katakoto

katakoto

@katakoto

『俺が、そしてここへ来て、全てをクリプトに捧げた奴等が望んだのは、俺たちがサトシを愛したように、サトシも俺たちを愛してほしい、それが俺たちの望む事だ!』ランボーのコスプレで₿を乱射しながら崖からダイブ!

mempoolfullrbf、その論点と結末

現在、Bitcoin Coreにmempoolfullrbfという機能を追加する話題でちょっとした論議が繰り広げられています。 このmempoolfullrbf(以下fullrbfと称す)の説明には、まずはRBF(Replace by Fee)について理解する必要があります。基本的にビットコインの送金は取り消しやキャンセルができません。しかし、RBFという仕組みはブロック承認前(言い換えるとmempoolに存在する場合)であれば、送信した取引データを手数料を高くした取引データで置換できるというものです。このRBFという仕組みはBIP125に準じて実装されていて、送信する取引データに「この取引データはRBFを許容するものですよ」というシグナリングをする必要があります。このシグナルがない取引データに対してはRBFは使えません。 fullrbfは、取引データにシグナルがなくてもRBFを許容する機能で、デフォルトではオフになっています。そもそもシグナルを付与すればRBFできるのに、なぜfullrbfが必要なのか、その動機とはなんでしょうか。シグナリングによるRBFではLNやDLCなど1つのUTXOを共有するコントラクトの場合に問題が発生する可能性があります。2者間によるコントラクトの場合、悪意ある相手がシグナリングせずに取引データをブロードキャストすることができてしまいます。これはPinning攻撃と呼ばれる攻撃手法の一種で、最悪の場合資産を失う危険性があります。fullrbfが導入されればシグナリングがなくてもRBFが可能となり、不正なデータを正しいデータへ置換でき、上記の攻撃を回避することができます。 一方、fullrbfは0承認をサポートしているサービスに問題が生じるかもしれません。例えば、店頭で商品を購入し、店を出てから支払い先のアドレスを自身のアドレスへ変更する、という不正ができてしまいます(店頭なので顔がバレてしまいますが笑)。現状はシグナリングされていない送金であれば、RBFされることはないので0承認を許容してもさほど問題はありません。しかしfullrbfが導入されるとシグナリングがなくても支払いがキャンセルできてしまうので、小売店が抱えるリスクが上がってしまいます。 このようにRBFにはメリットデメリットがありますが、mempoolfullrbfの実装はすでに終わっており、Bitcoin Coreにマージされました。 しかし、このマージ後に再度fullrbfの賛否を問う議論がはじまり、この機能を削除しようという<a href="https://github.com/bi

PoS記事の追記

元記事:https://spotlight.soy/detail?article_id=gpahtacsxEthereum PoSとPoW(主にBitcoin)の違いをあくまで書くつもりでありましたが、予想外に記事がシェア頂いたため(シェア&議論ありがとうございます!)、多くのトピック外の議論を呼ぶことになりました。基本的にこの記事はEthereum全体の分散性に関して議論するものではなかったのですが、追記しますと、基本的に分散性(非中央集権性)はValidatorの他に二つの要素 Data Availability(DA)と開発主体(Core)の権力がどうなっているのかが大きい要素です。DAに関してはEthereumではDASというアルゴリズムで分散化されるのですが、基本ValidatorよりもDAがボトルネックになると考えられます。つまりこの記事で書かれているところよりもDAが分散性の肝です。多くのクリプトプロジェクトではDA問題が無視されるため、強調したいところですが、EthereumでもDAは40万のような多いノードでは分散されません。BitcoinではDAも含めて多くのノードで分散されています。Bitcoin Layer3のRGBではDAノードがノータリーノードと同じ数になるため、ここがボトルネックとなります。Lightning Network (Layer2)ではDAは個別ノードに分離し自己管理となるので、この問題は発生せずBitcoin Layer1と同じセキュリティになります。開発主体の分散に関して言えば、Ethereumが現状まだハードフォーク祭りであることを加味すればまだまだです。しかし、Core開発コミュニティは世界中に分散され、合理性のない提案は普通に却下され、創始者を含めた古参開発者の影響力は実質的に大きく下がっています。(これはTwitterやメディアからはいつもVBがフォーカスされるため、一見わかりにくい部分ではあります。)なんとかergeハードフォークが4つほど残っているため、これが終わると安定版となるでしょう。Bitcoinの初期の開発とマイニングの安定と分散まで2~3年かかったのを考えれば、この期間がEthereumでは10年ほどかかっていると考えることもできます。今の時点で言っても、十分Ethereumは機能するため、もし合理性のないHFがあればネットワークは分岐し、正当性のあるものが選ばれるでしょう。この点開発コミュニティの権力は内にも外にも限定されています。PoSの他のデメリットとしては、KYCされた取引所で購入しなければトークンが手に入らないこと、つまりエコシステムに入れないことが挙げられており、これは非常に重要なポイントだと思いました。が、Ethereum内の通貨でサービスへの支払いが増えるにつれ、ここは解決されるでしょう。PoSの証券性の議論にも波及されていましたが、

Popular stories

アンドレアス・M・アントノプロス講演動画“次なるビットコインは何か?”全訳

5162

親愛なる家族、親愛なる友人たちへ

839

『ザ・インターネット・オブ・マネー』第1章 What is Bitcoin? 日本語訳

683

Archives

2022-11
2posts
2022-09
1posts
2022-07
1posts
2022-04
1posts
2022-01
1posts
2021-12
1posts
2021-10
1posts
2021-08
2posts
2021-07
1posts
2021-06
1posts
2021-05
1posts
2021-03
2posts
2020-12
2posts
2020-11
2posts
2020-08
3posts
2020-07
4posts
2020-06
6posts
2020-05
3posts
2020-04
5posts
2020-03
3posts
2020-02
4posts
2020-01
8posts
2019-12
9posts
2019-11
2posts