クレイグ・ライトがサトシナカモトではない12の理由

クレイグ・ライトがサトシナカモトではない12の理由

今週はCOPA対クレイグ・ライト裁判の最終弁論が行われる。その目的は、クレイグ・ライトがサトシ・ナカモトではないことをきっぱりと証明することにある。3月12日、COPAは最終弁論で、ライト氏がサトシ・ナカモトであるはずがない重要な理由を説明した。これらの点を、ライト氏の詐欺「産業的規模とまで言える」偽造に焦点を当てた多くの論点に加えて、以下に概説する。

ライトがサトシ・ナカモトでない理由:

1.ビットコイン・ホワイトペーパー

ビットコイン・ホワイトペーパーはLaTeXではなくOpenOfficeで作成されている。本物のサトシなら知っているはずだ。ライト博士はそれがLaTeXで作成されたと主張し、虚偽の文書でその話をサポートしようとしたがそれは無駄な行為だった。

2.アダム・バックとのやりとり

本物のサトシなら、2008年8月のサトシのアプローチに対して、アダム・バックがビットコインのコンセプトを否定しておらず、失敗するとは言っていないことを知っているはずだ。ライト博士はそうではないと主張しているが、彼の話はアダム・バック自身のメールによって虚偽であることが明らかになっている。

3.ウェイ・ダイの研究がサトシに与えた影響

現在公開されているアダム・バックとサトシの電子メールのやり取りから明らかなように、本物のサトシは2008年8月にウェイ・ダイのb-moneyの提案を初めて発見した。その一方でライト博士は、1990年代後半からウェイ・ダイの研究に魅了されていたと主張している。ライト博士は、ライトソン教授と一緒に行ったとされる仕事について一連の嘘をつき、その中で彼はライトソン教授が、ライト博士にウェイ・ダイの仕事(実際にはウェイ・ダイが書いていない論文を含む)を紹介、推薦したと語っている。

4.サトシのPGPキー

本物のサトシなら、まずPGPが2011年以前に作成され、投稿され、使用されていたこと、その主な機能が署名鍵であったこと、Vistomailのアカウントに何の制限もかけられていなかったことを知っているはずだ。PGPキーに関するライト博士の様々な一貫性のない説明は、彼がそれを生成した人物ではないことを示すだけだ。

5.ビットコインのコード

本物のサトシなら、自分が書いたコード、CheckBlock関数がどのような機能なのか、またCheckBlockHeaderが2013年には存在しなかった関数であること、あるいは符号なし整数とは何かを知っているはずだ。公判中、ライト博士はこれらのことを全く知らなかったことが証明された。

6.Upload.ae

本物のサトシなら、ホワイトペーパーが公開されたサイトがドバイで所有・運営されている無料のファイルホスティングサービスであり、ライト博士が言ったようにメルボルンで彼が運営するセカンダリサーバーではないことを知っているはずだ。

7.パッチ・チューズデー

本物のサトシなら、2009年1月のパッチ・チューズデーにマイクロソフトが発行したパッチの結果、ビットコインシステムがクラッシュしたのではないことを知っているはずだ。パッチ・チューズデーに関するライト博士の一連の虚偽の話は、彼がサトシではないことのさらなる証拠となる。

8.マイニングの必要要件

本物のサトシなら、ビットコインシステムの初期の運用には70台以上のコンピューターは必要なく、電気代も月1万1000ドルもかからなかったことを知っているはずだ。ライト博士の2009年のマイニング作業の説明は、彼がサトシではなく、その時点ではマイニングしていなかったことを明らかにするだけだ。

9.ビットコインの取引

本物のサトシは、ライト博士の主張に反して、サトシがズーコ・ウィルコックス=オハーンにビットコインを送っていないことを知っているはずだ。さらに、本物のサトシなら、公に知られている数人の名前に加えて、ビットコインを送金した人物の名前を正しく挙げることができるはずだ。例えば、ニック・ボームの名前は公表されていない。また、ライト博士が主張するように、サトシがまだ知られていない100人にビットコインを送っていたとすれば、彼が本物のサトシなら少なくともそのうちの1人の名前を挙げることができたはずだ。

10.ジェネシスブロック

本物のサトシは、ジェネシスブロックのコインベース・トランザクションに関連する公開鍵が存在しないと主張するような、重大かつ明白な間違いを犯すはずがない。しかし、これがライト博士の発言において、実際に彼が犯した間違いなのだ。

11.サトシによる暗号通貨に関する投稿

本物のサトシは、2010年7月の暗号通貨に関する投稿は、マルッティ・マルミではなく、サトシ本人による投稿であったことを知っているはずだ。本物のサトシであれば、ライト博士のように、明確な証拠があるにもかかわらず、それとは反対のことを主張し続けることはなかっただろう。

12.GitHubへの移行

本物のサトシは、2010年から2011年にかけて、ギャビン・アンドレセンがSourceForgeの代わりにGitHubをビットコインシステムのプロジェクトに使用することに、何の異議も唱えなかったことを知っているはずだ。サトシはまた、ウラジミール・ヴァン・デア・ラーンがビットコインの送金とは何の関係もなく、彼が送金したことを示唆する証拠のかけらもないことも知っていたはずだ。これらの点に関するライト博士の虚偽の説明は、彼がサトシではないことを示すものだ。

ジョナサン・ハフKCが述べているように、この注目すべき裁判で共有されたすべての証拠の後では、ライト博士がサトシ・ナカモトでないことはこれまで以上に明確になっている。

翻訳元:12 reasons why Craig Wright is not Satoshi Nakamoto

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

『俺が、そしてここへ来て、全てをBitcoinに捧げた奴等が望んだのは、俺たちがサトシを愛したように、サトシも俺たちを愛してほしい、それが俺たちの望む事だ!』ランボーのコスプレで₿を乱射しながら崖からダイブ!

Share

Popular stories

アンドレアス・M・アントノプロス講演動画“次なるビットコインは何か?”全訳

5302

親愛なる家族、親愛なる友人たちへ

1036

『ザ・インターネット・オブ・マネー』第1章 What is Bitcoin? 日本語訳

859