Twitterで効率的にビットコイン(トレード)最新情報をキャッチするカスタマイズ術

Twitterで効率的にビットコイン(トレード)最新情報をキャッチするカスタマイズ術

こんにちは、ビットコインFX狂騒曲ブログとYoutubeを運営しているBit仙人です。

今回は皆さんが使っているツイッターをもっと使いこなして、より効率的にビットコイン関係やトレード関係の情報を優先順位をつけてキャッチアップする方法を解説します。

といってもツイッターの使い方は十人十色だと思うので、(そして私より使いこなしている人もたくさんいると思うので)、私が実際に行っている情報整理方法を公開するので、皆さんも参考にしてみてください。

関連記事:ライトニングでSpotlightにBTC入金する手順|BitFlyer→BlueWallet経由

ツイッターのリスト機能を使おう

ツイッターの基本的な使い方は、興味がある相手をフォローしたり、フォローされたりしてコミュニケーションをとること。

そして多くのいいねやリツイートを獲得することを目指したりして各々で楽しむものですよね。

しかし、ツイッターのスマホアプリでもブラウザでも使うことができる「リスト」機能がとても便利で、もし使っていない人は使いこなした方がいいです。

ツイッターの利用方法に優先順位をつける

私はあまり人と関わることが得意ではないので(ツイッターで面白いことが言える人がうらやましい)、以下のことを最優先にツイッターの使い方をフォーカスしています。

  1. ビットコインFXトレードに役立つ新情報を得ること
  2. 情報に対してユーザーの反応/大衆意識を知ること
  3. 情報の真偽判断、識者の評価を伺うこと
  4. フォロワーさんに価値ある情報を共有すること
  5. 海外のニュースも追うこと

以上のことを一つのアカウントで行うとき、活躍するのがリスト機能です。

私はこんな基準でTwitterリストを作っている

私の使い方はほんの一例です。参考になれば。

リスト「FX」…

BTC情報アラート」「Whale Alert」「日本語ニュースメディア(Coinpostさん等)」、ビットコインマーケットの定量的データを配信しているBOTアカウント、もしくは最新情報を常に追っている優良メディアです。

「FX」リストには人間は入れていません。ビットコイン情報の定点観測、迅速な情報取得にはBOTアカウントのみフォローするのが効率がいいと思っています。

リスト「海外」…

海外のインフルエンサーらしき人(BitMEXランカーとかインジ開発者、海外クリプトメディア)など、とにかく英語圏の情報を発信している人物やメディアです。

BitMEXランカーといえば、AngeloBTC氏など、インジや理論提唱者では最近だとPlanB氏とかです。そのほか海外トレーダーも。
他はCoindeskとか海外メディアです。

なぜ海外(英語圏)をリストで分けているかというと、自分の主要言語設定(母国語)以外のツイートはタイムラインに表示されにくい、後回しになっているというツイッターの仕様に対策を打ったからです。

リスト「SEO」…

これはブログやYoutubeの運用方法や戦略を考えるために私が参考にしている方々です。
トレードには一切関係ない分野ですね。需要があれば公開します。

作ったリストはすぐにチェックできるようカスタムしよう

ブラウザ版のツイッターでは「リスト」のページでピンマークをオンにする(赤丸)、するとすぐにアクセスできるタブが表示されるので(紫丸)とても便利に使えます。

ツイッターのスマホアプリも感覚的にリスト表示できると思うのでやってみてください。

まとめ

Twitterで効率的にビットコイン(トレード)最新情報をキャッチするカスタマイズ術ということで、私がどのような基準でリストを作っているかを中心にまとめました。

是非みなさんも自分の使い方にツイッターを最適化できているか、今一度点検してみてはいかがでしょう^^

運営サイト

「ビットコインFX狂騒曲」

運営Youtubeチャンネル

「ビットコインFX狂騒曲 動画版」

他メディアでも書いてます。

「note」https://note.com/bitmexmania

 

 

100