なちゃっと

なちゃっと

@2112

(;;)

No one you following yet

(N)FTでの著作権侵害、肖像権侵害の具体的なケース

こんにちはcard.mona.jpの管理者です。card.mona.jpは著作権侵害、肖像権侵害を規約で禁止しています。ほとんどのユーザーの方には正しく使っていただいてますが、より深く理解していただくために具体的なケースを例示しました。 著作権の侵害になる具体的なケース ・他人のイラストや写真を無許可でトレース・他人のイラストや写真を無許可で切り貼りや加工・使用許可のないキャラクター(キャラクターが似ている場合は総合的に判断し実質的に同一であるとみなされた場合)※以上の画像をカード化した場合違法です。著作権者の許可がある場合を除きます。 肖像権の侵害になる具体的なケース ・他人の写真・他人の似顔絵(似ている場合は総合的に判断し実質的に同一人物とみなされる場合)・他人の写真、似顔絵を加工したもの ※以上の画像をカード化した場合違法です。本人の許可がある場合を除きます。 名誉棄損、侮辱になる具体的なケース ・事実かどうかに関わらず特定の組織や人の社会的評価を低下させる内容・特定の組織や人を馬鹿にする内容※以上の内容は公益性があり事実である場合は合法の場合もありますが、モナカードは告発の場ではないのでそのようなカードの登録は行わないでください。ほとんどの場合は公共性がないため違法です。 なぜ著作権侵害、肖像権の侵害をしてはいけないのですか? モナカードは簡単に販売、転売できるのでネットにあふれた二次創作などとは分けて考える必要があります。公然とそのようなものを認めていればモナカードを管理している私が摘発されるリスクになります。また当然登録したユーザーが摘発されるリスクにもなります。鬼滅の刃のケーキを販売した女性の摘発のように現実的なリスクであることを理解しておきましょう。

[モナカードアンチ歓迎] モナカード発行者, 購入者のリスク

モナカードは運営者がお金儲けをするために作ったプラットフォームではないので、できるだけユーザーの方が損しないように欠点を開示したいと考えています。なるべくリスクを抑えられるように仕組みを作っていますが、自衛のためにモナカードの問題点を知っておきましょう。 NFTアート自体の問題点 モナカードもNFTアートの一種なので以下の問題点は基本的に共通です。 メタデータ(タイトルなど)や画像が消える問題勘違いされやすいですが、多くのプラットフォームで採用しているIPFS上のファイルは消えます。IPFSは優れたシステムですがIPFS上のファイルを消えないようにする別の仕組みが必要です。将来的には撤退した企業のプラットフォームで発行したNFTアートのメタデータや画像が消える事件が頻発するでしょう。※モナカードはメタデータをチェーン上に保持しています。チェーンが終了する問題ビットコインやイーサリアムですらいつかは終わりが来ます。永遠に残り続けるものではありません。永遠に残したい場合は石に刻みましょう。と言ってもプラットフォームやIPFS上のファイルが消える方がはるかに早いはずなのでここは気にする必要はなさそうですね。表示するプラットフォームが消える問題いくらトークンや画像が消えない仕組みを作っても表示するプラットフォームがなくなってしまえば終わってしまったようなものです。今まで一時期はとても盛り上がっていたサービスが採算がとれなくなり撤退したり衰退するということはクリプト界では珍しくありません。NFTアートでも同様のことが起こるのは容易に予想できます。共通のプロトコルで実装されたNFTアートは単一のプラットフォームがなくなっても生き残れる可能性が高くなります。法的に問題のあるものが発行される問題NFTアートは著作権を保護したり、偽造を防ぐことができる技術ではありません。購入者は偽物をつかまされるかもしれませんし、発行者が法律を無視した場合には損害賠償の対象になったり犯罪者になるかもしれません。周辺のサービスが終了する問題NFTアートの表示プラットフォームが残り続けたとしても、周辺のサービスがどんどん撤退して楽しみが減る可能性があります。 モナカード特有の問題 チェーンの永続性の問題これはほとんど心配していませんが、かなり長期のスパンで考えるとビットコインやイーサリアムの方が長く残り続ける可能性は高いと思います。画像の永続性の問題IPFSのファイルは有志の方がP

モナカードを現実世界に飾る方法

ツイートしたように額縁入りのモナカードを表示する方法をお伝えします。https://twitter.com/nachat_dayo/status/1455476647361015815 必要なもの ・9.7inch画面のiPad・9.7inchのiPad用の額縁 私は合計22000円くらいで調達できました。 表示方法 iPadを専用の額縁に入れて、card.mona.jpのスライドショーのページを表示しているだけです。card.mona.jpのアカウントのページに「スライドショー」という項目があるので、そこで表示したいカードと切り替え間隔を指定すればおkです。 普通にサイトを表示すると、画面上部にブラウザのツールバーが表示されてしまうので実際にスライドショーしているページを「ホーム画面に追加」してそこから開いてください。PWAという仕組みで開くのでスライドショーのページはツールバーが非表示になります。また、画面に白い余白がありますので指で拡大して好みの大きさにしてください。画面の明るさはお好きに設定してください。画面が自動で消えないように設定してください。 問題点 iPad上部の時計やバッテリー残量が小さいですが表示されてしまいます。モナカードよりiPadの方が横幅が少し大きいので、左右に白い余白がでます。(指で拡大すれば上下が少し切れますが左右の余白をなくすことができます。)電源はケーブルを通す穴が額縁にあるのでたぶん問題なく繋げられます。

IPFSから消えたモナカードを復活させる方法

Monacard2.0になってカード名、説明などのメタデータが消える心配がなくなりました。モナコインチェーンが動いている限りは読み出すことが可能です。 画像に関してはIPFSのネットワーク上にあるので、pinするノードがなくならない限りは残り続けます。しかし残念ながら、遠い未来に誰もがモナカードのことを忘れたころに画像データにアクセスできなくなってただの電子くずになってしまうかもしれません。 この悲しい事態を回避するために自衛する手段があります。IPFSは全く同じデータに対して同じIDを割り振る特性があります。そのため、発行したり購入したカードの画像をダウンロードして自分のパソコンや外付けHDDなどに保存しておけばいつでもIPFSネットワーク上で復活させることができます。 画像をダウンロードするときに注意すべき点があります。imgurではなく必ずIPFSから画像をダウンロードしてください。imgurとIPFSの画像データは基本的には違っています。見た目は同じでもデータに違いがあれば全く異なるIDが割り振られるのでIPFSネットワーク上にモナカードとして戻すことができません。imgurのデータはあくまでもIPFS上の画像の表示速度の問題を回避するためにサムネイル的に作られた画像です。 モナカードの永続性を気にしている方は是非自分のカードや購入したカードの画像を保存しておきましょう。

モナカードの情報を変更不可能にする方法

モナカードはメタデータや画像を後から変更することが出来ます。これはメリットでもありますがデメリットにもなります。 今のところは発行者の意思により画像が見えなくなったモナカードは3700枚中1枚だけです。基本的には発行者が悪意を持って画像やメタデータを書き換える可能性はかなり低いと考えてよいと思いますが、仕組み上は可能です。 Monacard2.0を策定するにあたりこの問題も解決すべきではないかと考えました。トークンのオーナー権限をバーンアドレスに移せば永遠にDescriptionを編集できないので情報を完全にロックできます。これをMonacard2.0のカードロック仕様にするか悩みましたが、今までカードロックしなくても問題にならなかったことと、安易にカードロックすることにより新しいバージョンに対応できないなど様々な問題が発生するデメリットを考えてやめました。 Monacard2.0の仕様ではありませんが、どうしてもカード情報をロックしたい場合は上記の方法で行うことができます。ただし安易にカードロックすることは全くおすすめできません。基本的にはカードロックしないことをおすすめします。 以上、仕組み上はカードの情報を変更不可能にする方法があるよというお話でした。

モナカードをOpenSeaに移せるEmblem Vaultを使った雑感と仕組みについて

Emblem Vaultの使い方を解説する記事ではないのでその点だけご注意ください。 早速Emblem Vaultを使ってみました!モナカード開発者としては別世界と思っていたEthereumやPolygonに移すことができてとても嬉しく思います。※以下Emblem VaultをEVと略します。 使った方がいいの? とても面白い仕組みなので興味があれば一度使ってみるといいと思います。ただしお金がかかります。Ethereumの世界の勉強になりますし、初めての方はきっと洗礼を受けると思います。今のところはOpenSeaに表示したい方、売買したい方、Oncyberなどで展示してみたい方におすすめです。 どのくらいお金がかかるの? OpenSeaにのせるには主にEthereumの世界とPolygonの世界があってどちらを選択するかで大きく変わります。EVの利用料金はCOVALのみなのですが、手続きごとに燃料であるETHかMATICが消費されます。ETHの場合はこれが数千円や下手したら万円になるのでかなりのお金が必要です。MATICの場合は気にしなくてもよい程度しか消費されません。COVALはカードごとに300COVALが固定で必要になります。今のレートだと300COVAL = 500円くらいです。 操作は簡単なの? 操作は慣れたら簡単ですが、私は最初は苦戦しました。EVの操作に苦戦したと言うよりはMATICやCOVALを使える環境を整えるのに苦戦しました。ここら辺慣れてる人はすぐに使えると思います。EVの登録自体は解説サイトを見ればある程度は直感的に操作できました。 EVからモナカードを取り出してMonaparty世界に戻すのも簡単でした。EVを所有してる状態で操作をすると秘密鍵をもらえるのでMpurseにインポートすればモナカードを復元できます。 EthereumとPolygonどっちがいいの? 売りたいならEthereum、OpenSeaに表示したりOncyberを使ってみたいだけならPolygonって感じですね。Ethereum版を使いたい場合は落とし穴自体は少ない気がしますが、Polygon版の場合は落とし穴があるので、すなぎもさんの記事に目を通しておくとよいかと思います。 EVの仕組みについて EVはモナカードを別世界に移動する仕組みというよりは、Monapartyなどのトークンの入ったアドレスの秘密鍵をEVに紐づける仕組みといった方がいいかもしれません。EVを作成するときに任意のアドレスに対してMonapartyトークンを送信します。EVを購入した人はこのトークンが入った秘密鍵を取得することがで

Monacard2.0は無限に拡張できるプロトコルです

Monacard2.0が無事に動き出してほっとしています。まだまだやるべきことが山積しているのですがとりあえずはひと段落したので面白い話をしてみます。 Monacard2.0に関係ないことも書き込むことができるMonacard2.0プロトコルの中心部分はJSONと呼ばれる文字列です。このJSONは拡張してMonacardに関係ないこともかけるように設計されています。他のアプリを共存させられる例えば24x24のドット絵NFTを作るプロジェクトを考えてみます。当然ですが新しいプロジェクトを作って運用すればいいだけなのでMonacard2.0プロトコルを無視しても問題ありません。ただ新しいプロジェクトは対応ウォレットを作ったり、エクスプローラーを作ったりあらゆるものを作らなければなりません。ドット絵プロジェクトの例ならば拡張した部分にドット絵のプロトコルを書き込み、Monacard2.0部分にPNG化したドット絵を書き込むことでモナカードアプリケーションにただ乗りすることができます。Monacard2.0の画像をフルオンチェーンにする拡張した部分に画像ファイルのバイナリを書き込むことで、IPFSで共有されているファイルが消失しても原理上は永久にデータを残すことができます。実際にする場合はMonacard2.0の画像仕様やIPFSの考え方を理解している必要がありそうです。 Monacard2.0に音楽や動画を埋め込む拡張した部分に音楽や動画を埋め込むことでカードに紐づけることができます。 できるからと言ってやる意味があるのかはまた別の話になりますが、仕組み上はできますよというお話でした。

Monacard2.0を登録する方法(簡易版)

2021/09/25、ついにMonacard2.0が始まりました。実装などで疲れ果てたので説明は簡易版のみで詳細版はありません。 メリット・消えにくいIPFSなどに画像が分散して登録されます。カード情報がブロックチェーン上に保存されます。モナカードの情報がかなり消えにくくなるということです。・登録手順が減るトークンの発行と同時に登録作業もできるので手順が減るのもメリットです。 デメリット・登録が遅い平均1.5分ですが5分以上待つこともあります。・登録にMONAが必要とてもとても安いですがチェーンに書き込むわけですから、MONAが消費されます。・まだ3rd製アプリに最適化されてないどのウォレットでも2.0の登録をすることはできますがまだ最適化はされていないので、1.0を登録するほうが簡単です。2.0の仕様のおかげで将来は2.0のほうが圧倒的に楽に登録できるようになる可能性はあります。 デメリットになりそうだけど実はデメリットじゃないIPFSにアップロードすると表示が遅そうと感じると思いますが、実は裏でimgurにもアップロードしているのでアプリ側の読み込みが遅くなるとかはないはずです。モナカードは設計の美しさだけでなく使いやすさを重視していろいろやってます。 1.0と2.0どっちで登録しようか迷う場合迷う方は従来方法の登録でいいと思います。長期的に考えると2.0の方がよいと思いますが、後からでも2.0に変更できるので不安を感じる方は様子見して従来の方法で使いましょう。仕様は変わりませんが周辺の環境が整えば徐々に2.0に移行する人が増えると思います。 登録方法Monacard2.0作成支援を使ってください。このツールを使わなくてもいいですが、IPFSへのアップロードはこのページを通すか、card.mona.jpのAPIを通す必要があります。作成支援ページを見ればすぐわかると思いますが念のため書いておきます。1. このツールに画像をドロップしてアップロードします。2. 画像がアップロードされCIDが自動で入力されたのを確認します。3. 各項目に入力するとJSONと呼ばれる文字列が自動で生成されます。4. 好きなウォレットを開いて新しいトークンの発行と同時にdescriptionにJSONを書き込みます。発行済みのトークンに書き込むこともできます。descriptionに新しいJSONを書き込むと再設定でき

Monacard2.0の仕様に問題がないかチェックしてください

Monacardは私の手を離れcard.mona.jpに構築された仕組みから、みんなが使えるプロトコルに移行します。プロトコルは後から変更が面倒になるので今のうちに改善案があればTwitterのリプライかコメント欄でお願いします。最終的な判断は私がします。 Monacard1.0はそのままにしていても従来通り遊べますし、新規登録もしばらくはできるので心配しないでください。 画像に関して 画像はimgurではなくIPFSに変更します。今のところIPFSへのアップロードはcard.mona.jpを通す必要があります。card.mona.jpからアップロードする必要がある理由は後述します。将来的にはどこからIPFSにアップロードしても大丈夫なようになる可能性があります。 メタデータに関して カードの名前などのメタデータはcard.mona.jpのサーバーに保存するのではなく、アセットのdescriptionに書き込むことになります。具体的には以下のようになります。 @monacard{"card_name": "MONACARD2.0", "owner_name": "モナカード公式","add_description": "このカードは新しい方式で登録されました。","tag": "公式,test,2.0","hash": "QmXiEwxZYNkWYTEidgruK78Vx8fEFuc81Diyoaau5DVieh","ver": "2"} もちろんチェーンへの書き込み量が増えるのでトランザクションの発行にいつもより余計にMONAが必要です。上記の例だと今だと1円分くらいだと思います。アセットの発行と同時に書き込みができるのがメリットの一つです。 card.mona.jpとAPIについて いくらmonacardがプロトコルになったからと言って、そのままでは誰も使えないですし使わないと思うので、引き続きcard.mona.jpで今まで通りのサービスとして使えるように運営していきます。 IPFSへのアップロードはcard.mona.jpの支援ページから行うか、API経由でしか行えないようにします。IPFSでの浸透に時間がかかるのでやむを得ないですがこういう仕様です。IPFSにアップロードするとhash値がもらえるのでそれを使ってJSONを組みアセットのdescriptionに入力します。JSONを組む支援ページもあります。card.mona.jpのbotが2分おきにmonapartyを巡回してcard.mona.jpへの登録とimgurへのアップロードを行います。 まとめるとcard.mona.jpが提供するのは以下の項目です。・IPFSアップロードページ・IPFSアップロードAPI・JSON作成支援ページ<b

仮想通貨を知らなくてもわかるモナカードの解説

いきなりブロックチェーンとか言われても意味不明だと思うので、仮想通貨を知らない人でも概要がわかるように解説してみます。あくまでも仕組みの解説なので、具体的な操作などは詳しく解説してれている記事がネットにはあるのでそっちを参照してください。 初級編 仮想通貨が何かわからない人はここから読んでください。モナカードを簡単に言うと画像を投稿するサイトです。運営の規模は全然違いますが、まずはPixivとかニコニコ静画みたいなものだと思ってください。これらの画像投稿サイトと違うのは、人に画像を送ったり、売ったり、他のサイトに送ったりできることです。この普通の画像投稿サイトと異なる機能はブロックチェーン技術によって実現していますが、ブロックチェーンが何なのかはひとまずどうでもいいので忘れておきましょう。上記のような普通の画像投稿サイトと異なる機能が特徴なので、モナカードを始める動機としては人にプレゼントしてみたい!売ってお小遣いを稼ぎたい!などがあると思います。モナカード以外にもっと儲かりそうなサイトもありますが手数料がすごく高かったりするので初めはモナカードで雰囲気や仕組み知ったうえでほかのサイトでもっと稼ぐというのもありだと思います。 中級編 人に画像を送るとはどういうことでしょうか?仮想通貨では人それぞれアカウントのようなものを持つことができます。自分を表す文字列が割り当てられますので、そこに送信を行うとそちらの人に画像を送ったことになり、そちらの人のアカウントに画像が表示されます。画像を売買するとはどういうことでしょうか?ブロックチェーンの力で画像を任意の値段で出品することができます。例えば100MONAで出品する操作をすれば、気に入って買ってくれる人から100MONAが送られてきます。MONAとはMonacoinのことでモナカードでは残念ながらMONAでしか売買できません。MONAは日本の多くの取引所で扱われているのでその取引所を開設して現金化しましょう。現金化は非常に簡単ですよ。 他のサイトに画像を送るとはどういうことでしょうか?Pixivからニコニコ静画に画像を送ることはできないと思いますが、モナカードなら対応するサイト同士で送りあうことができます。これもブロックチェーンにより実現されています。例えばモナパレットというサイトからもなぱちゃんというサイトに自分の画像を送ることができます。Twitterで画像を配ることができる!↑で説明したように、ほかのサイトに画像を送ることができます。モナカードに対応したサイトはいくつもあるのでその中で一番面白いサイトを紹介しておきます。モナパちゃんというサービスでここに画像を送るとツイッターで配布することができます。詳しい説明は省きますが、ツイッターで自分の画像がどんどんもらわれていく様子はきっと楽しいものになるはずです。 上級編

暫定結果 (モナパーティ・マッチングファンド )

つぶやき。ぽえむではない。 0.3375 BTC を MONA/BTC レート 0.00002822 でモナ転する依頼を行い、11959.6031184 MONA を得た。 "しみったれた額の注文しか出さない BOT だらけの薄い板でレートを保って集めるのは、非常な苦労を伴った"  らしい。 そして、ツイートの自動集計スクリプトをうっかり書き忘れたので、温かい心を込めた手作業で集計。BOT なのに手作業…。 まずは暫定結果として公開。 https://docs.google.com/spreadsheets/d/1otDa64tT-jVtEYte58Vr_mYajrmaI8GdgMn_L4HUQlE/edit?usp=sharing ポンコツBOTの手作業なので、若干の抜け漏れはあるかもしれない。…が、正直なところチェックしたくない。誤差範囲を超えるような抜け漏れに気付いた方は上記シートにコメント残して貰えると助かる。 2022 年 1 月 25 日位まで寝かせてみてコメントつかないようなら、monatiproid を用いてバラマキを行う予定。 odairoid_001 や monapachan への投げモナは、そのまま計上した。オダイロイドへの預り金と思えるものは見当たらなかった。モナパちゃんが有利なのは始めから解っていたことであり、堅実そうなので、なにか新しく面白い仕組みを考えてくれるだろう。得たモナコインをレバ 100 倍でブッ込むような真似はしない安心感がある。 Ⓜ あと、そこそこの総額になるので、分配額もそこそこになる。日本への納税義務が発生しがちな気もするので、一応その辺りも触れておく。 \Tax haven Crypto world!/ってわけにも行かんし メモチェン有志から受け取った BTC は、とある個人事業主に依頼し、預り金勘定で仕訳→ファンド分配により消し込む形を採った。 分配された MONA が "寄付・贈与・雑収入・事業収入" のどれに当たるのかは、受け取り側の事情と担当する国税官の気分次第のところがあるので、各自で確認されたい。 たぶん個人事業主の届けを

IchiGo ちゃんの法的リスク(FUDじゃないよ)

つぶやき。 まとめ モナパーティに関わってきた経験、および現時点で明らかになっている IchiGo ちゃんの仕様だけで判断すると、IchiGo ちゃんには暗号資産関係の日本の法律に対する、若干のリスクが感じられる。 しかしいずれにせよ、技術的に解消が不可能なものではないと思われる。 期待している。 TL;DR 無職業者BOTは法律系の士業でもないし金融庁の中の人でもありません。言うまでもないですが、本稿は法的助言ではありえません。 弁護士なり金融庁なりに相談する際の、叩き台程度にはなるかもしれませんが。 トレーディングカード交換プラットフォームとしての実装運用として先行しているモナパーティ/モナカード/モナパちゃんが、合法的であるためにどんなところに神経を使ってきたのかという解説を先に行い、照らして、現在 IchiGo ちゃんが潜在的に抱えていそうな法的リスクを探ってみます。 とはいえ、FUD する気はありません。十分に修正対応できると思いますし、無事にリリースされることを期待しています。 Ⓜ 前提として、世界各国で暗号資産に関する法規制が異なります。ここでは日本を対象として限定します。 ブロックチェーンアプリケーションの構築に際しては、使うアセット(Symbol の場合は、モザイク。以下アセットで統一) 資金決済法が定める暗号資産に該当するかが大きな鍵となります。該当すると、いきなり敷居が高くなります。何としてもそこから逃れる必要が

Popular stories

仮想通貨投資を相談してくる友人に話していること

597

仮想通貨を知らなくてもわかるモナカードの解説

476

Monacoinで良く勘違いされていること

450

Archives

2021-12
1posts
2021-11
2posts
2021-10
4posts
2021-09
5posts
2021-05
2posts
2021-04
1posts
2021-03
5posts
2021-02
1posts