【和訳】SLP411 k3tan Why Raspberry Pi Bitcoin Nodes are Bad【ラズパイノード運用の限界についての考察】

【和訳】SLP411 k3tan Why Raspberry Pi Bitcoin Nodes are Bad【ラズパイノード運用の限界についての考察】

【元音声】
https://stephanlivera.com/episode/411/

※Otter+DeepLにかけたものです。欠落補正等ざっと清書していますが変なところがあったらすみません。

コアな内容ではあるけれど、ラズパイ運用の先を考えておく意味では割と有意義だったので残しておきます。(既に神々が試行錯誤されてる)
最後のセルフホスティングは金銭的資産に限らず、最近よく化粧された話がなされるデータの自己所有全般に当てはまる話。

【目次】
・Raspberry Piの信頼性・性能と他の選択肢の比較
・代わりに使えるもの
・コスト
・ビットコインノードパッケージ
・Electrumサーバーの比較
・HDDとSSDの要件
・ビットコインと非ビットコインアプリの切り分け
・セルフホスティング

Stephan Livera 
こんにちは、ステファン・ラヴェラのポッドキャストへようこそ!この番組はビットコインとオーストリア経済についてのものです。Baltic Honeybadgerから戻ってきたところですが、素晴らしい時間を過ごしました。その直前には、オースティンでビットブロックブームという素晴らしいカンファレンスに参加してきました。今日は友人のK3tan(https://twitter.com/_k3tan)と一緒に、Raspberry Piのビットコインノードがなぜダメなのかについて話しています。
以前、私はビットコインノードの運用方法について宣伝したことがありますが、今回はその理由と、ある状況が変化し、パフォーマンスや信頼性、その他の考慮事項にもっと焦点を当てるべきという様々な要因について話しています。
ースポンサー紹介中略ー
K3tanと一緒に番組に出よう。K3tan、番組へようこそ。

K3tan 2:59
ありがとうございます。お招きいただきありがとうございます。

Stephan Livera 3:01
Baltic Honeybadger のHodl Hodlのステージで君の話をしたね。WarrenがステージでRaspberry Piのノードをいくつか攻撃しているときに、ちょっと席を外してしまったんです。
そのとき私は、「ああ、仲間のK3tanだ」と思いました。彼もまた、Raspberry Piのビットコインノードに対して非常に弱気なんです。それで、今こそこの話をしようと思ったんです。もちろん、あなたと私はビットコインノードについて話したことがあります。あなたはこのことについてコンテンツを作り、私はこのことについてコンテンツを作りました。私たちはそれを発表してきました。しかし、そろそろ再考する時期かもしれません。でも、あなたの見解も聞いてみましょう。
では、なぜRaspberry Piはノードなのでしょうか?なぜクソなのか?

K3tan 3:39
さて、ではなぜRaspberry Piが少なくとも2022年のビットコインノードに最適でないと私が考えるのか、その背景を描いてみますね。
Raspberry Piが発売された当初は、35ドルの安いコンピュータとして売り出され、子供がプログラミングを学んだり、ちょっとしたプロジェクトをしたり、ハックしまくったりするためのものでした。ビットコイナーが証明したかったのは、ビットコインノードを動かすのに必要なシステムリソースがいかに少ないか、ということだと思うんです。そうすると、誰でもアクセスできるということになります。そのため、誰もが自分の支払いを確認したり、誰かのメモに検閲されることなくビットコインネットワークにトランザクションを流すことができるなど、ある程度分散化されていましたね。巨大なサーバーも、巨万の富も必要なく、35ポンドの安いRaspberry Piで、誰もが比較的手頃な方法でこれを実現できたのは、素晴らしいことだったと思います。これは今でも同じだと思います。

しかし、もっといい方法があると思うのです。そして、2022年になると、次のような願いがあります。すべてRaspberry Piのティーチングです。8ギガバイトのRAMを搭載した Raspberry Pi 4のようなものを eBayで見てみました。ケースやマイクロSDカードなどの周辺機器もついて、オーストラリアドルで3ドルから400ドルくらいでしょうか。これには1テラバイトのSSDは含まれていません。これはブロックチェーンを保存するために、ブロックチェーンを動かすのにも必要です。このように、ブロックチェーンは大きく変化しているのです。今後、それがプラスに転じるかマイナスに転じるかは、誰にもわかりませんよね。復活してくれることを願っています。でも、現時点では、深刻な品不足に陥っています。Twitterで私に「オーストラリアでRaspberry Piが買える場所を知らないか」とメッセージしてくる人がいますが、私は全然知らないよ。だから、みんな本当に、桁外れな値段を付けられるか、見つからないかのどちらかなんです。在庫がないのです。これが、2022年におけるRaspberry Piのハードルの1つで、数が足りないということです。

また、入手のしやすさとは別に、信頼性への懸念もあります。Raspberry Piのプロセッサの速度はかなり遅く、ポンコツで、IBDをダウンロードするのに2週間かかった人を知っています。チェーンは明確に毎日10分ごとに成長しています。そのため、チェーンの先端に同期するのにどんどん時間がかかっています。RAMもボトルネックになりつつあります。システムリソース、例えばElectrumサーバーは、その時点でインデックスを作成する必要があるため、RAMが使用され、時には非常に遅く、つらい思いをすることがあります。これを軽減する方法はもちろんありますが、それにはもう少し技術的な知識が必要です。あとは、Raspberry PiからSSDに差し込むUSBケーブルの問題がありますが、あれはちょっと脆いです。電源の問題では、Raspberry Piに十分な電圧を供給するための適切な電源がなく、電圧漏れを起こしている人を知っています。そうすると、しばらくするとキックアウトして、認識しなくなったり、パワー不足になったりするんです。

そして、オーバーヒートの問題もある。ヒートシンクを付けない人もいますしヒートシンクを付けないとか ファンを使ってRaspberry Piを冷やさないとか。2週間かけてブロックチェーンをダウンロードした3日後に、オーバーヒートしたために全体が勝手に切断されてしまうのです。このように、私が見ている課題には、このようなものがあります。このように千差万別であり、中には本当に楽しい時間を過ごす人もいます。例えば、私が2020年の5月に行ったノートのビデオシリーズを見ると、とても簡単でした。あれは、私にとっては、本当に、本当にうまくいった風でした。
しかし、サポートチャンネルのテレグラムチャットをチェックすると、人々がどのような質問をし、どのような問題に直面しているかを見ることができます。という感じです。長期的に見れば、素晴らしい時間を過ごしている人たちもいるわけです。まだわかりません。2年、3年と様子を見ましょう。そのビットコインノードの成果はどうだったのでしょうか?そして、楽しむには何か他のものが必要かもしれないという結論に達するかもしれないと思います。

Stephan 8:39
ええ、それはとてもいい指摘ですね。また、現実には、単にセットアップを行うだけではありません。その運用を長期にわたって維持・管理することが重要なのです。最初のダウンロード同期を行うのは比較的簡単ですが、Raspberry Piではそれさえも少し時間がかかります。でも、あなたのおっしゃる通り、コミュニティは、AWSや大手仮想サービス上でホストされているshit coinを見て、この考えに立ち戻ろうとしています。
一方、私たちビットコインは、Raspberry Piでそれを実現することができます。それが当時の主張の一部だったのかもしれません。でも、欧米の人たちはもっといい選択肢を持っているのではないかという懸念もあります。とにかく、コストの階級を無視するように、例えば、他の分野でもっと戦果を挙げている信頼性の高い選択肢があるかもしれません。これは、Warren Togamiが講演で言いたかったことでもあるのですが、セキュリティの観点から、Raspberry PiのOSはそれほど頻繁にアップデートされないかもしれない、ということなんです。

Togamiさんは、「ThinkPadを買えばいいじゃないか、ネットで買えるんだから」とおっしゃっていました。そして、これは私も経験したことですが、ThinkPadは100ドル程度で買えますし、SSDも100ドル程度で購入できます。現実には、正味のところ、蓋を開けてみればいずれにせよコスト面ではほぼ同じ球場になります。また、ThinkPadはビジネスの世界で試されている製品でもありますね。ThinkPadは、典型的なラップトップや各地を飛び回るビジネスマンのノートPCのようなものです。これはほんの一例です。[―]。もちろん、皆さんの大好きなDell OptiPlexもあります。では、そのほかの選択肢についてお話ししましょう。Raspberry Piを撃つとして、その代わりは何でしょうか? 

K3tan 10:30
そのことですよね。何かを狙い撃つとき、問題を発見したときは、必ず解決策も提供しなければなりません。私はそれに熱中しています。代わりに使えるのは、かなり費用対効果の高い、安い再生品のPCだと思うんです。DellにはOptiplexシリーズがあり、素晴らしい製品です。HPにはEliteDesk、LenovoにはThinkCentreがあり、どのブランドを支持するかによって、素晴らしい選択肢があります。しかし、DellのOptiplexのような製品をお探しの場合は、こちらをご覧ください。YouTubeのストリームをご覧の皆さんは、これを見ることができますが、オーディオでは、基本的に私の手の大きさをご覧ください。かなり小さいですし、重くもありません。これを持って旅行することもできます。Raspberry Piとそれほど変わりませんし、これはDell Optiplexの超小型フォームファクターで、ケースに入っているようなものですね?これらはより多くの付与を持つ合理的なオプションだと思います。 [―11:29]。i5プロセッサを搭載し、8ギガバイトのRAMを搭載し、SSDはケースの中に入っています。だから、脆いUSBケーブルが取り巻くこともありません。すべてこのケースの中に入っていて、あとはネットワークケーブルを入れて、電源を入れるだけです。これで仕事は終わりです。これでずいぶんすっきりしました。Raspberry Piと比べてもそれほど大きくはありません。そうですね、確かに大きいですが、それほど悪くはありません。 

Stephan 12:01
信頼性についてもそうですが、例えばあなたが持っているOptiplexとRaspberry Pi 4のコンピュータパワーの違いについて概説していただけませんか。 

K3tan 12:09
1.2ギガヘルツのi5プロセッサーに、8ギガのRAMを持っておりタイムスケール的には十分なんですが、処理能力は向上すると思います。接続の方が気になりますね。ハードディスクとマザーボードをSATAで直接接続できるのに対して、USBは脆いのです。だから、私たちは、そのようなアプローチは好きではありません。処理速度も、2週間で12時間というのは、かなり違いますね。ブロックチェーンの最初のダウンロードが2週間なのに対して、12時間です。 

Stephan 12:46
そうです。つまり、処理能力が圧倒的に優れていて、しかも安く手に入るということです。Optiplexを使いたくなければ、古いラップトップを買えばいいんです。これもまた、同じように高性能になります。

K3tan 12:57
もうひとつは、私はバーゲンに目がないんです。オーストラリアではバーゲンというと 安い、安い、お得なウェブサイトです 200ドアでこれらのリファビッシュPCが手に入ります 私が見たケースは200ドルで さらに2テラバイトのSSDが200~300ドルです。オーストラリアドルで500ドルで非常に将来性のあるビットコインノードを手に入れることができます。おそらく、その方が良い結果を生むと思います。もうひとつは、ビデオチュートリアルをMinistry of nodesのYouTubeチャンネルにアップしました。ビデオチュートリアルは、ステップバイステップで説明しています。これらは最高のビットコインノードだと思います。でも、私がやっていることなので、少し偏っていますね。
このように、時間浪費を短縮し、信頼性を高め、堅牢にし、かつポータブルにすることができるのです。あなたが提案したように、もしそういったものに興味がなければ、古いThinkPadや古いラップトップを、ビットコインノードを動かすために再利用することができます。ラップトップのいいところは、おっしゃるとおり、無停電電源装置という付加価値があることです。停電が起きても、バッテリーは少なくともあと2~3時間は持つので、電源を切って事態を悪化させるよりは、ラップトップを安全にシャットダウンすることができます。そう、ディスクの破損や機能低下などです。これは別の問題です。そこで、汎用コンピュータを使うという選択肢もあります。汎用のコンピュータを使うのもいい方法です。 

Stephan 14:33
ラップトップには通常、Wi-Fiが内蔵されています。もし本当にそうしたいなら、Wi-Fiで自宅のネットワークに接続すればいいわけで、そうすればケーブルが1本少なくて済みます。もちろん、古いThinkPadにはイーサネット・ケーブルも付いています。Ethernetを使いたいのであれば、その選択肢もあります。でも、Raspberry Piの件では、BitcoinやTwitterで、3Dプリントのケースを作る人たちを見たり、Raspberry Piで作るという文化があるのを見たりしています。ただ、それが費用対効果の高い方法なのか、信頼性の高い方法なのかを考えてみてください。信頼できる方法なのか?Raspberry Piのモデルではなく、ラップトップやOptiplexなどを使うことで、より信頼性を高めることができるかもしれないので、セキュリティ上の考慮や実用上の考慮があるのでしょうか? 

K3tan 15:21
その通りです。ビットコインノードを運用する場合、ビットコインとElectrumサーバー、mempool.space、BTC pay serverをインストールするだけなら、秘密鍵情報をノードに置く必要はありません。秘密鍵はハードウェアウォレットや外部のSparrow Walletなどに置いておくことができます。秘密鍵が実際にデバイス上に存在するのは、lightning と Whirlpool をインストールしたときだけです。でも、この2つの機能は最低限にしておくことをお勧めします。たとえば、スタック全体をLightningに入れるのは、トラブルのもとです。貯蓄用ウォレット、オンチェーンのmixingウォレット、lightningウォレットの3つのウォレットを持ち、オンチェーンとミキシングは、Whirlpoolを設定した場合はノードに置くかもしれません。もちろん、ライトニングもホットである必要があります。だから、そういうのを最小限にするんですね。つまり、セキュリティの観点から見ると、危険にさらされるのは一番大きなスタックではなく、あなたの最も小さなアウトプットなのです。

Stephan 16:35
そうですね そうですね。私たちがやっていることの分離という点では、間違いなく議論があります。もちろん、これはビットコインのセキュリティについての一般的な議論から派生したものです。一般的には、コールド・キーはオフラインで保管し、オンラインのコンピューターに触れないようにするのが理想的だと考えられています。
この例で言えば、マルチシグを使うことで、貯金ができるかもしれません。異なるメーカーの異なるハードウェア・ウォレットを使用し、メタル・シードのバックアップをとっておく。つまり、可能な限りエアギャップ・セキュリティを採用するということです。エアギャップが有効かどうかについては、コミュニティーの中で議論があります。
しかし、私は、あなたが知っているように、他の方法で行く議論があることを理解しています。だから、ここにもいる間に、信頼性とパフォーマンスの問題で、Coinjoinをやっているユーザーもいると思うんです。例えば、Whirlpoolを使用している場合、興味深いことに、あなたのウォレットはHD階層の決定論的ウォレットをかなり深くまで検索することになり、Raspberry Piではlookupがより困難になる可能性があるということです。そこで、あなたの経験談を詳しく聞かせてください。 

K3tan 17:46
そうです。つまり、Electrumのサーバーに対してクエリーを実行するかどうかということです。しかし、もしあなたが何ヶ月も何年も継続的にミキシングを行うのであれば、通常のミキシングとは異なり、5回ミキシングを行うようなセンター・コールド・ストレージのようなタイプの取引であれば、Electrum Rust Serverはおそらく、あなたのニーズを十分すぎるほど満たしてくれるでしょう。しかし、何年も何年もミキシングを続けていて、キーチェーンが6000番台になってしまった場合、Electrum Rust Serverのバックエンドでそのウォレットをインポートしようとした人を知っています。しかし、これはうまくいきません。システムリソースをいくら使ってもうまくいきません。だから、Electrum XかFulcrumのサーバーに置く必要があるんだ。

そのほかにも、さまざまなトレードオフがあります。Fulcrumサーバーはディスク使用量が多く、スペースも必要ですが、Electrum Rust Serverはそうではありません。Electrum Rust Serverを使うか、Fulcrumを使うかは、あなたの財布の中身次第です。例えば、Sparrow WalletのCraig Rawは、Sparrow Walletの開発者です。彼はsparrow walletの開発者です。彼はRaspberry Piを標準機として素晴らしい研究を行い、Fulcrumサーバーを開発しました。これが彼の基本的な結論です。でも、それぞれの方法の長所と短所をよく読んで、彼はRaspberry Piをその基準として使っていることを強くお勧めします。もちろん、彼はできる限り最適化していますが、それが私たち一般人にも可能かどうか。

Stephan 19:41
そうそう。このブログの記事を読みたい人は、ElectrumとElectrum X、Fulcrumを比較したブログの記事も見てください。(https://sparrowwallet.com/docs/server-performance.html)Fulcrumの方が全体的に優れているというトレードオフが出てきたと思いますが、主なマイナスのトレードオフの1つは、初期セットアップに少し時間がかかりました. また、ハードドライブの容量がもう少し必要だと思います。 しかし、一度セットアップして実行すると、非常に高速になりました。 

K3tan 20:09
とても素早い投稿ですね。そのとおりです。最初に公開鍵をインポートするとき、つまり初めて調べるときは、もう少し手間がかかるんです。そのあとは、キーチェーンの奥に6000個もあるようなウォレットでも、バンバンバンバンやってくれます。ええ。 

Stephan 20:27
というのは、世の中の人々にとって興味深い示唆に富んでいます。もう一つ興味深いのは、この点です。例えば、ノードを走らせたいと思う人の数が限られているとして、もちろん、その数を増やしたいと思います。でももちろん、友人のMatt Odellが言うように、Uncle Jimモデルもあります。Raspberry Piは、ThinkPadやDell Optiplex、あるいは本格的なデスクトップPCと比べると、性能面で非常に劣っているのです。もし、あなたがUncle Jimになろうとしているなら、あなたのコミュニティ、あなたの家族、友人のために。他の人のサーバーを使う代わりに、私のサーバーを使ってくださいということです。初心者のリスナーのために簡単に説明すると、あなたはBitcoinのフルノードを動かしていて、Blitz、Umbrel、Ronin Dojo、myNode、その他のどれかを使っているかもしれません。つまり、インフラを運営し、Bitcoin Coreノードを運営し、Electrumサーバーやfulcrumを運営することができるのです。そして、あなたの家族や友人が、例えばSparrowやElectrumのウォレットを使って、あなたのサーバーに接続することができます。つまり、家族や友人のためにサーバーを運用するのであれば、サーバーの性能、すなわち効率が良く、信頼性の高いサーバーでなければならないということです。 

K3tan 21:45
なぜなら、クライアントの1人が朝の1時に検索したいのに、あなたが寝ていて、ノードが死んでいたらどうするんですか?そうすると、信頼性も必要になってきます。そうすると、インデックスを作りたい人、クエリを出したい人、自分のwalletの中身を知りたい人が、それを実行できるようになります。Uncle Jimの場合は、それも考慮しなければなりません。それは信頼性です。そうでしょ?そうです。 

Stephan 22:14
リスナーのために、もう一度、みんなが理解できるように説明しておきます。このアイデアは、あなたがSparrowウォレットやElectrumウォレット、あるいはその他のウォレットを使っていて、他の誰かのノードに呼び出しているとします。そこでやっていることは、他の誰かのノードに呼び出して、その取引履歴、残高を送り込むことです。また、あなたはトランザクションをブロードキャストするのにも使っています。例えば、あなたのビットコインのフルノードがRaspberry Piで動いていて、あなたの甥や姪があなたのサーバーに呼び出そうとしたら、その時点でオフラインになっていたり、すごく遅かったりしたとしましょう。多くの人が同時にアクセスするため、あるいは性能の悪いデバイスであるため、あなたのクライアントは、ビットコインで言えばあなたの甥や姪は、悪いユーザー体験をすることになり、本当に苦しむことになるでしょう。面倒くさい、調べるのが遅い、取引の読み込みに時間がかかる、といった具合です。これらは典型的な例です。私やK3tanはRaspberry Piノードについて話してきましたが、そろそろ話をシフトさせるか、少なくともトレードオフについて多くの人に知ってもらい、十分な情報に基づいて選択できるようにする時期だと思います。2020年の時点でそうだったことが、2022年にはそうなりつつあるのだと思います。

K3tan 23:36
同意です。まとめてましたか?とても、よくできていますね。

Stephan 23:39
また、ハードディスクやSSDの容量に関しても同様です。Raspberry Piでも、ThinkPadやOptiplexでも、どんなデバイスでも、オペレーティングシステムを走らせているとします。例えば、ThinkPadやOptiplexのようなデバイスには、別途、あるいは内蔵されている可能性があります。ですから、これもまた、私たちが話し合うべき要素だと思います。そこで何が起こっているのかを理解してもらうためです。しかし、ハイレベルなのは、ブロックチェーンをそのデバイスに保存していることです。また、Electrumのサーバーには、30~50ギガ相当のデータをインデックスとして保存している可能性があります。それも考慮しなければなりません。では、このボックスを購入するプロセス、あるいはマシンについて考え、その後、高いレベルでアップグレードするプロセスを概説したいですか?それはどのようなものでしょうか?

K3tan 24:40
そう、基本的には、リファビッシュコンピュータを買うと、たいてい小さな容量のドライブが入っていて、128ギガとか、Windowsを動かすためだけのドライブが入っています。さて、これからすることは、ビデオシリーズで説明しますが、基本的にはそのハードドライブを取り出して、1テラバイトか2テラバイトのSSDに交換することです。私はSamsung EVO 870モデルを好んで使っています。それが私の好みの方法です。これらは主力製品だと思います。とても、長持ちするように設計されています。信頼性と寿命の点で、これらのデバイスはとても気に入っています。それで、128を交換するわけです。2テラバイトや1テラバイトのものを入れて、そこに新しいオペレーティングシステムをインストールすれば、すぐに使えるようになります。というのが、そのプロセスです。コンピュータを開いて、SATA接続と呼ばれるコネクタのようなUSBキーを差し込むだけです。そして、古いハードディスクをスライドさせて取り出し、新しいハードディスクを再びスライドさせるだけです。これらのコンピュータでは、この作業を非常に簡単に行うことができます。だから、それほど問題はないはずです。既存のコンピュータから新しいコンピュータにSSDを交換する方法については、ビデオチュートリアルもたくさんあります。難しいことではありません。 

Stephan 26:13
ちょっとだけ番組に戻ります。
ースポンサー紹介中略ー
そして、K3tanとのチャットに戻ります。

K3tan 
そうですね。ネットでチュートリアルがあるよね?YouTubeとかで検索すれば、このラップトップのSSDをアップグレードする方法とか出てきます。だから、リスナーのみなさん、怖がらないでください、あなたにもできます。費用対効果も高いですしね。そうですね。では、簡単な例をお見せしましょう。私が調べた中では、おそらくスイートスポットはThinkPadが150ドルくらいで買えるところだと思います。そして2テラバイトのSSD、サムスンのもの、サムスンのQVOも手に入れることができます。2テラバイトのSSDは約150ドルです。さらに上を目指すなら、4テラバイトのものが350ドルであります。

でも、今のところ2テラバイトがスイートスポットだと思います。というのも、1テラバイトだと数年後に容量が足りなくなる可能性がありますが、2テラバイトなら将来性もありますし、それほど高くはないからです。今のところ、これがスイートスポットだと思います。リスナーの皆さんには、もう一度状況を説明します。例として、私がテストしていたのは、UmbrelでデフォルトのBitcoinを走らせていたのと、ElectrumのレシーバーとCore Lightningです。このセットアップでは、まだチャンネルを設定していませんが、今日の時点で約596ギガバイトのセットアップになっています。仮に1ブロックあたり1.5メガバイトとすると、1日に216メガ、1週間に1.5ギガ、1年で678ギガになります。ですから、例えば私が行った設定だと、残りが400ギガくらいしかないとすると、そのノードが本当に容量不足の問題に直面し始めるまで、5年かそこらはあるわけで、そうなるとロールオーバーのプロセスを踏まなければならなくなります。しかし、2テラバイトなら、もっと長く使えるでしょう。

また、何をするのかが重要だと思います。Lightningを使うなら、チャンネル・データベースやルーティング・データをノードが使えるようにしなければならないかもしれません。特にNodeを動かしているコミュニティの人たちは、家族や友だちのオンボードを手助けするために、自分たちをUncle Jimだと思っていますが、Lightningも必要かもしれません。例えば、lndやblue walletのハブ、BTC payサーバーにはLN Bankという新しいものがあり、実験的なモードになっていますが、それを使って家族や友人をオンボードにしたいかもしれません。そして、あなたのビットコインの甥や姪を、あなたのライトニングサーバーに乗せることができます。ハードディスクとSSDのスペースは、すべて考慮すべき点です。ハードディスクやSSDの容量やコストについて、何か追加したいことはありますか? 

K3tan 31:02
もう一つは、ビットコインコアだけでなく、Electrumのサーバーも10分ごとに上昇することを考慮する必要があります。つまり、二重苦なのです。そして、どのサーバーを使うかにもよりますが、Electrum Rust Serverは、もう少しギガ数が少なくなっています。Electrumのサーバーは3035ギガバイトで、Fulcrumのサーバーは100ギガバイトくらいです。そのくらい、必要な容量が違うんです。Fulcrumサーバーを使う場合、1テラバイトをあっという間に使い切ってしまうので、3年ぐらいで使い切ると思います。一方、2テラバイトであれば、その点ではもう少し余裕があります。 

Stephan 31:02
これらはすべて、考えるべき非常に重要なことです。それから、ビットコインノードを動かすには、様々な方法がありますよね?Umbralでもいいし、RaspiBlitzでもいいし、いろいろなものを使うことができます。中にはPC版のようなものもありますし、PC用のイメージもあります。もちろん、K3tan Ministry of Nodesのノードボックスガイドを使うこともできます。リスナーがRaspberry Piのノード、例えばUmbralや似たようなもの、RaspiBlitzを持っているとして、これをRaspberry PiではなくラップトップやOptiplexでやろうとしたら、プレスはどうなるでしょうか。 

K3tan 32:24
そうですね、それぞれのシステムのドキュメントをよく読んでみることです。デスクトップPCの場合、イメージをまったく持っていない人もいるでしょう。例えばUmbrelの場合、Virtual Boxというソフトウェアにイメージをインポートすることができます。そうすると、ビットコインノードやグラフィカルインターフェース、あるいはインターフェース全体を、既存のPCの中で別のコンピュータとして動かすことができるようになります。例えばラップトップで、同じイメージを取得して、VirtualBoxで起動します。それを起動すると、コンピュータの上に、すぐに使えるインスタンスができあがります。Raspberry Piを使っているかのようにクリックを開始できますが、実際には普通のコンピュータを使っているのです。もちろん、最低でも1テラバイトのディスクにアクセスできるようにする必要がありますが、それを検知すると、ブロックチェーンのデータをすべてそのディスクに入れるようになります。そして、そのディスクをフォーマットしてくれるんです。これがイメージの役割です。これは可能です。UmbrelはPC上でも実行できます。Dockerイメージで実行する方法について、いくつか説明があります。その指示に従って、自分のコンピュータで動かすこともできます。Raspberry PiからPCのイメージに移行する方法としては、このようなものもあります。
とはいえ、UmbralはPC版を完全にサポートしているわけではありませんし、PC版を完全にサポートしていないという免責事項もあります。そういうことも考えておく必要がありますね。そうですね。それから、Ministry of nodesのガイドには、信頼できるサードパーティが一切存在しないことが書かれています。

コマンドラインを使って、自分でやるんです。これは重要なことだと思います。ビットコインは常にユーザーとしてダウンロードするだけで、自分でダウンロードでき、自分で検証でき、自分でインストールでき、自分で設定でき、自分で動かしてメンテナンスできる、という状態にすることが重要だと思うんです。少なくとも、ノードを動かしたりコンピュータに触れたりLinuxコマンドに触れたりすることに知的好奇心を抱いている人たちには、重要なスキルだと思います。そういう人たちがやるべきことです。これは、この空間の分散化にとって本当に重要なことだと思います。 

Stephan 34:55
そうだ もう1つ質問です。リスナーの中には、このことに気がつく人もいるかもしれませんね。私が以前、このようなもので遊んでいたときにも、同じようなことがありました。オペレーティングシステム用に小さなハードドライブを使用し、ブロックチェーンデータ用に大きなハードドライブを使用した場、時々、これらのガイドを実行しようとすると、ミッションエラーで台無しになるのです。

K3tan 35:14
だから、1台のドライブにOSとブロックチェーンを保存することをお勧めします。なぜそうするかというと、パーミッション・エラーが発生したり、うまく動作しなかったり、設定場所を変えなければならなかったり、とにかく混乱するからです。もしこれをやるなら、1台のドライブにOSをインストールし、ブロックチェーンのデータをその1台のドライブにインストールすればいいのです。そして、そのドライブをアップグレードするときには、そのドライブを取り外せばいいのです。例えば、2テラバイトから4テラバイトにアップグレードする場合、2テラバイトを4テラバイトにクローンすれば、2テラバイトの空き容量が追加されるわけです。つまり、そのドライブのディスク容量が増えるだけです。そして、それをコンピュータに戻します。すると、今度は4テラバイトになります。つまり、中断したところから始めるだけなのです。 

Stephan 36:20
ビットコインに夢中になっている人たちのコミュニティとして、あるいは教育、宣伝、提唱など、どんな呼び方でも構いませんが、私たちは技術力を向上させようと全員が考えなければならないと思います。私たちすべてに重要なことだと思います。もちろん、完璧な人間などいませんが、自分を実際より大きく見せかけるふりは最小限に抑えるべきですし、そのために、誰もがお互いを高め合う必要があります。ですから、これは私たち全員にとって有益な情報だと思います。セルフホスティングに関しても、フルノードパッケージの中には、Raspberry PiやROCKPro64を使ったものがありますが、長期的にはPCイメージを使って行うか、少なくともPCで実行可能なコマンドを使って、正しいものをすべて取得するようにした方がいいかもしれません。もちろん、あなたの場合、ministry of nodes guideを行うのであれば、その部分はすでに学習しているはずです。また、この話はパーソナル・セルフ・コンピュータ、つまりセルフ・ホスティングという考えにも広がっています。ビットコインノードだけでなく、メディアや写真、次のクラウドなどもセルフでホストすべきだという考えです。さて、ここで分離することを忘れてはいけないと言うのは、おそらく良いことだと思います。なぜビットコインアプリケーションと非ビットコインアプリケーションを分離する必要があるのか、説明していただけますか? 

K3tan 37:48
うん、だからこれは見事な質問ですね。結構ありますね。今、両方の機能を持つパッケージがありますが、この2つの機能を分離するという点で、おそらく何かする価値があると思います。理由はシステムリソースの消耗です BitcoinはIBDモードや Electrumのインデックス作成モードで システムリソースを使います SSDは常に増え続け RAMも使われ CPUも共有されます 追加で消耗するものは Bitcoinノードの寿命に多少影響を及ぼします だから、私はビットコインにたくさんのものを載せることをあまり推奨していません。これはビットコインノードです。これは重要な銀行インフラで、24時間365日、常にオンライン、信頼できる状態にしておこうとしているのです。これは、今日やるプロジェクトが、非常に長い間、その報酬を得ることになるのです。さて、次のクラウドや、システムリソースを使用する他のデバイスをそこに置くには、この2つを物理的に分離した方が良いと思います。

もうひとつは、例えば、次のクラウドで何かをしていて、その処理を行うために再起動する必要がある場合、何かがなくなってしまったので、アップグレードする必要があり、今度は再起動する必要がある、という場合です。次のクラウドを再起動すると、実は同じコンピュータを共有している場合は、今度はBitcoinノードを再起動する必要があるんです。つまり、あなたのビットコインノードのダウンタイムです。つまり、こちらで他のソフトウェアをいじっていて、再起動が必要になった場合、ビットコインノードも再起動しなければならないのです。これは理想的な方法ではありません。可能な限り、ビットコインノードをオンラインに保ちます。 サーバーや Electrum サーバーなどを実行している状況では、Bitcoin ノードのアップタイムを可能な限り最大化したいとは思わないでしょう。もうひとつは、他のソフトウェアで遊んでいるとき、いろいろといじくり回しているわけです。セルフホスティングの情報を見ていると分かると思いますが、間違いを犯すことがあります。同じマシンが故障しても、それはそれで、また一つ考えることが増えるだけです。でも、ビットコインノードを一箇所に置いて、そのスペースで実験して、いろいろ遊んで、自分にとって最適なものを見つけて、セルフホスティングソフトウェアの面では、安心感がある方がいいんです。こっちのセルフホスティングソフトウェアは好きなだけいじくり回せるし、問題ない。で、その2つが出会うことはないわけです。

セキュリティ上の利点もあります。例えば、マルウェアなどがPCに感染して、ネットワーク上の他のデバイスに移ってしまうのを防ぐことができます。そして、特定のデバイスに、このコンピュータ以外の人がこのノードにアクセスできないようにするための、価値あるネットワーク制御を導入することができると思います。そうすれば、ビットコインノードへの攻撃対象が最小限になります。一方、Nextcloudでは、他のコンピューターからNextcloudサーバーにアクセスさせたい場合もあるでしょう。このように物理的な分離を行うことで、ネットワークに何をさせたいかを明確にすることができます。ですから、ホスティングを行うためのPCやコンピューターを別に用意することは、おそらく検討する価値があると思います。Nextcloudを運営している人たち、自分のPhotoPrismを走らせている人たちがいます。今はさまざまなアプリケーションがあります。またそれらのVaultWardenもあります。パスワードよりも、セルフホスティングの方が、巨大な空間であり、本当にクールなアプリケーションに参入することができますが、それらは全く関連性がありません。だから、ちょうど横にそれらをオフに置く。 

Stephan 42:31
そうです。つまり、これらのどれかをインストールしてはいけないということではありません。例えばUmbrelやStart9があるとして、もうひとつは写真やVaultWarden、その他を扱うもので、もうひとつはビットコイン関連のものだけを扱うものです。そうすることで、懸念事項を分離しておくことができます。もちろん、本当に余裕がなくて持てないなら、それはそれでいいんです。でも、もしそういうケースなら、さっき言ったように、もしお金を出せるなら、最初の出費は300ドル、あるいは400ドルといったところでしょう。ラップトップとSSD、あるいはOptiplexとSSDなら、Raspberry Piのモデルと同じような価格帯になりますね。そう考えると、この方法は理にかなっていると言えるかもしれません。セルフホスティングに関して、あなたのハイライトをいくつか教えてください。非ビットコインのようなセルフホスティングのハイライトは何でしょうか?どんなものがありますか?また、どのようなアプリケーションを検討すべきでしょうか?最近、このことについてブログ記事を書きましたね。My Home labの記事(https://k3tan.com/my-home-lab)も載せておきますね。

K3tan 43:33
私は、Googleを排除したい、GoogleをDにしたいのです。Appleも排除したい。信頼できるMicrosoftやOneDriveをすべて排除して、自分のデータを誰が見るか、誰がアクセスするかということについて、自分の所有権を持つようにしたいのです。最近、ある人が自分の子供の股間の写真を撮って、医師に送ったのをご覧になったでしょう。その写真はGoogle Cloudにアップロードされました。Google Cloudにアップロードされました。Googleは、これは児童ポルノだと言って、彼のアカウントをシャットダウンしました。そして、彼はまだ戻ってきません。10年分のデータ、写真、その他もろもろ、彼は全くアクセスできないわけです。バカバカしいにもほどがあります。このような事例から、人々は目を覚まし始め、ちょっと待ってください、もし彼らが私をシャットダウンできるのなら、と思うようになりました。Googleが自分の写真へのアクセスを遮断できるのであれば、私は自分の写真の所有権を持つべき時ではないでしょうか。

自分自身のGoogleフォトを運営するにはどうしたらいいでしょうか?そのために、セルフ・ホスティングの選択肢があります。カレンダーや連絡先などの自分のデータをセルフでホストすることもできます。自分の知り合いや取引先などをGoogleに知られたくないでしょうから。そのため、自分のコンテキストを持つ電話番号をセルフホスティングすることができます。このようなことは、Nextcloudで行うことができます。もちろん、先ほどお話したように、BitwardenのフォークであるVault Wardenもありますが、こちらは簡単にセルフホスティングでき、自分専用のパスワードマネージャーを運用することができます。そのため、Bitwardenのサーバーがダウンした場合でも、自分のホームにあるため、あるいはデータがそこにあるため、影響を受けることはないでしょう。このように、いろいろなことができます。それから、メディアサーバーのJellyfinもありますね。また、RSSフィードをセルフでホストできるものもたくさんあります。RSSフィードを管理するサーバーがあれば、読んだもの、読んでいないもの、すべてを同期させることができます。

しかし、重要なことは、あなたが始めるときに、いくつかのヒントを与えることだと思います。あなたがこれらの無料のオープンソースの代替品を使い始めるとき、私は実際に自分自身を勝ち取るために2年のプロセスを与えるでしょう、それに直面して、我々はすべて少なくとも少なくとも10年間Googleを使ってきました、人々はそうでなければより長く、あなたが明日でそれらを勝ち取るつもりはありません、あなたは来週中に完全にそれらを勝ち取るつもりはありません、自分でセルフホストしてみて、約1年か2年間問題があるかを確認します。そして、快適になったら、その両方を利用するのです。Google Driveとセルフホスティングの両方で利用するのです。そのGoogle Driveが必要なくなって、だんだん使わなくなったと思ったら、その時が削除のタイミングです。だから、同時に並行して実行する。そして、プロプライエタリな、ほら、アプリケーションを使い終わったら、ゆっくりと離脱して、完全にシャットダウンするんです。でも、「よし、Nextcloudを手に入れたぞ」と思わないでください。Nextcloudを手に入れたから、もう大丈夫。すべてのデータを転送し、Googleアカウントをシャットダウンし、Microsoft OneDriveをシャットダウンします。そして、それでおしまい。これで終わりです。1ヵ月後には、「アップグレードボタンを押したら、娘が大変なことになった」と思うことでしょう。[―47:10]ソースのソフトウェアを使えば、こうした問題を発見することができます。少なくとも2年以上の経験がないと、「よし、私は物事を理解しているし、メンテナンスもできる」と思うことはできないでしょう。何が起こっているのか知っている。どう使われているかも知っている。そして今、私は実際に自分自身を断ち切るつもりです。それが私のアドバイスです。

Stephan 47:34
そうですね、いいことだと思います。世の中にどんな可能性があるかということを認識するために、文脈を持つことは有用だと思うんです。すべてが順調で素晴らしいということではなく、一定のトレードオフがあるということです。例えばFOSS、 free open source softwareの代替品では利用できない機能があるかもしれませんが、主権が追加され、信頼性が増し、コストが削減され、Google DriveやDropbox、Apple Cloudなどに追加のスペースを支払う必要がなくなるかもしれません。そして、より多くの人がキャンセルされればされるほど、知的な興味だけでなく、必要性からこれらのことを実際に見始めなければならなくなります。ですから、これは私たちビットコインコミュニティやコミュニティがどう呼ぼうとも、同様に考えなければならないことだと思います。

不便なこともあるでしょうが、完全にシャットダウンされるよりはましです。そうでしょう?例えば、Google Driveを完全にシャットダウンされた人は、完全にダメになりました。しかし、もし彼がこの代替セットアップを持っていれば、確かに最初は不便ですが、少なくとも代替手段があり、すぐに使えるようになります。だから、これは、フラッグ理論とかで、プランBを持とうとする人がいますが、プランBの住居とか、市民権とか、そういうのでも、これはデジタルプランBと考えることができます、デジタルプランを設定して準備しておくことで、万一、キャンセルされたり、主流の世界で何かがうまくいかなかったりしても、デジタル自己主権、自己主権の代替手段を用意しておけば、転がり込む準備ができているのです。

K3tan 49:14
うん、間違いない。このようなものがもっと出てくることを期待しています。より優れたバックアップ、より優れた信頼性、分散型データ、そういったものを可能にするP2Pベースのツールを開発している人たちを知っていますし、そういったソフトウェアも出てきていますし、実装もされています。そして、願わくば、すぐにでも無料でオープンソース化されることを望んでいます。開発者たちが、私たちのデジタル自己主権を支援するために、どんなものを作ってくれるのか、私は楽しみにしています。これは素晴らしいことだと思います。そして、そのソフトウェアを使って実験し、あなたが言ったようなKancil cultureに移行する際に、どのように私たちを助け、利益をもたらすことができるかを見るのが楽しみなのです。

Stephan 49:55
ああ わかったよ。さて、この辺で終わりにしたいと思います。でもリスナーの皆さん、ツイッターでK3tanをフォローしてください。彼のハンドルネームはすべて番組ノートに載せますので、Ministry of nodes.comをチェックしてみてください。K3tanがあなたを助けてくれるプロフェッショナルなサービスで、基本的に彼と電話をして、その後にお金を払うことができます。これは、ある意味、価値対価値のモデルです。そしてもちろん、K3tan.comを通じて、彼の個人的なブログです。もちろん、私もリンクを貼っておきますが、そこには、私のホームラボという素晴らしいブログポストがあります。あらゆる種類のガイドがあります。最後のアドバイスは、少なくとも私からは、圧倒されないで、基本的なことから始めましょうと言いたいです。時間が経つにつれて、だんだん上手に、そして簡単にできるようになっていくのがわかるかもしれません。そして、より身近に感じられるようになるのです。これが私の側からの最後のアドバイスです。最後に何かアドバイスはありますか?リスナーの皆さんはどうですか?K3tan? 

K3tan 50:44
そうです、そうです、その通りです。何もしないよりは、何かしたほうがいい。例えば、Bit Wardenのような新しいパスワード・マネージャーを使うようにするとか、Protonメールのアカウントを開くとか、デジタルな観点から将来に役立つことをするだけでもいいんです。これは素晴らしいスタート地点だと思います。とにかく何かをすること。始めましょう。参加する。そうですね。 

Stephan 51:06
素晴らしい。そうだね よし、みんな これで終りにしよう ありがとうK3tan。 

K3tan
ありがとう。

Stephan 51:06
Bitcoinノードの周りのK3tanの洞察についてどう思うか教えてください。Raspberry Piで使うべきですか?それとも他のものを使うべきでしょうか?ご意見をお聞かせください。もちろん、私たちはさまざまなことについて話しました。番組ノートはStefan livera.com/ 411で見ることができます。ご清聴ありがとうございました!またCitadelsでお会いしましょう。 

以上

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ブロックチェーン・暗号資産のオフィスワーカー。 興味があることが多すぎる。 歌、カメラ、旅行、カレーが好き。

Share

Popular stories

美味しいカレーを食べたらクジ引きでビットコインをもらえた日

252

いちやさ

228

【調べ物】アルゴリズミックステーブルコイン:FRAX FINANCE

122