大きな傾向は依然として上昇している

大きな傾向は依然として上昇している

よろしければ、身近にビットコインを遊んでいる友達をお勧めして注目してください。サポートありがとうございました

Mt.gox門頭溝取引所は、10月15日の賠償提案を再び12月15日に延期し、この取引所は2019年3月からほぼ2~4ヶ月ごとに賠償提案を延期しているため、彼の賠償案がいつ提出されたのか、また85万枚のビットコインが、現金を賠償する形なのか、それともビットコインを賠償する形なのかを判断することも困難である。これらは未来の市場に大きな影響を与えるだろう。いずれにしても、12月にもう一度見てみよう。階調信託は今年に入ってビットコインの購入は非常に狂っており、第3四半期になると、階調がほぼすべての鉱夫が持っているビットコインをすべて消化し、市場供給不足により、第2四半期の第3四半期のビットコインの上昇が続いているからであり、階調を除いて多くの上場企業がビットコインを購入し始めているため、第4四半期になるかもしれない。供給は機関の購入を支えるのに十分ではないだろう。

画像1

                                               相場分析

ビットコイン:ビットコインは短期的には弱いコールバック整理においても,最も主な原因は上方の圧力プラットフォームの圧力が重いことであるが,コールバックの力から見ると,大きな投げ込みは見られないため,再び1100付近に戻す機会があれば,加倉の機会であり,全体的にはコインを主とすることを提案しており,簡単に売らないことを提案している.

ETH:ビットコインの動きに対してはやや弱いが,今日はコールバック量が有意に拡大していないため,暴落を続ける基礎もなく,支持位は365付近であり,長期的には過小評価領域にある。過去1年間、39.6%のイーサリアムのみが取引されており、大部分がロック状態であったことに加え、太坊チェーン上のDefiも最近では大量のイーサ坊をロックしており、チップロックが定着しており、将来的に上昇すると非常に迅速になる。

XRP:これらの活性の悪いものは本当に慎重に参加しなければならないが,市場が弱くなると,誰よりも速く,間違っていると損を止める.

LINK:大餅三連陰に従い、下落幅は全体的に大きくなく、反発傾向は依然として存在している。

BCH:265圧力は順調に触って、その後ビットコインに持って行かれて、今日の上攻量は普通にできますが、幸いにもリバウンド傾向で、お金を稼いでいる人は倉を減らすことができて、もっと良い購入機会を待ってからにしましょう。

市場はまだ強い論理の中で、短期的なコールバックは中長期的な判断に影響を与えず、全体的には多さと持ち札を主としており、安いチップを簡単に他人に渡してはいけない。

画像3

上の図は現在私が持っている主流通貨です

画像2

100

記事を書いた人