ヘッダー画像

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 6

なまえ

🐇Lesson 6🕳️
表現の自由の力

「なんですと?」とネズミが顔をしかめながらも、とってもれいぎ正しく言いました。「なにかおっしゃいました?」
引用元:不思議の国のアリス

ビットコインはアイデアである。現状の形で、純粋にテキストによって動くマシンが現実化したアイデア。ビットコインのあらゆる側面はテキストである。ホワイトペーパーはテキストだ。ノードによって実行されるソフトウェアはテキストだ。台帳はテキスト。トランザクションはテキスト。公開・秘密鍵はテキスト。ビットコインのあらゆる側面はテキスト、それゆえビットコインは言論と等しい。

“合衆国議会は、国教を樹立、または宗教上の行為を自由に行なうことを禁止する法律、言論または報道の自由を制限する法律、ならびに、市民が平穏に集会しまた苦情の処理を求めて政府に対し請願する権利を侵害する法律を制定してはならない。”
アメリカ合衆国憲法修正第1条

暗号通貨戦争の最終決戦はまだ行われていないものの、アイデアを犯罪化するのは非常に困難な事であろう。テキストメッセージの交換をベースとするアイデアに関しては言うまでもない。政府が言論や表現を違法化しようとするたび、我々は違法数や違法素数(※翻訳者注1)のような必然的に憎悪へと至るバカげた道に滑り落ちる。

世界に言論の自由がある場所がある限り、ビットコインは止められない。(※翻訳者注2)

“あらゆるビットコイン・トランザクションにおいて、ビットコインがテキストでなくなるポイントはない。どんな時でも全てテキストである。 […]

ビットコインはテキストだ。ビットコインは言論表現だ。不可譲の権利が保証されていて、政府の監視から出版行為を明示的に除外する修正第1条がある米国のような自由な国では規制できない。”
Beautyon

ビットコインは私に、自由な社会においては言論の自由とフリーソフトウェアは止めようがない事を教えてくれた。

 

(C)Gigi "21 Lessons" クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に基づき翻訳

※翻訳者注1:違法数・違法素数・・・DVDコピーを可能にするソフトウェアの公開を違法とする司法判断への対抗運動として、プログラマ達が発見した暗号解読プログラムと同じソースコードに変換できる1,401桁の素数。単なる巨大な数字だが、今なおこの数字自体の公開・所持は違法とされている。

違法素数に関するよりわかりやすい説明のあるサイトはこちら。

※翻訳者注2:原文は“where speech is free as in freedomで無理に直訳するなら“言論が自由としてのフリーである所” これはフリーソフトウェア運動の創始者リチャード・ストールマンの伝記“Free as in Freedom”(自由としてのフリー)から来ている。今回は読みやすさを優先して訳した。

自由としてのフリー(2.0)
リチャード・ストールマンと自由ソフトウェア革命

文字 0字

100

会員登録 / ログインして続きを読む

コメント(2件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

ビットコインはテキストであるがゆえに、表現の自由がある限りにおいて、規制できないと。
おもしろいですね〜

関連記事

名前

手軽にライトニングを利用する方法・ポイント

いつもはnoteやビットコイン研究所サロンで記事を書いていますが、Spotlightさんのβ版リリースを記念してこれからはこっちで書く機会を増やそうと思います。 noteでたまに投げ銭をいただけるのですが、25%くらい手数料として取られてしまいます。ですので、手数料もかからず、超少額の値段設定もできるSpotlightみたいなサービスに移りたいと思ってました! 今回書く記事は、手軽にライトニングを利用する方法・ポイントです。 いちいちフルノードを動かして、ライトニングノードをインストールして、常時接続するようにするのはハードルが高いと感じる方がほとんどではないでしょうか?私もそう思います。 ですが、少額でライトニングを利用するのであれば、ここに書いてあるステップで誰でも簡単にできます。ご紹介します。 1. 預け型のライトニングウォレットを使うBluewalletやLntxbotなど、資産を預けるタイプ(custodial)のライトニングウォレットを使う方法です。ノードの管理はいりませんし、普通にいつでも使えます。持ち逃げされるリスクやハッキングリスクなどを考えても、数百円とかなら全然問題ないですよね!(大半の人にとって、現段階では自分でLNノード管理するより安全だと思います) 2. ライトニング上のBTCをゲットする:稼ぐ場合なにかお金を払ってもらえそうな知識や、文才がある場合はSpotlightで記事を書いて投げ銭をもらい、ウォレットに出金してしまえばそれだけでLN上のBTCがゲットできますね。他にも、paywall.linkというサービスがあって、なにかリンクを紹介するのに報酬を得ることができます。(見る人は支払わないとリンクが見れない)また、「稼ぐ」なのかは微妙ですが、LntxbotのSats4Ads<

サムネイル

投げ銭と恵むこと恵まれることの自由

Spotlightに「おねだり機能」がつきました。 【お知らせ】おねだり機能をリリース ビットコインライトニングネットワークを使って気軽に投げ銭したり、もらったりするのはとても素敵なことと思います。 でも、投げ銭ってどんな基準で投げたらいいのでしょう?また、どんなときにおねだりしたらいいのでしょう? まぁ、投げ銭くらいなら深く考えず適当に投げればいいのですが、寄付や施しなどをするときは自分の中で基準があるのかな?、と思ったりもします。 そんな基準を考えるとき、ある本に書かれていたエピソードを読んでハッと気づいたことを、いつも思い出すのです。 深夜特急で書かれた、恵む基準 その本は、名著でありバックパッカーのバイブルとも言われる「深夜特急」。 著者である沢木耕太郎氏は、地元のバスを乗り継いてユーラシア大陸を東から西の最果てであるポルトガルまで横断の旅をします。その旅の模様や感じたこと、考えたことをこの深夜特急で書かれています。 そのエピソードは、沢木氏がイランで乗ったバスが途中の町で停車した時に見た光景。 物乞いの子どもたちに囲まれるバスの乗客は皆、物乞いを疎ましく感じますが、その中で一人だけオランダロッテルダム出身であるヒッピーの若者は、優しく笑いながら子どもたちに応対していました。しかし、彼は金持ちであるわけではなく、むしろいつも他の乗客から食べ物を分けてもらっていたくらい貧しいことを沢木氏は知っています。 沢木氏がその若者を眺めていると、彼はポケットに手を入れて6枚のイランのコインを取り出しました。日本円で一枚5円ほど。おそらくそれが彼の全財産。彼はそのコインを3つに分けて、一組は一人の物乞いの男の子に、もう一組

名前
サムネイル

おもしろサービス×ビットコイン

スポットライト開発エンジニアの小川です。今回は、ビットコインの面白くかつ実用的なサービスの紹介をしたいと思います。 インターネット上のお金としてビットコインは非常に相性が良いと思いますが、ビットコインの送金には、10分の認証時間と数十円の送金手数料が必要で、さらに1円以下の少額決済は現実的にできない状況です。そこで、ライトニングネットワークという技術を活用してビットコインの高速、低手数料送金が可能となりました。スポットライトもこの技術を活用しています。僕はライトニングネットワークを活用したビットコイン決済を「ライトニングペイ」と呼んでいます。 ライトニングペイによる少額決済はインターネット上のコンテンツを1ページあたり購入したり、動画・音楽ストリーミングによる見た分・聴いた分課金など、今までにはできなかった新しい決済手段ができるようになる可能があります。 今回は、ライトニングペイを活用したギフトサービスを紹介したいと思います。このサービスは、ギフト用に送金したい金額を入力します(以下の例は1000 sats)。 「Create」ボタンを押すと、以下のようなQRコードが生成されるので、このQRコードに対してライトニングペイをします。 決済が完了すると、以下のようなギフト用のURLが生成されるので、これをプレゼントしたい人へ送ります。 <img style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-s