プッシュ型送金のAMP

LNDのv0.13から利用可能予定とされるAMPがTwitterで公開されていました。スレッドではLN開発陣からの質問攻めで盛り上がってますね。

AMPに似ている名前や機能にMPPやKeysendがありますが、違いは以下となります。

  • AMP (Atomic Multipath Payment) ・・・プッシュ型送金で、都度インボイスが不要。レシートなし
  • MPP (Multi-Part Payments) ・・・コインを分割して送金できるが、都度インボイスが必要。レシートあり
  • Keysend・・・プッシュ型送金だが、分割して送金ができない。

AMPのインボイスは公開しても問題ないので、通常のビットコインアドレスのように使うことができます。Keysendでも同じ要件は満たせますが、コインを分割して送金することができない欠点があります。今回公開されたAMP用インボイスは一度限りの支払いとのことでした。今後は再利用可能なAMPインボイスが実装されるようです。AMP用インボイスの主要なフィールド構成は以下

  • destination :ノードID(固定)
  • payment_addr:支払い先アドレス(固定)
  • set_id:支払い用ナンス(変動)

AMPとMPPの技術的な違いは以下の動画が分かりやすく纏められています。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ちょビットコイナー

Share

Popular stories

LNノードの運用益はどれぐらい?パート1

1199

LNノードの運用益はどれぐらい?パート3

689

猫でも分かるLightning Network解説!

596