LoopのMusig2によるプライバシー向上と手数料削減

Loopのこちらのリリース(2023年4月)から、デフォルトのスワップにMusig2が使われることになっていました。Musig2を使うことでよりプライバシーの向上や手数料の削減になります。以下、その概要です。

  1. ユーザーとLoopはMusig2を使い両者の鍵を集約する。Tapleafにはプリイメジハッシュをセットする。
  2. LoopはHodlインボイスを生成し、ユーザーが支払う。
  3. Loopは1.で作ったP2TRアドレスへオンチェーン送金する。
  4. ユーザーはプリイメジを公開する。
  5. Loopはそのプリイメジを使い2.のLN送金を決済させる。
  6. ユーザーは自身とLoopの両者が署名をしてオンチェーン資金を回収する。
  7. もしLoopが署名をしない場合、プリイメジを使ってTapleafからオンチェーン資金を回収する。

6.はトラストポイントになりますが、最悪7.でユーザーは非協調的、アトミックにスワップを実行できます。Loopとしては協調的に署名をしなくても問題ないですが、ユーザー側の手数料削減やオンチェーンフットプリントの低減に貢献することで、サービス満足度を向上できるので、ビジネス的にやらない意味はないでしょう。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ちょビットコイナー nostr id: npub1l83ycz54gng3nd8suvww43fardjsca37x7z5rcwlmeqzudg027fqe9hwaa

Share

Popular stories

LNノードの運用益はどれぐらい?パート1

1829

【Muun】ちょっと変わったライトニング搭載ノンカストディアルウォレット

1800

LNノードの運用益はどれぐらい?パート3

1095