ビットコインは依然として購入が主です

ビットコインは依然として購入が主です

よろしければ、身近にビットコインを遊んでいる友達をお勧めして注目してください。サポートありがとうございました

世界の中央銀行が後を継いで自分の法定デジタル通貨を開発していることは、ビットコインの価格をさらに推進し、各国が自分のデジタル通貨を持っている場合、ビットコインは最も信頼できる貨幣媒体として、いつまでも増発せず、改ざんすることができず、誰もコントロールできない信頼できる通貨を得ることができ、より多くの人が推戴することができ、真のインフレ防止商品になるだろう。ビットコインの価格は自然に上昇しています。辛抱強く持っているのが王道です。現在,0.1枚以上を持つビットコインアドレス数は近年新たに高くなり続けており,現在では300万アドレスを超えており,この数字は大きくなく,小さくないといえるが,傾向は特に顕著であり,このような合意の加速にともない,後の貨幣価格は非常に期待できる.

画像1

計算力から見ると、ビットコインの計算力も過去最高を記録し続けており、大資本(鉱場主たち)がこの業界を有望視し続けており、市場に堅固な基礎を築いていることを示している。

画像2

昨日、Square社が5000万ドルのビットコインを購入したというニュースが市場の大上昇を引き起こし、この会社はツイッターCEOによって設立され、ビットコインを購入したことは2つの大きな事件を示している。ビットコインはいくつかの大手の金融配置資産になりつつある。ビットコインは大きな資金を収容して入場できる金融資産となっている。5000万ドルの流入は大きな変動をほとんど起こさず、このような深さは、自然とより大きな資産が入ることができるため、狂人は昨日の観点を維持しており、マクロのファンダメンタルズも資金面も、現在は暴落の基礎を備えておらず、徐々にの動揺向上が主基調となる。利空方面:アメリカの監督管理はコードを追加しており、いくつかの大型取引所、例えばBitmex、Bithumbに対していくつかの強硬な処罰を行い、17年に違反して仕事をした有名人、例えばMcAfeeなども逮捕し、これらは市場の多感情を抑制するだろう。しかし全体的に見ると、市場は依然として持続的に増加する環境にあり、悲観的すぎるべきではない。

                                             相場分析

ビットコイン:昨日は量が上がって、今日は横になることができて、空振りの弱さを説明しています。この位置はまだ揺れが上向きを主にしています。前提はトランプのやつが週末に風を引かないようにして、市場は自分のペースで歩き、コインを持って上昇することを主とすべきです。昨日校長について少しずつ買ってきた友人たちは、段階的に安値を買っていたので、辛抱強く持っていた。

ETH:連動が主で、現在は自分の独立相場は見られず、動きもビットコインの強さもなく、動揺確率はさらに大きくなると予想される。

XRP:最近は前の段より少し量が大きくなり、資金購入があり、上昇相場になります。

LINK:短期空振りエネルギーが不足しており、一定の安定の兆しがあり、短線買いを考慮している。

BCH:昨日は明らかに上昇しましたが、資金参加量はあまり大きくなく、明日も上昇し続けます。

BSV:3本の下影線が連続しており,後市ではBCH上昇に連動して期待されている.

YFI:日線は天量下影を形成し、パニックを極め、大幅な反発が生じ、この反発の傾向が大きい確率が続く。

全体的な市場購入が中心でしょうが、前は損効果が強すぎて、この波もバランスを取らなければなりません。ノーベル平和賞は食糧計画署に与えられ、この疫病は、物資はほとんど何の不足もなく、みんなは衣食を豊かにすることができて、人類の歴史上の巨大な進歩であり、世界の未来は依然として科学技術主導である。勉強を続けてこそ,自分の運命を把握することができる.

画像3

100

記事を書いた人