Umbrel はじめてのSSH接続|Aliasを設定まで

Umbrel はじめてのSSH接続|Aliasを設定まで

Umbrelで詳細な設定を変更する場合は、コマンドラインでの操作が必要となります。
SSHの接続からAiliasの設定までの手順となります。

またこの記事はMarimoxさんの記事の内容をコマンドラインを一度も使ったことの無い人向けて、詳細な手順を加えたものとなります。
もし操作に慣れている方は、以下本家の記事をご覧いただければと思います。

[操作環境]
Mac OS:10.14.5
Umbrel:0.3.14

1.ターミナルを起動する

2.SSH接続

以下のコマンドを入力しENTER

ssh umbrel@umbrel.local

パスワードが聞かれるので入力する
パスワードはUmbrelにログインする時のものと同様となります。
タイプしても文字数がわからないようになっているので入力の際には違和感があるかもしれません。

赤枠に緑の文字がでてればログイン成功です。
初回接続の場合警告文が色々と出るのですが、yesを入力してください。
2度目の接続ではでて来なかったので、説明を割愛させていただきます。

3.Aliasの設定

以下のコマンドを入力しENTER

sudo nano umbrel/lnd/lnd.conf

パスワードが聞かれるのでSSH接続と同様に入力
パスワードを打つとlnd.confの設定の中身へ入り編集することができます。

赤枠に以下を追記してください

alias=○○○○○○○○○

○○○○○○○○○部分は任意の名前にしてください。
名前は公表されるので個人情報が入っていないものを入力してください。
名前の変更は何度も可能ですが、変えた履歴も残るらしいです。また全角は文字化けするので避けたほうが無難かと思います。
またカーソルの移動はマウスでは行えないので、矢印キーで行ってください

内容を変更すると右上の赤枠がModifiedになります。
編集したテキストを上書き保存します。
上書き保存するには「control + x」を押します 

画面の下にこういうのが表示されるので「y」を押してENTER

するとこうなるので

ENTERをおす
これで上書き保存が完了しました。

するとlnd.confの編集が終了し最初のコマンドラインの画面に戻ってきますので、以下を入力してSSH接続を終了させます。

exit

SSH接続が解除され、もう一度exitをタイプしターミナルを終了させます

exit

これで編集は終了となります。
ターミナルは閉じても大丈夫です。

4.エイリアスの変更を確認する

Umbrelへログインし、再起動します。

再起動後 Appsから「Ride The Lightning」を起動
Ride The Lightningをインストールしていない方は以下の手順にてインストールを行ってください。

Ride The Lightningにログイン後
右のメニューのNode/Networkをクリック
Ailiasの名前が変更されていればOK


以上です。
お疲れさまでした。
わかりづらいところがありましたらコメントいただければと思います。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

Ride The Lightningインストール方法 [Umbrelの細かい操作②]

109

自分のノードIDを教える [Umbrelの細かい操作①]

65