Motokan

Motokan

I love kimchee !

MakerDAOと信用創造の考察

はじめにMakerDAOはETHを担保にステーブルコインDAIを発行・貸し出すことができるレンディングプラットフォームですが、今回はDAIを使って信用創造が可能かについて考察してみます。 信用創造の定義信用創造・貨幣創造については様々な議論や論争が繰り広げられてきており、解釈・定義はいくつかあると思います。今回は2つの信用創造の定義を以下に引用します。 定義① 信用創造とは、銀行は集めた預金を元手に貸出しを行っているのではなく、銀行が貸出しの際、借り手の預金口座に貸出金相当額を入金記帳することで、銀行保有のベースマネーといった原資を事前に必要とせずに、何もないところから新たに預金通貨を生み出すことである(Wikipedia) 定義② 銀行などの金融機関が本源的な預金を貸し出し、その貸出金が再び預金されてもとの預金の数倍もの預金通貨を創造すること。(デジタル大辞泉)   ここで、「信用創造」という言葉は英語ではなんと呼ばれているか知っていますか?英語では「Money Creation」と言われています。直訳すると「貨幣創造」なんですね。以前、私の記事でも紹介したイギリス中央銀行の「Money creation in the modern economy」では、「現代の貨幣制度では貸し出しによって預金が生まれる」と解説されていました。これは定義①に当てはまります。 また、皆さんはゴールドスミス・ノートというのをご存知でしょうか?17世紀半ばに金匠が金を預かる際に預り証(ゴールドスミス・ノート)を発行し、これがお金として流通したのが紙幣の始めだとされています。さらに、この金匠は、預かった金以上の預り証を発行しても皆が一斉に引き出さなければ問題がないのでは?と気づきます。そして、実際の金以上の預り証(負債証券)を発行して貸し付けたのです。これが部分準備預金制度に基づく金本位制「信用創造」の始まりとされています。この話も原資が必要ではありますが定義①に当てはまりそうです。 現在の通説は、定義

MakerDAOと信用創造の考察

MakerDAOの債務危機に関して

はじめに本記事は、2020/3/12頃から発生したMakerDAOの債務危機についての整理と今後の展望・調査の足がかりのために記載しました。本記事を出発点として、MakerDAOの仕組みや改善点を浮き彫りにし、システムを俯瞰し、また今後の調査への参考になればと思います。 MakerDAOについてMakerDAOは、暗号資産を担保にステーブルコイン「DAI」の貸付ができるEthereum上のレンディングサービスです。当初は担保にできるコインはETHだけでしたが、2019年11月からBATを担保にDAIの貸し出しが可能となりました。また今回のBlack Thursday事件後には、USDCを担保にすることも可能となりました。 DAIの価格安定についてステーブルコインDAIは1DAI = 1USDになるように設計されいます。DAIの発行には発行額の150%のコインを担保する必要があり、このコインを担保する為の箱のことをVault(以前まではCDP: Collateral Debt Position)と言います。例えば、1ETH = 150USDで1ETHを担保とした場合、発行できるのは100DAIまでとなります。ここでETHの価格が上がれば、DAIの発行可能数は上がりますが、逆に価格が下がると、担保率が150%以下となってしまいます。担保率が150%以下となるとMakerDAOのネットワーク参加者(Keeperと言う)が、その担保を「清算」することが可能となります。これは、担保であるETHをDAIで買い付けて、DAIをシステムへ還元し、システムがDAIを消滅することで、清算されます。この清算プロセスが上手く回ることで、不良債権を減らし、システムを健全な状態に保つことがDAIの価格安定にとって非常に大切なこととなります。 (余談)こうやって見ると、なんだか銀行の貸付と似ていると思いませんか?既存の金融システムをそのままブロックチェーン上に実装することで、貸し借りの仲介者を無くすことが可能になることを示唆しているように思われます。ただ、現状では担保が必須であり、信用を担保とした。ここで、誰がDAIを発行しているのかという観点から、私たちが使っているお金は誰が発行しているのかを考えてみたいと思います。DAIはユーザーが借りる瞬間にシステムが発行し、ユーザーが返却すると消滅します。私たちが使っているお金も実はこれと同様なプロセスでお金の創造と消滅が行われます。銀行が企業に貸し付けた瞬間にお金が創造され、企業が返済すると消滅します。また、身近な例では、クレジットカードの利用も同様で、消費者がスーパーで買い物をしてクレジットカードで支払うと、消費者のバランスシートにはローンが、スーパーのバランスシートには預金が追加されます。消費者がクレジットカードの請求額を支払うと、銀行はその消費者の預金を減らします。これによって新規に作られたお金が消滅します。

MakerDAOの債務危機に関して

コロナ狂想曲~金融篇

皆さんおはようございます。和尚です。 このパンデミック状況に、金利をほぼゼロにして中小企業を救おうとしている政府でありますが、 「俺も借りられないのかよぉ!」 という人々から相談を受けてお陰さま?でむちゃくちゃ忙しい私です。 とある人には 「和尚は人の不幸につけこんで商売しとるなー」 とか言われますが、私からやらせてくれ!と営業してやってるわけではないのでお許しください。 というわけで、これについての一席を。

コロナ狂想曲~金融篇

金融リテラシーについて考える

おはようございます。和尚です。 コロナウイルスで毎日大変なことになっております、この日本。 自宅待機に始まり、マスクとティッシュペーパー以外の消費は落ち込み、株価は下がるわ、経済が縮小するのはもう火を見るよりも明らかな状態になって。 で、その影響を受けている人々も多くって。 で、和尚は自営業者からこの2週間くらい 「どうしたらお金が借りられるんや!」 という問い合わせが殺到状態で。   いやいや、この機に乗じて、コロナには関係ないのにカネだけ借りようという輩もいたりして。 これ、米国も借金まるけの人がいるから、日本だけお金に関する教育がなされてないわけではないでしょうが、なんかどうなのよこのレベル? このサイトを覗いてらっしゃる諸兄ならばそんなことはないのでしょうが。 このいわゆる金融リテラシーというものについて一席。  

金融リテラシーについて考える

ビットコインアート

突然ですが、ビットコインアートというものを聞いたことがあるでしょうか?世の中にはビットコインの魅力に取り付かれた人々は、何もプログラマーやエンジニアだけではなく、作家や芸術家など様々な分野で活躍している人々もいるんです。 その中でも、今回はビットコインを絵画を通して表現している1Dq氏のアートをご紹介します。実際にビットコイン支払いで購入することもできるので、サイトに掲載されていた価格も一緒に記載しました(本記事の見出し画像は、今月のビットコインの下落×新型コロナをテーマにしたものらしいです)。  

ビットコインアート

ビットコインの歌

ない。       誕生日の時には世界中の人が口を揃えて「happy birthday to you」と歌えるのに、ビットコイン送金する時には歌える歌が無い。寂しい。 コロナ予防の歌はできたらしい。(Ghenというヒットソングの替え歌らしい) https://www.youtube.com/watch?v=V9YirNgAzXI ビットコインも一度はアウトブレイクしたのにどうして・・・               ビッ●フライヤー♪ビッ●フライヤー♪ミンナデ歌オウ♪ビッ●フライヤー♪ビッ●フライヤー♪明日ハ晴レルサ♪ビッ●フライヤー♪ビッ●フライヤー♪サアミンナデ歌オウ♪ラーラララーラララ♪ホラ♪世界ハヒトツ♪ワア~!

ビットコインの歌

相場について考える。

おはようございます。和尚です。みなさんも外出禁止でイライラしておりませんか? 昨日、愚娘の卒業式があり、私は外出禁止もなんのその、仕事で飛び回っておったので出席はかなわなかったのですが、このご時世、卒業式さえ延期や中止する学校が少ない中、愚娘の中学校は規模を縮小するといえども開催するということで、テレビの取材を取材を受けました。 その中で感極まって目頭を押さえる愚娘も映っているのをみて 私「お、愚娘、こんなところで(花粉がひどいので)目を掻いとるぞ!」 愚妻「あのさ、泣いとるのわからんの、あんたは!!」 という、 「子の心、親が知らず」 みたいな状況に陥った、子煩悩とは真反対な私でございます。 と、フリはこの辺にして、 このコロナウイルス蔓延(とまでは個人的には思っていないんですが)の世の中、世界中相場も下げ下げでありまして、こんな 「株式なんかの投資対象が下がると見込まれる時期」 に相場で儲けることが出来るという話。 まあ、分かっておられる貴兄も多い中、改めてお話したいと思うところでございまして・・・

相場について考える。

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 14

🐇Lesson 14🕳️健全なお金 「まずやんなきゃいけないのは、もとの大きさにもどることね」とアリスは、森のなかをさまよいながらつぶやきました。「そして二ばんめに、あのきれいなお庭へのいきかたを見つけることよ。それが一番いい計画だわ」引用元:不思議の国のアリス 私がビットコインから学んだ最も重要なレッスンは、長期的にはハード・マネーの方がソフト・マネーよりも優れているということだ。ハード・マネーは、サウンド・マネー(健全なお金)とも呼ばれ、信頼に足る価値の保存機能を備えた世界中で取引される通貨である。 確かに、ビットコインはまだ若く不安定である。批評家は、ビットコインは確実には価値を保存しないと言うだろう。だがボラリティの議論は大事なポイントを外している。ボラティリティは予期できることだ。市場がこの新しいお金の適正価格を把握するのにはまだ時間がかかるのだ。また冗談めかして指摘されることが多いように、それは測定エラーに基づいている。もしドルで考えるなら、1ビットコインは常に1ビットコインの価値があることを理解し損ねるだろう。   “固定マネー・サプライ、もしくは客観的で計算可能な基準のみで変更されるマネー・サプライが、意味のある公正なお金の価格の必要条件である。”Fr.ベルナルド W. デンプシー, S.J. 忘れ去られた貨幣の墓場をちょっと散歩するかのように、印刷可能なお金はプリントされる。今までの所、歴史上この誘惑に抵抗できた者は誰もいない。 ビットコインは、このお金を刷ることへの誘惑を独創的な方法で取り除いた。サトシは人間の貪欲さや誤りやすさに気づいていた。それゆえサトシはこうした人間の制限よりも、より信頼のおけるものを選んだ。数学である。 <img src="https://alis.to/d/api/articles

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 14

草を見たかい?

世の中にはいい嘘と悪い嘘がある。同じように、世の中にはいい草と悪い草がある。いい嘘というのは例えば「課長の奥さんきれいっすねぇ」。悪い嘘というのは「うちは昔地主やったから腐るほど土地があるんや。不労所得あるから結婚したら君は専業主婦で左うちわや」などである。 いい草は例えばラーメンの上のパクチー、悪い草は添付画像のアフガニスタン人が手にしている阿片などの違法薬物である。ということで草の話をしよう。嘘ではない。 まずは合法的という意味でよい草の話。 アフガニスタン、パキスタン北西部では「ナスワール(نسوار)」という噛み煙草をよく見かける。3×4センチほどの小さい包みの中に、馬糞のような粘土状のものが入っている。これがナスワールであり、小さい雑貨店や路上の靴修理人から安価で買うことができる。 これを小さく丸め、上唇の裏と歯茎の間に挟むとほどなくして唇のあたりが麻痺し、その後に頭がふらふらしてくる。量が多いと吐き気がしてくる。 口腔内が麻痺するので虫歯の痛み止めにも使われる。普通の煙草と同じく中毒性があり、やりすぎると舌癌や喉頭癌の危険がある。   続いて違法薬物の話。  

草を見たかい?
description

altzjov28を購入しました。

-100
description

utquws7hhを購入しました。

-100
description

0ndvemb29を購入しました。

-100
description

og0q2885wを購入しました。

-100
description

34dlu4i1kを購入しました。

-100
description

zblk6csybを購入しました。

-100
description

gvsi3bm1rを購入しました。

-100
description

zaa2lw8w4を購入しました。

-100
description

2dm73qlakを購入しました。

-100
description

zfka68ba7を購入しました。

-100
description

mw5yljkq2を購入しました。

-100
description

7r6kamvp1を購入しました。

-100
description

wi0u3m0g9を購入しました。

-100
description

exuwc8kh8を購入しました。

-100
description

5rj0k9949を購入しました。

-100
description

i9zmshlafを購入しました。

-100
description

ie18z4ggzを購入しました。

-100
description

gy7qvs62lを購入しました。

-100
description

64gbrx4stを購入しました。

-100
description

ol5v3phx4を購入しました。

-100