katakoto

katakoto

『俺が、そしてここへ来て、全てをクリプトに捧げた奴等が望んだのは、俺たちがサトシを愛したように、サトシも俺たちを愛してほしい、それが俺たちの望む事だ』ランボーのコスプレで₿を乱射しながら崖からダイブ!

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson19

🐇Lesson 19🕳️プライバシーは死んでいない “参加者たちはみんな、順番をまったりしないで、いっぺんに玉をうっていて、そのあいだずっといいあらそっては、アナグマをとりあってけんかしてます。そしてじきに女王さまはカンカンに怒って、そこらじゅうズシズシうろついては、「あやつの首をちょん切れ!」だの「こやつの首をちょん切れ!」だの一分に一度くらいはわめいています。”引用元:不思議の国のアリス もし専門家が信じられるなら、80年代からプライバシーは死んでいたはずである。だがビットコインと言う匿名の発明や、最近の歴史に見られる出来事が、これが事実ではないことを示している。プライバシーは監視状態から逃れるのは決して容易ではないがまだ生きている。 サトシは、自分の足跡を隠し身元を隠すために長い時間をかけた。10年後、今もなおサトシ・ナカモトは個人なのか、グループなのか、男性なのか女性なのか、はたまた世界を征服するために自身を起動したタイムトラベルAIなのか不明なままである。陰謀説はさておき、サトシは自身を日本人男性と名乗ることを選択した。それゆえ私は邪推せず、彼が選んだ性別を尊重して彼を“彼”と呼ぶのである。 私はドリアン・ナカモトではない 彼の本当の正体が何であれ、サトシはそれを隠すことに成功した。彼は匿名のままでいたいと願うすべての人を、勇気付ける例を示したのだ。オンライン上でプライバシーを保つことは可能であると。 “暗号は機能する。適切に実装された強力な暗号システムは、数少ない信

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson19

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 18

🐇Lesson 18🕳️ ゆっくり動き壊さない “こうしてボートは、明るい夏の日の下をゆっくりと進んだ。陽気な乗組員の声と笑いの音楽とともに...”引用元:不思議の国のアリス もう死んだマントラかもしれないが、“素早く動いてぶっ壊す”(※翻訳者注1)ことが依然としてテクノロジーの世界でどれだけ多く機能していることか。これは最初から正しく物事を行うかどうかなど関係がなく“失敗は早めに、そしてたくさん”精神の基本的な柱となる考え方である。 成功は成長で測られるので、成長している限りすべては順調である。最初に何かがうまく行かないならば、単に方向転換して繰り返せばよい。言い換えれば、壁に向かって十分なクソを投げつけて、何がひっつくかを見ればよい。 ビットコインは違っている。意図的に異なっている。やむを得ず違うのだ。サトシが指摘したように、電子通貨はこれまで何度も試されてきており、これまでの試みは、切り落とせるトップの首があったがゆえにすべて失敗に終わってきた。ビットコインの真新しさは、頭のない獣であるという点だ。 “多くの人々は、1990年代以来すべての会社が失敗してしまったため、電子通貨を敗因として片づけてしまった。破滅の原因は、そうしたシステムの中央管理された性質のみであったことが明らかであったら良いと願っている。”サトシ・ナカモト この徹底的な分散化がもたらす結果の1つは、変化に対する生来の抵抗力である。“素早く動いてぶっ壊す(問題解決する)”は、ビットコインの基盤となるレイヤーでは機能しないし、これからも機能しえない。たとえそれが望ましくても、全員にそのやり方を変えるように説得しなけ

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 18

₿コツコツ集めるBitcoin #サト活を始めよう4!バイト代をBitcoinで受け取ろう!

  音楽家の内橋和久、住宅確保給付金の申請結果を報告「フリーランスとはフリーター、職安に行けと言われた」引用:https://matomame.jp/user/yonepo665/58dea3f681ee43f55356 いいですか行政の皆さん!“フリーランス”と“フリーター”は全然別のものなんですよ!ましてや自分で探してきたタスクをこなしてビットコインを稼ぐマイクロランサーは、もっともっと違うものなんです! マ、マイクロランサー?? 今日、ご紹介する#サト活サービスは、前に紹介した小さなタスクをこなす事でビットコインが貰える内職系サト活サービス第2弾です! Microlancer.io それでは、いつものように登録➜バイト➜報酬GET➜出金までの流れを光の速さで見ていきましょう⚡ <h2

₿コツコツ集めるBitcoin #サト活を始めよう4!バイト代をBitcoinで受け取ろう!

₿コツコツ集めるBitcoin #サト活を始めよう3!無料ゲームでBitcoinをゲットしよう!

前回は、リツイートなどの小さいタスクをこなしながらビットコインをゲットできる内職系#サト活サイトをご紹介しました。 でも聞こえてくるのはこんな声: 『そんなんチマチマたらたらやってられっかタリーんだよ!ただでさえこちとら自宅に幽閉状態でストレスたまってんだ。好きでもないおっさんのつぶやきをえんえんリツイートなんかしてられるかっての。』 わかります。今の若者風に言えば、わかりみが深く、仏道を願ふに似て、闘諍をこととす。 [訳]:Twitter上での自己への執着がはなはだしく、仏道を願うように見えながら、争い事ばかりしている。(徒然草) それでは今日もKatakotoさんがつれづれなるままに、日暮らし、PC画面に向かいてネットに浮かぶよしなしごとから見つけてきたこんな#サト活情報はいかがでしょうか。 ゲームをダラダラ遊んでるだけでビットコインが貰える! “Bitcoin Bounce” 遊び方は、めちゃくちゃ簡単で、バウンスするビットコインボールをタップにて軌道をコントロールしながら、地面に落ちているチケットを集めていくだけ。 ソフトバンク千賀のフォーク(世代的には野茂)みたいにタップで軌道をストンと落としながら、ボールをブロックから落とさないよう進めていくだけの単純なゲームながら、やってみると結構中毒性が高いです。どれぐらい高いかと言うとこれぐらいだバー――ンッ!!! 堂々の世界ランク14位!時給で換算してみたら、0.1JPYという驚愕のレートがはじき出されました。 貯めたチケットへの抽選が毎日1回行われ、当選すれば順位に応じたSatoshiが貰えるようになっています。 <img

₿コツコツ集めるBitcoin #サト活を始めよう3!無料ゲームでBitcoinをゲットしよう!

₿コツコツ集めるBitcoin #サト活を始めよう2!Sats 4 Likes!

前回の1000sats無料キャンペーン紹介に引き続き、今回も無料でビットコインの最小通貨単位であるSatoshiが手に入るサイトを紹介します。 今日は、指定されたタスクをこなす事で報酬がSatoshiで得られるコツコツ内職系サービスのご紹介です。 名前はSats 4 Likes タスクとしては“僕のTwitterアカウントをフォローしてくれたら100satあげるよ!”みたいな簡単なものが多いので、英語があまり得意でなくても簡単に利用することができるのでおすすめです。 では実際に、登録からタスク完了・受け取ったビットコインを自分のウォレットに出金する所までを、駆け足で確認してみましょう! まずは「Profile」から自分のSNSアカウントをサイトと連携させます。※ここではTwitterアカウントをリンクさせています。 その後は「Task List」で自分ができそうなタスクを選んで実行にうつすのみ。今回はTwitterアカウントでできるタスクが欲しいので、Twitter関連のタスクのみが表示されるようフィルターで絞っています。 このタスクの場合は、“リン

₿コツコツ集めるBitcoin #サト活を始めよう2!Sats 4 Likes!

₿コツコツ集めるBitcoin #サト活を始めよう!1000sats 無料キャンペーン!

世間では、ポイントサイトやメンバーカード・アプリなどを賢く利用してポイントを貯め、電子マネーに交換したりする節約術を「ポイ活」と呼んだりして流行しているようですね。 でもやはりここSpotlightでは、隙間時間に貯めたいのはBitcoin。Yuyaさんの提唱するいわゆる#サト活を時代の2歩も三歩も先取り、かつ前ノメリにて推奨して行きたいわけですよ。 そういうわけで、今回からはKatakotoさんおすすめの、無料でビットコインが貰えるおすすめ#サト活サイトを紹介していきたいと思います。 無料でビットコインが貰えるだなんて、本当であればまるでルノアール隣席から聞こえて来そうな出来過ぎたお話。なぜそれが可能かと言えば、サイト運営者が広告表示や個人情報収集など、配るビットコインよりも多く収益化しているからなわけですが、そのため多くのサイトでは、ビットコインを貰えるまでの作業がとにかく面倒くさかったり、ある程度の大きな額が貯まるまでは引き出せなかったり、かなりの個人情報を切り売りせねばならなかったりと、なかなか安々とは無料ビットコインまでたどりつけないのが現状です。 なのでこの連載では、ライトニング・ネットワークの特性を最大限にいかした、極力面倒くさくなく迅速な方法で₿をゲットできる情報を厳選して紹介します。 それでは本日紹介する#サト活サイトはこちら! “FIXED FLOAT 1000sats無料キャンペーン!” ライトニングネットワークも利用可能な暗号通貨取引所&

₿コツコツ集めるBitcoin #サト活を始めよう!1000sats 無料キャンペーン!

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 17

🐇Lesson 17🕳️ 時間を伝えるには仕事がいる “「どうしよう! どうしよう! ちこくしちゃうぞ!」”引用元:不思議の国のアリス ビットコインが採掘されるのは、何千ものコンピュータが非常に複雑な数学的な問題を解くためだとよく言われている。ある解かれるべき問題があり、正しい解を計算できたなら、ビットコインを“生産”できる。ビットコイン・マイニングへのこの単純化された見方は、人に伝えやすいかもしれないが、少々的外れだ。ビットコインは生産も生成もされなければ、その試練のすべては実際には特定の数学的問題を解くことではない。また、その数学もとりわけ複雑なわけでもない。複雑なのは、分散システムにおいて時間を伝えることである。 ホワイト・ペーパーで概説されているように、プルーフ・オブ・ワークシステム(マイニング)は、分散型タイムスタンプ・サーバーを実装する方法である。 ホワイトペーパーから抜粋。誰かがタイムチェーンって言ってないか? ビットコインの仕組みを最初に学んだ時、私もまたプルーフ・オブ・ワークは非効率で無駄だと思った。しばらくして、私はビットコインのエネルギー消費に関する考えを変え始めた。プルーフ・オブ・ワークは、AB10年(After Bitcoin)の今なお広く誤解されているようだ。 プルーフ・オブ・ワークで解かれる問題はでたらめなものなので、多くの人々がこれを役に立たない作業だと信じているようだ。もし焦点が純粋に計算だけなら、これは理解できる結論だ。だが、ビットコインは計算処理に関するものではない。ビットコインは、物事の順序についての独立した合意に関するものだ。 プルーフ・オブ・ワークは、誰しもが何が起こったか、そしてどのような順序でそれが起

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 17

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 16

“信用するな、検証せよ”についての考察 “「証拠は得られた」王様がいった。「では、求刑を!」”引用元:不思議の国のアリス ビットコインは従来の通貨を置き換えるか、少なくとも代替通貨を提供することを目的としている。従来の通貨は、米ドルのような法定通貨であれFortniteのV-Bucks(ゲーム内通貨)のような現代的な独占的通貨であれ、中央集権化された権威によって拘束されている。両方の例において、あなたはあなたのお金を発行、管理そして流通させる中央集権的権威を信用しなければならない。ビットコインはこの拘束を解き放つ。ビットコインが解決する主な問題は、信用の問題である。 “従来の通貨の根本的な問題は、それを機能させるために必要なあらゆる信用である。 […] 必要なのは、信用の代わりに暗号的証明に基づく電子決済システムである。”サトシ ビットコインは、中央サーバーや信用できる主体を持たず、完全に分散化されることにより信用の問題を解決する。信用できる主体どころか、信用できる第三者すらない。以上。中央の権威がない場合、単純に信頼すべき人も誰もいない。完全な分散化こそがイノベーションなのである。これこそが、ビットコインの強靭さの源であり、ビットコインが今も生き残っている理由である。分散化はまた、我々がマイニング、ノード、ハードウェア・ウォレット、そしてそうブロックチェーンを有している理由でもある。“信用”すべきなのは唯一、我々の数学と物理学の理解が完全に的外れではないということと、マイナーの過半数が(彼らがそうするように動機づけられているように)誠実に行動すると言うことのみである。 通常の世界は“信用するが、検証する”という仮定の下に動くが、ビットコインは“信用するな、検証せよ”という仮定の下に動いている。サトシはビットコイン・ホワイトペーパーの導入と結論部分の両方で、信用を取り除くことの重要性を非常に明確にした。 “結論: 我々は信用に基づかない電子取引のシステムを提案してきた。

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 16

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 15

  🐇Lesson 15🕳️数字の強み “えーと、四五の十二で、四六の十三で、四七が――あれ、これじゃいつまでたっても二十にならないぞ!”引用元:不思議の国のアリス 数字は我々の毎日の生活においてなくてはならないものだ。しかしながら、大きな数字と言うのは、我々のほとんどがなじみがないものである。日々の生活の中で出くわす最大の数字と言えば、数百万、数十億、または数兆の範囲である。我々は貧困状態にある何百万人もの人々、銀行救済に費やされた数十億ドル、そして何兆もの国家債務などについて目にするかもしれない。これらの見出しの意味を理解するのは難しいかもしれないが、これらの数字のサイズに関してはいくらかはなじんでいる。 数十億や数兆にはなじんでいるかもしれないが、我々の直観はすでにこうした大きさの数字の扱いをしくじり始めている。100万/10億/1兆秒が経過するのをどれだけ長く待たなければならないか、直感的に分かるだろうか?あなたが私のような人であるならば、実際に数字を噛み砕くことなくして途方に暮れてしまうことだろう。 この例を詳しく見てみよう。10⁶、 10⁹、10¹²:それぞれの差異は3桁の増加である。秒で考えるのはあまり役に立たないので、頭で理解できるものに変換することにしよう。 10⁶: 100万秒は1.5週間前。 10⁹: 10億秒はほぼ32年前。 10¹²: 1兆秒前にはマンハッタンは厚い氷の層の下にあった。 <img src="https://al

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 15

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 14

🐇Lesson 14🕳️健全なお金 「まずやんなきゃいけないのは、もとの大きさにもどることね」とアリスは、森のなかをさまよいながらつぶやきました。「そして二ばんめに、あのきれいなお庭へのいきかたを見つけることよ。それが一番いい計画だわ」引用元:不思議の国のアリス 私がビットコインから学んだ最も重要なレッスンは、長期的にはハード・マネーの方がソフト・マネーよりも優れているということだ。ハード・マネーは、サウンド・マネー(健全なお金)とも呼ばれ、信頼に足る価値の保存機能を備えた世界中で取引される通貨である。 確かに、ビットコインはまだ若く不安定である。批評家は、ビットコインは確実には価値を保存しないと言うだろう。だがボラリティの議論は大事なポイントを外している。ボラティリティは予期できることだ。市場がこの新しいお金の適正価格を把握するのにはまだ時間がかかるのだ。また冗談めかして指摘されることが多いように、それは測定エラーに基づいている。もしドルで考えるなら、1ビットコインは常に1ビットコインの価値があることを理解し損ねるだろう。   “固定マネー・サプライ、もしくは客観的で計算可能な基準のみで変更されるマネー・サプライが、意味のある公正なお金の価格の必要条件である。”Fr.ベルナルド W. デンプシー, S.J. 忘れ去られた貨幣の墓場をちょっと散歩するかのように、印刷可能なお金はプリントされる。今までの所、歴史上この誘惑に抵抗できた者は誰もいない。 ビットコインは、このお金を刷ることへの誘惑を独創的な方法で取り除いた。サトシは人間の貪欲さや誤りやすさに気づいていた。それゆえサトシはこうした人間の制限よりも、より信頼のおけるものを選んだ。数学である。 <img src="https://alis.to/d/api/articles

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 14

11年ぶりに動いたビットコインはサトシのものか?

2020年5月20日夜、11年以上ぶりに2009年2月10日にマイニングされたビットコインが移動されました。 取引記録→Blockchain.info ビットコインの最初のブロックが採掘されたのは2009年1月9日のことで、今回動いたコインが誕生したのは3,654ブロック目のことです。(つい最近の半減期が630,000ブロック目だったので、どれくらい最初のほうかわかりますね。) このコインについて、「サトシか?」という疑問が湧くのは当然のことかと思います。当時ビットコインのソフトを動かしてマイニングしていた人物など、多く見積もって数十人というところだったでしょうから。 2013年の記事で、初期のビットコインマイニングのプライバシー面での欠陥に注目し、サトシと見られる主体をパターンから発見したというものがあったので、同じ著者による2019年の追記と合わせて意訳して紹介します。 元記事→"The Well Deserved Fortune of Satoshi Nakamoto, Bitcoin creator, Visionary and Genius" 追記→"The Return of the Deniers and the Revenge of Patoshi" 初期のビットコインマイナーの欠陥と「Patoshi」 欠陥① ExtraNonceが新規ブロック発見ごとにリセットしないため、マイナーを区別することができる 新しいブロックを採掘したマイナーはコインベーストランザクションというもので新規発行のコインを入手できるのですが(当時は50BTC)、初期のコインベーストランザクションにはExtraNonceという情報が記録されていました。 マイニングにおいて、新しいブロックを発見するのはNonce(ナンス)という数字を見つける作業に他ならないのですが、32ビットのナンスを1から順番に増やしていくという作業をイメージしてください。 ある程度の時間が経つと、ナンスは32ビットに収まらなくなり(オーバーフロー)、再び1から数え始めることになります。そのとき、ExtraNonceに1を加算することになっており、実際に採掘されたブロックにはナンスと採掘時のExtraNonceが記録されます。 欠陥は、新しいブロックを見つけ

11年ぶりに動いたビットコインはサトシのものか?

いくつかchannelをopenしてみた - らいとなにんぐとねっとなわーく

今日もLN活動メモを書きます。   # loopを起動するためlndを再度make loopを使うにはlndをtags付けてmakeする必要あり > make install tags="signrpc walletrpc chainrpc invoicesrpc" 無事にloopが使えるように!(loopの出番はまだなし)   # モバイルウォレットを試す lnurlについてわかりやすくまとまった記事をちょうどタイムリーに読んだ(感謝) lnurlに対応したlappsを一通り試してみたくなり迷った末、BLWをインストール BLWにBTCをdepositすると結構な額のinbound capacityがもらえてびっくり → コメントもらいました。この仕組はHosted Channelとのこと(解説記事はこちら) 外から(自LNノードなど)受け取れる場合はBLWからchannelをopenする必要はなさそう   # 2つのLNノードでchannelをopenする どういう構成にするか迷うところ   LNノード運用の考え方としては - LNで遊びたいということでfundingは少額 - 数年かけてトランザクションが急増するというシナリオに基づきノードを育てる - 接続先ノードの選定は慎重に(2nd Layerの海に埋もれてしまう) - 実際に使ってみて面白いlappsに繋ぐ   (それにしても今日はbtcのtransaction詰まり気味...) (デフォルト設定のfeeで送ると1時間待つことに)   接続先のLNノードとしては少額を決済するサービスがいいだろう lappsの支払元と送信先をそれぞれ良く選んでみた (kaminarisama-lnd0[1-2]は自分のLNノード)   channelをopenするnode案 kaminarisama-lnd01 -> lntxbot kaminarisama-lnd01 <- kaminarisama-lnd02 kaminarisama-lnd02 -> BLW Den kaminarisama-lnd02 -> spotlight.soy などなど

いくつかchannelをopenしてみた - らいとなにんぐとねっとなわーく

ビットコイナー反省会の半減期2020 特別放送の名言まとめ

どうも!暗号(だるま)です。 いや~半減期過ぎましたね~   それにしても、ビットコイナー反省会の特別放送面白かったですね。 名言もたくさん生まれましたね~     忙しくてまだ見てない人のために、今回の放送で生まれた数々の名言をまとめました。 放送を見た人も見てない人も楽しめると思います。   名言 2分頃:kojiさん 「でも、Twitterのリプライに左の方が全然イケるっていう声もけっこう多かった。」   6分頃:Yuzoさん 「X↑RPなんですよ。正しくは。あれはISOの通貨コードがあって・・・だから、Xで区切ってRPなの。」   10分頃:kojiさん 「社会は人と行動を合わせるの難しいなと思いましたね。時間合わせたりとか」   11分頃:Yuzoさん 「14年、15年は詐欺師って呼ばれてたんだよね。・・で、16年くらいから急に先生、先生って呼ばれて。どんどん上がっていくわけですよ。だってピーク時の講演料凄かったよ。言えないけど。・・・あれ、人生のピークだからね。」   16分頃:大石さん<

ビットコイナー反省会の半減期2020 特別放送の名言まとめ

【和訳】Mimblewimble explained like you’re 12

これはミンブルウインブルと呼ばれる暗号資産の送金情報を秘匿するためのプロトコルについての記事を、翻訳したものです。出典元はここでBEAMとよばれるプロジェクトを参考に解説してあります。ミンブルウインブルはBEAMやGrinまたLitecoinで活用されるプロトコルですが、その仕組みについて12才の子供でも分かるような解説があったので、ここに翻訳することを決めました。より多くの人に暗号資産の面白さが伝わればと思います。 ~~本文~~ ミンブルウインブル(Mimblewimble)は公開型ブロックチェーンから個人情報を隠すためのおかしな名前の技術である。この名前は、人々が秘密を言いふらすのを防ぐためのハリーポッターの呪文から名づけられた。 サトシナカモトのビットコイン論文には「プライバシー」についての章があり、ナカモトはビットコインのプライバシーの制限について言及している。この制限は、悪意ある人がビットコインから流出するデータを不正に使うことでさらに悪くなる。これは、個人名を開示しないからビットコインは匿名だと思っていた人たちを驚愕させる。それではどのようなデータが開示されているのか、またどうしてかについて見ていこう。 ビットコインは2つの要件を満たすために3つの秘密を言いふらす ビットコインはトランザクションごとに次の3つの情報を公開する 送信アドレス 金額 受信アドレス ビットコインはプライバシーを嫌っているから上記の情報を公開するわけではない。どんな貨幣システム(ゴールド、現金、物々交換)でも次の2つの要件を満たすためにそれらの情報を開示する。 送信金額と受信金額が等しいことを確認する必要がある。もし私があるアドレスから1コインを送信して、あるアドレスに2コイン受信するようなトランザクションが作れたら暗号通貨は成り立たない。 私が他人の銀行口座から送金処理ができないこと(自分の口座からのみ可能)。キャッシュカードとPINコードもしくはオンラインバンキングのパスワードを知っているもの、または暗号資産の場合は秘密鍵を持っているものからトランザクションが送られたことを確認する必要がある。 ビットコインはこの2

【和訳】Mimblewimble explained like you’re 12

【途中経過発表③】Bitcoin プレゼントキャンペーン

キャンペーンが開催されて3週間が立ち、残り10日となりました。前回に引き続き、これまでに投稿された記事のアクセス数トップ10+αの途中経過発表をしたいと思います。 キャンペーン詳細は以下よりご確認できます。 お1人様1度限りの当選となりますので、最終結果発表時(2020年5月10日)に同じユーザー様が複数記事においてランクインしていた場合、繰上げ当選となります。 途中結果発表では、同じユーザー様が複数記事においてランクインしている場合、重複を除きアクセス数の多い記事をリストしてありますのでご了承下さい。 まだまだチャンスがあるので、どしどし参加してください!!! 途中結果発表は以下よりご確認ください!

しにかけた事がありますか?

衝撃的なタイトルですが、私の妹があります。 出産で。   コロナ禍の今、COVID-19感染でなくても 家族や恋人、友人がICUに入り 治療中でシリアスな方もいらっしゃると思います。   2020年3月末 この時期から、病院の面会規制も厳しくなり 入院、出産は立会人なく妊婦がひとり孤独に行うこととなった。 予定日をだいぶ過ぎて破水した妹は 24時間の苦しい陣痛に耐えた末に 自然分娩が難しいと判断され 急遽帝王切開に切り替え 無事に女の子を出産。 暗く不安なニュースが多い中、親族一同歓喜ムードに浮かれていた。 その数日後にICUに入る事になるとは知らずに。   ここから先は個人的な記録として 何が起こったのか詳細に書き留めておこうと思う。 ↓

しにかけた事がありますか?

ユーザビリティの考察

以前、Nayuta Walletの紹介記事を書きましたが、今回はウォレットとサービス設計についての備忘録として投稿します。 暗号資産を安全に所有するには、ノンカストディアルウォレットと言われる秘密鍵を自分で管理できるタイプのウォレットが必要です。一方、カストディアルウォレット言われるタイプでは、サービス運営者が秘密鍵を管理しています。カストディアルのメリットは、 ユーザが鍵の管理をしなくても良い ユーザビリティが向上する などが挙げられます。この「ユーザビリティが向上する」ことは重要で、例えば、Spotlightでは記事の購読ではビットコイン決済でも可能ですが、いちいちウォレットを起動しないといけません。そのため、サイト内ポイントを使って購読するほうがユーザビリティがいいんですね。 しかし、改正資金決済法に含まれる「暗号資産カストディ業務に対する規制」のため、カストディアルウォレットなどのサービスを提供するには、所謂暗号資産交換業ライセンスが必要となりました。そのためSpotlightではサービス変更を余儀なくされました(詳細はこちら)。 それ以降どうやってウェブサービスにノンカストディアルウォレットを組み込むかを考えてきましたが、Lightning Networkというプロトコルの制約上、簡単には実現できそうにありません... そこで発想の逆転で、ウォレットの中にウェブサービスを入れれば何とかなるかな?と考えてみました。 そのアイディアの一環として、Nayuta WalletからSpotlightを使ってみたので、その操作フローを以下に掲載します。 Nayuta Walletを開き、Marketplace画面のアドレスバーにURLを入力すると、Spotlightが表示される。 画面をスクロールしていくと、「続きを読む」ボタンがあるので、タップする。 <img style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" src="https://s3-ap-northeast-1

コロナ離婚を考える(嘘)。

クスクス。マカロニサラダ。ベーグル。講義がなく、しかもバイトもできない学生を救うために各大学は援助金や学費の支払い猶予を決定しているが、わしの大学は何をしているかというと、学食の人気メニューのレシピを続々と公開し、「みんなもお家で作ってみてね!」という素晴らしいステイ@ホーム対策である。言いたいことはいろいろあるがクスクスは作ってみようと思う。 そういうわけでマスクは値段が上がるし祭りは中止になるし、あまりいいニュースも聞かないが、コロナ離婚とかいう話を耳にするのでわしの不幸な人生の話でもしようと思う。 以前に何度か書いているけれど、わしは過去にいかなる伝染病に関係なく超スピード離婚している。結婚は勢いだと思い勢いで結婚し、その結果、配偶者がしょっちゅう血まみれになったり猫を食べるとか猫の餌を食べるとか、果物の種で部屋の4隅に山を作るとかで、少しも心が休まることがなかったからである。血液型O(-)と、誰にでも輸血できる逸材なのに血を無駄にするとか阿呆の極みである。   その阿呆の極み(無職)が或る日宣うた。 「やい、お前、年内に子供4人産め!」 ただでさえ高齢出産の域に入るわしが4人とか無理に決まっておろうと言うと、    

コロナ離婚を考える(嘘)。

ドストエフスキー的自由

海外のビットコイナーガチ勢から、「メガバンクの権力から解放されて、お金を自分でコントロールできるようにしようぜ」、というような言葉をたまに聞きます。 僕がビットコインを好きになった理由は、「インターネット上で自由にコインを送金できる」という、今までに経験したことのなかった体験ができ、かつ、エンジニアとしてその技術に興味をもったからでした。 ビットコインが人々を魅了する理由は人それぞれだと思います。ただ、大半の方は、儲けたから、または、これから儲けたいからという理由ではないでしょうか。換言すると、投機的な理由でビットコインに興味があるといえるのではないでしょうか。 実を言うと、僕がビットコインに興味をもち続けている理由の一つに「価格が上がるから」というのも含まれています。人間というものは実に愚かなもので、どうしてもギャンブルに魅了されてしまいます。

description

5f84tntouを購入しました。

-100
card_giftcard

あんずさんから 7m3rttyim へ投げ銭がありました。

600
card_giftcard

あんずさんから 7m3rttyimが購入されました。

100
create

7m3rttyimを投稿しました。

-100
description

rxdbi0izpを購入しました。

-100
description

6wu0m0tzlを購入しました。

-100
description

at1u6bki3を購入しました。

-100
card_giftcard

Scott Villalobosさんから 3edwes9zfが購入されました。

100
card_giftcard

Motokanさんから cowjijfnsが購入されました。

100
description

p2urfv88eを購入しました。

-44
description

p2urfv88eを購入しました。

-19
description

p2urfv88eを購入しました。

-37
description

ec87xcgo3を購入しました。

-32
description

ec87xcgo3を購入しました。

-68
create

hrz8j92xmを投稿しました。

-44
create

hrz8j92xmを投稿しました。

-56
description

4yfxmt55aを購入しました。

-56
description

4yfxmt55aを購入しました。

-44
description

uti4fndriを購入しました。

-100
description

ur7ycxwgvを購入しました。

-100