Spotlightで記事を書くとビットコインが貰えるらしい

Spotlightで記事を書くとビットコインが貰えるらしい

ブログとYoutubeで「ビットコインFX狂騒曲」を運営しているbit仙人です。

最近はnoteなど他メディアでも記事を書いてみたりして反応を見たりしています。

そこにちょうどSpotlightさんのビットコインが貰える以下のキャンペーンを見つけたので書いてみます。

今回の「記事を書いてビットコインプレゼント」キャンペーンは私のようにある程度Twitterにフォロワーさんがいる人には有利なルールになっていますね。

関連記事:ライトニングでSpotlightにBTC入金する手順|BitFlyer→BlueWallet経由

キャンペーンで貰える悟コインってなんぞや?

キャンペーンへの応募方法は、画像付きの記事を投稿するだけという簡単なもの。

キャンペーン期間中に、記事の投稿をして、記事の合計アクセス数が多いトップ10人にビットコインがもらえる。

何と貰えるビットコインは「物理」的なものだそう。
Amazonに売ってるこれじゃないですよ、


あのよくあるおもちゃのビットコインではなく、れっきとしたBTCとして使える「悟コイン(さとりこいん)」です。2016年に日本の三重県の会社からリリースされています。

悟コインとは、ビットコインが入金されたビットコインアドレスが使える手にとって実感することができる物理的に存在するリアル・ビットコインです。QRコードを読み取ってビットコインアドレスにアクセスすることが出来ます。

キャンペーンの内容

<期間>
2020年6月 20日(土) ~ 2020年7月31日(金)

<今回のビットコインの賞金一覧>

<応募詳細>
画像付き記事を投稿(複数回OK)
記事の合計アクセス数で競う(第1,2弾当選者は対象外)

下記キャンペーンツイートをリツイート
https://twitter.com/spotlight_ja/status/1274348721858174977

悟コイン持っていないので、一枚ゲット(10位)目指してみます^^

ビットコインFX狂騒曲ブログ

わしのツイッター:bit仙人 https://twitter.com/bitmexsen

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Campaign

Related stories

Writer

ビットコインFX狂騒曲というブログとYoutubeを運営しています。 BTCが貰えるときいてこちらでも記事を書いてみようと思い登録しました。

Share

Popular stories

過去ビットコインが暴騰・暴落したきっかけとなった出来事の共通点|今後も注目すべきファンダは○○○

2912

家賃支援給付金でまた国からボーナスが貰える。申請方法調べてみた【更新あり】

1176

【ブックマーク推奨】ビットコイントレードに役立つ無料サイト・ツール12選

838