なまえ
katakoto
『俺が、そしてここへ来て、全てをクリプトに捧げた奴等が望んだのは、俺たちがサトシを愛したように、サトシも俺たちを愛してほしい、それが俺たちの望む事だ』ランボーのコスプレで₿を乱射しながら崖からダイブ!

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 7

🐇Lesson 7🕳️知識の限界 “下へ、下へ、もっと下へ。このままいつまでもずっと落ちてくのでしょうか?”引用元:不思議の国のアリス ビットコインにのめり込むことは、人を謙虚にさせる体験となる。私は物事を知っていると思っていた。私は教育を受けたと思っていた。少なくとも私はコンピュータ・サイエンスは理解していると思っていた。何年も勉強したのだから、デジタル署名、ハッシュ、暗号化、セキュリティ運用、ネットワークに関するあらゆる事を知っているはず。そうだろう? まったく違った。 ビットコインを動かしている基礎の全てを学ぶことは困難である。 それら全てを深く理解することは、ほぼ不可能だ。 “誰もビットコイン・ラビットホールの底を見つけられていない。”ジェイムソン・ロップ 私の読むべき本のリストは、私が読めるスピードをはるかに超えて拡大し続けている。読むべき論文や記事は事実上、無限にある。これら全部のトピックについてのポッドキャストは、私が聴くことができる以上に多くある。本当に謙虚になる体験だ。さらには、ビットコインは進化しており、イノベーションの加速率で最新情報に遅れないでついて行くことなどほぼ不可能なのだ。第1のレイヤーのホコリはまだ落ち着いてすらいないが、人々はすでに第2のレイヤーを構築し、第3レイヤーに取り組んでいる。 ビットコインは私に、私はほぼ何も知らないことを教えてくれた。そして、このラビットホールは底が知れないことも。   (C)Gigi "21 Lessons" クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に基づき翻訳

サムネイル
名前

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 6

🐇Lesson 6🕳️表現の自由の力 「なんですと?」とネズミが顔をしかめながらも、とってもれいぎ正しく言いました。「なにかおっしゃいました?」引用元:不思議の国のアリス ビットコインはアイデアである。現状の形で、純粋にテキストによって動くマシンが現実化したアイデア。ビットコインのあらゆる側面はテキストである。ホワイトペーパーはテキストだ。ノードによって実行されるソフトウェアはテキストだ。台帳はテキスト。トランザクションはテキスト。公開・秘密鍵はテキスト。ビットコインのあらゆる側面はテキスト、それゆえビットコインは言論と等しい。 “合衆国議会は、国教を樹立、または宗教上の行為を自由に行なうことを禁止する法律、言論または報道の自由を制限する法律、ならびに、市民が平穏に集会しまた苦情の処理を求めて政府に対し請願する権利を侵害する法律を制定してはならない。”“アメリカ合衆国憲法修正第1条” 暗号通貨戦争の最終決戦はまだ行われていないものの、アイデアを犯罪化するのは非常に困難な事であろう。テキストメッセージの交換をベースとするアイデアに関しては言うまでもない。政府が言論や表現を違法化しようとするたび、我々は違法数や違法素数(※翻訳者注1)のような必然的に憎悪へと至るバカげた道に滑り落ちる。 世界に言論の自由がある場所がある限り、ビットコインは止められない。(※翻訳者注2) “あらゆるビットコイン・トランザクションにおいて、ビットコインがテキストでなくなるポイントはない。どんな時でも全てテキストである。 [

サムネイル
名前

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 5

🐇Lesson 5🕳️欠点なき概念 「あのものどもの首は消えてしまいました、女王陛下どの!」と兵隊たちがさけんでこたえました。引用元:不思議の国のアリス 皆、良質な起源の物語が大好きである。ビットコインの始まりの物語は、魅惑的なものであり、その詳細は最初に思いつくこと以上に重要である。サトシ・ナカモトは誰なのか?彼は一人だったのか、それともグループだったのか?彼は彼女だったのか?タイムトラベル・エイリアンか、それとも発達したAIか?突飛な理論はさておき、おそらく我々がそれを知る事は決してないであろう。そして、それこそが重要なのだ。 サトシは匿名になる事を選んだ。彼はビットコインの種を蒔いたのだ。彼はネットワークが幼少期に死んでしまわぬよう十分に長い間、近くで待機していた。そして彼は消え去ったのだ。 奇妙な匿名スタント行為にも見えるこれこそが、真の分散型システムにとって本当に重要な事なのだ。中央集権的コントロールなし。中央集権的権威なし。発明者なし。求刑、拷問、脅迫や強要するものなし。テクノロジーの欠点なき概念。 “サトシが成した最も偉大な事のひとつは、消えた事だった。”ジミー・ソン ビットコインの誕生以来、何千もの別の暗号通貨が作成された。しかしそれらクローンの何一つとしてこの起源の物語を共有しているものはない。ビットコインに取って代わりたいなら、その起源の物語を超越する必要がある。アイデアの戦争においては、物語がその生存を決定するのだ。 “金は最初、宝石として形作られ7,000年以上も前に物々交換として利用された。金の魅惑的な輝きは、神からの贈り物とみなされるようになっていった。”Gold: The Extraordinary Metal 古代の金と同じように、ビットコインも神からの贈り物と見なされるかもしれない。しかし金とは違い、ビットコインの起源はあまりに人間的である。そして今回は、開発と維持の神々が誰であるかを我々は知っている。それは世界中の人々である。彼、彼女らが匿名であろうとなかろうとも。 ビットコインは私に、物語が重要であることを教えてくれた。</

サムネイル
名前

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 4

🐇Lesson 4🕳️同一性の問題 “あなたはだれ?” 毛虫がたずねた。引用元:不思議の国のアリス ニック・カーターが、トマス・ネーゲルがコウモリに関しての同じ問い(※翻訳者注1)を考察した論文へのオマージュとして、下記の問題を議論するのに素晴らしい作品を執筆した。ビットコインであるとはどのようなことか? 彼は一般的なオープンでパブリックなブロックチェーン、とりわけビットコインがテセウスの船(※翻訳者注2)と同じ難問に苦しんでいるのを華麗に示している。どのビットコインが本当のビットコインなのか? “ビットコインの構成要素が持つ永続性が、いかに少ないものかを考えてみよう。コードベース全体は書き直され、変更され、元のバージョンとはほぼ似ていない程に拡張されている。 […] 誰が何を所有しているかのレジストリ、台帳そのものが事実上、唯一のネットワークの永続的な特性である。 […] 真にリーダーがいないと見なされるためには、一つのチェーンが正当なものであると明確に指定するような構成要素を持つ、といった簡単な解決策を放棄しなければならない。”ニック・カーター テクノロジーの進歩により、こうした哲学的な問いを真剣に受け止めざるを得なくなっているようだ。遅かれ早かれ、自動運転車は現実世界バージョンのトロッコ問題(※翻訳者注3)に直面し、誰の命が重要で誰のがそうではないかの倫理的決定を強いられる事になる。 暗号通貨は、最初の論争を呼んだハード・フォーク以降、本質的に同一性の形而上学について考え、同意する事を余儀なくされている。興味深い事に、我々がこれまでに得た2つの大きな事例は、2つの異なる答えに繋がった。2017年8月1日、ビットコインは2つの陣営へと別れた。マーケットは、変更されていない

サムネイル
名前

🐀謹賀新年🎍カタコトクリプトYoutube Channel始動!

あけましておめでトゥエニトゥエニ! というわけでやって来ました2020。 今年はより積極的に、何かととっちらかりがちな自分の活動を分かりやすい場所でまとめていこう!と思い立ちまして、過去Twitterに投下していたらわりかし好評を得た、海外クリプト界隈の翻訳動画クリップ集を、今後はYoutubeでまとめていく事にしました。 まだ4つしかありませんが、この中でも、強気なBitcoin価格予想でおなじみマックス・カイザー氏と「Bitcoinぶん投げて金を買いなさい(うちの会社から)」でおなじみの金著名投資家ピーター・シフ氏の討論で、カイザーがテンションMAXブチギレ無双状態になる場面に字幕を付けた動画は、Twitter上でなんと3万回再生を突破! 肌感覚で界隈に人がまったくいなくなっていた矢先の出来事だったので、まだまだクリプトに興味がある人たちの生存が確認できて嬉しかったです。 イキトッタンカワレラーッ! 果てはHipHop系の界隈にまで流れていったのを見て、カイザーさんの魂の叫びはもはやハードコア・ラップである事を確信いたしました。 最近のおすすめはこちらの “まだ19歳でビットコインマガジンのライターとして紹介されているヴィタリク・ブテリンが、地面の草をむしりながらDecentralizationについて熱く語る動画” です。彼が来ているTシャツにも注目。これどこで買えますか? You read my T

サムネイル
名前

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 3

Source:https://21lessons.com/ 🐇Lesson 3🕳️複製と局所性 つぎに怒った声がします ― うさぎのです ―「パット!パット!どこだ?」引用元:不思議の国のアリス 量子力学はさておき、局所性は物理的な世界では何ら問題にならない。「Xはどこ?」という質問には、Xが人であれ物体であれ有意義な方法で答える事ができる。デジタルの世界では、“どこに”という質問はすでに扱いにくいものだが、答えるのは不可能ではない。本当の所、あなたのEメールはどこにあるの?悪い答えは“クラウド”。これは単なる他の誰かのコンピュータだ。それでも、メールが保存されている全部のストレージ装置を追跡したければ、理論上はそれを探して見つけ出す事ができる。 ビットコインでは、“どこに”という質問は本当に難しい。あなたのビットコインは厳密に言って、どこにあるのか? “私は目を開いて、周りを見回し、そしてこの避けがたい、伝統的で嘆かわしい陳腐な手術後の質問を訪ねた。「ここはどこだ?」”ダニエル・デネット 問題は2つある。1つ目は、分散台帳は完全な複製によって分散される事だ。つまり台帳はあらゆる場所にある。2つ目は、ビットコインはどこにも存在しない。物理的にだけでなく、技術的にも。 ビットコインは、それを表す実体を参照する必要さえなしに、未使用のトランザクション・アウトプットのセットを追跡し続ける。ビットコインの存在は、未使用のトランザクション・アウトプットを確認して、1億ベース単位の全てのエントリをビットコインと呼ぶことによって推測されている。 “この瞬間、送信中

サムネイル
名前

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 2

Source:https://21lessons.com/ 🐇Lesson 2🕳️希少性の希少さ 「もうこのくらいでたくさん―もうこれいじょうは大きくならないといいけど」引用元:不思議の国のアリス 一般的に言って、テクノロジーの進化は物事をより豊かにするように思える。ますます多くの人々が、以前は贅沢品であったものを楽しむ事ができるようになっている。すぐに、我々は全員王様のような暮らしをする事だろう。そして我々の多くがすでにそうしている。ピーター・ディアマンディスがその著作“楽観主義者の未来予測(Abundance)”で記したように、「テクノロジーは、リソースを解放するメカニズムである。かつて希少で不足していたものを、今や豊富にする事が可能だ。」 ビットコインは、それ自体が先進的なテクノロジーだが、この傾向を打ち破り真に希少な新しいコモディティを作り出した。宇宙で最も希少なものの1つであると主張する人さえいる。どれだけ多くの労力をかけて、もっと多く作り出そうとしても、供給をインフレさせる事はできない。 “純粋に希少なものが2つだけある。時間とビットコインだ。”サイフェディアン・アモウス 逆説的に、ビットコインはコピーのメカニズムによってそれ成し得ている。トランザクションはブロードキャストされ、ブロックが伝播され、分散台帳は —まぁご想像の通り &mda

サムネイル
名前

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 1

前回の記事への多数・多額の投げ銭、本当にありがとうございました。 記事内でも述べたように僕は現在、ALiSにてクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)で公開されているGigi氏著「21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト」の翻訳に取り組んでいます。 いったん他サイトで公開した物を使いまわすのは、何だかそのプラットフォームに対して失礼な気がして控えようと思っていたのですが、Yuyaさん直々のリクエストとあっては無視できない。ありがたくこちらにも分散させて頂きます! それではどーぞー。 🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️ Source: https://21lessons.com/ 🐇Lesson 1🕳️不変と変化 「あたし、夜のあいだに変わっちゃったのかしら。そうねえ。起きたときには、おんなじだったっけ? なんだかちょっと変わった気分だったような気もするみたい。でも、おんなじじゃないんなら、つぎの質問は、いまのあたしはいったいぜんたいだ

サムネイル
名前

₿全ビットコイナー必読の書“21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト"

一人寒い部屋で迎えた2019年のクリスマス、ひとすじのぬくもりを求めてネットの海をさまよい歩いていたKatakotoさんは、とんでもないプレゼントに出会った。それはGigi氏という方が執筆した本。その名も “21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト” 執筆者のGigi氏は自分のサイト上でも自身のことを多く語っておらずその詳細は謎に包まれているが、書いてある文章や写真、そしてbitcoin-resources.comの運営などからも分かるように、バリバリのビットコインマキシマリストであるのが感じられる。名前にkatakoto.ethみたいなんがくっついてる奴が気安く近づいた日には、眼から出る₿eamで焼き払われてしまいそうな気迫を感じだいぶビビった。 しかし最近、書籍化されたこの“21lessons.com”は、一度落ちたら抜けられないとされるビットコインのうさぎ穴に落ちてGigi氏自身が自らの体験から学んだコトが、哲学的・経済的・技術的見地から、初心者にもわかりやすいようにエッセイ形式で21のレッスンとしてまとめられていて、ビットコイン初心者にとってもその革命性がよく分かる網羅的な内容になっているではないか! クリスマスの奇跡!この出会いは僥倖! 夢中で読み終えたあと、Katakotoさんはいてもたってもいられぬ衝動に突き動かされていた。 これは凄い本だ。翻訳して広く皆と共有せしめねばならぬ・・・ と言うわけでこの年末になって慌ただしく、ひとり勝手に翻訳プロジェクトに取り組んでいます。翻訳公開に関しては、なんとも太っ腹なことに元の記事が<a href="https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/deed.ja

サムネイル
名前

⚡ 残念無念!LN対応ウォレットBottle Payがシャットダウン ⚡

その使いやすさに一目ぼれ、サービスの日本語化もお手伝いしこれからの成長が楽しみで仕方なかったサービスBottle Payが、年内を持ってサービスの停止を発表。 理由は2020年1月10日から施行されるEUでの5AMLD(第5次マネーロンダリング指令)の影響によるもの。 Bottle Payはイギリスの会社で、まさにEUから離脱せんとしている最中ではありますが、国としてはこの新しいアンチ・マネーロンダリング関連の規制に準じていくという判断らしくBottle Payも対応を迫られる事態になっておりました。 カストディアル(ユーザーからの資金を保有するタイプ)のサービスとして、今後規制によって求められる個人情報の種類や収集が、理想とするユーザー体験を大きく損なうものとなり、サービスの継続は難しいと判断。苦渋の上、今回の早めの決断に至ったようです。 その使いやすさと始めやすさもあって、これはLightning Network普及の猛烈な起爆剤になると超絶おすすめしていたKatakotoさんは今、大変ショックを受けております。 このまま消えてなくなるにはもったいないサービスですので、また規制に対応した形で復活してくれるのを信じています。 TwitterなどでのBotによるサービスはすでに使用できなくなっており、ウォレット自体も 2019年12月31日(火) 22:00(日本時間) を持って出金できなくなりますので、もし利用している方がおりましたら早めの出金をおすすめいたします。 ソース:公式情報 一応、出金の仕方も書いておきましょう。僕はいつも使っているWalletOfSatos

名前

大学の思い出

旧正月が近づいてまいりましておめでとうございます。こちらは大晦日に花火大会があり、教会の窓が割れたり民家が燃えて人や動物が多数大けがをした以外はほとんどクリスマスの延長のようなもので、サンタやツリーも最近まで飾られており、正月らしさは感じられなかった。 パキスタンでも年の移り変わる際には、実弾入りの祝砲がそこらかしこで上がり、流れ弾に当たって死傷者がでること以外は普通の日である。ゆえに、麺類を食べたり餅を食べたり、神社でおみくじを引いたりスーパーで無用な福袋を買ったりと、イベント満載な日本の正月は非常に羨ましいばかりである。 パキスタンは12月31日や1月1日も平日であり、正月は関係なく今の時期は学期末試験の勉強をしていた記憶がある。そして現在はドイツで学期末の試験とレポートに追われている。 天才の誉れ高く、ラテン語、エスペラント語、大阪語などが母語のごとく堪能であるわしが唯一F(不可、つまり再履修)を取ったのがアラビア語である。大学はワッハーブ派のイスラム系大学であったのでアラビア語が必修であり、卒業試験はクルアーンの暗唱であった。

サムネイル
名前

読書力の向上

私がビットコインにハマったのが、2013年末からなので、約6年間のビットコイナーである。ビットコインにハマる人の共通体験として、最初の1週間あるいは1ヶ月間、興奮が続いて、眠れない、徹夜してしまう、調べ続けたら朝だった、ベッドに入っても眠れないので起きて調べた等があります。 また優良企業の取締役だったのに無断欠勤して約1ヶ月音信不通になって、復帰したら首になった、辞表を提出した等。新卒で入ったパナソニックより、調べてるビットコインが面白過ぎて、辞めたしまった某○ージ等、楽しいエピソードが豊富です。 そして、ビットコインにハマると、一般的に技術的な仕組み、アプリケーションを含むエコシステム、業規制、金融全般、そもそもお金って何だ、中銀って何やってるんだ、等々にハマります。 更に国家とは何だ、警察・軍隊・徴税の役割や、国境の意味等、考えて、調べたりする様になります。 なぜ、それを調べるのか?それは直接的・間接的に投資の根拠となるからです。あるいは単純に面白いから、好奇心を覚えるからという面があります。

名前

コンテンツをLN支払いで読みたい

現在、ウェブ上の無償コンテンツは多くが広告収入で運営されている。つまり、いかにクリックして貰うか、検索の際に上位の記載されて、クリックを得るかがウェブマーケティングらしい。 一例としては、こんな記事。https://president.jp/articles/-/32320?page=4 ページを分割すると、読者は次ページをクリックするので、広告を多く表示出来るという設計だろうか?知らんけど。

名前

BTC価格が再び100万円に到達!!!

・・・したそうですね。 今年も「億り人」が話題になるでしょうか?   私は微々たる量しか保有していないので、あと400倍くらいにならないと、「億」にはなりませんが・・・。   でもね、たまに思うんですよ。 あまり高騰して、誰もがお金持ちになると、物価の方も上がりますよね? 結局プラスマイナスゼロになったりしないのかな?・・・って。   たとえば、資産が100倍になって、「よっしゃー!高級車買うぞ!!」って思ってたら、 車の値段の方も100倍になってて、はい相殺、みたいな。     これまでにビットコインが最高値をつけたのは2017年でしたが、あのときも、ほんとに急騰したのは11月とか12月の一瞬だった。 だからきっと、実体経済に影響しなかったんですよね。物価にも影響しなかった。   でももし今後、高騰が1年とか2年とか続いて、ビットコイン長者があちこちに出現したら、たぶん物価があがるんじゃないでしょうか。 だって、仮想通貨を持ってるだけで大儲けした人たちが、その儲けをどうするでしょうか? 老後の備え? ・・・そんなわけないですよね。 不動産とか、車とか、飲み食いやらで、散財するでしょう。 そしたら、物価は上がる。 ・・・人々の生活はどうなるのかな??     ウィキペディアで「バブル景気」というページを見ると、平成最初のバブル経済というのは、1986年(昭和61年)12月から1991年(平成3年)2月までの、51か月間もつづいたんだそうです。   仮想通貨の場合、幸か不幸か、それほど長期間の高騰は、まだ経験したことがない。 今までなかっただけで、これから起こるかもしれない。   ビットコインの上昇がどれだけ続くか、そしてそれが社会にどう影響するか。 平成バブルの狂乱ふたたび・・・となるでしょうか? それとも、その儲けが設備投資や開発費用、人材確保などに流れ込み、日本全体を活性化させていくでしょうか? 推移を見守っていきたいと思います。    

仮説:「酒天童子」(酒呑童子)という言葉(名称)は、円珍の護法童子である水天童子に由来する

「他人の書いた筋書きに惑わされることなく、内なる神の目でこれから始まる未来を見据えてください。」(出典: リカルド・マーセナスの言葉, 福井晴敏(著者), (2007年)『機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上)』(小説), 角川コミックス・エース, 角川書店(角川グループパブリッシング), 36~37ページ.)   ぼくは今、「酒天童子」(酒呑童子)という言葉(名称)の由来についての仮説のひとつとして、つぎのような仮説を立てて、それについてかんがえています。 「酒天童子」(酒呑童子)という言葉(名称)は、円珍の護法童子である水天童子に由来する。 中世の時代の比叡山延暦寺において、円珍派(寺門派)と、円仁派(山門派)とのあいだで、派閥争いの対立が激化していた時期があった。 その時期に、円仁派(山門派)に属していた学僧(記家)が、円珍派(寺門派)をおとしめるために、円珍派の宗祖である円珍の護法童子である水天童子を悪鬼に仕立て上げた。 そのようにして、円仁派(山門派)の学僧(記家)が、「酒天童子」という悪鬼(説話の登場人物)をつくりだして、その悪鬼が退治されるという筋書きの説話(物語)をつくった。    もし、上記の仮説が正しかったとすれば、「酒天童子」という悪鬼の説話(物語)は、「円仁派(山門派)が、円珍派(寺門派)のことを、(遠まわしに)ののしるためにつくられた説話(物語)である」という側面もあるといえるかもしれません。 ちなみに、現存最古の酒呑童子説話をいまにつたえている絵巻物である、香取本『大江山絵詞』に描かれている酒天童子の説話の成立には、比叡山延暦寺の学僧(記家)がふかくかかわっているとされています。 (ちなみに、現在は、香取本『大江山絵詞』の絵巻物は、逸翁美術館に所蔵されています。) もし、そうだとすると、現存最古の酒呑童子説話である、香取本『大江山絵詞』に描かれている酒天童子の説話(物語)もまた、「円仁派(山門派)が、円珍派(寺門派)のことを、(遠まわしに)ののしるためにつくられた説話(物語)である」という側面もあるといえるかもしれません。   ■補足情報 <br

サムネイル

ビットコイン VS 草コイン

みなさ〜ん! ビットコインの総発行枚数はご存知ですか? 私は知っています。 2100000枚です。 2100万枚です。 ではLighitningで使われているSatoshiは何枚か知っていますか? 私は知っています。 2100000000000000枚です。 2100兆枚です。

サムネイル
名前

好きなコインを投票してみよう!

好きなコインの投票をしてみましょう!以下のリンクから投票してね https://kriptode.com/lightpoll/index.html?pollId=dcab3bfa-e454-41b4-82d3-d9d073de1b13 ライトニングネットワークを活用した極小ペイメントによる投票サービスを使ってみようと思い、独断と偏見でコインリストを作りました。投票には1satoshiのコストがかかりますが。 投票方法 1.好きなコインを選択し、VOTEボタンをタップします。 2.Spotlightユーザーの場合は、「Copy」ボタンをタップしてインボイスをコピーし、マイページ - ポイントの出金ボックスへ貼り付けて送金します。 自分のLNウォレットを持っている方は自身のウォレットからペイしてください。 投票結果は、後日、別記事としてアップします!

サムネイル
名前

愚にもつかぬアイディア

こんばんは。坂本です。 みなさんのお住いの場所では、満月は見えていますか? 今夜は、2020年になって最初の満月だそうですね。 私は久しぶりに、すっきり冴え渡る綺麗な月を見ました。 いいことがありますように。   さて。 Spotlightのユーザーを増やすために、ちょっと思いついたことがありまして、それをこれから試みていこうかな・・・なんて考えています。

VRっぽい書き初め2020 人間万事センスオブワンダー & 評価経済 21st CENTURY

VRっぽい書き初め2020「人間万事センス・オブ・ワンダー」と、「評価経済 21st CENTURY」の映像【ALIS書初め2020】   日本発のブロックチェーンソーシャルメディアの「ALiS」で、むろまちさんという方が、「ALIS書初め2020」というおもしろい企画を開催されています。 この下の2つの動画は、その企画で出されている2つのお題にたいする、ぼくなりの回答です。   ■お題1「「評価経済」と書かれた画像」についての動画「評価経済 21st CENTURY」https://www.youtube.com/watch?v=NEAEb7piHGU (この動画で使用させていただいた素材のクリエイティブ・コモンズのライセンスの表示: This work, "評価経済 21st CENTURY", is a derivative of "20th Century Fox 1994 remake in Blender" by IceLucario64, used under CC BY 3.0. )   ■お題2「今年1年の座右の銘が書かれた画像」についての動画VRっ

サムネイル
名前

Bitcoin over Tor

Torとは ビットコインとの出会い ビットコインノードをTorで運用すること ライトニングネットワークをTorで運用すること   Torとは Torとは「The Onion Router」の頭文字をとった名前で、インターネット上の通信を匿名化するための規格やソフトウェアを開発するプロジェクト団体です。あまり日本では馴染みのないプロジェクトですが、プライバシーを大事にしているアメリカなどでは、様々なユーザーが使用しています。Torの詳細については以下にリンクを載せておくので興味がある方は読んでみてください。 いまさら聞けない「ダークウェブ」入門  |  TechCrunch Japan 匿名通信システム「Tor」を使うのに知っておくべき7つのこと - GIGAZINE  ビットコインとの出会い ビットコインには(1)フルノードと(2)軽量ノードの2種類があります。前者はビットコインの取引データをすべて検証するため、24時間365日稼動している場合が大多数です。後者の軽量ノードはSPVウォレットとも呼ばれ、自身の取引データのみ検証するため、常時稼動する必要はなく、主にスマホのウォレットなどに採用されています。 フルノードが参加することで、ビットコインのネットワークが強くなります(ハッシュパワーもビットコインを強

サムネイル
名前

xaw484sd1を購入しました。

-100

はじめさんから nmpegezp8が購入されました。

100

倉田幸暢さんから ric7ybwpvが購入されました。

100

倉田幸暢さんから 6e9p58t46が購入されました。

100

6oucq0u07を購入しました。

-100

ps0ibkva6を購入しました。

-100

jimmyhommaさんから sdt8obj4vが購入されました。

100

j5xi1f22rを購入しました。

-100

Yamanさんから 6e9p58t46が購入されました。

100

出金しました。

-99

出金しました。

-1

出金しました。

-81

出金しました。

-36

出金しました。

-141

出金しました。

-100

出金しました。

-19

出金しました。

-677

出金しました。

-46

Hataabさんから 6e9p58t46が購入されました。

100

坂本 不惑(さかもと・ふわく)さんから 6e9p58t46が購入されました。

99