イラストレーターがモナカードを始たら良いかもしれない理由

モナカードについての説明記事は多いですが、何が目的でモナカードを始めることになるのか?というがないのかなと思ったので解説してみます。今回はイラストレーターさんの立場で魅力を解説します。

みんなにもらってもらえる楽しい!
モナパちゃんというTwitterでの配布を自動で行ってくれるアプリケーションの助けを借りれば自分の作ったカードをみんなに配れます。みんなが喜んでもらっていく様子を見るのは楽しいものです。もちろん直接送りあうこともできます。自分のイラストを物のように送れるって何か面白くないですか?

小遣いを稼げる!
モナカードを支えるシステムには自動販売機能があります。例えば1MONA払われるとカードを自動で送るという設定ができます。1MONA~10MONA(1MONAは約200円)くらいなら、まあまあ売れますので売る枚数によりますがうまくいけば数千円~数万円くらいの小遣い稼ぎになります。今までTwitterやPixivなどで披露していた絵がプラスでちょっとしたお金になるっていうのは結構うれしくないですか?

カードとして記憶に残る
イラストに限らず作品は出来たときはみんなに見てもらったりチヤホヤしてもらえますが、時間がたてばだんだん忘れられていきます。素晴らしいイラストが次々に消費されていくのは寂しいなと思うところがありますが、カードにしてみんなに売ったりあげたりすれば仮想ではありますが、作品の寿命を延ばすことができるのではないかな?と思います。

自分はイラストレーターではないのですが、開発者の立場から想像して書いてみました。今回の記事では仕組みや使い方は解説していないので知りたい場合は別途ググってください。
気になったらまずはモナパちゃんがTwitterで配布してる気になるカードにリプしてもらってみたりしたら良いかもですね。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

仮想通貨投資を相談してくる友人に話していること

559

Monacoinで良く勘違いされていること

408

Monacardという(N)FTの現状と理想

290