UmbrelをBitcloudsでお試しする

UmbrelをBitcloudsでお試しする

DiamondHandsプロジェクトの影響で多くの方がUmbrelやmyNodeを使ってBitcoin・LNノードの構築・運用をしていて、DHのテレグラムグループでは毎日のようにノード構築の話がされています。実を言うと、僕はUmbrelもmyNodeも使ったことがなく、またラズパイすらもっていません。こんなことではDHプロジェクトに参加する資格がないぞ、と言われそうなので何とかしてUmbrelを使ってみようと思い、タイトルにあるとおり、Bitcloudsを使ってUmbrelを構築してみました。

Bitcloudsは以前に記事を書いていて、LN決済によるオンデマンドなVPSホスティングサービスです。個人的には一番よく使っているLappサービスなのですが、あまり注目されておらずちょっと寂しいです。今回はBitcloudsでUbuntuをホスティングし、そこへUmbrelをインストールして、Tor Browserからアクセスする方法を記載しました。ぜひ試してみてください!

※UmbrelのUbuntuインストールはこちらの公式サイトに沿っています。
※公式にも記載ありますが、Umbrelはラズパイへのインストールを推奨しています。Ubuntuなどへのインストールは不具合があるかもしれないので、以下の手順ではテストネット用として構築しています。

1.BitcloudsでUbuntuの購入とSSHログイン

まずはこちらの記事を参考に、Ubuntuを購入しSSHでログインします。bitcloudsでのubuntu購入は以下のコマンドでインボイスを取得できます。

$ curl -s https://bitclouds.sh/create/ubuntu

2.必要ソフトのインストール

ログインできたら、Umbrelに必要なソフトをインストールします。Umbrelのサイトには以下の4つが必須要件となっています。BitcloudsのUbuntuにはPython3が同封されているので、以下の1,3,4をインストールしていきます。

  1. Docker
  2. Python 3.0+
  3. Docker Compose
  4. fswatch, jq, rsync, curl (sudo apt-get install fswatch jq rsync curl)

以下のコマンドを実行してDockerのインストールをします。最後にhello-worldイメージが実行し「Hello from Docker!」と表示されれば問題ありません。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install \
    apt-transport-https \
    ca-certificates \
    curl \
    gnupg \
    lsb-release

$ curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo gpg --dearmor -o /usr/share/keyrings/docker-archive-keyring.gpg

$ echo \
  "deb [arch=amd64 signed-by=/usr/share/keyrings/docker-archive-keyring.gpg] https://download.docker.com/linux/ubuntu \
  $(lsb_release -cs) stable" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/docker.list > /dev/null

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install docker-ce docker-ce-cli containerd.io

$ sudo docker run hello-world

以下のコマンドを実行してDocker Composeのインストールをします。最後にバージョン情報が表示されれば問題ありません。

$ sudo curl -L "https://github.com/docker/compose/releases/download/1.29.2/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m)" -o /usr/local/bin/docker-compose

$ sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

$ sudo ln -s /usr/local/bin/docker-compose /usr/bin/docker-compose

$ docker-compose --version
docker-compose version 1.29.2, build 1110ad01

以下のコマンドを実行してfswatch他のインストールをします。

$ sudo apt-get install fswatch jq rsync curl

3.Umbrelのダウンロード

以下のコマンドでUmbrelをダウンロードします。任意バージョンをダウンロードしたい場合はここから確認し、 archive/v0.x.x.tar.gz の値を変更してください。

$ curl -L https://github.com/getumbrel/umbrel/archive/v0.3.14.tar.gz | tar -xz --strip-components=1

4.Umbrelの実行

以下のコマンドを実行して、Umbrelをテストネット上で起動させます。

$ sudo NETWORK=testnet ./scripts/start

以下のメッセージが表示されてたら成功です。

Starting installed apps...


Umbrel is now accessible at
  http://zosma-4.local
  http://192.168.3.18
  http://mojptmi6dszlsnldliyu3dauawj6zfrfwv5xhax4fulve5fthqc7l2ad.onion
Skipping status update when not on Umbrel OS

5.Umbrelへアクセス

上記の.onionで終わるURLを使ってTor Browserからログインしてみます。

上手くログインできていますね

以上がBitcloudsでUbuntuをホスティングして、Umbrelを使ってみる手順になります。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ちょビットコイナー

Share

Popular stories

LNノードの運用益はどれぐらい?パート1

1280

LNノードの運用益はどれぐらい?パート3

759

猫でも分かるLightning Network解説!

639