ライトニングでSpotlightにBTC入金する手順|BitFlyer→BlueWallet経由

ライトニングでSpotlightにBTC入金する手順|BitFlyer→BlueWallet経由

100

BTCのライトニング送金を未経験の仙人が初めて使ってみた備忘録です。

Spotlightに入金する方法がよくわからないので、今までは投げ銭していただいたポイントを使って記事を書いていいました。

ですが、お礼の投げ銭などができないということで今回勉強もかねてビットコインのライトニングウォレットを作ってSpotlightに入金してみました。

簡単にできたので使ってみたい人は参考にしてみてください。

過去記事:Spotlightで記事を書くとビットコインが貰えるらしい

BlueWalletをスマホにインストールする

Spotlightに入金するためには、まずBTCのライトニングウォレットを作るところから始めます。

Blue Walletが世界的に使われていて人気らしい。間違いないものを選んだほうが無難だよね。

iPhoneかAndroidのアプリストア「Blue Wallet」を探しましょう。

すでにライトニング対応のウォレットを使っている人には必要ありません。

ただ、BlueWalletが一番人気で使いやすいとのことで評判がいいですね。

BlueWalletに入金用のビットコインアドレスを取得する

BlueWalletを開くと、オレンジのウォレットが以下の画像のように表示されると思います(左)。オレンジ色はライトニングのウォレットなのですがまだ使いません。

まず通常のBTCウォレット(青)に入金する

青色のウォレットが普通のBTCウォレットなので作成して、「Receive」をタップしましょう。

表示されたBTCアドレスをコピペします。
このQRコードアドレスに通常の方法でビットコインを送金します。
送金元のウォレット(取引所とか)の宛先に張り付けましょう。

 

BitFlyerからBlueWalletに送金する

BitFlyerからBlueWalletに送金します。LN/Segwit対応の取引所もしくはウォッレットからしか送金できません。

BlueWalletのBTCアドレスは「bc~」から始まっており、1もしくは3から始まるBTCアドレスにしか対応していないウォレットからの送金はできません。

Bybitから送金しようとしたけど、LN/Segwit未対応とのことで送金できませんでした。(アドレス帳に登録できなかった)

BitFlyerなら問題なく送金できました。

関連記事 Bybitから送金・出金する方法

BlueWallet内で青→オレンジに資金移動する

BlueWalletの青が通常のウォレット、オレンジがライトニングウォレットです。
なので、ライトニング送金を使うためには、青のウォレットに入金されたBTCをオレンジのウォレットに移動する必要があります。

BlueWalletのオレンジ(ライトニング)ウォレットを開き、「manage funds」をタップ。
次の画面で「Refill」をタップ。

青の(通常)ウォレットの残高から手数料(以下の画像の場合は70sat)を引いた数量内で、移動したい資金の数量を以下の欄に入力します。1BTC=100000000sat

※青のウォレットからオレンジのウォレットに送金する場合は通常のビットコイン送金なので、数分~一時間ほどの時間がかかります。

オレンジウォレット→Spotlightはライトニングなのでめちゃ速いです。

BlueWalletからSpotlightに入金する

BlueWallet(オレンジ)からSpotlightに送金するのはライトニングネットワークを使うので一瞬で出来てしまいます。すごい。

まず、スポットライト側のポイント確認ページにアクセスします。
①「入金」タブをタップ
②入力欄に入金したい数量(satoshi)を記入。
③出てきたQRコードをクリックすると「BlueWalletで開きますか?」→開く

BlueWalletで開く、が出てこない場合もあると思います。

そういうときはQRで表示されたライトニング用のアドレスを送金元ウォレットにコピペして送信しましょう。

送金額に間違いがなければ「Pay」→「Dane」をタップし送金を完了させましょう。(250000sat送金しようとすると残高がギリギリでエラーになり、200000satで送金し直しています。)

ライトニングウォレットに1%ほど残高を残しておかないと、手数料の関係で送金できないみたいです。

送金できました!
Spotlightへの入金も、投げ銭という表現になるみたいです。

おまけ:地球の裏側の鶏にライトニング送金で餌をあげた

Spotlightのライトニングウォレットからの支払いで、地球の裏側の鶏にエサをあげる?ことができたのでやってみました。

自分のアカウントアイコン(右上)をタップ、出てきたタブ「Lapp決済(Beta)」をタップ。
すると「pollofeed」が出てきます。

インボイスを入力してアカウント残高で支払い、もしくは、pollofeedの「Tip」から支払いできる。

※インボイスとは…送金したい数量の入力のこと。あらかじめ送金する数量(satoshi)を決めるのがライトニングネットワーク決済の特徴

どうやらあげれたらしい。なんだかうれしい。

関連記事:

Twitterで効率的にビットコイン(トレード)最新情報をキャッチするカスタマイズ術

家賃支援給付金でまた国からボーナスが貰える。申請方法調べてみた【更新あり】

Spotlightで記事を書くとビットコインが貰えるらしい

リンク ビットコインFX狂騒曲

100