ヘッダー画像

ビットコインライトニングネットワークの使いみちとしての投げ銭の魅力

なまえ

先日よりSpotlightとビットコインライトニングネットワーク(LN)を触らせていただいて、LNの手軽さにちょっと感動しています。

このLN、なにかに使えないかな?とぼんやり考えていました。

物を買うのに便利そうなんだけど、そもそもビットコインの法定通貨建て価格のボラリティが大きすぎるので、売る方としてはBTCで売りたくないだろうし。
物がデジタルコンテンツであっても、生活がかかっているプロのライターさんや絵師さんは、やっぱり価格が大きく上下するビットコイン建てで自分のコンテンツを売りたくないでしょう。

となると、いい使い道の一つは投げ銭かな、と思うのです。

 

良い記事への感謝の気持としての投げ銭

僕は長年、いろんな場所でブログを書いてきました。自分で書くだけではなく、いろんなブロガーの記事を拝見していました。

その中には、すごいな、これは参考になったという記事も少なくありません。そんな記事にはお礼をしたいものです。
でも、その記事に対してお礼としてできることは、コメント欄に感想を書くことくらい。
ちょっとでもお金としてお礼をできればいいのになとずっと思っていました。

昔からそれを思っている人は多いようで、円で投げ銭をするサービスもあったように覚えています。
しかしそれらのサービスは、投げ銭をする方とされる方の双方がそのサービスに登録していないといけなかったり、クレジットカード決済が必要だったり、投げ銭するときの手続きが少し煩雑だったりしてハードルが高く、普及しませんでした。

また、2015年くらいには、カウンターパーティーというプロトコル上で自分で仮想通貨を発行して、それを投げる押し付けるwという遊びが一部の仮想通貨に興味を持つブロガーの間で流行りました。
ウォレットのQRコードを自分のブログサイトに貼ったりと、子供銀行券を使ったおままごとみたいに楽しむのですが、これがコミュニケーションの道具としておままごと以上に案外有用なように思いました。
でも、これもあまり広がることはなかったように思います。

やっぱり投げ銭って魅力ないのかな、と諦めかけていた僕の考えをひっくり返したのはALISです。

 

ALISでの投げ銭から投げ銭の魅力を知る

ALISの記事を見ていただければ分かりますが、投稿されるかなりの記事、特に人気記事には必ずと言っていいほど投げ銭がされています。
自分も毎日のように他のALISユーザーさんの記事に投げ銭しており、また自分の記事に投げ銭をもらっています。
投げるのは円でなくALISトークンなこともあって、結構気軽に投げられます

投げ銭をしていると、その楽しさが分かってきます。もらうのは嬉しいのですが、それと同様に投げ銭することも楽しいのですね。

投げ銭は、いいねを押すことよりさらに強い気持ちを伝える意味合いがあるなぁ、と感じます。お金のインパクトはやはり大きいものです。
少し多めの投げ銭をすると、学生時代に後輩に自販機のジュースを奢ったような、ちょっとした優越感にも浸れます。
そして気に入った記事に投げ銭を続けてゆくと、自分好みの記事を多く書いてくださったりもするんですね。そりゃ筆者としては、読者の反応がない内容よりも手応えがある記事を書きたくなるものですから。

やっぱり投げ銭っていいものだし、普及する余地は十分にあるのだなと感じています。

しかしALISの弱点は、投げ銭はALISのサイト上でしかできないことです。
まぁ、ALISトークンはERC20トークンなのでウォレットのアドレスがわかれば送金という形で投げ銭はできるわけですが、面倒くさくてやる人はあまりいません。
ALISサイト上の投げ銭では、経済圏としてはとても小さいです。今後は投げ銭APIを使ってALISサイト以外にも広げてゆく予定のようですが、一朝一夕にはできません。

これは円で投げ銭するnoteでも同様
noteはユーザー登録が必要な上に、投げ銭にはクレジットカード登録も必要で、100円以上の投げ銭を推しているようなので、ALISよりハードルが高い感じです。

 

ビットコインLNを使った投げ銭の可能性

そんな中、投げ銭の手段としてビットコインライトニングネットワークは面白いと思いました。

まず、ビットコインを持っている人はかなり多い。法定通貨ほどじゃないけど。
2017年の仮想通貨バブルにより、暗号資産に興味のあまりない人でも投機目的にビットコインを買いました。買ったビットコインはもう手放したかも知れませんが、少しは残っている人も多そうです。
その残りをLNで投げ銭に使うとなると、かなりビットコインLNの裾野は広そう

それにALISやnoteと違い、ビットコインライトニングネットワークには特定のプラットフォームへの登録が必要ありません
このSpotlightなんて、投げ銭するのも、そして記事を投稿することさえユーザー登録が不要なんですよ。理想を実践しておられるな、と最初ちょっと感動したくらいです。

もちろん、最初に書いたようにLNの使い勝手の良さは素敵

投げ銭はとても楽しいものだから、ビットコインライトニングネットワークという便利な道具が整備されつつあるので、もっと世の中に普及していいねと同じくらいに気軽なコミュニケーションツールになればいいな、と投げ銭の未来に期待しているのです。

文字 112字

100

会員登録 / ログインして続きを読む

コメント(7件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

なまえ

ありがとうございます。

Alisといい、spotlightといい、コンテンツサービスが花盛りで、どこをメインにしようか迷いますねw

僕も昔、tipmonaがあった時は、息子とのフットサルの試合の勝敗を当ててくれたフォロワーさんにチップしてました。

そういう、気軽にチップを投げあう文化がなかったこの国で、今、少しづつそういうことがはやりつつあるのはいい傾向だと思います。


ちなみに、Braveにツイッターを連携させると、tipbatができますよ、既知でしたらすみません。


今後もよろしくお願いいたします!!

なまえ

ALIS、Note、Spotlightとそれぞれの長短所がありますが、どれも共通しているのがカストディであるという点ですよね。

より良い形はALISやビットコインアドレスへ直接送金ですが、こすもすさんの言う通り、使い勝手が悪くなっちゃいます。

これを解決できれば、投げ銭サービスのブレークスルーだと思い、日々試行錯誤してます。何か良いアイディアがあれば教えてください!

関連記事

名前
サムネイル

暗号通貨の秘密鍵の安全性を守るには、唯一無二に真の乱数が必要で

暗号通貨の秘密鍵の安全性を守るには、唯一無二に真の乱数が必要です。 コンピュータの乱数は、擬似乱数といわれて真の乱数ではありません。長い周期をとると繰り返しがみられてしまうほか、初期値(シード)の与え方がわるいと同じような数列が出てしまうことが有ります。コンピュータのランダム関数をそのまま秘密鍵の生成に使うのは暗号の安全性の基準からはよろしくありません。 多くは、コンピュータ内部の情報だけでなく、マウスの動きや、機器の電子ノイズなどの信号を取り入れて、ランダムネスを向上させています。 さて、今回手に入れたのは、プレシジョンダイスといわれるサイコロです。

名前
サムネイル

ビットコイン発掘

ビットコインを手に入れるには、取引所などから購入する以外に、自分で発掘することもできます。これは、ゴールドを鉱山で発掘するのに似ています。 発掘することを英語でマイニングといい、発掘者のことをマイナーと呼びます。表紙の写真が実際のマイニング専用機です。 2017年冬ごろはビットコイン価格が高騰していることもあり、ライトコインの発掘をすることを決めました。ライトコインについては別の記事として投稿したいと思いますが、ビットコインが金だと例えると、ライトコインは銀と似ています。仮想通貨を発掘するには専用機が必要で、今回はAntminerL3+という機械を中国のBitmainから購入しました。専用機の価格は変動的で、発掘難易度や仮想通貨の価格により安くなったりします(ということが分かりました)。以下の表は専用機の価格が70%安くなった時点の各時点の専用機の返済期間を表しています。16万が5万で購入できるようになりました。これは発掘難易度が上がり(発掘枚数が2枚/月から1枚/月)、ライトコインの価格が下がったため、専用機の価格が下がりました。これは2018-01-01時点の価格と比較すると適正といえます。

名前
サムネイル

Twitterで気軽にライトニング・ネットワークが利用可能に!Bottle Pay!

こんにちは!katakotoです。 今日はTwitterやInstagramなどの主要なSNSアカウントで気軽にライトニング・ネットワークが利用可能になるBottle Payというウェブサービスのご紹介です。 TwitterなどのSNSアカウントと連携してすぐログイン可能。 今なら1,000satoshiゲット・キャンペーンによりログインしてすぐにライトニング・ネットワークの利用を開始できるそのお手軽さに感動し、勢いでサイトの日本語化に協力しました。 ビットコインコミュニティに何らかの形で貢献するのが自分の夢だったので、拙い翻訳ですが実際に反映された時は嬉しかったです。 もちろんカストディアル型のサービスになりますので、預ける資産は小銭程度が良いとは思いますが、その小銭程度の額で今まで体験することがなかった感覚を得られるのが、まさに現在進行形で進化を続けるライトニング・ネットワークの醍醐味と思っているので、まずは気軽に体験してみてほしいです。 個人的にはいったんアカウントを作ればTwitterのリプ欄の返信でビットコインを送れるBottle Pay Botの存在が結構衝撃的でした。 投げ銭をしたい相手のつぶやきに返信する形で @bottlepay 100sats この形式さえ守っていれば、メッセージなども自由に追加でき、既に相手がBottle Payのアカウントを持っていれば一瞬で届きます。(もっていない場合は登録をうながすメッセージが届きます。ただし英語) 開発者用のAPIの公開や対応SNSプラットフォームの拡大など、これからもLNマスアダプションになくてはならないサービスになりそうなBottle Pay 始めてみたい方は、ぜひ僕のリファラルリンクからご登録ください😄 (なんと100satがKatakotoさんに!) https://bottle.li/ghtnin