こすもす

こすもす

京都・大阪で暮らし働いています / ALIS認定アンバサダー / Twitter: @cosmoscx

投げ銭と恵むこと恵まれることの自由

Spotlightに「おねだり機能」がつきました。 【お知らせ】おねだり機能をリリース ビットコインライトニングネットワークを使って気軽に投げ銭したり、もらったりするのはとても素敵なことと思います。 でも、投げ銭ってどんな基準で投げたらいいのでしょう?また、どんなときにおねだりしたらいいのでしょう? まぁ、投げ銭くらいなら深く考えず適当に投げればいいのですが、寄付や施しなどをするときは自分の中で基準があるのかな?、と思ったりもします。 そんな基準を考えるとき、ある本に書かれていたエピソードを読んでハッと気づいたことを、いつも思い出すのです。 深夜特急で書かれた、恵む基準 その本は、名著でありバックパッカーのバイブルとも言われる「深夜特急」。 著者である沢木耕太郎氏は、地元のバスを乗り継いてユーラシア大陸を東から西の最果てであるポルトガルまで横断の旅をします。その旅の模様や感じたこと、考えたことをこの深夜特急で書かれています。 そのエピソードは、沢木氏がイランで乗ったバスが途中の町で停車した時に見た光景。 物乞いの子どもたちに囲まれるバスの乗客は皆、物乞いを疎ましく感じますが、その中で一人だけオランダロッテルダム出身であるヒッピーの若者は、優しく笑いながら子どもたちに応対していました。しかし、彼は金持ちであるわけではなく、むしろいつも他の乗客から食べ物を分けてもらっていたくらい貧しいことを沢木氏は知っています。 沢木氏がその若者を眺めていると、彼はポケットに手を入れて6枚のイランのコインを取り出しました。日本円で一枚5円ほど。おそらくそれが彼の全財産。彼はそのコインを3つに分けて、一組は一人の物乞いの男の子に、もう一組

投げ銭と恵むこと恵まれることの自由

ビットコインライトニングネットワークの使いみちとしての投げ銭の魅力

先日よりSpotlightとビットコインライトニングネットワーク(LN)を触らせていただいて、LNの手軽さにちょっと感動しています。 このLN、なにかに使えないかな?とぼんやり考えていました。 物を買うのに便利そうなんだけど、そもそもビットコインの法定通貨建て価格のボラリティが大きすぎるので、売る方としてはBTCで売りたくないだろうし。物がデジタルコンテンツであっても、生活がかかっているプロのライターさんや絵師さんは、やっぱり価格が大きく上下するビットコイン建てで自分のコンテンツを売りたくないでしょう。 となると、いい使い道の一つは投げ銭かな、と思うのです。   良い記事への感謝の気持としての投げ銭 僕は長年、いろんな場所でブログを書いてきました。自分で書くだけではなく、いろんなブロガーの記事を拝見していました。 その中には、すごいな、これは参考になったという記事も少なくありません。そんな記事にはお礼をしたいものです。でも、その記事に対してお礼としてできることは、コメント欄に感想を書くことくらい。ちょっとでもお金としてお礼をできればいいのになとずっと思っていました。 昔からそれを思っている人は多いようで、円で投げ銭をするサービスもあったように覚えています。しかしそれらのサービスは、投げ銭をする方とされる方の双方がそのサービスに登録していないといけなかったり、クレジットカード決済が必要だったり、投げ銭するときの手続きが少し煩雑だったりしてハードルが高く、普及しませんでした。 また、2015年くらいには、カウンターパーティーというプロトコル上で自分で仮想通貨を発行して、それを投げる押し付けるwという遊びが一部の仮想通貨に興味を持つブロガーの間で流行りました。ウォレットのQRコードを自分のブログサイトに貼ったりと、子供銀行券を使ったおままごとみたいに楽しむのですが、これがコミュニケーションの道具としておままごと以上に案外有用なように思いました。でも、これもあまり広がることはなかったように思います。 やっぱり投げ銭って魅力ないのかな、と諦めかけていた僕の考えをひっ

ビットコインライトニングネットワークの使いみちとしての投げ銭の魅力

わたしとビットコインとモーニングマウンテン氏

Spotlightの皆さま、はじめまして。こすもすと申します。ここでもご活躍のkatakotoさんに勧められて、やってまいりました。katakotoさんとyuyaさんにsatoshiを頂いて投稿することができました。ありがとうございます。 自分はブロックチェーンの技術者ではなく、ブロックチェーンやトークンエコノミーの未来を期待する者でしかないので、ビットコインlightning networkの先進的なSpotlightのユーザーの皆さまのご期待に添えるものではありませんが、どうぞよろしくお願いします。 と書いて、自分はどこでビットコインを知ったのだろう?とふと思い返しました。   ビットコイン、そしてマウンテン氏との出会い ビットコインを知ったのは、そうあれは2011年。東日本大震災の混乱がまだまだひどい状況のときでした。 当時、Google+(グーグルプラス)というSNSがリリースされました。Google肝いりのSNSだったのですが、あまり流行らなかったので知らない人も多いと思います。その頃から新しいSNSとかブログサービスとか好きだった自分は、早速登録してつぶやいたりしていました。 日本人ユーザーはとても少なかったのですが、その中で異彩を放つ人がいました。それがかの有名な、日本仮想通貨界の奇才モーニングマウンテン氏だったんですね。 そのころまだZaifなんてものはなく、マウンテンさんはアメリカにおられて、ビットコインが面白い、ブロックチェーンは革新的だ、アメリカの先進的な人達は熱狂していると、Google+でつぶやいておられました。 とても熱くつぶやいておられたので、興味を持ったGoogle+ユーザーでビットコインを買った人もいたと思います。ああ、その時に自分も買っておけば、今頃大金持ちだったかも知れないのにー!でも、マウントゴックスのゴタゴタもあったので、そんな時に買えないですよね。 一方自分は、なんか胡散臭いおっさんだよねー、という印象だったことを覚えています。まあ、胡散臭いおっさんという印象は当たって…、いやなんでもないです。 でも、マウンテンさんを通してビットコイン、ブロックチェーンの

わたしとビットコインとモーニングマウンテン氏

レナウン株で儲けることが出来るのだろうか?

新型コロナウイルスの影響かどうかわかりませんが、アパレルメーカーの老舗レナウン【3606】が、2020年5月15日にグループ会社から東京地方裁判所に民事再生法の適用を申し立てられ、民事再生手続きに入ったとの報がありました。 グループ会社から申し立てられるというのも、変な話で、こういう裏話があるらしいですが、他しか日経で読んだので、この記事だと思います。(有料会員しか読めなくてごめんなさい) それが言いたいのではなくて、私、こういうことあると変なことを考えたくなる癖がありまして、証券業界の格言に 人の行く裏に道あり花の山 という言葉がありまして、ま、和尚の解釈としては、人と一緒のことをやってては儲かりませんよ、ということわざで、裏街道を抜けたところに花の山があります、という意味でしょう。 上げ相場の時に買うのが素人ですから、まあ逆張り(あ、これも証券用語だ)の好きな和尚にとっては、うんうんとうなずけたりもします。 さて、レナウン。 当然ながら、株券は紙くずと・・・と言いかけて今はもうペーパレスになっておりますので、そういう表現はしないのではありますが、まあ価値は0に等しいはず・・・ではなかったのでした。 現在整理ポストに入っておりまして、死を待つのみ・・という感じですが。 今日の株価は・・・では続きは↓で!!      

レナウン株で儲けることが出来るのだろうか?

クリプト旅行記1:メキシコで対面取引所を使ってみた

はじめまして!Token Labという有料クリプト情報サイトでリサーチャーをやってるDa-です。 私は仕事がら、北米と南米に出張に行く事が多いので、現地で調べてきた色々なクリプト事情をシリーズで書いていこうと思います。 ちなみに2019年は2ヵ月に1回、2週間程度出張に行ってました。南米まで行くと片道35時間ほどかかるので、2週間くらい行かないと割に合わないんです。だって往復だけで70時間=3日間かかりますからね!1週間で帰ってきたら営業日で2日間しか仕事できません。 ちなみに日曜の朝に日本を出ると、現地につくのは月曜の朝6時です。その後ホテルでシャワーを浴びた後オフィスへGO、ひどい!職業病は痔です。   第1回目は「メキシコで対面取引所を使ってみた」です。   この対面取引所はメキシコの銀座一丁目のような場所にあります。2ブロック先にはメキシコの中央証券取引所もあります。周りはこんな感じ。となりは高級なマリオットホテルです。   ちなみにタイトル画像がその対面取引所です。一応載せときますね。 この取引所をやってるのはBitlemって会社で、対面取引所以外にもWeb上でも取引ができます。 ちなみにこの会社はICOバブルの時に取引所トークンでICOを行う失敗するという黒歴史があります。 中に入ると6畳一間くらいの広さで、20代くらいの若いチャンネーが受付してます。ここでウォレット作れる?と聞いたところまず英語が通じません。公用語がスペイン語だから仕方ないね。 <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-s3-001/article/20200520234606u17vwk3ht_blobid15

クリプト旅行記1:メキシコで対面取引所を使ってみた

ジャスティン・サンはどこから来て、どこへ行くのか

ジャスティン・サン氏     【どこから来たのか】 ・1990年生まれ ・北京大学 2011年 卒業(超一流) ・ペンシルバニア大学 2013年 卒業(修士号取得) ・湖畔大学 2018年 卒業   ここまでで彼の情報を整理すると、大学が好きすぎて3回も卒業してしまった珍しい人物だということでしょう。しかし、残念ながらそうではありません。湖畔大学は大学という名がついてるもののビジネススクールです、しかもアリババのジャック・マー氏が学長をつとめています。つまり、ここで中国が世界に誇る大企業アリババのジャック・マー氏との師弟関係が成立したのです。このことは、彼の実業家人生を確固たるものにしていきます。     それでは、気を取り直して続きを。     <p style="

ジャスティン・サンはどこから来て、どこへ行くのか

ワクチン開発のスピード感と是非

モデルナ社のコロナワクチン開発良好を受け、昨日株指数は暴騰しました。よくこんな短期間で成果だせたなとマジで驚きを隠せません。今回はその驚きを共有したいと思います。   新薬開発ってのはめちゃくちゃ時間がかかりまして、自分も今そういう事業に携わってるんですが、大体新規候補薬が見つかって市場まで10年くらいかかると言われています。 ざっくりと前臨床試験・臨床試験(ヒト治験phase1~3)後に審査って流れです。(詳細は慈恵会の先生のHPと厚労省のを添付しますのでご確認ください。) http://dr-urashima.jp/pdf/sei-y-1.pdf https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000358539.pdf   1. 前臨床試験、候補の薬を大型動物だったりサルだったりで試します。まず動物実験用意するのが大変。マウスとかラットだと普段使いしてるんですけどね、サルとかブタとか、何人がかりで実験すんだよと。誰がどこで飼うんだよと。そういう面倒さもあります。 2. 臨床治験、これはフェーズが1から3まで別れてます。1健康な人で毒見(高額治験バイトw)2効果観察3既存薬とのガチンコ勝負ってな感じです。まー大変、大体2までにぽしゃる。それでフェーズ3まで来れたら「おおお!」って感じですね。審査も時間かかりますが、実際の効果判定のが万倍労力も時間も大変。数年とか余裕で経っちゃいます。 まとめてある図が先ほどの厚労省の資料にありましたので添付。 こんな感じで例外なく、成功確立3万分の1で、時間的には10年のプロジェクトを行うわけです。 だから例えば本庶先生のオプジーボとかすごいわけですよ!山中先生ですら治療法はできてねーんだよ!?   話が逸れましたが、これみてどう感じますでしょうか。   新型コロナっていつ出てきた病気でしょうか?? 直感的に今どこまで研究進んでて妥当だと思いますか?   あとはわかるな?(自論はちょっと以下に隠すことにしました。。。)

ワクチン開発のスピード感と是非

草コインはサイドチェーンを使え!

突然ですが、モナコインはお好きですか?モナコインとは Monacoin(モナーコイン・モナコイン)とは、日本の巨大掲示板サイト2ちゃんねるのソフトウェア板で、Mr.Watanabe(わたなべ、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって開発されている日本初[1]の暗号通貨である。通貨単位表記は「MONA」。(Wikiより) 日本独自のコインなのですが、以下に2020/5/7時点の統計データを記載してみました(Coingecko調べ)。 時価総額   :100 億円 取引量(日) :3.5億円 ランキング  :61位 統計データによれば暗号資産の中でも上位100位にランクインしているし、そこそこ知名度もあると言ってもいいのではないでしょうか。また取引量も日に3.5億円もあります。 ちなみにビットコインの時価総額18兆円は、取引量は4.8兆円もあります。すご! ちなみにちなみに、トヨタ自動車の時価総額は20兆円ほどです。 と、統計データはこの辺にして、本題に移りたいと思います。

草コインはサイドチェーンを使え!

インターネットのMoE

こんにちは、カラコンルです。   よくTwitterで「仮想通貨ってそもそも決済で使われないから意味無くね」という意見を目にします。 暗号通貨はそれぞれ仕組み自体が違いますが、僕はビットコインがSoV(価値の保存)として安全資産のように使われるようになると思っているし、将来的にはLightning NetworkやLiquidを通してMoE(交換の手段)として使われるようになると思っています。   「わざわざ日本円やドルが使えるのにビットコインを使う意味がわからない」これは本当にその通りだと思います。例えば野菜や肉などの食料品を買う際にビットコインを使ってなんて、面倒くさすぎます笑 ただ、だから意味が無いという訳でもないと思います。 各国で使われている通貨は違います。しかし、使ってるインターネットのサービスは同じっていうことはよくありますよね?ただ、海外のサイトを使う際、共通の通貨が違うので価値の尺度が国によって違います。ですが、暗号通貨を使うといちいち他の通貨に為替レートで変換するということをする必要がなくなります。   ただ、インターネット上だから使われるわけでもないと考えています。

インターネットのMoE

一見安く見える1sat上場

こんにちは、カラコンルです。   皆さん、1sat上場を知っていますか? 1sat上場とは1satoshi上場の略で、一単位あたりの価格を1satoshi(0.00000001BTC)の暗号通貨を取引所に上場することです。例えばKarakonrucoin(単位:KRK)があったとしたら、1KRK=1satoshiで上場させるということです。   一見すると何の問題もないし、むしろ安く買えるならそれでいいじゃんって思いがちです。しかし、そもそも1sat上場させるのはICOが出来ないからなんです。 ICOとは新規仮想通貨公開(現在は新規暗号資産公開)のことです。ICOは95%以上が詐欺と言われていて、日本の金融庁も規制に乗り出しました。これにより実質的にICOは仮想通貨交換業という資格が無ければできなくなったんです。 「ICOはできない、でも資金調達しなきゃコイン(暗号通貨)の運営ができない...」と悩んでいた時に出てきた解決策が1sat上場でした。 1satoshiで上場させ、暗号通貨の運営チームは取引所の板に出し「勝手に買ってね〜」という感じで、売り出す。ただ、1satで買おうにも1satで売り出してる板が少なくて買おうしたらどんどん高くなる。これ結局ICOではないけどトークンセールです。   今回は1sat上場の具体例を出しながら1sat上場コインを批評(批判?ww)していきたいと思います。

一見安く見える1sat上場

bitcoinがMoEになれる可能性

こんにちは、カラコンルです。   前回の記事「SoVとMoEは別物」で書いたようにビットコインはSoV(Store of Value=価値の保存)には適していますが、MoE(Medium of Exchange=交換の手段)には適していません。 なぜなら、ビットコインなどのProof of Workのメカニズムを用いた暗号通貨はスケーラビリティ問題に直面しているからです。しかし、スケーラビリティ問題の解決策が全くないかというとそうでもありません。   ビットコインのスケーラビリティ問題の解決策は主に4つです。 ブロックサイズを大きくする 取引データを小さくする 外部のオフチェーンを使う サイドチェーンを使う   1のブロックサイズを大きくするという考えは数年の間開発者やマイナーの中でも意見が分かれ、ブロックサイズを維持したいスモールブロック派とブロックサイズを拡大したいビッグブロック派に別れてしまいました。   なぜスモールブロック派はブロックサイズを維持したいのでしょうか? なぜなら、ブロックサイズを大きくしてしまうとマイナーの中央集権化を招くからです。これはデータ量が大きくなることで伝わる速度が落ちるからです。 マイナーの中央集権化が進むと、51%攻撃が可能になったり、どこのマイナーを抑えればいいかわかるので規制しやすくなります。つまり、SoVに適さない暗号通貨になってしまうということです。   結局、スモールブロック派とビッグブロック派はお互いの意見を受け入れられず、ビットコインは2017年8月1日ハードフォーク(分裂)しました。スモールブロック派はビットコイン、ビッグブロック派はビットコインキャッシュと違う道を歩んだのです。ちなみにブロックサイズは、ビットコインは1MB、ビットコインキャッシュは8MBです。(ビットコインキャッシュはその後も分裂している)  

bitcoinがMoEになれる可能性

Twitterマーケティングに関する考察

Twitterはミニマムな公開ブログであり、双方向性に優れている。私は比較的初期からのユーザーだが、TwitterはiPhoneと共に成長してきた印象がある。多様な発信者と受信者から成るシステムだが、2007〜2008年にオバマ前大統領が、未だ無名の大統領候補だった時期に、選挙活動にTwitterを利用した。 オバマは選挙活動にSNSをフル活用した最初の大統領だったが、政治に利用は少なかった。政治活動にTwitterをフル活用してるのは、トランプ大統領である。数々の問題発言を短い呟きに凝縮している。 国際政治が、Twitterで動く様になったので、日本の国際政治研究者は、Twitterを情報収集と情報発信に使っている。池内先生など。https://twitter.com/chutoislam/status/1254765304942481409?s=20 ビットコイン業界はTwitterの公開性と相性が良くて、討論・広報・営業・マーケティングに利用している。 BTC vs ETHは長いアジェンダで、絶え間なく議論している。https://twitter.com/BitcoinErrorLog/status/1256052104382361601?s=20 さて、Twitterは飲食業界でもマーケティングに役立ってまして、まず、ラーメンさんじです。東上野の行列人気店ですが、大変写真映えしてます。https://twitter.com/sanji_kinchan そして、黒かどや。お客様は神様ではないマーケティングやってまして、常に物議醸してますが、旧い飲食店の写真が、郷愁を誘って、面白いです。https://twitter.com/kadoya1/status/1251883270750433281?s=20 あらゆる話題が飛び交うTwitterですが、新コロナ、ビットコイン、国際政治、ワイン、グルメ何でもありで時間を浪費します。Twitter創業者のJackはビットコイン好きです。そして、

Twitterマーケティングに関する考察

自分が望むようには他人は評価してくれない。

おはようございます。 あえてちょっと思惑もあり、今日は言いたいこととタイトルをずらしてみました。 この世の中、イラン情報を拡散しやがるおバカがおられまして。 ここhttps://jfc-guide.com/news/17833/ このサイト、借りれない人はこうだ!と言うとるだけで、救いの手を差し伸べてあげてません。というお話です。 人の気持ちに立ってものを言えない、という方が悲しいけれどもいらっしゃいます。 特に一応「専門家」とか「先生」とか言われる方が、権威的に「●●である」なんて言っちゃうともうそれだけで死刑宣告をされたような気分になる方もいらっしゃるでしょう。 今日はその事例。 はっきり言って私は珍しく義憤を感じました。 で、専門家方の交流サイトに流したのですが、あまりレスポンス薄くて、という愚痴がタイトルの由来です。はい私のことはどうでもいいです。 世の中には、こういう人はこうだ、といって解決策や救いを与えない、という賢い人がたくさんおられます。いわゆる評論家、という輩ですよね。 ノブレス・オブリージュ という言葉もあるとおり、「持っている人」というのは「持たざる人」に何らかの貢献をせねばならないのではないか、という想いが、私にはあります。 はい、続きは↓を読んでください、ここのサイトを訪問されておられる貴兄諸君にはあまりなじみのない世界かもしれませんが、あえて拡散にはしません。だいぶひねくれもの。

自分が望むようには他人は評価してくれない。
description

2hdx3q2wuを購入しました。

-100
description

u17vwk3htを購入しました。

-100
description

s7pkyddz6を購入しました。

-100
description

l261v5bupを購入しました。

-100
description

uw5bknxxqを購入しました。

-100
description

vrm7c4xpuを購入しました。

-100
description

gveljy3o5を購入しました。

-100
description

imlddu6f2を購入しました。

-100
description

9jm8kd69dを購入しました。

-100
description

2le5qfhwaを購入しました。

-100
description

uti4fndriを購入しました。

-100
description

6gw679tuuを購入しました。

-100
card_giftcard

0m3vzs8tq へ投げ銭しました。

-200
description

0m3vzs8tqを購入しました。

-100
card_giftcard

ur7ycxwgv へ投げ銭しました。

-300
description

ur7ycxwgvを購入しました。

-100
description

mk3lfsuxsを購入しました。

-100
description

0emyw2enwを購入しました。

-20.930000000000007
description

0emyw2enwを購入しました。

-79.07
card_giftcard

こすもすさんから 投げ銭がありました。

5000