Yuya

Yuya

夢は世界中に影響を与え社会貢献すること。感謝、親孝行。

【ビットコイナー反省会】Lightning Network3倍祭り!

昨日、ビットコイナー反省会でLNについて話してきました。内容は以下のYoutubeでみれるので、興味のある方は是非!技術的な話というより、LNの現状やユースケース、今後の展望などについて話しています。LN界隈の雰囲気を知るにはいいんじゃないかなと思います。 発表で使った資料は以下よりダウンロードできます。 https://spotlight-s3-001.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/openbox/LN-Stats-From-Blockchain-Data.pdf  

【ビットコイナー反省会】Lightning Network3倍祭り!

ライトニングネットワークの手数料市場

ビットコインの手数料は、マイナーに送金データをブロックへ取り込んでもらうために支払う手数料で、より早く送金完了したいユーザーはより多くの手数料を払う必要があります。言い換えると、ユーザー競合による手数料モデルです。一方、ライトニングネットワークは、ネットワークオペレーターが予め手数料を公開して、ユーザーがどのオペレーター経由で送金するかを決めます。そのため、オペレーター競合による手数料モデルと言えます。 オンチェーン送金の手数料:ユーザードリブン オフチェーン送金の手数料:オペレータードリブン オンチェーン送金の手数料市場は発達しているので、特に問題視されることは少ないのですが、オフチェーン送金の手数料市場は未熟でしばしば問題にされることがあります。c-lightningの開発をしているBlockstreamのデベロッパーであるRusty氏は以前、デフォルト手数料ポリシーを協調して各社引き上げようと提案をしたほどです。この背景として、LNノードを運用しているオペレータは手数料を調整することなく、デフォルト値のまま運用していることがありました。LNの手数料は1回の送金中継では1~10satoshiほどしか稼げません。より多くの送金を中継するには、多くのノードと接続する必要もあるため、企業などの大型LNノードや有名サービスを持っていないと、手数料を稼ぐことは現実的ではないのです。 例えば、1回の送金手数料を10satoshiと仮定し、100回/日の送金中継をした場合でさえ、10円/日しか稼げないんですね。 今回、オフチェーンの手数料市場について面白いデータを見つけたので、ちょっとご紹介をしようと思います。

ライトニングネットワークの手数料市場

M5Stackでビットコインを楽しむ方法

以前から気になっていたM5Stack、やっと購入しました。値段も3500円程度(このサイト)とお手ごろ価格で、注文して2日後には自宅へ届きました。 ビットコインの価格やライトニング決済用インボイスを表示して遊んでみようと思ったので、その備忘録として以下メモを残します。取扱説明書と公式サイトのチュートリアルを参考にしてサンプルコードの実行と、ビットコインの価格表示ができるまでを簡単に纏めました。 (追記)自分はArduinoとかIoT系デバイスは初めて触ったんですが、2~3時間でビットコインティッカーまで作れました。プログラミングを少しやったことある人ならできるはず。本当にめちゃ簡単なんで、ぜひDIYしてみてください! 1.UDB Driverのインストール 取説には記載ありませんでしたが、公式サイトのチュートリアルにはドライバーのインストールが必要とのことだったので、インストールしました。 2.Ardiuino IDEのイントール 以下のサイトからIDEをインストールします。 https://www.arduino.cc/en/Main/Software 3.Arduino-ESP32 Supportのダウンロード IDEを起動し必要な設定をします。 4.MD5Stack関連のライブラリをダウンロード IDEより必要なライブラリをインストールします。 5.サンプルを実行してみる サンプルコードがあるので、それを使ってM5Stackへ「Hello world」と表示します。ここで接続先ポートの設定が正しくなかったため、コンパイルしてもアップロードできないエラーが起きました。シリアルポートを変更して、再度コンパイルをしたら正常にデバイスへアップロードされ、画面に「Hello world」が表示されました。 <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-s3-001/article/20200516164648gpxr43lg1_bl

M5Stackでビットコインを楽しむ方法

草コインはサイドチェーンを使え!

突然ですが、モナコインはお好きですか?モナコインとは Monacoin(モナーコイン・モナコイン)とは、日本の巨大掲示板サイト2ちゃんねるのソフトウェア板で、Mr.Watanabe(わたなべ、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって開発されている日本初[1]の暗号通貨である。通貨単位表記は「MONA」。(Wikiより) 日本独自のコインなのですが、以下に2020/5/7時点の統計データを記載してみました(Coingecko調べ)。 時価総額   :100 億円 取引量(日) :3.5億円 ランキング  :61位 統計データによれば暗号資産の中でも上位100位にランクインしているし、そこそこ知名度もあると言ってもいいのではないでしょうか。また取引量も日に3.5億円もあります。 ちなみにビットコインの時価総額18兆円は、取引量は4.8兆円もあります。すご! ちなみにちなみに、トヨタ自動車の時価総額は20兆円ほどです。 と、統計データはこの辺にして、本題に移りたいと思います。

草コインはサイドチェーンを使え!

【和訳】Mimblewimble explained like you’re 12

これはミンブルウインブルと呼ばれる暗号資産の送金情報を秘匿するためのプロトコルについての記事を、翻訳したものです。出典元はここでBEAMとよばれるプロジェクトを参考に解説してあります。ミンブルウインブルはBEAMやGrinまたLitecoinで活用されるプロトコルですが、その仕組みについて12才の子供でも分かるような解説があったので、ここに翻訳することを決めました。より多くの人に暗号資産の面白さが伝わればと思います。 ~~本文~~ ミンブルウインブル(Mimblewimble)は公開型ブロックチェーンから個人情報を隠すためのおかしな名前の技術である。この名前は、人々が秘密を言いふらすのを防ぐためのハリーポッターの呪文から名づけられた。 サトシナカモトのビットコイン論文には「プライバシー」についての章があり、ナカモトはビットコインのプライバシーの制限について言及している。この制限は、悪意ある人がビットコインから流出するデータを不正に使うことでさらに悪くなる。これは、個人名を開示しないからビットコインは匿名だと思っていた人たちを驚愕させる。それではどのようなデータが開示されているのか、またどうしてかについて見ていこう。 ビットコインは2つの要件を満たすために3つの秘密を言いふらす ビットコインはトランザクションごとに次の3つの情報を公開する 送信アドレス 金額 受信アドレス ビットコインはプライバシーを嫌っているから上記の情報を公開するわけではない。どんな貨幣システム(ゴールド、現金、物々交換)でも次の2つの要件を満たすためにそれらの情報を開示する。 送信金額と受信金額が等しいことを確認する必要がある。もし私があるアドレスから1コインを送信して、あるアドレスに2コイン受信するようなトランザクションが作れたら暗号通貨は成り立たない。 私が他人の銀行口座から送金処理ができないこと(自分の口座からのみ可能)。キャッシュカードとPINコードもしくはオンラインバンキングのパスワードを知っているもの、または暗号資産の場合は秘密鍵を持っているものからトランザクションが送られたことを確認する必要がある。 ビットコインはこの2

【和訳】Mimblewimble explained like you’re 12

UTXO and Account

普段はレイヤー2のライトニングネットワークについて調査することが多いんですが、今回はビットコインのレイヤー1で扱われるUTXOと呼ばれるものについて調査したのでその備忘録を残したいと思います。余談ですが、今回はUTXOと対比されることがあるイーサリアムのAccountについても触れていてます。両者は対比されることがありますが、今回は善し悪しではなく、それぞれの仕組みと違いについて書いていきます。 UTXO型モデル UTXOとはUnspent Transaction Outputの略称で、「未使用なトランザクションアウトプット」と訳され、このアウトプットがビットコインにあたります。例えば、以下の図のような3つのトランザクションがあった場合、未使用なトランザクションアウトプットはTx1のOut[1BTC]、Tx2のOut[2.4BTC]、Tx3のOut[0.8BTC]とOut[0.6BTC]となります。そして、これらのアウトプットを合計すると4.8BTCとなり、これがビットコインの残高となります。このビットコインの残高管理をUTXO型モデルと呼びます。 私たちの財布の中には大小さまざまな小銭が入っていると思いますが、それらを合計しないと残高が分からないことに似ていますね。 ビットコインのブロックのデータ構造は以下の図のようになっています。これは後ほどイーサリアムのデータ構造と比較するために記載するので読み飛ばしてもらって構いません。

UTXO and Account

ユーザビリティの考察

以前、Nayuta Walletの紹介記事を書きましたが、今回はウォレットとサービス設計についての備忘録として投稿します。 暗号資産を安全に所有するには、ノンカストディアルウォレットと言われる秘密鍵を自分で管理できるタイプのウォレットが必要です。一方、カストディアルウォレット言われるタイプでは、サービス運営者が秘密鍵を管理しています。カストディアルのメリットは、 ユーザが鍵の管理をしなくても良い ユーザビリティが向上する などが挙げられます。この「ユーザビリティが向上する」ことは重要で、例えば、Spotlightでは記事の購読ではビットコイン決済でも可能ですが、いちいちウォレットを起動しないといけません。そのため、サイト内ポイントを使って購読するほうがユーザビリティがいいんですね。 しかし、改正資金決済法に含まれる「暗号資産カストディ業務に対する規制」のため、カストディアルウォレットなどのサービスを提供するには、所謂暗号資産交換業ライセンスが必要となりました。そのためSpotlightではサービス変更を余儀なくされました(詳細はこちら)。 それ以降どうやってウェブサービスにノンカストディアルウォレットを組み込むかを考えてきましたが、Lightning Networkというプロトコルの制約上、簡単には実現できそうにありません... そこで発想の逆転で、ウォレットの中にウェブサービスを入れれば何とかなるかな?と考えてみました。 そのアイディアの一環として、Nayuta WalletからSpotlightを使ってみたので、その操作フローを以下に掲載します。 Nayuta Walletを開き、Marketplace画面のアドレスバーにURLを入力すると、Spotlightが表示される。 画面をスクロールしていくと、「続きを読む」ボタンがあるので、タップする。 <img style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" src="https://s3-ap-northeast-1

Windows98って知ってる?

Windows98は知ってますか? 僕が子供の頃、家にあったのはWindows95だった気がするんですが、デザイン的には95も98もあまり大差ないと思うので(いや全然違うっしょという方ごめんなさい)、今回紹介するパソコンはWindows98についてです。 パソコンと言っても、Windows98ちっくなデザインを適用できるCSSの紹介なんですが。 以下のサイトからWindows98のcssをダウンロードできます。 https://jdan.github.io/98.css/   今回は以前趣味で作っていたサービスで、100sats/日が無料で貰えるLN蛇口にこのデザインを適用してみました。そのサイトは以下かからアクセスできます。 https://faucet.spotlight.soy/

Windows98って知ってる?

ドストエフスキー的自由

海外のビットコイナーガチ勢から、「メガバンクの権力から解放されて、お金を自分でコントロールできるようにしようぜ」、というような言葉をたまに聞きます。 僕がビットコインを好きになった理由は、「インターネット上で自由にコインを送金できる」という、今までに経験したことのなかった体験ができ、かつ、エンジニアとしてその技術に興味をもったからでした。 ビットコインが人々を魅了する理由は人それぞれだと思います。ただ、大半の方は、儲けたから、または、これから儲けたいからという理由ではないでしょうか。換言すると、投機的な理由でビットコインに興味があるといえるのではないでしょうか。 実を言うと、僕がビットコインに興味をもち続けている理由の一つに「価格が上がるから」というのも含まれています。人間というものは実に愚かなもので、どうしてもギャンブルに魅了されてしまいます。

Oh my... Lendf.meのGox事件

概要 UniswapとLendf.meで暗号資産の流出事件が起こりました。MakerDAOのBlack Thursday事件に引き続き、またDefi関係でGoxしたのかよ!?と思わず突っ込みを入れたくなります。 暗号通貨の基本は「Don’t trust, but verify」なので、スマートコントラクトの検査・検証も自分でやれってことではないでしょうか?いくらスマコンがオープンで誰でも閲覧できるとはいえ、恩恵を受けるサービスのスマコンをちゃんと検証しているユーザーはいないでしょう。この時点で、他人を信頼しているので、じゃあそもそもスマコンなんか使う意味ないじゃん、と辛辣な言葉がでてしまいます。 とは言っても、Defiは面白いですし、これから徐々に成熟していけばいいかなと楽観的に考えたりもしています。 根本原因:再入可能攻撃 今回の事件の根本原因は、UniswapやLendf.meのスマコンにバグがあり、再入可能プログラムとして悪用されてしまいました。これは既知のバグで、Uniswapのスマコンを検査した人がこのブログで、バグの指摘と攻撃方法について解説していました。この攻撃手法はThe DAO Hack事件でも使われた方法です。 再入可能とは、 あるプログラムやサブルーチンの実行を完了する前に、割り込みなどにより、同じプログラムやサブルーチンを実行しても安全だという性質。(Wikiより) ちょっと小難しく聞こえますが、「ある関数Aの実行中に関数Bの割り込みができるんだよ」ぐらいのイメージで大丈夫です。今回の事件もこの設計を悪用して、意図しない取引が実行されました。 Uniswapのハック(被害総額 25万USD) 上記のブログ(英語ですが、、、)の解説にもありますが、Uniswapに対して行われた攻撃は、再入可能攻撃を使ってimBTCとETHの交換比率を不正操作して、少ないimBTCで多額のETH(約1300ETH)の交換が行われました。 Lendf.meのハック(被害総額 2,500万USD) Lendf.meのハックもUniswapに対する攻撃と本質的には同じです。Lendf.meでは、攻撃者が 289.99999999imBTCを

Oh my... Lendf.meのGox事件

隠れインフレにご注意を

こんにちは、カラコンルです。   先日、はなまるうどんがかけうどんの価格を70円値上げしました。これにより価格は150円→220円になりました。 実ははなまるうどんが値上げをするのは今回が初めてではなく、3回目です。最初は100(税込)から始まり、7年間の間に130円(税込)→150円(税抜)→220円(税抜)です。   今までが破格の価格だったとも言えますが、物価がどんどん上昇していて、もはやその価格を維持出来なくなったとも考えられます。   日本経済は失われた30年と言われ、デフレに陥っていたことは事実です。そのデフレ脱却を脱却するために量的緩和(もちろん量的緩和だけではないが)を行ってきました。 その影響なのか、隠れインフレが水面下で動いていたこともまた事実です。それは価格は変わらないけれど、内容量が減ってしまうことです。つまり実質的な値上げをしているということです。これはシュリンクフレーションと呼ばれる現象です。   いつの間にか容量が減っているwiki このサイトを見ればどの商品がどれくらい減っているかがわかります。値上げをしたら明らかに分かるけれど、シュリンクフレーションなら値上げをしているかどうかはわかりません。はなまるうどんのように明らかに値上げとわかる普通の値上げと違って、シュリンクフレーションに対して我々は敏感になる必要があると言えます。  

隠れインフレにご注意を

11年ぶりに動いたビットコインはサトシのものか?

2020年5月20日夜、11年以上ぶりに2009年2月10日にマイニングされたビットコインが移動されました。 取引記録→Blockchain.info ビットコインの最初のブロックが採掘されたのは2009年1月9日のことで、今回動いたコインが誕生したのは3,654ブロック目のことです。(つい最近の半減期が630,000ブロック目だったので、どれくらい最初のほうかわかりますね。) このコインについて、「サトシか?」という疑問が湧くのは当然のことかと思います。当時ビットコインのソフトを動かしてマイニングしていた人物など、多く見積もって数十人というところだったでしょうから。 2013年の記事で、初期のビットコインマイニングのプライバシー面での欠陥に注目し、サトシと見られる主体をパターンから発見したというものがあったので、同じ著者による2019年の追記と合わせて意訳して紹介します。 元記事→"The Well Deserved Fortune of Satoshi Nakamoto, Bitcoin creator, Visionary and Genius" 追記→"The Return of the Deniers and the Revenge of Patoshi" 初期のビットコインマイナーの欠陥と「Patoshi」 欠陥① ExtraNonceが新規ブロック発見ごとにリセットしないため、マイナーを区別することができる 新しいブロックを採掘したマイナーはコインベーストランザクションというもので新規発行のコインを入手できるのですが(当時は50BTC)、初期のコインベーストランザクションにはExtraNonceという情報が記録されていました。 マイニングにおいて、新しいブロックを発見するのはNonce(ナンス)という数字を見つける作業に他ならないのですが、32ビットのナンスを1から順番に増やしていくという作業をイメージしてください。 ある程度の時間が経つと、ナンスは32ビットに収まらなくなり(オーバーフロー)、再び1から数え始めることになります。そのとき、ExtraNonceに1を加算することになっており、実際に採掘されたブロックにはナンスと採掘時のExtraNonceが記録されます。 欠陥は、新しいブロックを見つけ

11年ぶりに動いたビットコインはサトシのものか?

クリプト旅行記1:メキシコで対面取引所を使ってみた

はじめまして!Token Labという有料クリプト情報サイトでリサーチャーをやってるDa-です。 私は仕事がら、北米と南米に出張に行く事が多いので、現地で調べてきた色々なクリプト事情をシリーズで書いていこうと思います。 ちなみに2019年は2ヵ月に1回、2週間程度出張に行ってました。南米まで行くと片道35時間ほどかかるので、2週間くらい行かないと割に合わないんです。だって往復だけで70時間=3日間かかりますからね!1週間で帰ってきたら営業日で2日間しか仕事できません。 ちなみに日曜の朝に日本を出ると、現地につくのは月曜の朝6時です。その後ホテルでシャワーを浴びた後オフィスへGO、ひどい!職業病は痔です。   第1回目は「メキシコで対面取引所を使ってみた」です。   この対面取引所はメキシコの銀座一丁目のような場所にあります。2ブロック先にはメキシコの中央証券取引所もあります。周りはこんな感じ。となりは高級なマリオットホテルです。   ちなみにタイトル画像がその対面取引所です。一応載せときますね。 この取引所をやってるのはBitlemって会社で、対面取引所以外にもWeb上でも取引ができます。 ちなみにこの会社はICOバブルの時に取引所トークンでICOを行う失敗するという黒歴史があります。 中に入ると6畳一間くらいの広さで、20代くらいの若いチャンネーが受付してます。ここでウォレット作れる?と聞いたところまず英語が通じません。公用語がスペイン語だから仕方ないね。 <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-s3-001/article/20200520234606u17vwk3ht_blobid15

クリプト旅行記1:メキシコで対面取引所を使ってみた

ジャスティン・サンはどこから来て、どこへ行くのか

ジャスティン・サン氏     【どこから来たのか】 ・1990年生まれ ・北京大学 2011年 卒業(超一流) ・ペンシルバニア大学 2013年 卒業(修士号取得) ・湖畔大学 2018年 卒業   ここまでで彼の情報を整理すると、大学が好きすぎて3回も卒業してしまった珍しい人物だということでしょう。しかし、残念ながらそうではありません。湖畔大学は大学という名がついてるもののビジネススクールです、しかもアリババのジャック・マー氏が学長をつとめています。つまり、ここで中国が世界に誇る大企業アリババのジャック・マー氏との師弟関係が成立したのです。このことは、彼の実業家人生を確固たるものにしていきます。     それでは、気を取り直して続きを。     <p style="

ジャスティン・サンはどこから来て、どこへ行くのか

ワクチン開発のスピード感と是非

モデルナ社のコロナワクチン開発良好を受け、昨日株指数は暴騰しました。よくこんな短期間で成果だせたなとマジで驚きを隠せません。今回はその驚きを共有したいと思います。   新薬開発ってのはめちゃくちゃ時間がかかりまして、自分も今そういう事業に携わってるんですが、大体新規候補薬が見つかって市場まで10年くらいかかると言われています。 ざっくりと前臨床試験・臨床試験(ヒト治験phase1~3)後に審査って流れです。(詳細は慈恵会の先生のHPと厚労省のを添付しますのでご確認ください。) http://dr-urashima.jp/pdf/sei-y-1.pdf https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000358539.pdf   1. 前臨床試験、候補の薬を大型動物だったりサルだったりで試します。まず動物実験用意するのが大変。マウスとかラットだと普段使いしてるんですけどね、サルとかブタとか、何人がかりで実験すんだよと。誰がどこで飼うんだよと。そういう面倒さもあります。 2. 臨床治験、これはフェーズが1から3まで別れてます。1健康な人で毒見(高額治験バイトw)2効果観察3既存薬とのガチンコ勝負ってな感じです。まー大変、大体2までにぽしゃる。それでフェーズ3まで来れたら「おおお!」って感じですね。審査も時間かかりますが、実際の効果判定のが万倍労力も時間も大変。数年とか余裕で経っちゃいます。 まとめてある図が先ほどの厚労省の資料にありましたので添付。 こんな感じで例外なく、成功確立3万分の1で、時間的には10年のプロジェクトを行うわけです。 だから例えば本庶先生のオプジーボとかすごいわけですよ!山中先生ですら治療法はできてねーんだよ!?   話が逸れましたが、これみてどう感じますでしょうか。   新型コロナっていつ出てきた病気でしょうか?? 直感的に今どこまで研究進んでて妥当だと思いますか?   あとはわかるな?(自論はちょっと以下に隠すことにしました。。。)

ワクチン開発のスピード感と是非

忘れ去られたトークンを供養する正しいタイミングとMpurseの今後

いつかSATOSHICARDで家を買えると思っていました。 ローンチしたSpells of Genesisがいまいちハマれなかった時も、いつかSATOSHICARDで家を買えると思っていました。 目先のBTCを買う金に困ってSATOSHICARDを売却した時も、それでもいつかSATOSHICARDで家を買えると思っていました。 Spells of Genesisの運営が「私たちはゲームの更なる発展と新しいコンテンツ制作を中断することを余儀なくされています。」と言い残して一線を引いた時も、やはりいつかSATOSHICARDで家を買えると思っていました。 開発中断宣言後に運営が粛々とトークンセールの案内を送ってきた時も、いつかSATOSHICARDで家を買えr   その昔SoGのトークンセールに参加するべきか検討した際、「運営が死んでも自分たちで何か作ればいいしリスクゼロだよね。」という結論に達しBTCを投入することに決めました。 ええ、大変適切なデューデリですよ。はい。 まぁ中央の死がトークンの死に直結するようならパブリックブロックチェーンいらんやろと、パブリックブロックチェーンの永続性を信じてベットした訳ですね。 ただ現実はそううまくはいっていないようで、古のトークンを活用というような文化はあまり根付いている気配はありません。 正直多くは望まないのですが、「今度新しく出るゲームはSATOSHICARD持ってないと入れない部屋がある」とかその程度の邪魔しないヤツでいいんですよ。「HAIRPEPE持ってるとボスキャラの髪が伸びる」とか。「PEPEKACHU持ってると着ぐるみのスキンが手に入る」とか。   そういう文化が受け継がれていくことで、パブリックブロックチェーン面白いなとなるんじゃないかと思います。   ということでタイトル回収ですが、忘れ去られたトークンを供養するのはまだ早いのではないかと思う訳です。せめて開発が止まって親チェーンのアップデートに追随できなくなるその時まで。 諦めたらそこで試合終了って何かタプタプした生き物が言ってましたし、SATOSHICARDで家が買えるまで諦める訳にはいかないのです。 いや、テスラでもいいな。SATOSHICARDでテスラ買う。 順当なところで言うとETHなどの別のチェーンに転生するような仕組みには是非とも期待したいところですが、少なくとも自分の手には負えないので遠くから上手くいく事を祈っておきます。 そして自分がやれそうな事をやっていこうということでMpurseですが、その内MonapartyだけではなくCounterpartyにも対応してみようかと思っています。 サイトからBTCとMONA双方のアドレスが見えるようになれば、それぞれのBalanceからゴニョゴニョ出来るので微力ながらワン

忘れ去られたトークンを供養する正しいタイミングとMpurseの今後

久しぶりのTwo Dogs Taproomに感動!

Bitcoin₿支払いの聖地といえば、六本木のクラフトビールとピザの店、Two Dogs Taproom! 新型コロナウイルスでの営業自粛をしていましたが、5/11(月)から17:00から20:00の時短で営業再開! これは嬉しい。 5/31までの緊急事態宣言延長は根拠が乏しく、個人的には反対でした。 飲食店にとって休業要請は大変なこと。久しぶりにTwo Dogsへ行って売り上げに貢献したいと思い、5/17(日)に足を運びました。 Two Dogs Taproomはかつて東京ビットコインミートアップで使われていて、僕のBitcoin人生を語る上で欠かせない存在です! 常時20種類のクラフトビールを取り揃え、店内にある石窯で焼かれたPizzaは絶品です! 日曜夕方恒例のPizza Mサイズ半額もやってます! 1杯目は沼津クラフト 完熟梅園ウィート 梅の香りがして、すごく新鮮でした。 暑いと、冷えたクラフトビールがめちゃ旨いのですが、梅風味でごっつ爽やかですね! 私が最初に頼む定番、シーザーサラダ、チキントッピング。 ビールによく合う! プリマーブリューイング ポーター(神奈川) 黒もいいですね! <img style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" src="https://s3-ap-n

久しぶりのTwo Dogs Taproomに感動!

エリートのための「ふつうの人」入門

エリートの皆さんは「ふつうの人」がエイリアンに見えるでしょう。しかし「ふつうの人」の目にエリートの皆さんがエイリアンに映ってると自覚してますか? −−−先日某有名作家のツイートが話題になってましたがCentralizedのデメリットやリバタリアンの思想を説明しても彼女は???だと思います。"Bitcoinはネット上でやり取りできるお金"で良いですよ。というかそもそも彼女はなんとなく気になっただけで(邪推すると"法定通貨が儲かるかな?"とか)真面目にBitcoinというものを説明してほしいとはおそらく思ってないのでね。リプの者の光り輝く目に困惑して守護霊を呼んだのではと。エクスペクト・パトローナムでね。 −−−"EthereumはWorld Computer"や"EthereumはWeb3.0の基盤"でなるほどね〜触ってみよ〜となったあなたはエリートです。「ふつうの人」には理解できません。刺さりません。エリート(特にイーサリアン)の皆さんに怒られるかもしれませんが"Ethereumはお金を稼ぐアプリが色々と入ってる開発途中のスマホ"くらいに思ってます。 ※BitcoinとEthereumをバカにしてると感じました?そう感じさせてしまったなら申し訳ありません。断じてバカにしてません。わかりやすさを追求すると陳腐な表現になりがちなのです。 端的に「わかりやすいメリット」が「ふつうの人」に刺さります。「わかりやすいメリット」にはお金(≒法定通貨)、いいね、コメント、名誉、地位などがあります。 好評なら続編を書くかもしれません。以上です。

エリートのための「ふつうの人」入門

悟コイン

今回この企画総額1Bitcoin プレゼントキャンペーン に参加さて頂き、運よく3位に入ることが出来ました! 読者の皆様にはホント感謝しておりますm(_ _)m すぐさま連絡したらビットコインの送金よりも爆速で我が家に届きました・・・w コチラがホンモノの悟コインです! そして頂いた悟コインの感想は?・・・う〜ん      重い・・・w     でもね、この重みが心地良いんです〜!   写真やネットではこの重みは伝わりません。 しかし 手にして初めて知ることもある! そのことが改めて感じることが出来ました。 この悟コインの重み感じながら、『俺もやっとビットコイナーになれたかな〜!』って感じです・・・w そして、みなさん〜♪ こんな俺のこんなクソ記事を読んでくれてどうもありがとうございました。      

悟コイン
card_giftcard

jimmyhommaさんから ubgxzczpoが購入されました。

75
card_giftcard

jimmyhommaさんから ubgxzczpoが購入されました。

25
card_giftcard

おねだり へ投げ銭しました。

-199
card_giftcard

おねだり へ投げ銭しました。

-100
card_giftcard

おねだり へ投げ銭しました。

-200
card_giftcard

おねだり へ投げ銭しました。

-401
card_giftcard

おねだり へ投げ銭しました。

-100
card_giftcard

Shingenさんから 5rzt537jkが購入されました。

1000
card_giftcard

Da-さんから pznvin2xyが購入されました。

100
card_giftcard

Da-さんから 5rzt537jkが購入されました。

100
card_giftcard

Da-さんから 5rzt537jkが購入されました。

900
card_giftcard

けとるさんから 515wvctxoが購入されました。

100
description

wt9bfguccを購入しました。

-99
description

wt9bfguccを購入しました。

-1
card_giftcard

田中さんから z0t5pg605が購入されました。

300
card_giftcard

匿名ユーザさんから buiccdzbyが購入されました。

1000
card_giftcard

匿名ユーザさんから z0t5pg605が購入されました。

300
card_giftcard

匿名ユーザさんから z0t5pg605が購入されました。

300
card_giftcard

坂本 不惑(さかもと・ふわく)さんから z0t5pg605が購入されました。

236
card_giftcard

坂本 不惑(さかもと・ふわく)さんから z0t5pg605が購入されました。

64