ヘッダー画像

おもしろサービス×ビットコイン

なまえ

スポットライト開発エンジニアの小川です。今回は、ビットコインの面白くかつ実用的なサービスの紹介をしたいと思います。

インターネット上のお金としてビットコインは非常に相性が良いと思いますが、ビットコインの送金には、10分の認証時間と数十円の送金手数料が必要で、さらに1円以下の少額決済は現実的にできない状況です。そこで、ライトニングネットワークという技術を活用してビットコインの高速、低手数料送金が可能となりました。スポットライトもこの技術を活用しています。僕はライトニングネットワークを活用したビットコイン決済を「ライトニングペイ」と呼んでいます。

ライトニングペイによる少額決済はインターネット上のコンテンツを1ページあたり購入したり、動画・音楽ストリーミングによる見た分・聴いた分課金など、今までにはできなかった新しい決済手段ができるようになる可能があります。

今回は、ライトニングペイを活用したギフトサービスを紹介したいと思います。このサービスは、ギフト用に送金したい金額を入力します(以下の例は1000 sats)。

「Create」ボタンを押すと、以下のようなQRコードが生成されるので、このQRコードに対してライトニングペイをします。

決済が完了すると、以下のようなギフト用のURLが生成されるので、これをプレゼントしたい人へ送ります。

このURLを開くと以下のような画面が表示されるので、お使いのライトニング搭載ウォレットを使うか、スポットライトの入金画面から受取る金額(以下の例は1000ポイント)のインボイスを発行し、テキストボックスへ貼り付け、「Receive gift」ボタンから1000ポイントが受取れます

 

以下に1000ポイントのギフトを作ったURLを載せておくので、是非ゲットしてみてください。

 

文字 225字

100

コメント(4件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

なまえ

またギフト作りますねー

なまえ

あ、もう遅かったみたいですね。
>Your gift has been redeemed!

なまえ

このサービス面白そうですね。一度チャレンジしたいと思います。

なまえ

いただきました〜ありがとうございます!

関連記事

名前

大切なことは(実は)ギャンブルが教えてくれる

めちゃ面白い記事をみつけました。「大切なことはギャンブルが教えてくれる」というブロ

名前
サムネイル

ライトニングネットワークの経済圏

どんな経済圏でもお金がまわる仕組みが必要です。例えば、私たちの生活では仕事をして得たお金を使って物やサービスを消費します。働くことでお金を得るわけですが、なぜ私たちはお金を欲しがるのでしょうか?それはモノやサービスを消費するためであったり、将来のために貯蓄するためであったり人それぞれです。貯蓄することも、将来はそのお金で何かを消費するために貯蓄している方が大半だと思います。 ポイントも同じことが言えると思います。私たちが一生懸命ポイントを貯めるのは、そのポイントを使って何か消費しようと思っているからです。もしこのポイントで買えるものが極限られたもの、例えば、乾電池だけだとしたらどうでしょうか?誰もこのポイントを貯めようとはしないと思います。 ではビットコインはどうでしょうか?ビットコインは法律上、決済

名前
サムネイル

Spotlightのポイントと規制について考える

Spotlightの残高はなぜポイントで、有効期限があるのでしょうか。 入金したBitcoinを出金できますが、これは来年からの暗号資産カストディ規制の対象にならないのでしょうか。 ポイントを仮想通貨に変えて出金できるのは、仮想通貨交換業に当たらないのでしょうか。   なぜSpoglightの残高がポイントで、有効期限があるのかを法律から考えます。 そして、Spotlightが規制の対象になる可能性があるのかどうか、考えます。 最終的には、Spotlightのポイント入出金を規制に当たらない形に整理する仮説を示