エリートのための「ふつうの人」入門

エリートのための「ふつうの人」入門

エリートの皆さんは「ふつうの人」がエイリアンに見えるでしょう。しかし「ふつうの人」の目にエリートの皆さんがエイリアンに映ってると自覚してますか?

−−−先日某有名作家のツイートが話題になってましたがCentralizedのデメリットやリバタリアンの思想を説明しても彼女は???だと思います。"Bitcoinはネット上でやり取りできるお金"で良いですよ。というかそもそも彼女はなんとなく気になっただけで(邪推すると"法定通貨が儲かるかな?"とか)真面目にBitcoinというものを説明してほしいとはおそらく思ってないのでね。リプの者の光り輝く目に困惑して守護霊を呼んだのではと。エクスペクト・パトローナムでね。

−−−"EthereumはWorld Computer"や"EthereumはWeb3.0の基盤"でなるほどね〜触ってみよ〜となったあなたはエリートです。「ふつうの人」には理解できません。刺さりません。エリート(特にイーサリアン)の皆さんに怒られるかもしれませんが"Ethereumはお金を稼ぐアプリが色々と入ってる開発途中のスマホ"くらいに思ってます。

※BitcoinとEthereumをバカにしてると感じました?そう感じさせてしまったなら申し訳ありません。断じてバカにしてません。わかりやすさを追求すると陳腐な表現になりがちなのです。

端的に「わかりやすいメリット」が「ふつうの人」に刺さります。「わかりやすいメリット」にはお金(≒法定通貨)、いいね、コメント、名誉、地位などがあります。

好評なら続編を書くかもしれません。以上です。

100,000

記事を書いた人

コメント(0件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。