Motokan

Motokan

お金にはハード(誠実)とフレキシブル(過剰になると不誠実)、2種類が存在すると30歳後半で初めて知り衝撃を受ける。その後ビットコインに出会い啓蒙活動を継続中。ドキュメンタリー作成はその一部: マジックマネー、ビットコイン・バブルを超えて。各国中央銀行は最低2つ以上あるべきが持論。

古代・中世のサイエンスの歴史

最初に、自然界でのあらゆる現象の説明は、哲学や宗教を用いて説明するところからはじまりました。また星空を見て星座を作り、占いを考えていく上で天文学が発展し、そのような中で、古代ギリシャでは地球が球体であることが知られるようになりました。   古代ギリシャ 紀元前650年頃から480年頃のギリシャでは、あらゆる哲学者が自然現象を考えていました。  タレスは「万物は水から創造されている」ヘラクレイトスは「万物は流転する」 デモクリトスは「空間は空虚な空間と、分割不能な原子からなる」という原子論を唱えました。以上のような哲学者が自然哲学として、自然界について考えていきました。     その後、プラトンが「ティマイオス」を書き、アリストテレスが四元素説を「自然学」でまとめ、火、水、空気、火の混合で全てのものが作られていると唱えましたこうして自然界について考察しました。  また、この頃は観測や実験よりも「なぜ自然現象が起き、その現象の目的は何なのか」の論証が重視されました。   ヘレニズム時代 時代が経つと、学問の中心はエジプトのアレクサンドリアに移り、学問が発展しました。   紀元前240年頃エラトステネスは地球の円周の長さを正確に測定アルキメデスはアルキメデスの原理を発見する アリスタルコスは、地球ではなく太陽を中心に置いた地動説を主張しました。   紀元後150年ごろプトレマイオスは、地球が宇宙の中心にあり、太陽やその他の惑星が地球の周りを回るという天動説を唱え、古代ギリシアの天文学を「アルマゲスト」という本にまとめました。    中世ヨーロッパ プトレマイオスの天動説は、この頃に誕生したキリスト教の価値観を説明するのに都合がよかったために、天動説がヨーロッパの科学で一般的なものになります。つまり、宗教が社会を支配している状態でした。 それ以後、ヨーロッパでの科学の発展が停滞し、約1000年間、科学の発展がなく、イスラム圏で科学が発展しましたが、それでも大きな発展はありませんでした。<

doqax45rzを購入しました。

-100

1aej70scfを購入しました。

-100

atua7ivdjを購入しました。

-100

Cryptocoin Junkeyさんからhrmrchb0lが購入されました。

100

ヨースケ@表参道燻製堂さんからg09ah9qjoが購入されました。

100

Culi-zusiさんからg09ah9qjoが購入されました。

100

高井さんからg09ah9qjoが購入されました。

100

b9b0hqcmmを購入しました。

-100

g09ah9qjoを投稿しました。

-100

swtkqveipを購入しました。

-100

udq4g2hkcを購入しました。

-100

fezsraq0eを購入しました。

-100

8czohfs0zを購入しました。

-100

me7cdze47を購入しました。

-100

e2rncxtxvを購入しました。

-100

ロクヨウさんからtmch1kyhzが購入されました。

100

yok1nqyo0を購入しました。

-100

JNWさんからtmch1kyhzが購入されました。

100

bd6i22f0vを購入しました。

-100

tmch1kyhzを投稿しました。

-100

このクリエイターの人気記事

サトシの夢は今も生きているか?

1974

虹を見て何を感じますか?

79

Charity Song by Tomi Isobe / トミー磯部

63

アーカイブ

2021-01月
2記事
2020-08月
1記事
2020-06月
1記事
2020-05月
1記事
2019-12月
1記事
2019-05月
1記事