なちゃっと

なちゃっと

@2112

(;;)

フォローしているユーザーはまだいません

Monacoinで良く勘違いされていること

Twitterなどで見られるMonacoin関連で勘違いされている知識の正誤を書いておこうと思います。Bitcoinでも被る知識もあると思います。投資をおすすめするわけではありません。 ・マイニングの計算力が足りないから承認できるトランザクション数が少ない→1ブロック当たりで承認できるトランザクション(容量)は決まっていますので計算力とは関係ありません。そもそもトランザクションが正しいかどうか検証するのに計算力はほとんど必要ありません。 ・開発が止まっている→Monacoinは基本的にLitecoin(Bitcoin)をベースに特有のパラメーターや機能を加え独自の進化をしたコインです。一部特別な機能もありますが積極的に独自の機能を作るということはやっていません。保守に関しては、ありがたいことにLitecoinやBitcoinに問題が起きると追従して修正されています。それ以外のバージョンアップについても同様です。そのため今のところ開発が止まっているということはありません。 ・51%攻撃を受ける可能性がある→マイニングできるコインはすべて51%攻撃を受ける可能性があります。そういう意味ではMonacoinが51%攻撃を受ける可能性はあるでしょう。残念ながら過去にそういった攻撃をうけたことがあります。しかし現在は幸運にもASICが普及し同じアルゴリズムを持つ競合の心配がなくなったことで過去に受けた方法での51%攻撃をすることは極めて困難になりました。※過去に受けた攻撃が51%攻撃か似た手法の別の攻撃かは定かではありません。 ・昔は1円以下で購入できた→Monacoinは始まってすぐに3円程度のアマゾンギフト券などで取引され1円以下のような取引は個別のレアケースを除いてほとんどありませんでした。開始直後から比較的高値で取引されていた通貨だと言えます。 ・ひろゆきがマネーロンダリングするために開発された→今ではこんなこと言っている方はいませんが、2014年頃は本気で言っている方がいて面白かったです。ちなみにひろゆき氏はもらったMonacoin全部なくしたそうです。 現在のMonacoinは使用上の問題はなく安定して使える仮想通貨だと評価することができます。以上です。

IchiGo ちゃんの法的リスク(FUDじゃないよ)

つぶやき。 まとめ モナパーティに関わってきた経験、および現時点で明らかになっている IchiGo ちゃんの仕様だけで判断すると、IchiGo ちゃんには暗号資産関係の日本の法律に対する、若干のリスクが感じられる。 しかしいずれにせよ、技術的に解消が不可能なものではないと思われる。 期待している。 TL;DR 無職業者BOTは法律系の士業でもないし金融庁の中の人でもありません。言うまでもないですが、本稿は法的助言ではありえません。 弁護士なり金融庁なりに相談する際の、叩き台程度にはなるかもしれませんが。 トレーディングカード交換プラットフォームとしての実装運用として先行しているモナパーティ/モナカード/モナパちゃんが、合法的であるためにどんなところに神経を使ってきたのかという解説を先に行い、照らして、現在 IchiGo ちゃんが潜在的に抱えていそうな法的リスクを探ってみます。 とはいえ、FUD する気はありません。十分に修正対応できると思いますし、無事にリリースされることを期待しています。 Ⓜ 前提として、世界各国で暗号資産に関する法規制が異なります。ここでは日本を対象として限定します。 ブロックチェーンアプリケーションの構築に際しては、使うアセット(Symbol の場合は、モザイク。以下アセットで統一) 資金決済法が定める暗号資産に該当するかが大きな鍵となります。該当すると、いきなり敷居が高くなります。何としてもそこから逃れる必要が

このクリエイターの人気記事

Monacoinで良く勘違いされていること

259

アーカイブ

2021-02月
1記事