katakoto

katakoto

『俺が、そしてここへ来て、全てをクリプトに捧げた奴等が望んだのは、俺たちがサトシを愛したように、サトシも俺たちを愛してほしい、それが俺たちの望む事だ』ランボーのコスプレで₿を乱射しながら崖からダイブ!

エログロとブロックチェーン

ポエム。 技術というものは、基本的に倫理や道徳といった人間様の都合とは無関係に発達していくものです。兵器の歴史は技術の歴史ですし。サイエンスは常にマッド・サイエンスと紙一重です。 Why software eating the world という指摘から 10 年経った今も、ソフトウェアは世界を覆い尽くそうとしています。ブロックチェーンはソフトウェア技術のうち入れ物(ストレージ)に関する技術ですから、少なからずのデジタルコンテンツは、ブロックチェーンに紐づくことになるでしょう。 ブロックチェーン自身は、単なるストレージのための "技術" ですから、紐づくコンテンツの属性が、倫理や道徳といった観点で許容されるものかを判断できません。この事実に眉をしかめる意見があることは承知します。一方で、すべてを収集し永続化されるという機能は、検閲からの開放という重要なメリットをもたらし得ます。 エログロとアートは表裏一体なところがあります。どこまでが基本的人権なのかも時代により変遷します。性のあり方も、今この瞬間でさえ世界に見解の多様性が見られます。これら人間様の曖昧な情緒では検閲・抑圧されないストレージとして、ブロックチェーン、特にパプリック・チェーンは使われていくでしょう。 Ⓜ️ 一方、人間様は人間様の都合で快適に生きていく権利があります。人間様も一枚板ではなく、互いに罵り合いながら椅子を投げ合ったりしているわけですが。 技術的に理想的なパブリック・ブロックチェーンは、すべてのコンテンツを無検閲で平等に収集します。言い換えると、検閲反対原理主義者を除く全ての人にとって、要検閲なコンテンツが含まれているストレージとなります。具体的にどのコンテンツが要検閲なのかは、人それぞれになりますが。 ここで、 "キュレータ" の存在が重要になります。無秩序なコンテンツ群に対し、検閲またはゾーニングを行い、秩序を生む存在です。 もしかしたら AI が発達することで、キュレータもソフトウェアに任せることができるかもしれません。現時点では、最終判断として人間様が必要になるでしょう。 残念ながら、今は技術や制度が未達で、見たくないものが見えたり、見せたくないものが見られたりという "事故" が頻繁に起こっています。特に(ブロックチェーンではありませんが) SNS あたりで。 技術や制度が未熟なのが根本原因ではあると思いますが。現時点では、コンテンツの公開場所を選ぶ、自発的ゾーニングが必要なのかなと思ったりしています。 無職業者BOTおよび中の人としては、エロもグロも気になりませんが。山本直樹より森山塔ですし。会田誠を槍玉に挙げるツイフェミの感性は

x439b5en7を購入しました。

-100

katakotoさんから 投げ銭がありました。

23

46t12yjrgを購入しました。

-100

ylb42y7rkを購入しました。

-100

dgnp6r7dqを購入しました。

-100

v4l2nk4zaを購入しました。

-100

ajq9kby9jへ投げ銭しました。

-55

ajq9kby9jを購入しました。

-100

Culi-zusiさんからcai1t67lkが購入されました。

100

匿名ユーザさんからcai1t67lkが購入されました。

100

暗号だるまさんからcai1t67lkが購入されました。

100

cai1t67lkを投稿しました。

-100

deizj5fw2を購入しました。

-100

Cryptocoin Junkeyさんからreu9tiujlが購入されました。

100

hapixさんから25liiaek6が購入されました。

100

wvndi7kspを購入しました。

-100

noyophe60を購入しました。

-100

3gt0psvnqを購入しました。

-2000

katakotoさんから 投げ銭がありました。

2000

8ku39gxpyを購入しました。

-100

このクリエイターの人気記事

アンドレアス・M・アントノプロス講演動画“次なるビットコインは何か?”全訳

4713

“イーサリアムの総通貨供給量は?”の質問にアンドレアスさんが答えた!

334

『ザ・インターネット・オブ・マネー』第1章 What is Bitcoin? 日本語訳

317

アーカイブ

2021-01月
1記事
2020-12月
2記事
2020-11月
2記事
2020-08月
3記事
2020-07月
4記事
2020-06月
6記事
2020-05月
3記事
2020-04月
5記事
2020-03月
3記事
2020-02月
4記事
2020-01月
8記事
2019-12月
9記事
2019-11月
2記事