手軽にライトニングを利用する方法・ポイント

なまえ

いつもはnoteやビットコイン研究所サロンで記事を書いていますが、Spotlightさんのβ版リリースを記念してこれからはこっちで書く機会を増やそうと思います。

noteでたまに投げ銭をいただけるのですが、25%くらい手数料として取られてしまいます。ですので、手数料もかからず、超少額の値段設定もできるSpotlightみたいなサービスに移りたいと思ってました!

今回書く記事は、手軽にライトニングを利用する方法・ポイントです。

いちいちフルノードを動かして、ライトニングノードをインストールして、常時接続するようにするのはハードルが高いと感じる方がほとんどではないでしょうか?私もそう思います。

ですが、少額でライトニングを利用するのであれば、ここに書いてあるステップで誰でも簡単にできます。ご紹介します。

1. 預け型のライトニングウォレットを使う
BluewalletLntxbotなど、資産を預けるタイプ(custodial)のライトニングウォレットを使う方法です。ノードの管理はいりませんし、普通にいつでも使えます。持ち逃げされるリスクやハッキングリスクなどを考えても、数百円とかなら全然問題ないですよね!(大半の人にとって、現段階では自分でLNノード管理するより安全だと思います)

2. ライトニング上のBTCをゲットする:稼ぐ場合
なにかお金を払ってもらえそうな知識や、文才がある場合はSpotlightで記事を書いて投げ銭をもらい、ウォレットに出金してしまえばそれだけでLN上のBTCがゲットできますね。他にも、paywall.linkというサービスがあって、なにかリンクを紹介するのに報酬を得ることができます。(見る人は支払わないとリンクが見れない)
また、「稼ぐ」なのかは微妙ですが、LntxbotのSats4Adsに登録すると、ときどき文章の広告が流れてくる代わりに何サトシかもらえます。ライトニング経済圏では意外と侮れない収入です。

3. ライトニング上のBTCをゲットする:乞食する場合
稼ぐのは私には無理だよ!という人は、様々なサービスが少額をばらまいているので、Lightning Faucetを見つけてタダでもらったり、SpotlightやLNGamesなどのキャンペーンでもらえるサトシをありがたく引き出しましょう。なんなら100サトシくらいならライトニング使ってる人に直接ねだったらくれるかもしれません。悪用厳禁。
また、KeybaseなどがXLMをエアドロップしたりしますが、それをライトニングに換金するサービスなどもあります。先月は5000円分くらいもらえました。

4. ライトニング上のBTCをゲットする:買う場合
Zapなど、法定通貨をライトニング上のビットコインに変えることのできるサービスもあります(β版)。また、custodialなウォレットでも、ブロックチェーン経由で入金することもできます。

5. ゲットしたBTCをライトニングアプリで使う!
ライトニング経済圏には面白いサービスが続々登場しています。個人的に好きなやつを紹介します。

satoshis.place - 落書き掲示板。1ピクセルあたり1サトシで落書きできる。
・Spotlight - 記事を買いましょう!
・lntxbot - Sats4Adsは広告主にもなれます!ライトニング利用者に届けたいメッセージがあるときに有効です。安いし。
microbet.fun - スポーツ賭博です。人が少ないのでたぶんチャンスだらけです。
satoshis.games - なんかゲームがいろいろ遊べます。
lnsms.world - SMSを送れます。
kriptode.com/receivesms - 一時的な電話番号を取得してSMSや通話を受信できます。

この記事を参考にライトニング上のBTCを手に入れた方は、よかったら投げ銭してください!

文字 30字

100

会員登録 / ログインして続きを読む

コメント(4件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

なまえ

私はlntxbotのファンで時々sats4adsでジョーさんの職を探しましたw

なまえ

いろいろなサービスを教えていただき、ありがとうございます。

なまえ

説明ありがとうございます。

なまえ

ライトニングの活用方法やオススメサイトが分かりやすく纏まってますね!
インターネット上での少額決済にはクレカよりも、暗号通貨の方が相性が良いですよね

関連記事

名前
サムネイル

BraveのBAP問題に関する考察

たつぞうです。 昨日、TLで話題になっていた「BAP」問題について考察してみました。 あわせて、同じテーマで配信したツイキャスのリンクも掲載しておきますので参考にしてみて下さい。   BAP問題、発端は、、、始まりは、極度信玄(してます)どののALIS記事からでした。  alis.to 相変わらず、鋭い考察するなぁ信玄どの。 実は昨日、ブログに考察を書こうとした矢先だったので、やられたーと思いました。 けれど、このブログがキックとなり、界隈の様々な人が、色々な視点で意見を述べていて、とてもいいトピックになったのではないかと個人的には思っています。   問題を一言でいうと 「Brave日本ユーザーが、広告閲覧するともらえるBATは、BATポイントである」 ということです。   ちなみに、Brave公式のQAはこちら。よくあるご質問 - Brave | Brave Browser   なぜ、Braveはこのような対応したのか?私の尊敬するITジャーナリストの星さん(http://@AkioHoshi)のツリーを参照ください。 日本でBraveブラウザを使うと、広告閲覧に応じてポイントのBAPが付く。本来の設計は仮想通貨トークンBATの配布。なぜ日本は別対応なのか? という論考。 仮想通貨扱いを避け、「景品表示法に基づくポイント」として設計したのではないか、と推定している。https://t.co/ZKav0oWXud https://t.co/XEE3z3E7lb — 星 暁雄 (@AkioHoshi) 2019年12月30日    Brave運営側が、日本の法規制に配慮する形で、このような対応を選択したのではないか、という推測を立てていらっしゃいました(星さんからの注釈:あくまで推測であり、事実に基づく内容ではないことを断っておきます)   そして、Braveに関することなら、日本ナンバーワンのGukoさんは、以下のように考察されています。 BATとBATポイントの違いは何か BAPは、PontaやPASMOのポイントと同様の「前払い式支払い手段」扱いとすることで、来春の決済資金法規制が始まってからも規制の対象となることを避けたのではないか、というものです。 Braveの対応に寄せられた意見ツイッター上では、様々な意見が寄せられていました。 私の意見は、BATは日本では利用や持ち込みが禁止されているような"禁止違法薬物"(←覚せい剤的な?)扱いなのか?という問い。違うはず。規制はビジネスの仕様の枠組みだけのはず。

名前

サブマリンスワップとは?

はじめに 今回は2019年のおさらいを兼ねて一度は耳にしたことのある「サブマリンスワップ」についての話をしたいと思います。サブマリンスワップの話を始める前に、アトミックスワップについての簡単な概要から説明し、サブマリンスワップの概要から実際のコーディングや応用についてご紹介します。 アトミックスワップとは コインの交換を2者間で行うことです。通常は、株式の売買でも仮想通貨の売買でも取引所が売り手と買い手の仲介役となり取引を行うことが一般的です。仲介役の役割は、売買相手をマッチングさせたり、取引の執行を確実に行うことです。例えば、アリスがビットコインを売って、ライトコインを買いたい場合を想定してみましょう。まずは、取引所がライトコインを売ってビットコインを買いたい相手ボブを見つけてくれます。そして双方がそれぞれのコインを取引所に預けます。双方がコインを送金したことを確認後、取引所はアリスへライトコインを、ボブへビットコインを送金します。これがザックリとしたコイン交換の1つの方法です。しかし、もし取引所なしでこの取引を実行しようとする場合、相手を信用する必要があります。例えば、アリスがボブへビットコインを送金したのにボブがライトコインを送金してくれない場合やその逆も然り。そのリスクを回避するために第3者として取引所が仲介してくれます。 しかし、取引所はその仲介役を買って出てくれる一方で、取引の数パーセントを手数料として取ることがあります。そこで、アリスとボブの2者間で取引をする場合、相手を信頼することなく完全に取引を実行するための方法をアトミックスワップと呼び、スマートコントラクトを使うことで可能になります。 サブマリンスワップとは では、本ブログの本題のサブマリンスワップについてです。サブマリンスワップとは、オンチェーンの資金とオフチェーンの資金を交換する方法で、Alex Bosworthによってプロトタイプが開発されました。 アリスはライトニングネットワークを使いたいと考えますが、ライトコインしか持っていません。こんな時はサブマリンスワップの出番です。アリスがライトコインを資金としてライトニングネットワークへチャージすることはできませんが、ここでサブマリンスワップを提供してくれるボブがいたとします。まず、アリスは自身のライトニングネットワーク対応ウォレットから請求書(インボイス)を作成し、ボブへ渡します。次にボブはその請求書からあるスマートコントラクトを作成し、特別なライトコインアドレスを生成し、アリスへ渡します。アリスは、その特別なライトコインアドレスへコインを入金します。ボブは、その入金を確認後(この時点ではまだライトコインはまだボブのものではありません)、アリスからもらった請求書に対しライトニングペイで支払いをします(この時点でアリスの目的は達成されました:ライトニングに資金がチャージされました)。支払いが完了するとレシートが受理できます。このレシートが重要で、これを使うことで先に生成した特別なライトコインアドレスからコインを取り出すことができるので

名前

2019 独断と偏見で選ぶ10大ニュースを発表!

  たつぞうです。 初めて、spotlightに記事を書きました。 最初は、違うブログの記事をコピペしようと目論んでいたんですがw できないんですね(´;ω;`)   ということで、ざっと思いつく、2019年10大ニュースを記しておきます!   ・Braveユーザーが、1000万人突破!(ポジショントークw) ・コインチェックに「テスラ(XLM)」上場 ・ビットフライヤーがXRP取扱い!! ・デリバティブ全盛 ・狸とひよこの戦い ・IEO ・ステーキングの流行 ・習〇平がブロックチェーン推しを宣言! ・アメリカも負けじと、暗号通貨の監督官庁を明確に!(大したことなかった) ・DEGさん、トレーダーに転向?!   、、、最後、しょぼい(´;ω;`)   個人的には、、、 ・トレードを引退(ドルコスト→BlockFi) ・ツイキャスを始めた ・界隈の著名人と知り合いになれた ・ブロックチェーンに興味がシフト