Swap-in-Potentiam 備忘録

LNへのオンボードにはチャネル開設が必要であったり、チャネルマネジメントのためにオンチェーンとオフチェーンの資金交換をしたりと、L2技術とは言え、なにかとオンチェーン送金が必要になる場合があります。オンチェーン送金をする場合、0承認TXを許容することも可能ですが、基本的にはブロック承認を待つことが望ましいとされています。Diamond Swapでもある一定の条件を満たすことで0承認を許容していますが、できることなら避けて通りたい道です。

この問題を解決し得るある提案がLNメーリスで紹介されていました。本提案では、0承認でもトラストレスにSwap-inができるというものです。

ユーザーのシナリオとしては、まずウォレットからアドレスを生成して、そこへBTCを送金します。これは取引所からの出金であったり、第三者からの支払いであったりなんでも構いません。そして後日、ユーザーはLN決済でコーヒーを買おうとします。この時、ウォレットにチャネルがない場合はチャネル開設が必要で、チャネルがあってもアウトバウンドキャパシティがない場合はSwap-inをしてウォレットへBTCをチャージしたりする必要があります。この際、オンチェーン送金が発生するので、ブロック承認を待つ必要があります。

ここで、ウォレットから生成するアドレスをある特別なアドレスへ少し変換してあげます。そうすることで、チャネル開設やSwap-inをする際にブロック承認を待たずしてトラストレスにウォレットへBTCを送金することが可能になります。

その特別なアドレスは、2つのブランチによる消費条件で構成されています。1つはAとBのマルチシグを必要とするブランチで、もう1つはAの署名と相対的なタイムロック(OP_CSV)が掛けられているブランチです。このアドレスへ送金された資金であれば、Swap-inを0承認で安全に行うことができます。

通常のSwap-inの場合、AがBが生成したロックアップアドレスへオンチェーン送金をして、その送金が承認されるとBがSwap-inを開始します(AへLN送金をする)。そしてAがプリイメジを公開することで、Bがそのプリイメジを使いロックアップアドレスから資金を回収してSwap-inが完了します。もしここで、AがRBFによるロックアップアドレスへのオンチェーン送金TXをキャンセルしてしまうと、Bはロックアップアドレスからの資金回収ができなくなります。そのため、BはそのTXが含まれるブロック承認を待つ必要があるわけです。

Swap-in-Potentiamの場合、ロックアップアドレスへ送金するためにはAとBの署名が必要となります。そのため、上記のようにAのみの署名で資金を動かすことができないので、ロックアップアドレスへ送金されれば、Bは安全にSwap-inを開始することができるのです。

Swap-in-Potentiamで使われる特別なアドレスはAの管理下にありますが、第2ブランチのタイムロックが過ぎてしまえば、Swap-in-Potentiamができなくなります。いざLN決済でコーヒーを買おうとした場合、そのアドレスがタイムアウトになっていれば元も子もありません。ウォレットがタイムロックのマネジメントをする必要はありますが、したとしてもSwap-in-Potentiamは実用的ではないのではと思いました。

https://lists.linuxfoundation.org/pipermail/lightning-dev/2023-January/003810.html

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ちょビットコイナー

Share

Popular stories

LNノードの運用益はどれぐらい?パート1

1647

LNノードの運用益はどれぐらい?パート3

989

【Muun】ちょっと変わったライトニング搭載ノンカストディアルウォレット

952