Breez(リカバリー方法、手数料)

Breez(リカバリー方法、手数料)

リカバリー方法を中心に、モバイルライトニングウォレットの使い方を調べました。
ウォレット何使うか迷っている人の参考になればうれしいです。
この記事ではBreezを紹介します。

この後ウォレットの使い方が変更されて、記事の内容が古くなるかもしれません。この記事は、
 2022年4月 に
 Android app ver 0.12-beta (更新日2022/4/7)
を使って確認した内容で書いています。

特徴

  • オフチェーンの資金のみ扱える
    • ウォレット上にオンチェーンの資金はない
    • オンチェーンの受取り、支払いも可能
      • 受取り時はオンチェーンの資金がオフチェーンに変換される(支払い時は逆の変換がされる)
  • チャネルの管理を自動でやってくれる
    • 必要になったら自動でチャネルをひらいてくれる
    • インストール後すぐにライトニングが使える(受け取りもできる)
  • リカバリーが簡単
    • グーグルアカウントへの一部アクセスを許可する必要あり
    • iPhoneの場合は、iCloudが使えるっぽい
  • 手数料(ウォレット運営に支払う手数料)が少し複雑
    • オンチェーンの支払いで手数料が発生する
    • 自動でチャネルがひらかれた場合に手数料が発生する
  • その他
    • お店の人が使うのに便利そうな機能がある
      • 商品と値段を事前に登録できる
      • 管理者パスワードを設定して、店員が勝手に送金できないようにできる
    • ライトニングが使えるサービスが登録されている

リカバリー方法

準備

設定画面でバックアップデータの保存先にGoogle Driveを選択します
使用するグーグルアカウントを選択し、Breezからグーグルアカウントへのアクセスを許可すると完了です

リカバリー

ウォレットを起動して、Restore from backupをタップします
Restore backup data fromでGoogle Driveを選択して、バックアップに使ったグーグルアカウントを選択すると、リカバリーできます
残高が表示されてすぐに使えます

手数料

オンチェーン

  • 受け取り
    手数料なし
  • 支払い
    マイナーへの手数料と別にサービス手数料が発生
    ちなみに50,000sats以上でないと送れないです

オフチェーン

  • 受取り
    手数料なし
  • 支払い
    中継ノードに支払う手数料のみ

チャネルオープン

受け取り時にチャネルオープンが必要な場合、チャネルオープンの手数料が発生
手数料は受け取り額の0.4%(最低2,000sats)
受け取り画面で、いくら受け取ると手数料が発生するか表示されます

感想

リカバリーが簡単でよかったです。
ウォレットにライトニングが使えるサービスが登録されているので、ウォレット準備した後にライトニング使って何かサービス利用したいという人にいいかもしれません。
ただ、手数料が少し複雑で、チャネルについて少し理解してないと、よくわからないんじゃないかと思いました。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

Wallet of Satoshi(リカバリー方法、手数料)

157

ビットガールズで気づいたこと

78

Muun(リカバリー方法、手数料)

46