なちゃっと

なちゃっと

@2112

(;;)

No one you following yet

イラストレーターがモナカードを始たら良いかもしれない理由

モナカードについての説明記事は多いですが、何が目的でモナカードを始めることになるのか?というがないのかなと思ったので解説してみます。今回はイラストレーターさんの立場で魅力を解説します。 みんなにもらってもらえる楽しい!モナパちゃんというTwitterでの配布を自動で行ってくれるアプリケーションの助けを借りれば自分の作ったカードをみんなに配れます。みんなが喜んでもらっていく様子を見るのは楽しいものです。もちろん直接送りあうこともできます。自分のイラストを物のように送れるって何か面白くないですか? 小遣いを稼げる!モナカードを支えるシステムには自動販売機能があります。例えば1MONA払われるとカードを自動で送るという設定ができます。1MONA~10MONA(1MONAは約200円)くらいなら、まあまあ売れますので売る枚数によりますがうまくいけば数千円~数万円くらいの小遣い稼ぎになります。今までTwitterやPixivなどで披露していた絵がプラスでちょっとしたお金になるっていうのは結構うれしくないですか? カードとして記憶に残るイラストに限らず作品は出来たときはみんなに見てもらったりチヤホヤしてもらえますが、時間がたてばだんだん忘れられていきます。素晴らしいイラストが次々に消費されていくのは寂しいなと思うところがありますが、カードにしてみんなに売ったりあげたりすれば仮想ではありますが、作品の寿命を延ばすことができるのではないかな?と思います。 自分はイラストレーターではないのですが、開発者の立場から想像して書いてみました。今回の記事では仕組みや使い方は解説していないので知りたい場合は別途ググってください。気になったらまずはモナパちゃんがTwitterで配布してる気になるカードにリプしてもらってみたりしたら良いかもですね。

モナカードのTwitter紐づけ機能解説

いまいち何の機能なのか伝わってないようなので解説します。 機能Twitterとモナカードを紐づける機能です。詳しくは後述します。 設定方法card.mona.jpのアカウントページで該当の設定にチェックするだけです。https://card.mona.jp/account 詳細①「別アプリでの登録カードもTwitterと紐づける」とは?このチェックを入れた後にモナパレットでカードを登録または再登録すると、card.mona.jpとモナパレットのアドレスが同一の時に自動でTwitterアカウントと紐づけされ登録されます。今までモナパレットで登録した場合はTwitterアカウント欄が空欄になっていましたが、この機能を使えば付与できるようになります。 ②「カードの保有情報をTwitterと紐づける」とは?カードホルダーのページに自分の名前を表示させることができます。また、自分の保有しているカードの公開ページにも自分の名前を載せることができます。実装の理由①については、モナパレットだけを使いたくてもTwitter名を入力したいためcard.mona.jpから登録していた人の手間を減らしたかったのと、将来的にモナカードが自分の手から離れたときになりすましを防ぐ役割を果たせるように用意しました。②についてはOpenSeaに保有者のアカウント名が表示されていて、所有欲を満たすのによいなと思ったのでパクって導入しました。

モナカード VS Ethereum NFT画像

モナカードを使うかEthereumを使うかどっちが良いでしょうか? 手数料手数料はモナカードがただ同然なのと比較してEthereumだと数千円~万円レベルでかかってしまうので金銭的な気軽さは全く異なります。ここが大きな違いの一つですね。 エクスプローラーやウォレットどちらも使いやすいものがそろっていますが、トークンのという意味であればEthereumの方が圧倒的に良い環境だと思います。NFT画像のという意味ではそこまで大きな差はないように感じます。 永続性どれだけ長い期間プラットフォームを維持できるかは重要です。永続性を評価するにはトークン、画像、プラットフォームの寿命を考える必要があります。寿命の長さはトークン>画像>プラットフォームとなりますので、まずはプラットフォームの寿命を考える必要があります。永続性はEthereumのシステムの方が圧倒的に優位のような感覚がありますが、プラットフォームの寿命を考えると単純に比較するのが難しいです。プラットフォームが終了することは今までもありましたし、今後も普通に起きると思います。そうなったらトークンに永続性があってもほぼ意味がないですね。したがってどちらの方が永続性があるかは評価しにくいです。ただし現在はモナカードがimgurを採用しているのでそこが気になる方にはデメリットとなります。 購買力これは圧倒的にEthereumの方が高いですね。数億円レベルのNFTも売れていたりして資金力が比較になりません。モナカードも数万円くらいなら稼いでいるユーザーの方もいるので全くお金にならないということはないのですが、一攫千金を夢見たりNFTを仕事にしようと思ったらEthereum一択という感じです。 NFTを使った遊びや配布などEthereumだと何か遊びはあるのでしょうか?例えば自動で配布したりガチャがあったり、交換したり。ここら辺は勉強不足なのでEthereum側のことはわかってないのですが、モナカードには遊びを提供しているサービスがあるのでそういった機能を使いたい場合はモナカードを選択する動機になりそうです ユーザー数Ethereumは全世界で使われていますがモナカードだと日本の限定的なコミニティがメインになってしまいます。コミニティが見渡せる範囲だといいうのは居心地がよいものですが、世界に羽ばたきたい場合はEthereumの方が圧倒的に優位ですね。 どちらを使うべきか?天下のEthereumのNFTと比較するのはおこがましいような気もしてしまいますが、比較してみるとモナカードを使う方が良い場合というのも結構ありそうです。モナカードは手数料が安く手軽に発行できることや楽しく使えるサービスがあることが魅力だと思います。モナカードはマルチポストを許可しているので、Ethereumのプラットフォームの方でも可能であれば両方に投稿して比較してみると良いかもしれません。何か間違いがあれば

Monacard2.0計画

Monacardをアップデートして大きく仕組みを変えようと思います。ユーザー、開発者の意見によっては中止する可能性もあります。細かい仕様はMonapartyが更新されたのち動きを見ながら決定します。時期MonapartyがIPFSに対応したのち状況を見極めてからになります。 目的1. card.mona.jpが終了した場合にMonacardの情報が消失するリスクをなくす。2. IPFSへの画像アップロードを促し、画像が消失するリスクを減らす。 仕様card.mona.jpでのカード登録機能を廃止し、Monapartyアセットのいずれかの部分(Descriptionなど)に現在のMonacardに登録しているのと同じ情報をJSONとして書き込んでもらいます。imgurの部分だけはIPFSに関連する情報に変更になります。このJSONの形式をモナカードプロトコルと呼ぶことにします。しばらくはcard.mona.jpだけで十分かもしれませんが、モナカードプロトコルを参照するシステムはだれでも作ることができます。card.mona.jpの役割今まで通りエクスプローラーや保有カードの表示機能を維持します。APIはアセットのJSONから取得したものを今まで通り表示します。card.mona.jpは情報の橋渡しをするサイトになります。また、Monacard2.0で不便が生じた場合支援する機能を作成します。例えば、JSONを打つのは面倒ですので作成を支援するページなどを必要に応じて作成します。 互換性APIを使用しているサイトが何も対応しなくても問題が生じないように配慮したいと考えてます。今までのMonacardとMonacard2.0をラップする形でAPIが情報を提供します。現在imgur_urlのパラメーターで配信している部分にブラウザが直接参照できるURLを代わりに入力することを考えています。APIにはバージョン情報など新しいパラメーターが追加される可能性があります。登録機能に関してもしばらくは併存させる可能性があります。心配事imgurのように画像のサイズが自動で生成されないので、そこら辺をどうクリアすべきか考えています。Monacardの進捗LEVEL1: アセットと画像を結びつけることができるLEVEL2: Monacardで遊ぶユーザーがいるいまここ→LEVEL3: Monacard周辺のサービスが整うLEVEL4: Monacard2.0LEVEL5: 多くの日本のイラストレーターがMonacardの作成を検討するLEVEL6: 多くの世界のイラストレーターがMonacardの作成を検討する

Monapartyのアービトラージで稼いでみた

まだ完了していませんが1回転で資産3倍ですw 前知識トークンをMONA建てで自動販売するDispenserという機能がありますトークンを主にXMP建てで販売するDEXという機能があります アビトラの流れDispencerでXMPを500XMP/MONAで出品したところボチボチ売れています。XMPの在庫がなくなったらDEXで1500XMP/MONA(NA)で仕入れて売れば資産3倍になります。実際にさきほど14MONAで19000XMPを購入しました。これが今まで通りに売れれば約38MONAになるので 38-14 = 24MONA の利益で日本円換算すると5000円くらいの利益になります。 落とし穴実はDEXではMONAを使うことはできませんそのためMONAをEthereumで言うところのWBTCみたいのに変換する必要があります。また、自動販売機能にもくせがあります。Monaparty関連のサービスを使い慣れてる人なら大丈夫ですが、ある程度複雑な操作が必要になるので安易に稼ごうとするとGOXして大損すると思います。そのため、詳しい操作方法は記載しません。使い慣れてる人はすぐに理解できると思います。美味しい情報を公開した理由アビトラは参加者が増えればうまみがどんどんなくなっていきますが、流動性が増えたり価格差が埋まることで利用者にはプラスに働きますのでそれを期待してます。あとまさかMonapartyでアビトラできるなんて面白いなと思ったので書いてみました。

仮想通貨投資を相談してくる友人に話していること

ここ最近友人に仮想通貨投資について説明する機会が多くなってきました。その時話している内容をここにも残しておこうと思います。 話している内容は主に以下の3つです。・みえないコスト・投資ではなく商品の購入・情報収集が困難な現状 みえないコスト仮想通貨投資は基本的にゼロサムゲームですので自分が損した時は必ず誰かが得をしています。例えば手数料、スプレッド、価格差などのコストを支払ったうえで投資を行っていることを自覚する必要があります。ランダムに取引を続けるとこのコストで資産が減り続けます。特に日本の販売所は手数料が異常に高く、手数料だけで資産を大幅に減らすことが簡単にできてしまいます。 投資ではなく商品の購入間接的に販売会社や発行者から購入している銘柄が多くあります。このような銘柄はまずは発行者が一方的に利益を得ています。値動きがあるので投資だと錯覚してしまいますが実質的に商品の購入です。例えば、投資した方のお金の50%が発行者の売り上げになるとすると、残り50%を投資家で奪い合う形になります。かなり分の悪い投資だとわかります。ICOなどでも同じことが言えます。アフェリエイト報酬などはだれが負担しているかというともちろんその銘柄の購入者です。 情報収集が困難な現状人というのは面白いもので一度決めたことは正当化しようとする心理が働きます。例えばXXXコインを購入した人は有利な情報探し、不利な情報を無視する傾向にあります。さらにXXXコイン購入者はグループを作り都合の良い情報だけを共有するようになり拡散されるようになります。仮想通貨投資を始めようとしている方はこの情報を最初に目にする可能性が高く、正しい情報に触れることが困難です。 以上の理由で友人には仮想通貨投資は全くおすすめできないと言っています。昔は1BTC買っておくくらいがいいよって言っていましたが最近は値上がりペースが速すぎて調整がどの程度発生するか予想できないのでおすすめしてません。誤解のないように書いておくと、今でも仮想通貨投資はめちゃめちゃ稼ぎやすい部類であると考えています。市場のゆがみが大きいので稼ぎやすいですが、逆に言えば初心者の方はこのゆがみにより無駄なコストを支払っています。

Symbolの(N)FTカードシステム構築の検討

まずSymbolがそもそも(N)FTカードを作ることのできる仕様か調べてみました。私が構築することはありませんが、興味のある方は参考にしてみてください。質問なども受け付けます。@nachat_dayo・整数のモザイクを発行できるか?→〇可能・モザイクの永続性→〇期限なし設定可能・手数料→動的、実際どのくらいになるか調べられなかった・DEX→△ないがクロスチェーンスワップの応用で似たことはできるかもしれない・トークンを識別できるか→✖厳密なNFTではない厳密なNFTではないもののカードシステムを構築することは可能だとわかりました。NEM時代にネックとなっていたモザイクの有効期間を「なし」に設定できるように仕様が変更された?ようです。 カードシステムを作れることがわかったので次にどのように実装するか考えてみます。画像データとモザイクを結びつけるのにSymbolのシステム内で完結させるのか、もしくは外部でアカウント署名を行って結びつけるのか二つの選択肢が通常はありますが、Symbolにはモザイクに任意の文字列を書き込むプロパティがないので必然的に外部で署名を行って管理するシステムとなります。外部のサイトでは、まずは署名を登録してもらってそのアカウントのモザイクの発行者が自分だということを証明してもらいます。アカウントを証明してもらったら次はモザイクに対して拡張情報を登録してもらいます。ここに登録する情報はSymbolチェーンからは切り離されており、自分のでデータベースに登録することになるので永続性に問題があります。バックアップサーバーなど複数用意しておくことで全ロスを防ぐことができます。登録する情報はカード名や登録画像、説明などです。ここにTwitterログインなどと連携しTwitter名を自動的に登録するようにすればなりすましの登録が防げますが、Twitterを持っていない人などに使いにくくなってしまうデメリットがあります。登録する画像データはIPFS、自前のサーバー、imugurなど候補はありますが費用や使いやすさ、永続性などメリットデメリットがあるので難しいところです。イーサリアムのとあるプロジェクトはIPFSを使ってるようです。Monacardはimgurを使っていて今後IPFSに対応するかは検討中のようです。ここまでで画像データとモザイクを結びつけることはできましたが、このままだと誰もカードだと認識してくれません。APIを公開すればいろんなサービスでそのモザイクがカードとして表示されるのでユーザーもカードだと錯覚するようになります。APIにはモザイクとカードの結びつきをリスト表示するものや、各カードの詳細情報を引けるようにしておくと理想です。また登録APIを公開すれば第三者がウォレットにカードシステムを組み込む可能性も出てきます。APIだけではなくて自前でカードのエクスプローラーを用意しておくのもカードとして認識してもらうためには必

Monacardという(N)FTの現状と理想

Monacardとはすごく雑に言うと今流行ってるイーサリアム上で売買されているイラストみたいなものです。Monacoinチェーン上に構築されたトークン管理システム→Monaparty。Monapartyトークンと画像を結びつけるシステム→Monacard。 現状2018年くらいから開始され現在まで2246枚のMonacardが発行されています。コアなファンが収集など行っており、リアルタイムで熱心に集めている方は50名程度で緩く集めている方はその何倍かいると推測しています。イーサリアム上のものと比べて規模は遥かに小さいですが、イラストレーターが投稿したりユーザーが収集し楽しんでいる様子を頻繁に観察できるのでプロジェクトとしては当初想定したよりもうまく行っているという認識です。Monacard自体はただ画像を結びつけるだけシステムなので正直言ってあまり面白くありません。しかし、3rdパーティー製のアプリケーションが優秀で実際はこちら側のおかげでMonacardが楽しく使われていると考えています。例えば自分が持っているMonacardを表示・送受信できるウォレット、DEX機能、自動販売機能、Twitterでの自動配布システム、Twitter上での送受信システム、ガチャ機能(いろんなカードからランダムで購入)、対戦ゲームなど、優秀なアプリケーションがそろっています。なかでもTwitterの配布機能やガチャガチャ機能、販売機能では製作者や収集者が楽しく遊んでいる様子を観察できます。MonacardはAPIを公開しており、3rdパーティー製のアプリケーションが比較的開発しやすくなっています。 理想念のためことわっておきますがMonacardの使い方は完全に自由です。ここから下はユースケースの中の理想的な一例にすぎません。当初の想定にはネットに溢れている素敵なイラストに価値を持たせることで、ただイラストが消費されていくだけではなくてイラストレーターのちょっとした収入になったりユーザーが収集欲を満たすようなシステムができたら良いなというところがありました。価値を持たせるといってもイーサリアム上のNFTのように数百万円とかそういったものは全く想定しておらず、数百円から数千円程度を考えています。例えば素晴らしいイラストを50枚のMonacardとして発行し、一枚当たり1000円で販売することができればイラストレーターは5万円の収入を得ることができ、ファンは1000円で所有欲を満たすことができます。この構図はシンプルですが、現在のユーザーを見ている限りは魅力的になっていると思います。仮に5万円x10件、つまり毎日50万円ほどの発行と売買が行われるほど規模が拡大したと仮定すると月で1500万円ほどのイラストレーターの収入を生み出すことができます。ここから10%である150万円を任意で寄付してもらい、それらを開発者、ノード管理者、3rdパーティーアプリ開発者、エクスプローラー管理者、ウォレット管理者などと分配することで一人当たり20万円

Monacoinで良く勘違いされていること

Twitterなどで見られるMonacoin関連で勘違いされている知識の正誤を書いておこうと思います。Bitcoinでも被る知識もあると思います。投資をおすすめするわけではありません。 ・マイニングの計算力が足りないから承認できるトランザクション数が少ない→1ブロック当たりで承認できるトランザクション(容量)は決まっていますので計算力とは関係ありません。そもそもトランザクションが正しいかどうか検証するのに計算力はほとんど必要ありません。 ・開発が止まっている→Monacoinは基本的にLitecoin(Bitcoin)をベースに特有のパラメーターや機能を加え独自の進化をしたコインです。一部特別な機能もありますが積極的に独自の機能を作るということはやっていません。保守に関しては、ありがたいことにLitecoinやBitcoinに問題が起きると追従して修正されています。それ以外のバージョンアップについても同様です。そのため今のところ開発が止まっているということはありません。 ・51%攻撃を受ける可能性がある→マイニングできるコインはすべて51%攻撃を受ける可能性があります。そういう意味ではMonacoinが51%攻撃を受ける可能性はあるでしょう。残念ながら過去にそういった攻撃をうけたことがあります。しかし現在は幸運にもASICが普及し同じアルゴリズムを持つ競合の心配がなくなったことで過去に受けた方法での51%攻撃をすることは極めて困難になりました。※過去に受けた攻撃が51%攻撃か似た手法の別の攻撃かは定かではありません。 ・昔は1円以下で購入できた→Monacoinは始まってすぐに3円程度のアマゾンギフト券などで取引され1円以下のような取引は個別のレアケースを除いてほとんどありませんでした。開始直後から比較的高値で取引されていた通貨だと言えます。 ・ひろゆきがマネーロンダリングするために開発された→今ではこんなこと言っている方はいませんが、2014年頃は本気で言っている方がいて面白かったです。ちなみにひろゆき氏はもらったMonacoin全部なくしたそうです。 現在のMonacoinは使用上の問題はなく安定して使える仮想通貨だと評価することができます。以上です。

IchiGo ちゃんの法的リスク(FUDじゃないよ)

つぶやき。 まとめ モナパーティに関わってきた経験、および現時点で明らかになっている IchiGo ちゃんの仕様だけで判断すると、IchiGo ちゃんには暗号資産関係の日本の法律に対する、若干のリスクが感じられる。 しかしいずれにせよ、技術的に解消が不可能なものではないと思われる。 期待している。 TL;DR 無職業者BOTは法律系の士業でもないし金融庁の中の人でもありません。言うまでもないですが、本稿は法的助言ではありえません。 弁護士なり金融庁なりに相談する際の、叩き台程度にはなるかもしれませんが。 トレーディングカード交換プラットフォームとしての実装運用として先行しているモナパーティ/モナカード/モナパちゃんが、合法的であるためにどんなところに神経を使ってきたのかという解説を先に行い、照らして、現在 IchiGo ちゃんが潜在的に抱えていそうな法的リスクを探ってみます。 とはいえ、FUD する気はありません。十分に修正対応できると思いますし、無事にリリースされることを期待しています。 Ⓜ 前提として、世界各国で暗号資産に関する法規制が異なります。ここでは日本を対象として限定します。 ブロックチェーンアプリケーションの構築に際しては、使うアセット(Symbol の場合は、モザイク。以下アセットで統一) 資金決済法が定める暗号資産に該当するかが大きな鍵となります。該当すると、いきなり敷居が高くなります。何としてもそこから逃れる必要が

Popular stories

仮想通貨投資を相談してくる友人に話していること

554

Monacoinで良く勘違いされていること

399

Monacardという(N)FTの現状と理想

256

Archives

2021-05
2posts
2021-04
1posts
2021-03
5posts
2021-02
1posts