⚡ 残念無念!LN対応ウォレットBottle Payがシャットダウン ⚡

その使いやすさに一目ぼれ、サービスの日本語化もお手伝いしこれからの成長が楽しみで仕方なかったサービスBottle Payが、年内を持ってサービスの停止を発表。

理由は2020年1月10日から施行されるEUでの5AMLD(第5次マネーロンダリング指令)の影響によるもの。

Bottle Payはイギリスの会社で、まさにEUから離脱せんとしている最中ではありますが、国としてはこの新しいアンチ・マネーロンダリング関連の規制に準じていくという判断らしくBottle Payも対応を迫られる事態になっておりました。

カストディアル(ユーザーからの資金を保有するタイプ)のサービスとして、今後規制によって求められる個人情報の種類や収集が、理想とするユーザー体験を大きく損なうものとなり、サービスの継続は難しいと判断。苦渋の上、今回の早めの決断に至ったようです。

その使いやすさと始めやすさもあって、これはLightning Network普及の猛烈な起爆剤になると超絶おすすめしていたKatakotoさんは今、大変ショックを受けております。

このまま消えてなくなるにはもったいないサービスですので、また規制に対応した形で復活してくれるのを信じています。

TwitterなどでのBotによるサービスはすでに使用できなくなっており、ウォレット自体も

2019年12月31日(火) 22:00(日本時間)

を持って出金できなくなりますので、もし利用している方がおりましたら早めの出金をおすすめいたします。

ソース:公式情報

一応、出金の仕方も書いておきましょう。僕はいつも使っているWalletOfSatoshiに持っていた少量のビットコインを避難させました。

 

 

“Add Custom Amount”をクリックして金額を入力します。

 

 

“DONE”を押して完了です。

 

QRコードをタップして、インボイスをコピー。

Bottle Pay側に移って出金します。

 

先ほどのインボイスをペーストして “検証”。つづく送金処理を進めましょう。

 

“送信”ボタンで速攻送金できます。

 

 

無事空っぽになりました 短い間だったけどありがとうBottle Pay

WalletOfSatoshiもカストディアル型のウォレットなため、今回のEUでの規制も対岸の火事ではないのですが、オーストラリアの会社という事もありしばらくは大丈夫なのではないでしょうか。

それにしても、この世界的なアンチ・マネーロンダリング対応と言う名の暗号通貨関連規制の広がり、スタートアップ企業や取引所にとっては、これまでの努力が一瞬で無に返されてしまうような厳しい動きになっています。

「海外でこうなっているから」が大好きな日本もこの流れに全ノッカリで行くのでしょうね。暗号通貨は来年以降、ますます窮屈な事になっていきそうです。

この続き : 0字 / 画像 0枚
100

会員登録 / ログインして続きを読む

関連記事

記事を書いた人

『俺が、そしてここへ来て、全てをクリプトに捧げた奴等が望んだのは、俺たちがサトシを愛したように、サトシも俺たちを愛してほしい、それが俺たちの望む事だ』ランボーのコスプレで₿を乱射しながら崖からダイブ!

SNSにシェア

このクリエイターの人気記事

アンドレアス・M・アントノプロス講演動画“次なるビットコインは何か?”全訳

4713

“イーサリアムの総通貨供給量は?”の質問にアンドレアスさんが答えた!

334

『ザ・インターネット・オブ・マネー』第1章 What is Bitcoin? 日本語訳

317