【Umbrel v0.5】Bitcoin Coreのmempoolサイズを1GBにする

【Umbrel v0.5】Bitcoin Coreのmempoolサイズを1GBにする

mempoolサイズをうんと大きい1GBにしてLNDが持っている1sat/vBのトランザクションを入れる。そんな時に使う方法。そのTXが承認を得たら元に戻しておくべき。


【mempoolサイズを1GBにする】

1.UmbrelにSSHでログイン

2.bitcoin.confのあるディレクトリまで移動。

cd ~/umbrel/app-data/bitcoin/data/bitcoin/

3.bitcoin.confをコピーしてバックアップとして残しておく。

cp bitcoin.conf bitcoin.conf.orig

ちなみにオリジナルの内容は以下の通り。

# Load additional configuration file, relative to the data directory.
includeconf=umbrel-bitcoin.conf

4.mempoolサイズを1GBとするbitcoin.confに編集。

sed -e "$ a maxmempool = 1000" bitcoin.conf > bitcoin.conf.mod
sudo sh -c "cat bitcoin.conf.mod > bitcoin.conf"

上行でmempoolを1GB(1,000MB)にする設定をファイルの末行に追加したbitcoin.conf.modを作成。
下行でbitcoin.conf.modの内容でbitcoin.confを上書き。
この時パスワードを聞かれるのでUmbrelダッシュボードにログインするパスワードを入力。

以下のコマンドを実行するとbitcoin.confの中身が見える。

cat bitcoin.conf

以下の内容となる。

# Load additional configuration file, relative to the data directory.
includeconf=umbrel-bitcoin.conf
maxmempool = 1000

5.bitcoinを再起動してmempoolサイズを変更する。

UmbrelのダッシュボードでUmbrel再起動する。

Bitcoinだけなら以下コマンドでできる。できるがBitcoinに依存するアプリ(LND、electrs,mempool.spaceなど)が異常終了する可能性がある。
そのリスクを理解して実行すること。

cd  ~/umbrel/scripts/
./app restart bitcoin

Bitcoinが再起動完了するとmempoolサイズは1GBになる。

【mempoolサイズを元に戻す】

1.UmbrelにSSHでログイン

2.bitcoin.confのあるディレクトリまで移動。

cd ~/umbrel/app-data/bitcoin/data/bitcoin/

3.バックアップで残しておいたbitcoin.confのオリジナルで編集

sudo sh -c "cat bitcoin.conf.orig > bitcoin.conf"

この時パスワードを聞かれるのでUmbrelダッシュボードにログインするパスワードを入力。

4.bitcoinを再起動してmempoolサイズを変更する。

Bitcoinが再起動完了するとmempoolサイズはデフォルトの300MBになる。
1GBから300MBと小さくするとあふれた未承認TXは削除される。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

甘いもの大好きメタボ猫。マイペースなのはしょうがない。 nostr:npub10zeurmg22wc89l8m3npw9cyu45cun0lvs6w3ep69cdpa25pna65s0994qz

Share

Popular stories

【Umbrel】BlueWallet Lightning & tailscaleで便利で快適なLightningウォレットを作ろう!

484

【Umbrel】LNURLが使いたいから自分で環境つくってみた

266

Bitcoin CPUソロマイニング(マイニングプール無し)

221