こすもす

こすもす

京都・大阪で暮らし働いています / ALIS認定アンバサダー / Twitter: @cosmoscx

投げ銭と恵むこと恵まれることの自由

Spotlightに「おねだり機能」がつきました。 【お知らせ】おねだり機能をリリース ビットコインライトニングネットワークを使って気軽に投げ銭したり、もらったりするのはとても素敵なことと思います。 でも、投げ銭ってどんな基準で投げたらいいのでしょう?また、どんなときにおねだりしたらいいのでしょう? まぁ、投げ銭くらいなら深く考えず適当に投げればいいのですが、寄付や施しなどをするときは自分の中で基準があるのかな?、と思ったりもします。 そんな基準を考えるとき、ある本に書かれていたエピソードを読んでハッと気づいたことを、いつも思い出すのです。 深夜特急で書かれた、恵む基準 その本は、名著でありバックパッカーのバイブルとも言われる「深夜特急」。 著者である沢木耕太郎氏は、地元のバスを乗り継いてユーラシア大陸を東から西の最果てであるポルトガルまで横断の旅をします。その旅の模様や感じたこと、考えたことをこの深夜特急で書かれています。 そのエピソードは、沢木氏がイランで乗ったバスが途中の町で停車した時に見た光景。 物乞いの子どもたちに囲まれるバスの乗客は皆、物乞いを疎ましく感じますが、その中で一人だけオランダロッテルダム出身であるヒッピーの若者は、優しく笑いながら子どもたちに応対していました。しかし、彼は金持ちであるわけではなく、むしろいつも他の乗客から食べ物を分けてもらっていたくらい貧しいことを沢木氏は知っています。 沢木氏がその若者を眺めていると、彼はポケットに手を入れて6枚のイランのコインを取り出しました。日本円で一枚5円ほど。おそらくそれが彼の全財産。彼はそのコインを3つに分けて、一組は一人の物乞いの男の子に、もう一組

投げ銭と恵むこと恵まれることの自由

ビットコインライトニングネットワークの使いみちとしての投げ銭の魅力

先日よりSpotlightとビットコインライトニングネットワーク(LN)を触らせていただいて、LNの手軽さにちょっと感動しています。 このLN、なにかに使えないかな?とぼんやり考えていました。 物を買うのに便利そうなんだけど、そもそもビットコインの法定通貨建て価格のボラリティが大きすぎるので、売る方としてはBTCで売りたくないだろうし。物がデジタルコンテンツであっても、生活がかかっているプロのライターさんや絵師さんは、やっぱり価格が大きく上下するビットコイン建てで自分のコンテンツを売りたくないでしょう。 となると、いい使い道の一つは投げ銭かな、と思うのです。   良い記事への感謝の気持としての投げ銭 僕は長年、いろんな場所でブログを書いてきました。自分で書くだけではなく、いろんなブロガーの記事を拝見していました。 その中には、すごいな、これは参考になったという記事も少なくありません。そんな記事にはお礼をしたいものです。でも、その記事に対してお礼としてできることは、コメント欄に感想を書くことくらい。ちょっとでもお金としてお礼をできればいいのになとずっと思っていました。 昔からそれを思っている人は多いようで、円で投げ銭をするサービスもあったように覚えています。しかしそれらのサービスは、投げ銭をする方とされる方の双方がそのサービスに登録していないといけなかったり、クレジットカード決済が必要だったり、投げ銭するときの手続きが少し煩雑だったりしてハードルが高く、普及しませんでした。 また、2015年くらいには、カウンターパーティーというプロトコル上で自分で仮想通貨を発行して、それを投げる押し付けるwという遊びが一部の仮想通貨に興味を持つブロガーの間で流行りました。ウォレットのQRコードを自分のブログサイトに貼ったりと、子供銀行券を使ったおままごとみたいに楽しむのですが、これがコミュニケーションの道具としておままごと以上に案外有用なように思いました。でも、これもあまり広がることはなかったように思います。 やっぱり投げ銭って魅力ないのかな、と諦めかけていた僕の考えをひっ

ビットコインライトニングネットワークの使いみちとしての投げ銭の魅力

わたしとビットコインとモーニングマウンテン氏

Spotlightの皆さま、はじめまして。こすもすと申します。ここでもご活躍のkatakotoさんに勧められて、やってまいりました。katakotoさんとyuyaさんにsatoshiを頂いて投稿することができました。ありがとうございます。 自分はブロックチェーンの技術者ではなく、ブロックチェーンやトークンエコノミーの未来を期待する者でしかないので、ビットコインlightning networkの先進的なSpotlightのユーザーの皆さまのご期待に添えるものではありませんが、どうぞよろしくお願いします。 と書いて、自分はどこでビットコインを知ったのだろう?とふと思い返しました。   ビットコイン、そしてマウンテン氏との出会い ビットコインを知ったのは、そうあれは2011年。東日本大震災の混乱がまだまだひどい状況のときでした。 当時、Google+(グーグルプラス)というSNSがリリースされました。Google肝いりのSNSだったのですが、あまり流行らなかったので知らない人も多いと思います。その頃から新しいSNSとかブログサービスとか好きだった自分は、早速登録してつぶやいたりしていました。 日本人ユーザーはとても少なかったのですが、その中で異彩を放つ人がいました。それがかの有名な、日本仮想通貨界の奇才モーニングマウンテン氏だったんですね。 そのころまだZaifなんてものはなく、マウンテンさんはアメリカにおられて、ビットコインが面白い、ブロックチェーンは革新的だ、アメリカの先進的な人達は熱狂していると、Google+でつぶやいておられました。 とても熱くつぶやいておられたので、興味を持ったGoogle+ユーザーでビットコインを買った人もいたと思います。ああ、その時に自分も買っておけば、今頃大金持ちだったかも知れないのにー!でも、マウントゴックスのゴタゴタもあったので、そんな時に買えないですよね。 一方自分は、なんか胡散臭いおっさんだよねー、という印象だったことを覚えています。まあ、胡散臭いおっさんという印象は当たって…、いやなんでもないです。 でも、マウンテンさんを通してビットコイン、ブロックチェーンの

わたしとビットコインとモーニングマウンテン氏

MakerDAOと信用創造の考察

はじめにMakerDAOはETHを担保にステーブルコインDAIを発行・貸し出すことができるレンディングプラットフォームですが、今回はDAIを使って信用創造が可能かについて考察してみます。 信用創造の定義信用創造・貨幣創造については様々な議論や論争が繰り広げられてきており、解釈・定義はいくつかあると思います。今回は2つの信用創造の定義を以下に引用します。 定義① 信用創造とは、銀行は集めた預金を元手に貸出しを行っているのではなく、銀行が貸出しの際、借り手の預金口座に貸出金相当額を入金記帳することで、銀行保有のベースマネーといった原資を事前に必要とせずに、何もないところから新たに預金通貨を生み出すことである(Wikipedia) 定義② 銀行などの金融機関が本源的な預金を貸し出し、その貸出金が再び預金されてもとの預金の数倍もの預金通貨を創造すること。(デジタル大辞泉)   ここで、「信用創造」という言葉は英語ではなんと呼ばれているか知っていますか?英語では「Money Creation」と言われています。直訳すると「貨幣創造」なんですね。以前、私の記事でも紹介したイギリス中央銀行の「Money creation in the modern economy」では、「現代の貨幣制度では貸し出しによって預金が生まれる」と解説されていました。これは定義①に当てはまります。 また、皆さんはゴールドスミス・ノートというのをご存知でしょうか?17世紀半ばに金匠が金を預かる際に預り証(ゴールドスミス・ノート)を発行し、これがお金として流通したのが紙幣の始めだとされています。さらに、この金匠は、預かった金以上の預り証を発行しても皆が一斉に引き出さなければ問題がないのでは?と気づきます。そして、実際の金以上の預り証(負債証券)を発行して貸し付けたのです。これが部分準備預金制度に基づく金本位制「信用創造」の始まりとされています。この話も原資が必要ではありますが定義①に当てはまりそうです。 現在の通説は、定義

MakerDAOと信用創造の考察

MakerDAOの債務危機に関して

はじめに本記事は、2020/3/12頃から発生したMakerDAOの債務危機についての整理と今後の展望・調査の足がかりのために記載しました。本記事を出発点として、MakerDAOの仕組みや改善点を浮き彫りにし、システムを俯瞰し、また今後の調査への参考になればと思います。 MakerDAOについてMakerDAOは、暗号資産を担保にステーブルコイン「DAI」の貸付ができるEthereum上のレンディングサービスです。当初は担保にできるコインはETHだけでしたが、2019年11月からBATを担保にDAIの貸し出しが可能となりました。また今回のBlack Thursday事件後には、USDCを担保にすることも可能となりました。 DAIの価格安定についてステーブルコインDAIは1DAI = 1USDになるように設計されいます。DAIの発行には発行額の150%のコインを担保する必要があり、このコインを担保する為の箱のことをVault(以前まではCDP: Collateral Debt Position)と言います。例えば、1ETH = 150USDで1ETHを担保とした場合、発行できるのは100DAIまでとなります。ここでETHの価格が上がれば、DAIの発行可能数は上がりますが、逆に価格が下がると、担保率が150%以下となってしまいます。担保率が150%以下となるとMakerDAOのネットワーク参加者(Keeperと言う)が、その担保を「清算」することが可能となります。これは、担保であるETHをDAIで買い付けて、DAIをシステムへ還元し、システムがDAIを消滅することで、清算されます。この清算プロセスが上手く回ることで、不良債権を減らし、システムを健全な状態に保つことがDAIの価格安定にとって非常に大切なこととなります。 (余談)こうやって見ると、なんだか銀行の貸付と似ていると思いませんか?既存の金融システムをそのままブロックチェーン上に実装することで、貸し借りの仲介者を無くすことが可能になることを示唆しているように思われます。ただ、現状では担保が必須であり、信用を担保とした。ここで、誰がDAIを発行しているのかという観点から、私たちが使っているお金は誰が発行しているのかを考えてみたいと思います。DAIはユーザーが借りる瞬間にシステムが発行し、ユーザーが返却すると消滅します。私たちが使っているお金も実はこれと同様なプロセスでお金の創造と消滅が行われます。銀行が企業に貸し付けた瞬間にお金が創造され、企業が返済すると消滅します。また、身近な例では、クレジットカードの利用も同様で、消費者がスーパーで買い物をしてクレジットカードで支払うと、消費者のバランスシートにはローンが、スーパーのバランスシートには預金が追加されます。消費者がクレジットカードの請求額を支払うと、銀行はその消費者の預金を減らします。これによって新規に作られたお金が消滅します。

MakerDAOの債務危機に関して

コロナ狂想曲~金融篇

皆さんおはようございます。和尚です。 このパンデミック状況に、金利をほぼゼロにして中小企業を救おうとしている政府でありますが、 「俺も借りられないのかよぉ!」 という人々から相談を受けてお陰さま?でむちゃくちゃ忙しい私です。 とある人には 「和尚は人の不幸につけこんで商売しとるなー」 とか言われますが、私からやらせてくれ!と営業してやってるわけではないのでお許しください。 というわけで、これについての一席を。

コロナ狂想曲~金融篇

金融リテラシーについて考える

おはようございます。和尚です。 コロナウイルスで毎日大変なことになっております、この日本。 自宅待機に始まり、マスクとティッシュペーパー以外の消費は落ち込み、株価は下がるわ、経済が縮小するのはもう火を見るよりも明らかな状態になって。 で、その影響を受けている人々も多くって。 で、和尚は自営業者からこの2週間くらい 「どうしたらお金が借りられるんや!」 という問い合わせが殺到状態で。   いやいや、この機に乗じて、コロナには関係ないのにカネだけ借りようという輩もいたりして。 これ、米国も借金まるけの人がいるから、日本だけお金に関する教育がなされてないわけではないでしょうが、なんかどうなのよこのレベル? このサイトを覗いてらっしゃる諸兄ならばそんなことはないのでしょうが。 このいわゆる金融リテラシーというものについて一席。  

金融リテラシーについて考える

ビットコインアート

突然ですが、ビットコインアートというものを聞いたことがあるでしょうか?世の中にはビットコインの魅力に取り付かれた人々は、何もプログラマーやエンジニアだけではなく、作家や芸術家など様々な分野で活躍している人々もいるんです。 その中でも、今回はビットコインを絵画を通して表現している1Dq氏のアートをご紹介します。実際にビットコイン支払いで購入することもできるので、サイトに掲載されていた価格も一緒に記載しました(本記事の見出し画像は、今月のビットコインの下落×新型コロナをテーマにしたものらしいです)。  

ビットコインアート

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 14

🐇Lesson 14🕳️健全なお金 「まずやんなきゃいけないのは、もとの大きさにもどることね」とアリスは、森のなかをさまよいながらつぶやきました。「そして二ばんめに、あのきれいなお庭へのいきかたを見つけることよ。それが一番いい計画だわ」引用元:不思議の国のアリス 私がビットコインから学んだ最も重要なレッスンは、長期的にはハード・マネーの方がソフト・マネーよりも優れているということだ。ハード・マネーは、サウンド・マネー(健全なお金)とも呼ばれ、信頼に足る価値の保存機能を備えた世界中で取引される通貨である。 確かに、ビットコインはまだ若く不安定である。批評家は、ビットコインは確実には価値を保存しないと言うだろう。だがボラリティの議論は大事なポイントを外している。ボラティリティは予期できることだ。市場がこの新しいお金の適正価格を把握するのにはまだ時間がかかるのだ。また冗談めかして指摘されることが多いように、それは測定エラーに基づいている。もしドルで考えるなら、1ビットコインは常に1ビットコインの価値があることを理解し損ねるだろう。   “固定マネー・サプライ、もしくは客観的で計算可能な基準のみで変更されるマネー・サプライが、意味のある公正なお金の価格の必要条件である。”Fr.ベルナルド W. デンプシー, S.J. 忘れ去られた貨幣の墓場をちょっと散歩するかのように、印刷可能なお金はプリントされる。今までの所、歴史上この誘惑に抵抗できた者は誰もいない。 ビットコインは、このお金を刷ることへの誘惑を独創的な方法で取り除いた。サトシは人間の貪欲さや誤りやすさに気づいていた。それゆえサトシはこうした人間の制限よりも、より信頼のおけるものを選んだ。数学である。 <img src="https://alis.to/d/api/articles

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 14

なぜbitmaniaを立ち上げたか

はじめまして、bitmaniaと申します。URL:https://bitmania-ex.com/ この記事でbitmaniaの特徴となぜ立ち上げたのかを書きたいと思います。 また、最後にビットコインが今後どういう位置づけになるかに言及します。  bitmaniaの特徴 bitmaniaは仮想通貨デリバティブ取引所です。 レバレッジ100倍でBTC/JPYやMONA/JPYを取引することができます。これらの通貨ペアを取引する際は担保およびペイオフがBTCとなっております。 現在はBTC,ETH,XRP,MONAの計4種類の仮想通貨を取り扱っており、今後増やしていく予定です。 保険基金とデレバレッジの仕組みによりゼロロスカットシステムを採用しており、お客様が追証を受けることはありません。 なぜbitmaniaを立ち上げたか 現状の仮想通貨取引所は低いレバレッジでしか取引することができず、bitFlyerのSFDといったシステムによりユーザーは不当かつ不透明な手数料をとられています。ユーザーの実勢価格から乖離しないFXプロダクトを取引したいというニーズに応えるため、今回取引所を設立しました。 またDeribit,Okex,FTXといった海外業者が仮想通貨オプションを提供しており、取引量が多い日は150億円/日近く取引されております。今後は弊社も仮想通貨オプションやより複雑なデリバティブをユーザーに提供していきます。  ビットコインの強みビットコインは秘密鍵さえ持っていれば24時間365日誰でもどこにだって送金することができます。またトランザクションがブロックに含まれてから6 confirmation以上あれば実質的に決済が完了したと見なせます。上記の特徴はビットコインがグローバルなコラテラルとして最強であることを示唆しています。 ビットコインの2nd Layerであるライトニングネットワークは活発に開発が進んでおります。また、Blockstreamが開発しているLiquidといったSidechainの開発も進んでおり、人々は徐々にビットコインをグローバルな基軸通貨として認識しています。今年あるいは来年中にはSchnorr署名とTaprootがソフトフォークで実装される可能性が高く、ベースレイヤーにおける開発も着実かつ安全に進められております。 bitmaniaはビットコインが将来今の数十倍から数百倍のインパクトを世界に与えると考えており、ビットコインを担保にしてあらゆるアセットやデリバティブを取引できるプラット

なぜbitmaniaを立ち上げたか

カレーを作って気づいた"価値観と器の変化"

みょっす!みそだんです。 カレーを見るといつも思い出すのが、母親が作ったカレーにソースをかける父親が許せなかった事。 私は有難い事に、子煩悩な良い母親と父親に育ててもらった。父も母も大好き!ただ父が、母が作ったカレーにソースをかけるのを見るととても悲しかった。泣くのをみられるのが恥ずかしいからトイレに隠れて大泣きしたのを覚えてる。 私は小さい時から人一倍敏感。それが良くも悪くもそのまま大人になったのが今の私。 母が一生懸命に味付けしたのを見てるから、せっかく母の味付けしたカレーにどばーーーっとソースをかけるのが悲しくて仕方なかった。父のその行動を見て、母は何も言わなかったけど、でも悲しそうに見えた。 大人になって考え方が変わった。 作って食べる相手が1番満足する形でいいじゃないか!調味料足してももちろんいいじゃない! 子どもの頃の私は、本当の意味で人の立場に立って考えられなかったんだと思う。あの時の父は、母のカレーを決してまずい!といわれてるわけでもなく、当てつけでワザとそうしてる訳でもなく、彼にとってより好みの味にしただけ。 人それぞれの好みの味があり、好みの食べ方があるから、楽しんでもらえたらいい!って事。 私は、人がせっかく作ってくれたものに対して、味が変わるような調味料の入れ方はしない。でもそれは私がそうしたいから。ただ、それだけ。 自分が作る立場になってみてわかった事は、相手がもしそうしても、美味しいと思って気に入った形で食べて欲しいから本当に気にしないって事。 歳を重ねる毎に 自分の"正しいを"人に強要しないスタンス 自分は自分というスタンス 一方の立場ではなく両方の立場に立って考えるスタンス が身についたのだと思います :) ♪多様性の尊重と言いますが、このように小さいところから1人1人が心の使い方を変えればきっともっと素敵な日常になりますね。 ☆おしまい☆

カレーを作って気づいた"価値観と器の変化"
description

utquws7hhを購入しました。

-100
description

cjv4g8aqbを購入しました。

-100
card_giftcard

altzjov28 へ投げ銭しました。

-100
description

altzjov28を購入しました。

-100
description

og0q2885wを購入しました。

-100
card_giftcard

0ndvemb29 へ投げ銭しました。

-100
description

0ndvemb29を購入しました。

-100
description

34dlu4i1kを購入しました。

-100
description

zaa2lw8w4を購入しました。

-100
description

7wcpam2toを購入しました。

-100
description

y4wufy1ehを購入しました。

-100
description

zfka68ba7を購入しました。

-100
card_giftcard

2dm73qlak へ投げ銭しました。

-200
description

2dm73qlakを購入しました。

-100
description

7r6kamvp1を購入しました。

-100
description

kwt9pm8j5を購入しました。

-100
description

5rj0k9949を購入しました。

-100
card_giftcard

exuwc8kh8 へ投げ銭しました。

-200
description

exuwc8kh8を購入しました。

-100
description

i9zmshlafを購入しました。

-100