いんじゃない?とリクエストを頂いたので、ビールの醸造方法についてご紹介したいと思います! ちなみにトップ画像は、ホップのペレットです。一般的には、ビールを作るときにはこのペレットを使います。 (※アルコール度数1度以上の飲料の自家醸造は酒税法にて禁止されています。逆に言うと、アルコール度数1度未満の自家醸造は問題ありません。良い子のみんなは守ってね!) アメリカではホームブルーイング(自家醸造)が盛んで、その人口は110万人以上と言われています。日本でも、伊勢角屋麦酒の社長が旗印となり、ホームブルーイングへの整備が進められようとしています。 https://www.custommade.com/blog/sustainable-homebrewing/ ホームブルーイングの良いところとしては、なんと言っても自分の好きにビールが作れるところです! ビールを作るときに、はちみつを入れたらどうなるだろう? オリオンビールは爽やかな飲み口で米を使っているけど、米を使うとどんなビールができるんだろう? フルーツビールって美味しそうだな、作ってみたい! そんな願いが全て叶えられます。 また、ビールの作り方がわかると、日々飲むクラフトビールへの興味が何倍にもなります。 これから、ビールの作り方についても解説していきたいと思います!      

仮想通貨との出会からビットコインにたどり着くまで

これは、私の仮想通貨との関わりについて書いた「備忘録」である。 ところどころ、記憶違いがあるかもしれないが許してほしい。 また、現在は「仮想通貨」ではなく「暗号資産」に変わったが、当時の思いも込めてここでは「仮想通貨」と呼ばせていただく。 2017年12月20日頃、偶然ネットサーフィン中に「仮想通貨」についての記事を見つけた。 どうやら、投資金額の何十倍ものリターンが得られ、彼らは「億り人」と呼ばれているらしい。 これまで、投資といったことを一度もやったことなかった自分がなぜか、「仮想通貨」にだけは興味をもった。 勤務中であり、スマホ片手にトイレにこもり一人興奮していたことを思い出す。 「なんだこれは、まじか!!俺も買いたい。どうやって買うんだ!!」 その日は仕事に手がつかず、ずっと仮想通貨についてネットで調べていた。 「なに?取引所で仮想通貨を買うことができるのか。KYC確認に一週間もかかるの?」 ブログのアフィリエイトリンクからコインチェックの新規登録をしてKYCの申請も済ませた。 ほどなく、1週間ほどしてコインチェックからハガキが送られてきた。 12月27日 取引開始  とりあえず、10万円入金した。 初めて買った仮想通貨はもちろん「XRP」 「ビットコイン」ではなく「XRP」を買った理由は、今思うと ①10万でより多くのコインを買えるから ②ビットコインが200万から1000万になるよりも、XRPが200円から1000円になるほうが簡単そうだから(私見) からだっとと思う。 「XRP」を買った後は、一日中、コインチェックのチャットを見ては、話題になった仮想通貨をネットで調べては価格のチェックをしていた。 次の日の28日、朝起きると仮想通貨を買いたくて仕方がなかった。 ただ、28日からは銀行が正月休みになるため銀行からの振り込みができなかった。 そこで、コンビニ入金で10万円入金した。 次に買った仮想通貨は「XEM」 理由は、「単価がビットコインよりは安く多くのコインを買えるから」 XRPと同じ理由であった。 買った直後の心境は、なにかが満たされたような気分だった。 「これで俺も億り人だ」 そして、一日中、コインチェックのチャットと価格を往復する。 チャットには、日々様々なコインの話が話題にあがっていた。 その中で「ICO」という言葉が目に入ってきた。 「取引所に未上場のトークンが購入できるのか。もし上場したら何百倍にもなるじゃないか!よし、ICOを買おう。」 その名も「バンクエラ」 「えっと、XEMを送金して買うのか。ちょうど昨日買ったXEMを5万円分送金した。」 ・・・・・「届かない」「

貯金好き日本人が知らない事実。銀行は魔法使い。

みなさんは貯金するために銀行を利用します。 私自身も銀行をたくさん利用します。 しかしこれから話すことは皆さんが意外と知らないような銀行のお話です。 これを聞いて少し怖く感じる人もいるかもしれません。 銀行について悪いイメージを作っているわけではありませんのでそこはご了承ください。

Dev Protocol(Dev)ステーキングガイド

最近何かと話題になっている日本発のブロックチェーンプロジェクトDev Protocolのステーキング方法を紹介します。 Dev Protocol(Dev) クリエイターの収益化を支援 ブロックチェーンを活用した OSS(オープンソースソフトウェア)開発者向け収益化サービス。Dev は Ethereum のトークン標準仕様(ERC20)に準拠し、Dev に参加した OSS エンジニアに対して、ダウンロード数に応じてトークン(Dev トークン)を配布する。Dev トークンは仮想通貨交換所で Ethereum トークンと交換性があるので、これを報酬として受け取ることができる。現在はUniSwapでの取引が可能。 ステーキングはStakes.socialというサイトで行います。   1. ウォレットの連携 サイトにアクセスしたら、DEVを保管しているメタマスクなどのウォレットを連携させます。画像の赤枠のボタンを押して、連携させます。   2. ステーキング先を選択 自分のDevをステーキングするPropertyを選択します。画像では、一番上のPropertyを選択しています。   3. ステーキング量を決める ステーキングしたいDEVの量を決めます。量が多ければ多いほど、報酬も増えます。量を決めたらStakeを実行します。※ガス代がかかります DEVが送金されれば、ステーキング成功です。「Your Staking Amount」「Your Staking Share」に反映されます。   4.

パソコン壊れていました。鼻汁が出ていました。

文章を書く時は、極力わかりやすく、しかし特に読んでも全く読者の役に立たず、しかしながら不快感はなく、全く人の心に響かないものを書こうと決めている。というのも毎日毎日テルグ語の文学やらセネガルのポストモダンなんたらという極めて分かりにくくというか全くもって意味が分からず不快でしかない文章を毎日読んでいるからである。わけのわからない文章を毎日読んでいるのでわけのわかる極めて簡易で役に立たない文章を書きたい。 そんなわけで画像は卵白と卵黄を分ける道具である。頭の中に卵を割り入れ、傾けると鼻から卵白だけが排出される。卵の割り方がまずいと副鼻腔炎の時分の黄色い鼻汁のようなものが出てくる。 さて先日、冷蔵庫のドアが壊れ3日ほどかかって直したのだけれど、中に入れていたポテトサラダやチリソース等が壊滅的に腐り、「疫病が流行ったりバッタが飛んだり今年はこりゃあまぁほんまになぁんにもええことがねぇやぁ」と言っていたらパソコンまでも壊れ、驚き慌てて鼻から黄色い鼻汁が出た。 今学期そして来学期の講義は完全オンラインであり、パソコンが壊れるというのはつまり肥溜めの深海に転落し河童に尻子玉を抜かれるようなものある。更にコロナとは全く関係なく家賃を3ヶ月滞納している。パソコン修理代を友達に借金した。こりゃぁもう口や尻から鼻汁が出そうな緊急事態である。 パソコンを修理に出している間スマホで乗り切ろうとしたけれど、画面が小さすぎて何が書かれているのかわからないので、各教員に 「パソコンないんでぇ、ライブ配信中に研究室に行って直接講義聴いてえぇっすかぁ?」とメールしてみたら、みんな了承してくれ、