反省会グループの入り方(Sphinx.chat)・part2

反省会グループの入り方(Sphinx.chat)・part2

日々ビットコインを触っている皆さん、こんにちは!
お久しぶりです。(だるま)です。
最近暑いですが、皆さんはどうお過ごしですか?

私は以前「Sphinx.chat(反省会グループ)に入る方法」という記事を書いたのですが、色んな人がツイートしてくれたわりに、自分の記事の内容が悪かったせいか、あまり参加者が増えてないみたいなので、前回とは違うアプローチでもう1度記事を書きたいと思います。ちなみに現在、反省会グループには22人ほどのメンバーがいるみたいです。

なお、このグループでは、おもしろビックネームのCraig Wright, Roger Ver, Jihan Wu(たぶんみんな偽物(笑))もちょこちょこ出現するので、その辺も込みで色々と楽しめると思います。また、MintGoxアジア版の話題などもちょいちょい出てくるので、その辺に興味ある人も入ってみるといいと思います。

 

前回の記事では、日本円から(反省会グループ)に入る方法を紹介しましたが、今回は不要になったアルトコインやゴミコインを使って(反省会グループ)に入る方法を紹介します。

 

なお、今回の記事も普段ビットコインを触りまくっている玄人の皆さん向けではなく、あくまでも初心者の方向けの記事となります。玄人の皆さんはSNSでの拡散を協力していただければ嬉しいです。また、今回の方法を実践する場合は、アクシデントなどで事故って失っても構わない程度の少額でやるようにしてください。試す程度なら数百円分くらいで全然いいと思います。まずは少額でもwalletに入れて、ライトニングの決済を体験してみたい人向けに書きました。

 

今回使用するもの

1・不要になったアルトコイン or ゴミコイン

2・LN(ライトニング)対応ウォレット

3・https://fixedfloat.com/

 

方法・(準備編)

まずは、アルトコインなどをライトニングに両替するサイトのfixedfloat.comで自分が持っているコインで対応しているものがあるかを確認します。

 

ちなみに、fixedfloat.comでは現在以下のコインがライトニングに両替出来ます。

 

 

個人的にはネットワーク手数料が安いコインを使うのがおススメです。

逆にビットコイン、イーサリアム及びERC-20トークンは使用するのにオススメしません。今回のように少額での両替の場合、送金手数料の方が高くついてしまう可能性があるためです。この中ではLitecoin、BCH、BNB(BINANCE CHAIN)などは送金時の手数料が安く済みそうですね。

 

実際に自分が持っているコインで対応しているものがあれば、それで両替出来ます。両替する前に、ライトニング対応walletを準備しておきましょう。今回はBluewalletでやってみます。

https://bluewallet.io/

まぁ、準備といっても、ダウンロードしておくだけですが。

ダウンロードしたらLightningの方でwalletを作成しときましょう。

 

実際に両替してみる

今回は試しにBNB(BINANCE CHAIN)を使ってやってみたいと思います。

https://fixedfloat.com/に行って、両替したいBNBの量か、欲しいsatoshiの量を打ち込みます。

 

両替レートを確認してOKならBluewalletでInvoiceを作成します。今回は0.1BNBという少額でやってみます。表示されている19449satsでInvoiceを作成。

 

作ったInvoiceを実際に張り付けて、両替します。

 

あとは指定されたアドレスにBNBを送れば完了です。

 

BNBで両替した場合はBNBを送金後30秒くらいで全ての作業が完了します。無事に19449satsが届きました。

 

無事、satoshiを手に入れたら、あとはSphinx.chatのアプリを取ってnodeを買って、ビットコイナー反省会グループに入ってみてください。

 

nodeの購入が完了したら、このQRコードか、リンクから反省会グループに入ってください。

sphinx.chat://?action=tribe&uuid=XvFdNiCgn1fp6FZoApwQUNi2WyO8t_IV7yx64zlebbKRp66WjFRfanvCZqVVlOXJgRxNuoWxzxlHOb19Wq8EK1dzsjvC&host=tribes.sphinx.chat

 

両替サイトを使った方法は以上です。

 

あと、Sphinx.chatのnodeはSpotlightのLapp決済機能でも買えるみたいなので、Spotlightで記事を書いてポイントを稼いでnodeを買う方法もいいと思います。

やり方はこんな感じだと思います。

以上で、反省会グループへの案内は終わりです。

 

ここからは余談です。

 

実は私(だるま)もsphinx.chat内で「だるまの部屋」というグループを運営しております。

sphinx.chat://?action=tribe&uuid=XvqfAyCk7IKc5TKjpNn14DxLR8FwNAf7rP5pEIS0UFkArEg3lXcRiimHs1JVItxOJggq770QiE1ZT-jYj2ykyem1VJ2v&host=tribes.sphinx.chat

 

このグループは6月から運営しているのにも関わらず、メンバーは私を含め、まだたったの3人です。私のこのグループでは有益な情報やためになる話は一切ありません。ここでは主に恋愛相談(恋バナ)や結婚・離婚の相談、他にも下ネタとか、下ネタとか、下ネタとか。基本的には、他愛もないどうでもいい話しかしません。ちなみに、現在このグループの顧問はSpotlightでも有名なkatakotoさんがやってくれています。katatokoさんと(だるま)は普段はこんな感じの会話をしています。

 

残念ながらR-18指定の放送コードに引っかかるので、内容は全てモザイクをかけました。すみません(笑)

 

(だるま)が運営するこのグループに入る意味は特にないですが、最初に紹介した反省会グループの方はプロのビットコイナーばかりなので、素人や初心者の方にとっては若干ハードルが高いかもしれないと思い、アマチュアビットコイナー用にこのグループを作りました。(だるま)はここに常駐しているので、気軽にコミュケーションを取りたくなった人や、冷やかしたい人、孤独で寂しさを紛らわしたい人は、ぜひ遊びに来てください。

なお、私はビットコインに関しては素人なので、ビットコインやライトニングの技術、その他様々な専門性の高い話題の話をしたい方はぜひ反省会グループの方へ行ってください。

 

最後に(だるま)からギフトです。

 

5000satギフトリンク①

5000satギフトリンク②

5000satギフトリンク③

5000satギフトリンク④

5000satギフトリンク⑤

 

ぜひ、このギフトを使ってSphinx.chatのノードを買って反省会グループに入ってください。すでに反省会グループに入っている人はこれを使って友達を反省会グループに招待してあげてください。

 

使い方

リンクから飛び、QRコードをライトニング対応ウォレットでスキャンするか、Invoice作成して受け取ってください。

 

これでメンバーがさらに5人は増えるでしょう(笑)

 

関連記事紹介

私以外のユーザーさんが書いてくれたwallet関連の記事なども載せておきます。私の記事だけでは不足の部分もあると思うので参考にしてみてください。

 

BTCのライトニングウォレットを作成してSpotlightで有料記事を読む手順(詳細解説)

【手順書】スマホゲームでBTCを入手→ライトニングウォレットに送金→Spotlightに送金

Sphinx.chatで遊んでみた

lightning networkオンボード 初心者備忘録

ライトニングでSpotlightにBTC入金する手順|BitFlyer→BlueWallet経由

Spotlightの高額記事を買うために入金する方法

おもしろサービス×ビットコイン

Nayuta Walletを使ってみたよ★

手軽にライトニングを利用する方法・ポイント

100