Samourai wallet起訴状から考察する米国のプライバシー技術への規制アプローチ

Samourai wallet起訴状から考察する米国のプライバシー技術への規制アプローチ

免責

筆者は法律、アメリカの送金業規制の専門家ではありません。詰めの甘い点、誤っている内容、表現がございましたら忌憚なくコメントいただけますと幸いです。

また、Samourai walletの起訴内容の正否については他の調査に委ね、本稿では取り扱いません。本稿は起訴内容のLightning Networkに対する示唆を検討するきっかけとなることを目的とします。
(書き上げて満足していたらアップするのに数週間経っていました…)

Abstract

  • 2024年4月24日、Samourai walletの共同創業者2名がマネーロンダリングを行う共謀と無許可送金事業を運営する共謀の罪で米司法省より刑事告発され、起訴状が公表された。
  • 2015年の提供開始以来、このサービスは約20億ドルの違法取引を処理し、約450万ドルの手数料を生み出したとされている。
  • Samourai walletはノンカストディアルウォレットであった。従来のFinCENの解釈ではノンカストディアルウォレットの開発者は無許可業者には該当しないとされていたため、DOJの今回の起訴内容に対して業界からは米CoinCenterなど方々が反対意見を表明している。
  • この起訴内容では、サービスがブラック/グレーマーケットに活用されていたことを事業者が認識しマーケティングを行ったこと、その資金洗浄を促進するためにWhirlpool(ミキシングサービス)とRicochet(送金経路へのホップ追加によるブラックリスト回避)を提供していたこと、サービスが手数料収益を生み出していた点、収益性のある機能について処理を行う集中的なサーバーを提供していた点が指摘されている。
  • 起訴内容は、送金手数料のインセンティブ、即ち収益性によりネットワークを構築するLightning Networkにも一定の示唆がある。単一障害点がない特性(トラストレス)を維持したままオンチェーンと比較して安価かつ高速なBitcoinでのP2P決済を実現することを目的としたLightning Networkにおいては、決済ネットワークの全体像を”中間の”ノード運営者が把握することはない。また、匿名性の機能は個々のノードが提供するものではなく、プロトコルに組み込まれたものである。そのため送金の目的をノード運営者が認識することはないといえるのではないだろうか。また、二者間のP2Pでのチャネルにより構成されるネットワークで一つのノードの運用を検閲することには実効性がない。ネットワークは手数料のインセンティブと送金効率により、送受金元を認識することなく経路を再構築する。
  • 仮想通貨の領域ではLightning Networkよりもアルトコインを用いたほうが手軽かつ高額な送金がしやすいものの、手数料インセンティブによりネットワークを構成するLightning Networkでの事業開発および周辺サービスの収益化を委縮させ、グローバルなP2P決済ネットワークの構築に後れを取ることのないよう、起訴の今後の展開を注視する必要がある。


目次

免責
Abstract
目次
Introduction
Samourai walletのサービス内容
 Whirlpool
 Ricochet
 STONEWALL
 STONEWALL x2
 Stowaway
 Cahoots
 OSSとしての提供
Money transmitting businessについて
起訴内容
犯罪利用の認識
集中管理について
Conclusion
Documents

Introduction

2023年8月にTornado cashの開発者が起訴されるなど、暗号資産分野のプライバシーサービスの収益性と金融規制のAML/CFTの折り合いについて議論が活発化している。

そんな中、2024年4月24日にBitcoinの匿名性の高い機能(Coinjoin)を備えたウォレット「Samourai wallet」の共同創業者2名が米司法省より刑事告発された。

同年4月26日にはノンカストディアルLightning walletであるAcinqのPhoenix Walletが、ノンカストディアルウォレットに関連する法規制の不透明さから米国ユーザーのアクセスを禁止した。

本レポートでは、まずSamourai walletのサービス内容を概観する。その後、起訴状の内容から、規制当局がどのような点に着目し当該サービスがAML/CFT幇助および無許可ライセンスでの営業に該当すると判断したのか、その論拠を探る。

そのうえで、Lightning Networkのネットワーク構造と比較し、今後の展開について検討を試みる。

差し押さえられたドメイン

Samourai walletのサービス内容

Samourai walletは匿名性の高い機能を備え、オンチェーンプライバシーの保護を目的としたノンカストディアル型のBitcoinウォレットである。coinjoin形式により、様々な参加者が同じ金額のUTXOをプールとして署名することで、UTXOのinputとoutputをミキシングし、匿名性を上げる。なお、Coinjoinとミキシングは技術的には異なり、Coinjoinはカストディを行わないため共同署名に過ぎず、「Mixing」という表現が適切でないとの指摘もあるが、Samourai wallet上で「mixing」という表現が見られるため、わかりやすさの観点からミキシングと表現している。

https://docs.samourai.io/wallet/basic-concepts

  • いずれの機能においてもノンカストディアル型であり、Samourai walletは利用者の秘密鍵を預からず、代わって資金の移転、保管を行っているとは言えなかった。
  • ウォレットは下記の機能で構成されていた。
    • Bitcoinウォレット
    • Whirlpool…CoinjoinによるUTXOのミキシング
    • Ricochet…送金時の中間Hop生成
    • STONE WALL…自身のUTXOのみを用いた難読化
    • STONE WALL X2…他のSamourai walletユーザーと協調した2者での難読化
    • STOWAWAY…Samourai walletユーザーの協調によるPayjoin

Whirlpool

同じサイズのコインのプライバシーを獲得しようとする 5 人の異なるユーザー (「サージ サイクル」ではそれ以上) を集め、Coinjoinを形成

  • ミキシングのフロー

ミキシングラウンドの基本的な流れは次のとおり

    • ユーザーは、独自の 1 回限りの Tor 接続を介して、ミックスしたい入力を Whirlpool サーバーに送信します。
    • Whirlpool サーバーは入力の登録を承認します。
    • ユーザーは、コーディネーターによって十分な数のピア (通常は 4 つ) が見つかるまで待ちます。
    • 十分なピアが利用可能になると、ラウンド内のすべてのピアが出力をコーディネーターに登録します。
    • すべての出力が登録されると、コーディネーターは、すべての参加者の登録された入力と出力を含む部分的に署名されたビットコイン トランザクションを各参加者に送信します。
    • 各参加者は、PSBT が入力を出力として自分自身に送信することを検証し、トランザクションに署名します。
    • すべての参加者がトランザクションに署名すると、Whirlpool サーバーは署名されたビットコイン トランザクションをビットコイン ネットワークにブロードキャストします。

(下線筆者加筆)

 

  • 利用手数料

WhirlpoolでのCoinjoin利用に手数料が設定されている。ワンショットの金額で、1 BTC または 35 BTC をミキシングするのに必要なプール手数料は同じ。

https://docs.samourai.io/en/whirlpool/basic-concepts

  • 001 Pool
    • minimum: 001 BTC (plus miner fee)
    • maximum: 025 BTC (plus miner fee)
    • pool fee: 00005000 BTC
  • 01 Pool
    • minimum: 01 BTC (plus miner fee)
    • maximum: 70 BTC (plus miner fee)
    • pool fee: 00050000 BTC
  • 05 Pool
    • minimum: 05 BTC (plus miner fee)
    • maximum: 50 BTC (plus miner fee)
    • pool fee: 00175000 BTC
  • 5 Pool
    • minimum: 50 BTC (plus miner fee)
    • maximum: 00 BTC (plus miner fee)
    • pool fee: 01750000 BTC

ディスカウントコードもある模様。

Ricochet

取引所などのサードパーティに資金を送る場合に、ブラックリスト化されることを防ぐことを目的に、送受信の間にホップを設ける機能。sequential(規則的) もしくはstaggered  (異なるブロックでずらして配置)してホップができる。

https://www.youtube.com/watch?v=f6nKCwJUfqg&t=158s

  • 後述のPayNymでの協調トランザクションと、Samourai walletのサービサー側でOutputを分割してオンチェーンホップを作成。

redditでの解説

Prior to Ricochet 2.0 each hop would have 1 input and 1 output

Ricochet 2.0 (triggers when you do a ricochet and have a PayNym connection with us) each hop has 1 input and 2 outputs (looks like a very standard tx) as you have it in this diagram. One output is for your own internal hop and one output pays part of the fee to Samourai across those hops.

In addition, the fee amounts are randomized and will not appear as equal amounts.

Ricochet 2.0 (Ricochetを実行し、PayNym 接続があるときにトリガーされます) この図にあるように、各ホップには 1 つの入力と 2 つの出力があります (非常に標準的な TX のように見えます)。 1 つの出力はあなたの独自の内部ホップ用で、もう 1 つの出力はそれらのホップ全体で料金の一部を Samourai に支払います。

さらに、手数料の金額はランダム化されており、同じ金額として表示されることはありません。

https://www.reddit.com/r/Bitcoin/comments/8x6v7z/is_this_how_samourai_wallet_ricochet_transactions/

 

  • 利用手数料

0.001 BTC (100,000 sats) + マイナー手数料下の図を見るとホップのUTXOから手数料が流れる構成に見える。

https://www.youtube.com/watch?v=f6nKCwJUfqg&t=158s

STONEWALL

  • 自分のUTXOのみを用いて二者間の送金を複数シミュレーションすることでInputとOutputの関係性を複雑にする。
  • Samourai walletは資産や送金を管理しない。

 

STONEWALL x2

  • STONEWALLと異なり、他のSamourai walletを使用するCahootで相互フォローとなっているユーザーと強調してSTONEWALL Transactionを構成し、InputとOutputの関係性を複雑にする。
  • Samourai walletは資産や送金を管理しない。

Stowaway

  • 単純なオンチェーンのビットコイン支払いのように見える、 2 つの当事者が関与する共同トランザクション(PayJoin)を作成
  • Samourai walletは資産や送金を管理しない。

Cahoots

  • Samourai Wallet のユーザーのうちPayNym(知人間での定期支払や寄付による送受信を目的とした再利用なコード)の利用者間で協調的にトランザクションを作成し難読化する。

                 PayNym

https://medium.com/samourai-wallet/wallet-update-0-99-96-introducing-soroban-adc9a36a7ddb

OSSとしての提供

Apple、Androidストアからは既にアクセスできなくなっているが、githubにソースコードが公開されている。https://github.com/Samourai-Wallet

https://www.ccn.com/samourai-bitcoin-wallet-goes-open-source/

Money transmitting businessについて

起訴の内容に移る前に、無許可営業とされたMoney transmitting businessというライセンスについて概観する。

  • Monry transmitting businessは個人、企業に対して上記送金に関する事業を提供する事業者が、消費者保護及び法令に順守するよう、サービス提供にあたっての健全性確認、提供後の財務状況の定期報告、AML/CFT対応を行う業規制。
  • FinCEN によると、マネー サービス ビジネスという用語には、次のいずれかの立場でビジネスを行うあらゆる人々が含まれます。
  • 通貨ディーラーまたは両替業者
  • 小切手キャッシャー
  • トラベラーズチェック、郵便為替、またはプリペイドの発行者
  • トラベラーズチェック、郵便為替、または保管価値の販売者または引き換え者
  • 送金者(Monery transmitter)
  • 米国郵便公社
  • 今回の起訴ではSamourai walletを無許可のMoney transmitter事業者としている。これについて米CoinCenterは下記の反論を行っている。
    • Money transmitterの扱う“currency, funds, or other value that substitutes for currency.” にcryptocurrencyが含まれるのかどうかが曖昧である。
    • ノンカストディアルウォレットの提供者はMonery transmitterに該当しないというこれまでの行政指針と反する。

Even if we set aside these guidance documents and administrative rulings, however, a plain reading of the underlying binding rules also shows that money transmission in cryptocurrency only happens if someone both “accepts” and “transmits” cryptocurrency on behalf of another person. In other words, for as long as cryptocurrency has existed, the law has been unambiguous: non-custodial cryptocurrency developers are not money transmitters.しかし、たとえこれらの指導文書や行政裁定を脇に置いたとしても、基礎となる拘束力のある規則を単純に読んでみると、誰かが別の人に代わって暗号通貨を「受け入れ」および「送信」する場合にのみ、暗号通貨での送金が行われることもわかります。 言い換えれば、暗号通貨が存在する限り、法律は明確であり、非保管暗号通貨開発者は送金者ではありません。

  • ちなみに、日本での「事業活動」の法的定義は国税庁ホームページ参照。

「事業として」とは、対価を得て行われる資産の譲渡、資産の貸付けおよび役務の提供を反復、継続、かつ、独立して行うことをいいます。

(下線筆者加筆)

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shohi/6109.htm

    • OSS開発者と報酬、暗号資産により資金移動サービスや金融サービスを一般の開発者でも作れるようになったこととどう折り合っていくか。

 

起訴内容

ニューヨーク州南部地区連邦検察局のウェブサイトでのリリースおよび起訴状をもとに、本件のポイントを確認する。併せて各論点をLighning Networkの視点で考察する。起訴状に対する反論はBitcoin Magazineなど各所で試みられている。

Ricochet…Second, Samourai offers a service called “Ricochet,” which allows a Samourai user to build in additional and unnecessary intermediate transactions (known as “hops”) when sending cryptocurrency from one address to another address

  • unnecessary intermediate transactions (known as “hops”) に着目するならば
    • Lightning Networkは一義的には送金ネットワークを目的としている。匿名性は単一障害点を維持(=即時決済のセキュリティ)するための部分的要素に過ぎず、Samourai walletにおけるサービスの目的とは主従が異なると言えないか。
    • ノード運営者は送金ネットワークの全体像、送受信元および送金目的を認識しない。例えば、配電網やFree Wifiの提供はインフラであり、それの利活用に対して提供事業者は責任を負うか。
    • ただし、Blinded pathをどう受け止めるかは課題。
    • どこまでがノードポリシーでどこまでがプロトコルのルールなのか改めて整理が必要。

ノンカストディアルウォレットであったにもかかわらずMoney transmitterとして扱われている。

but as futher discussed below, Samourai operates a centralized server that, among other things, supervises and facilitates transactions between Sarnourai users and creates new BTC addresses used during the transactions.

Second, through a centralized coordinator server that Samourai operates, the Samourai application on a user's cellphone communicates with other Samourai users, and Samourai' s coordinator server randomly selects four other inputs already in the selected pool to be mixed with the new incoming input and communicates that information to each user. The Samourai application on each user's cellphone then broadcasts a transaction to the Blockchain in which all five inputs ( each a separate address) are then transfened to five outputs ( each a separate address).

(下線筆者加筆)

  • いずれの機能においてもノンカストディアル型であり、Samourai walletは利用者の秘密鍵を預かるなど資金を移転、保管している状態ではなかった模様。しかし起訴状では上記のとおり、Samourai walletが集中型のサーバーを管理していたと指摘している。4つのインプットから構成される、という記述からWhirlpoolでのミキシング時に提供していたcordinate serverサーバー(こちらもノンカストディアル)をポイントとしていると思われる。

    • 集中型のサーバーを運営していたとしても、ユーザーにはDojoというセルフホスティッドノードをセットアップしてサービスを利用することも可能。Samourai walletの2023年9月のサーバーメンテナンスによるダウンタイム中の利用調査から、80~90%の利用者はこのセルフホスティッドウォレットを利用していたと推定されるため、集中型のサーバーとして機能していなかったという指摘がある。
    • (議論は他に譲るとしても)もしSamourai walletが集中的なサーバーを提供していないのであれば、不明瞭な理由により無許可の事業者として権力が行使されるべきでない。
    • 上記が集中的なサーバーと指摘しているのであれば、LNにおいてはLSPはハブアンドスポークを形成する傾向がありつつも、それ自体は送金に必ずしも必要な存在ではなく、集中的に提供しているとは言えないのではないか。
  • 機能のうち、起訴状ではWhirlpoolとRicochetの二つの機能を名指しし、犯罪支援を目的に提供したと指摘している。
  1. K.EONNE RODRIGUEZ and WILLIAM LONERGAN HILL, the defendants, designed Samourai to offer at least two features intended to assist individuals engaged in criminal conduct to conceal the source of the proceeds of their criminal activities:

 

手数料収益
サービスがWhirlpool利用で手数料を得ていた点に触れられている。

Samourai collects a fee for both sevices, estimated to be about $3 .4 million for Whirlpool transactions and $1.1 million for Ricochet transactions over the same time period.

  • ノンカストディアルでありながらも、ユーザーに代わって(on behalf of ~)inputとoutputを処理していたという表現が気になる。

Samourai automatically generates the new addreses that are used as inputs and outputs throughout the process on behalf of the users, although the private keys for these cryptocunency addresses are stored in each user's individual cellphone and not shared with Samourai employees.Samourai は、ユーザーに代わってプロセス全体を通じて入出力として使用される新しいアドレスを自動的に生成します。ただし、これらの暗号通貨アドレスの秘密鍵は各ユーザーの個人の携帯電話に保存され、Samourai の従業員とは共有されません。

(下線筆者加筆) 

  • 手数料を流動性の原資としていたという記述。すなわち、ミキシングを強化するための収益だったという捉え方か。

Samourai' s Whirlpool feature has generatedover $3 million in fees for Samourai-the large majority of which are also stored in the Whirlpool as a source of additional liquidity

  • マーケティング資料やTweetを抜粋し、資金洗浄を目的とした利用を顧客として積極的にターゲティングしていたことを指摘
    • この点はLNサービスをあくまでも決済を第一目的として提供する事業社とは大きく異なるのではないかと個人的には思うのですが、状況により異なってきそう。

For example, in the below excerpt from Samourai's marketing materials, KEONNE RODRIGUEZ and WILLIAM LONERGAN HILL, the defendants, similarly acknowledge that the individuals most likely to use a service like Samourai ("Who is willing to pay for privacy?") include individuals engaged in criminal activities, including "Restricted Markets.”

ウェブページの公表文でも共同創業者の意図、サービスの目的でどれだけ犯罪利用の認識があったかという点に着目している。

Similarly, in a private message on or about August 27, 2020, HILL — using a Twitter account with the username “Samourai Dev” — discussed the use of Samourai by criminals operating in online black markets such as Silk Road in private messages with another Twitter user (the “Twitter User”) (emphasis added):

Twitter User:             Silk Road is why I first found Bitcoin and the desire to keep engaging in those types of markets is one reason that I want to defend/strengthen those use cases . . .

Samourai Dev:          No, not at all. We probably have different views on some basic tenets of bitcoin, you and I – so to each his own so to speak. At Samourai we are entirely focused on the censorship resistance and black/grey circular economy. This implies no foreseeable mass adoption, although black/grey markets have already started to expand during covid and will continue to do so post-covid. . . .同様に、2020年8月27日前後のプライベートメッセージで、ヒルはユーザー名「Samourai Dev」のTwitterアカウントを使用し、シルクロードなどのオンライン闇市場で活動する犯罪者によるSamouraiの使用について、別のTwitterとのプライベートメッセージで議論した。ユーザー (「Twitter ユーザー」) (強調を追加):

Twitter ユーザー:             シルクロードは私が最初にビットコインを見つけた理由であり、そのような種類の市場に関与し続けたいという願望が、私がそれらのユースケースを擁護/強化したい理由の 1 つです。 。 。

サムライ開発者:          いえ、全然違います。あなたと私はおそらく、ビットコインのいくつかの基本的な教義について異なる見解を持っているでしょう - つまり、いわばそれぞれ独自の見解です。Samourai では、検閲への抵抗とブラック/グレーの循環経済に完全に焦点を当てています。これは、ブラック/グレー マーケットはコロナ禍中にすでに拡大し始めており、コロナ後も拡大し続けるとはいえ、大量導入が予見できないことを意味します。

  • ダーク/グレーマーケットを収益源として認識していたという資料

  • これは分散型金融側の問題ではないかとツッコみたい。
1.From at least in or about 2021 up to and including in or about 2023, approximately 1,343 BTC of crime proceeds from a phishing attack on a decentralized finance protocol

 Money transmitterの無許可運営について。プロトコルでなく単一のサービスとしてmanage(promote、機能提供)していたことはcontrolといえるのかもしれない?

    • 逆に言えば、LNにプロトコルとして組み込まれているプライバシーはcontrolとはいえないのではないか。

It was a part and object of the conspiracy that KEONNE RODRIGUEZ and WILLIAM LONERGAN HILL, the defendants, and others known and unknown, would and did knowingly conduct, control, manage, supervise, direct, and own all and part of an unlicensed money transmitting business, which affected interstate and foreign commerce

 

  • マーケティングに対する指摘

Between in or around 2015 and in or around December 2023, KEONNE RODRIGUEZ and WILLIAM LONERGAN HILL, the defendants, pruticipated in marketing activities on behalf of Samourai to potential customers through social media and email communications, with the knowledge and intent that Samourai would be used for the transportation and transmission of funds derived from criminal activity. i. For example, on or about June 30, 2022, RODRIGUEZ posted a message on Sarnourai's Twitter account: "Welcome new Russian oligru·ch Sarnourai Wallet users" in response to an a1ticle discussing international sanctions on ce1tain Russian oligru·chs. 11. Similru·ly, on or about March 16, 2020, HILL posted a message on a Twitter account with usemarne @SamouraiDev: "Europol also highlighted Samourai Wallet as an emerging 'top threat' . . . Do you see us shitting in our pants?”2015年頃から2023年12月頃までの間、被告であるケオン・ロドリゲスとウィリアム・ロナーガン・ヒルは、サムライが使用されることを承知しつつ、ソーシャルメディアや電子メール通信を通じて潜在顧客に対してサムライに代わってマーケティング活動を行った。 犯罪行為に由来する資金の輸送および送金のため。 私。 たとえば、2022年6月30日頃、ロドリゲスは、特定のロシアのオリグルに対する国際制裁について議論する記事に応えて、サルノライのツイッターアカウントに「ロシアのオリグル・サルノライ・ウォレットの新規ユーザーを歓迎する」というメッセージを投稿した。 11. 同様に、2020年3月16日かその前後、ヒルはusemarne @SamouraiDevのTwitterアカウントにメッセージを投稿した:「ユーロポールもサムライ・ウォレットを新たな『最大の脅威』として強調した……我々が我々のやり方でパンツの中にクソをしているのが見えるか?」

  • 当局による送金をおとり捜査としているよう。
1.On or about October 11, 2022, Samourai engaged in the unlicensed receipt and transmission of funds, including funds deposited into a Samourai wallet by an undercover law enforcement agent located in the Southern District of New York. b. 2022 年 10 月 11 日頃、サムライは、ニューヨーク州南部地区のおとり捜査官によってサムライのウォレットに預けられた資金を含む、資金の無許可の送受信に関与しました。

起訴の内容をまとめると、Samourai walletの提供者は下記の点でマネーロンダリングを推奨し、AML/CFTを怠るMoney transmitterであったと指摘。

  • 資金洗浄を推奨するサービスを提供し、多大な収益を獲得していた。
  • 資金洗浄を難読化させる機能としてWhirlpool、Ricochetを提供し、手数料収益を得ていた。
  • ダークマーケットへの利用を認識し、KYC不要なサービスとしてマーケティングを行っていたとしている。(これがどこまで切り取られているものかどうかは本稿では検証していない)
  • ノンカストディアルであるにもかかわらずMoney transmitterライセンスの無許可営業とする点は、ウォレットユーザーと新しく作成したBTCアドレスの間でトランザクションを管理する集中的なサーバーを提供しているとの記述がなされていました。しかしこれをもって送金を行っているといえるのかは明確には理解できませんでした。

Conclusion

  • 資金移動や金融が絡むサービスはミキシングサービス以外にも厳しくAML/CFTの網がかけられきている。LNウォレットが米国からのアクセスを撤退する流れがあるように、ノンカストディアルであったとしても収益性やサービス提供のマーケティング次第でMoney transmitterの無許可営業とされる起訴内容であった。(少なくとも、開発者をしただけの人間が起訴されたという内容ではない。)
  • 一方で、Samourai walletの提供しているダーク/グレーマーケットをターゲティングしたサービス内容やマーケティング手法を踏まえると、その起訴の内容全てがLNに当てはまるとは言えず、提供サービスの個別具体性による余地があるという印象を受けた。
  • 起訴内容の手数料と司法省が主張するサービスの提供目的の点では、送金手数料のインセンティブ、即ち収益性によりネットワークを構築するLightning Networkにも一定の示唆がある。単一障害点がない特性(トラストレス)を維持したままオンチェーンと比較して安価かつ高速なBitcoinでのP2P決済を実現することを目的としたLightning Networkにおいては、決済ネットワークの全体像を”中間の”ノード運営者が把握することはない。また、匿名性の機能は個々のノードが提供するものではなく、プロトコルに組み込まれたものである。そのため送金の目的をノード運営者が認識することはないといえるのではないだろうか。また、二者間のP2Pでのチャネルにより構成されるネットワークで一つのノードの運用を検閲することには実効性がない。ネットワークは手数料のインセンティブと送金効率により、送受金元を認識することなく経路を再構築する。しかし、事業者と個人の運用するノード、規模などから色分けもされる可能性もありうる。例えば、日本の資金移動業は業規制かつマクロプルーデンスの観点ではあるものの、第一種、第二種で滞留規制や送金額の上限規制を設けている。
  • 現状は高額な送金には使いづらく、ノード運用による収益獲得機会も非常に不安定なため、資金洗浄にはオンチェーンや他の暗号資産のほうが使いやすい状況である。しかし個人的には、決済網の規模が大きくなったとき、チャネルや送金の量に着目される可能性にも理論構築をしておかないといけないと考えている。
  • 何が既存の業規制や技術のアーキテクチャと異なるのか、実効性があるのかどうか、この広大なネットワーク上でのビジネスを阻害し”ガラパゴス化”しないかどうか、といった視点での論法をこの先備えていく必要がある。手数料インセンティブによりネットワークを構成するLightning Networkでの事業開発および周辺サービスの収益化を委縮させ、グローバルなP2P決済ネットワークの構築に後れを取ることのないよう、起訴の今後の展開を注視したい。

 

本稿執筆中に内田先生がこの話題についてコメントされていました。小規模ノードの多数運営による潜脱行為という観点は私の頭になかったので、もう一ひねり考えないといけません。。。

https://x.com/uchida_tomato/status/1786348216256270404

Documents

https://docs.samourai.io/

https://www.justice.gov/usao-sdny/pr/founders-and-ceo-cryptocurrency-mixing-service-arrested-and-charged-money-laundering

https://www.justice.gov/usao-sdny/media/1349321/dl

https://www.dfs.ny.gov/virtual_currency_businesses

https://www.nysenate.gov/legislation/laws/BNK/A13-B

https://www.innreg.com/blog/crypto-and-money-transmitter-law

https://medium.com/samourai-wallet/changes-to-whirlpool-mixing-fees-effective-march-2021-30c8a2a59aed

 

 有料に書くことは特にないので、最近食べておいしかったお店を書いておきます。(写真もなしのためご容赦!)

Remaining : 147 characters / 0 images
500

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Bitcoin。歌、カメラ、旅行、カレーが好き。

Share

Popular stories

【宝くじマイニング】Bitaxe Ultra 1366

1264

美味しいカレーを食べたらクジ引きでビットコインをもらえた日

273

いちやさ

232