金継ぎカード(Kintsugi Card) 購入&設定チュートリアル

金継ぎカード(Kintsugi Card) 購入&設定チュートリアル

【注意(2024/5/4追記)】以下に記載したデモ用のHub(hub.boltbardwalett.com)は2024年7月末で停止するようです。これまでに作成されたウォレット内のsatsは、別のウォレットに移動してください。

公式サイト情報

https://boltcardwallet.com/hub.php)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6/28(水)に開催されたDiamond Hands meet upに参加をしてきました。

仕事の都合で少し遅れて参加をしたのですが、すでにTwitter上では”Kintsugi Card"で遊んでいる?!Yuyaさんたちが。。。

https://twitter.com/ogw_yuya/status/1674006261006991360

会場は毎度おなじみ六本木のTwo Dogs Taproomです。

僕が匿名配送で初めてステッカーを送った赤かぶと(@oidne)さんにもお会いできました!

注目の話題はもっぱらAndGoの原さんがご持参下さった、"金継ぎ(Kintsugi) カード”です。Junstinはtelegramで"Kintetsu"カードと間違えていました(笑)。

金継ぎカードのベースとなるBolt Cardについての詳細はこちらをご覧ください。

原さん曰く、まさしく

DIY自己主権型デビットカード(DIY self-soverign debit card)

ですね。またの名を「グローバルSUICA」。

お店に到着早々に、赤かぶとさんと一緒に1枚ずつ原さんから購入させて頂いたので、早速設定をしてみました。

手に入れた金継ぎカードを使えるようにするためには、管理用の端末(ウォレット)が必要です。現状ではAndroid端末でないと上手くいかないようですので(iOS版のBoltCardWalletも提供始まりました)、以下のものを用意しました。

用意したもの

  • 金継ぎカード(Bolt Card) ※AndGoの原さんから購入
  • Androidスマホ(Galaxy A7)※昔、楽天モバイル契約した時に1円で貰ったスマホ
  • iPhone ※Wallet of Satoshiで入金(チャージ)およびPOS(Point of Sale)モードでNFCの動作確認

セットアップの詳細は、本家ウェブサイトのチュートリアル動画(英語)を見ていただけると分かります。

本家Bolt Card Walletウェブサイト

ここでは、簡単に順を追って日本語で説明していきます。

1. Androidスマホにウォレットをインストールする。

上記の本家サイトにアクセスして、[Android]ロゴを選択し、Bolt Card Walletをインストールします(Google Playストアから検索しても構いません)。

デバイス内の写真、メディア、ファイルへのアクセスを「Bolt Card Wallet」に許可しますか?と聞かれるので、許可を押します。

2. ウォレットを作成する。

アプリのインストールが終わって画面が表示されたら、[Add now]を選択して、新しいウォレットを作成します。

ウォレットを作成すると、スマホが壊れたり失くした時のための復旧用QRコードとキーが表示されます。この画面はセキュリティ上スクリーンキャプチャが出来ません(下の写真は別のスマホから撮りました)。

「OK, I have saved it」(OK 保存したよ)を押します。

ウォレットに名前をつけ、[Connect to your Bolt Card Hub]欄には、

https://hub.boltcardwallet.com

と入力して、[Create]を押します。(2024/5/4追記:上記Hubは2024年7月で停止されます。)

Blue Walletを使っていた方にはおなじみの画面ですね。僕の環境では最初日本円表示でした。金額部分をタップすると、日本円→BTC→sats→と表示を切り替えることができます。

3. 入金(チャージ)

画面下のReceiveを押して、入金(チャージ)しましょう。ここではチュートリアル動画と同額の10,000satsを入金します。以下のような画面が表示される場合がありますが、自信を持って「YES, I HAVE」と答えてください。

10,000satsと入力してインボイスを発行します。

別のウォレットから10,000satsを送ってください。僕はiPhoneのWallet of Satoshi (WoS)から送金しました。

4. 金継ぎカード(Bolt Card)と連携する

ここまでくればあと一息です。画面上部に表示されている[Connect Bolt Card]をタッチします。Alertが表示されますが、そのままOKを押します。

以下の画面が表示されたら、[Advanced▼]を押して開いて、

「Enable Private UID (Hides card UID. One-way operation, can't undo)」にチェックを入れます。

この状態で、Androidスマホの裏に金継ぎカードを当てると、連携が完了です!Yay!

【注意】アプリをインストールしてすぐにここまでの作業を行なったら、以下のような表示がされてNFCが認識されませんでした。

この場合、一度androidを再起動して、再度Bolt Card Walletを立ち上げ直して、正しく認識されました。

5. Wallet of Satoshiで動作確認

それでは、実際に金継ぎカードが利用できるか試してみましょう。iPhoneのWallet of Satoshi (WoS)を開いて、右上のハンバーガーボタンからメニューを開き、[Point of Sale]を開きます。

金額を入力して、緑色のボタンを押します。

画面に表示された[Scan NFC]を押します。

スキャンの準備ができたら、金継ぎカードをiPhoneの背面に近づければOK!

同じタイミングで、androidスマホのウォレットからも引き落としが完了!

6. まとめ

今回は、公式チュートリアルにそって、(おそらく)最も手早く簡単に金継ぎカードを使える様にする手順を説明しました。

完全な形で”DIY自己主権型デビットカード”を実現するには、Bolt Card Serviceサーバーを自前でたてる必要があるため、少しハードルが高いですが、僕も時間見つけて挑戦してみたいと思います。

AndGoの原さん、Kojiさん、ありがとうございました。

7. 追伸

この記事を読まれて、「俺も金継ぎカード欲しい!」と思った方もいらっしゃるかもしれません。明日、Kojiさんと会って、何枚か金継ぎカードを預かってくる予定です。近日中に、匿名配送ライトニングショップ(https://btcln.shop/)で販売をしたいと思います。乞うご期待!

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

btc hodler

Share

Popular stories

ビットコイン支払いで美味しいお酒を飲もう。銀座 クリプトバーでLN決済がスタート!

644

銀座のクリプトバーでLN決済用umbrelを組み立てる【CryptoBar P2P】

629

初心者向けビットコイン購入方法その1(JPYC購入まで)

470