btc_dakara

btc_dakara

ビットコインが好きです。ビットコイン研究所に寄稿したり、トラストレスサービス株式会社という会社で実験的なサービス開発をしています。

11年ぶりに動いたビットコインはサトシのものか?

2020年5月20日夜、11年以上ぶりに2009年2月10日にマイニングされたビットコインが移動されました。 取引記録→Blockchain.info ビットコインの最初のブロックが採掘されたのは2009年1月9日のことで、今回動いたコインが誕生したのは3,654ブロック目のことです。(つい最近の半減期が630,000ブロック目だったので、どれくらい最初のほうかわかりますね。) このコインについて、「サトシか?」という疑問が湧くのは当然のことかと思います。当時ビットコインのソフトを動かしてマイニングしていた人物など、多く見積もって数十人というところだったでしょうから。 2013年の記事で、初期のビットコインマイニングのプライバシー面での欠陥に注目し、サトシと見られる主体をパターンから発見したというものがあったので、同じ著者による2019年の追記と合わせて意訳して紹介します。 元記事→"The Well Deserved Fortune of Satoshi Nakamoto, Bitcoin creator, Visionary and Genius" 追記→"The Return of the Deniers and the Revenge of Patoshi" 初期のビットコインマイナーの欠陥と「Patoshi」 欠陥① ExtraNonceが新規ブロック発見ごとにリセットしないため、マイナーを区別することができる 新しいブロックを採掘したマイナーはコインベーストランザクションというもので新規発行のコインを入手できるのですが(当時は50BTC)、初期のコインベーストランザクションにはExtraNonceという情報が記録されていました。 マイニングにおいて、新しいブロックを発見するのはNonce(ナンス)という数字を見つける作業に他ならないのですが、32ビットのナンスを1から順番に増やしていくという作業をイメージしてください。 ある程度の時間が経つと、ナンスは32ビットに収まらなくなり(オーバーフロー)、再び1から数え始めることになります。そのとき、ExtraNonceに1を加算することになっており、実際に採掘されたブロックにはナンスと採掘時のExtraNonceが記録されます。 欠陥は、新しいブロックを見つけ

11年ぶりに動いたビットコインはサトシのものか?

【全文和訳】Arthur Hayes "Choose Your Fiction"

今日は4月9日のBitMEXブログ「Choose Your Fiction」(アーサー)・ヘイズ著)を和訳していきたいと思います。アーサー節がいつも以上に炸裂していますが、大げさな表現を含めアーサーの世界観が強く表れている作品ですので、ぜひともおつまみ片手にご覧ください。 4/16追記:公式の日本語訳も出ました。公式のほうが上手い訳もあればこっちのほうがいいと思う部分もあるので、よろしかったら読み比べて見てください。 ~~本文~~ パチンッ!あなたが指を鳴らすと同時に新型コロナウィルスは消滅し、ようやく外出していつもどおりの生活を取り戻すことができる。そのときどんな気分だ?1月と同じくらい未来に楽観的になれるか?政府があなたの健康と安全を最優先してくれると信用できるか?メディアが権力に対して事実を突きつけると信頼できるか?安心して目や鼻、口に触れるのか、それとも、1時間毎に熱心に手を洗う生活を続けるのか? もし事態が収束したときに1月までと同じような生活を素直に取り戻すことができるのであれば、それは幸せなことだ。もしかしたら経済もV字回復するかもしれない。しかし、私が思うようにあなたの世界観が根本的に変わってしまったとすると、あなたの生活を支える「フィクション」(幻想)も大きく変化してしまったことだろう。世界で最も重要な価格――お金の価格――とその本質を考える上で、社会が信じる幻想を先読みすることは非常に重要だ。 法定通貨(つまりUSD) = 幻想+暴力 米ドルの価値が、契約に則った支払いや税金が武装した権力によって必ず徴収されるということに基づくことはご存知の通り。つまり、ドルの価値の源泉はアメリカが十分な税金を徴収し、国債を償還することができると信じられていることにある。 ゴールド = 幻想+物理的な希少性 金はそれほど広範な産業的な用途があるわけではない。キラキラしていて、物理的に希少で、柔らかく、何千年も人間の関心を集めてきたことから価値があるのだ。 ビットコイン=幻想+暗号学的な希少性 ビットコインの価値は、多くの人が最終的に2100万枚までしか発行されないというオープンソースのコードを実行していることによって担保されている。 第二次世界大戦での大量殺戮のあと、連合国はブレトンウッズで会合し、米ドルに基づく現代の金融システムを作り出した。この米ドル基軸の体制が今日まで続いている。 1971年ま

【全文和訳】Arthur Hayes "Choose Your Fiction"

グリッチ×ファッション リンク集

今回は完全に趣味の領域です。テックやファッション、ものづくりに関心があって、バグった画像や画面が好きなら、興味を持てると思います。「読む」リンク集ですので、できれば順番に進めてください。 ① 岡田舜 個展「RETROJECTIVE」 バグったファミコンの画面をキャンバスに描くアーティストの個展が、今月阿佐ヶ谷であります。バグった画面もですが、デジタルだからこそ起こりうるグリッチが、絵の具によってアナログなキャンバスに出現するのが面白いなと感じます。この人の作品を見て私は、「こんなニットのセーターがあったらバカ売れしそう、カニエ・ウェストとかが着てそう」と思いました。 ② グリッチ刺繍 (ヌケメ) <span style="background-color

手軽にライトニングを利用する方法・ポイント

いつもはnoteやビットコイン研究所サロンで記事を書いていますが、Spotlightさんのβ版リリースを記念してこれからはこっちで書く機会を増やそうと思います。 noteでたまに投げ銭をいただけるのですが、25%くらい手数料として取られてしまいます。ですので、手数料もかからず、超少額の値段設定もできるSpotlightみたいなサービスに移りたいと思ってました! 今回書く記事は、手軽にライトニングを利用する方法・ポイントです。 いちいちフルノードを動かして、ライトニングノードをインストールして、常時接続するようにするのはハードルが高いと感じる方がほとんどではないでしょうか?私もそう思います。 ですが、少額でライトニングを利用するのであれば、ここに書いてあるステップで誰でも簡単にできます。ご紹介します。 1. 預け型のライトニングウォレットを使うBluewalletやLntxbotなど、資産を預けるタイプ(custodial)のライトニングウォレットを使う方法です。ノードの管理はいりませんし、普通にいつでも使えます。持ち逃げされるリスクやハッキングリスクなどを考えても、数百円とかなら全然問題ないですよね!(大半の人にとって、現段階では自分でLNノード管理するより安全だと思います) 2. ライトニング上のBTCをゲットする:稼ぐ場合なにかお金を払ってもらえそうな知識や、文才がある場合はSpotlightで記事を書いて投げ銭をもらい、ウォレットに出金してしまえばそれだけでLN上のBTCがゲットできますね。他にも、paywall.linkというサービスがあって、なにかリンクを紹介するのに報酬を得ることができます。(見る人は支払わないとリンクが見れない)また、「稼ぐ」なのかは微妙ですが、LntxbotのSats4Ads<

100

BTCを担保にEthereum DeFiを利用する

Ethereumを主としたDeFiはこの業界ではすっかりバズワードとなり、多くの人が知るところとなりました。 DeFiではDecentralizedな性質上、何かの資産を担保に何かをするというタイプのサービスが多いです。最も著名なのはETHを担保にDAIというUSDペッグに"近い”性質を持つステーブルコインを発行するMakerDAOでしょうか。 そして借りたDAIをレンディングしたり、ETHやDAIでデリバティブを使ったり、DAIで何かを支払ったり、他の資産を買ったりという具合です。勿論DAIを借りて返す事に手数料となる金利が発生するのが一般的ですがそれを上回るリーたんが取れればアービトラージ的な事も可能という事です。 ただしこうした運用にはリスクがあります。リスクの考え方や適正は人それぞれで、取引所に預けておくのが安心な人もいれば自分のWalletでないと嫌な人もいるし、レンディングはOKだったりNGだったり、それらもサービスや取引所によってリスク度合いや好みが違ったりと様々… 今回紹介するのは手持ちのBTCをWBTCというERC20のBTCに交換し、それをEthereum DeFiで運用する足がかりにするという話になります。また基本はBTCやWBTCは売らずにホールド路線である為にこんな回りくどいやり方をする訳です。該当するのは下記条件に当てはまる方のみです BTC現物ホールド派 DeFiでの運用に興味があり、自分で調べ、試す方 運用による損失リスクを受け入れられる WBTC向けカストディアンであるBitGoをトラストするという妥協(限られた販売代理店しかBTCを出し入れしないので、取引所と比較すれば遥かにマシではある) BTCからWBTC変換の税的解釈は不明瞭で利確扱いの可能性もある 自分で挙げておいてなんですが、相当厳しいですね… 超古参で利確扱いされたら困る人には合わないかもしれません。比較的最近の人でBTC売買しても良いけど基本ホールド派みたいな人向けですね。 またこれは投資そのものを推奨するものはありません。あくまでも活用法としての紹介です。 この後続く内容としては下記の通りです。ちなみに私は実際にBTCをWBTC化して運用をはじめたのですが、結構悪くないと思ってます。 BTCをWBTCに交換するお薦めの手順 WBTC交換後の運用方法紹介としてTokenSetsとMakerDAOについての簡単な解説            

BTCを担保にEthereum DeFiを利用する
1,000

ビットコインの普及、インフレ率268万%でUSドルが買えないベネズエラで見えた可能性

はじめまして!Token Labという有料クリプト情報サイトでリサーチャーをやってるDa-です。 私は仕事がら、北米と南米に出張に行く事が多いので、現地で調べてきた色々なクリプト事情をシリーズで書いていこうと思います。   前回は「5月25日にデフォルトしたアルゼンチン。通貨下落する中でBTCが使われるか現地調査した」という記事を書きました。 今回はその比較として、もっと状況が悪いベネズエラをアルゼンチンと比較したいと思います。   皆さんはベネズエラという国を知っていますか?産油国として有名です。私は残念ながら行った事はないのですが、仕事で関係したことはあります。 またベネズエラでもう一つ有名な点は異常なインフレ率です。2019年1月には、なんと268万%のインフレ率となっています。 このベネズエラでBTCが普及するのかをアルゼンチンと比較します。 またベネズエラは一時期話題になったペトロという国が発行した暗号通貨もあり、その状況もBTCへ影響しているのでそこも紹介しますね。   1.BTC購入額のアルゼンチンとの比較 まず、ベネズエラの通貨のボリバルでのチャートを見てみましょう。これを見るとボリバルでの購入量は右肩上がりですが、インフレ率が激しく通貨の価値が下がっているのでこれは当然です。   こちらはBTCベースでのグラフです。こちらは2019年2月にピークを付けてからは横ばいです。 <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-s3-001/article/20200526221425lwix64frl_blobid159

ビットコインの普及、インフレ率268万%でUSドルが買えないベネズエラで見えた可能性

ハイテク株投資家と草コイナー

こんにちは、カラコンルです。   COVID-19の影響で3月の株式市場は大混乱に陥り、ほぼ全ての金融資産が暴落する事態にまで発展しましたが現在年初来でNASDAQ総合指数はプラスになっています。(ビットコインもプラス) NASDAQは世界最大の新興企業向け株式市場でハイテク企業などの技術的新規性の高い企業が多数上場しています。 ※写真はNASDAQの年初来チャートです   元々ハイテク株は不況に弱いと言われ、リセッション(景気後退)が起きた時には最も高い下落率をもたらすと言われてきました。しかし、今回のコロナショックでは初動では高い下落率を記録したものの、米国の代表的な指数であるS&P500が未だに年初来リターンがマイナスなのにもかかわらず、ナスダック総合指数はプラスになったのです。 なぜハイテク株は最も早く復活したのかハッキリとした理由はわかりませんが、おそらくCOVID-19によるリモートワーク(Work From Home)の影響が強いと思われます。あまり進んでいなかったリモートワークがSocial Distancingの錦の旗の元に急激に進んだことによりZoomなどの新興ハイテク企業は新高値を更新し、GAFAMなどの巨大IT企業の株価も年初来でプラスになりました。   こうしたことから「ハイテク株は暴落しない」「ハイテク株は好況にも不況にも強い」「ハイテク株はディフェンシブ」という言葉が流行りました。

ハイテク株投資家と草コイナー
100

Ethereumでコントラクトを手数料払ってでも走らせる意味

なんか昨日twitterで議論が交わされていたのでいくつか書いていきます。   ETHとGasと手数料の話 ETHのGasはETHのみで買えるブロックチェーン利用料のようなものです。(Bitcoinのtransactionのbyte数に近い概念) 刻む量や、スマートコントラクトの負荷量によって決まります。かかるtx手数料は、かかるGasの料金(Byte数)とそのGasあたりの手数料(sats/byte)をかけた金額です。本質的にはBitcoinと手数料の概念は変わらないです。利用の需要とキャパシティ(BlockSizeやBlockGasLimit)で決まります。全てはオンチェーンに刻む需要とブロックサイズに左右されるし、そこに差はないと考えてます。 まぁもちろんみんなGas代がETH単位だから感覚があまり変わらないからusd建てだと上がりやすいといった人間の感覚に根差したことによりといったことはあります。 あと、高騰するときは取引所に送るためにtx数増えるから、実際手数料は上がりがちというのも。(相関関係) ETHやGasは無料の方がいいという話 確かに手数料は安い方がいいです。Pepecachを送るのにBTCはかけたくない!とかはあるかもしれませんw ですが、Bitcoinもだからキャパシティーを上げようといった話で揉めたように、Ethereumも無尽蔵にあげるわけにはいきません。Ethereumにtransactionで刻む需要があり無尽蔵にキャパシティーを提供することができない以上、それは無料というわけにはいきません。 ではEthereumやBitcoinに刻む需要というのはなんでしょうか?それはセキュリティーから来ています。Bitcoinだって10BTCを動かすのにLiquidだとなんとなく不安でしょう。 Ethereumの場合は、アプリケーション/トークン/コントラクトが絡むのでここの考えが厄介なことになっているのですが、基本は同じで、その手数料の意味はセキュリティです。(ビットコインにもCounterpartyにその芽はあったのですが結果的に現在はEthereumにポジション取られてますね) アプリケーションやトークンやコントラクトの稼働セキュリティを高めたいからこそETHを支払ってセキュリティーを買っているのです。 Ethereumで走らせる意味 あとは、Ethereum上に実装するのはComposabilityを享受できるというのもあります。 Ethereum上でトークンを発行したならすぐにUniswapにListできます。他のコントラクトを組み込んだアプリを作成できます。利用者は1txでいろんなアプリを一度に利用できます。さて、アプリケーションといっても、Ethereumのセキュリティの必要度やComposabilityがいるかいらないかといったものがあるでしょ

Ethereumでコントラクトを手数料払ってでも走らせる意味

金地金業者を用いた時間差アービトラージ

みなさん、金地金買ってますか? この界隈は「貨幣の信認」に最も敏感なクラスタなので結構持ってる方が多いイメージがありますね。 僕も最近「ついに買いました、金」(ここが言ってみたかっただけ)   いいものですね、金地金。輝きが違います。。。ビットコインにはない重量感も楽しめますね。 で実際に購入してみますと、裁定機会があったので折角なので紹介しようかと思います。(地金を購入したことがある人はもうお気づきかもです。) 必要なものは1.金地金業者と2.証券口座(あるいはXAUTなど)です。 僕が今回購入に使った業者は

金地金業者を用いた時間差アービトラージ
5,000

昨日デフォルトしたアルゼンチン。通貨下落する中でBTCが使われるか現地調査した

はじめまして!Token Labという有料クリプト情報サイトでリサーチャーをやってるDa-です。 私は仕事がら、北米と南米に出張に行く事が多いので、現地で調べてきた色々なクリプト事情をシリーズで書いていこうと思います。   皆さんはアルゼンチンという国をご存知でしょうか?日本から見ると地球の本当に裏側、緯度で見ても経度で見ても裏側です。私はこの国にコロナウィルスで渡航を禁止されるまで、2か月に一度訪れてました。 そのアルゼンチンが昨日デフォルトしました。デフォルトについてはBitflyer加納さんのNotesが詳しいです。 デフォルトは債務不履行のことで、簡単にいうと政府の借金が返せなくなった状況です。国債の残高が増えすぎて、税収が増えずに借金が返済できなくなっています。 そして、借金の減額や支払いを延期してもらうように政府は国債を持っている人に交渉することになります。 もともと経済は悪化していたのですが、コロナがとどめを刺した感じです。企業に対して解雇禁止など60日間設けるなど中々すごいことをしています。 そんな中、アルゼンチンペソの価値は急速に下落しています。何がすごいって、2年間で価値が3分の1になっています。国内品はいいんですが、輸入品の価格が3倍になってるんですよね。 また、アルゼンチンペソからUSドルへの両替も月に$200!に制限されています。 <p style="color: #222222; font-family: Helvetica, Arial, sans-serif; font-

昨日デフォルトしたアルゼンチン。通貨下落する中でBTCが使われるか現地調査した

隠れインフレにご注意を

こんにちは、カラコンルです。   先日、はなまるうどんがかけうどんの価格を70円値上げしました。これにより価格は150円→220円になりました。 実ははなまるうどんが値上げをするのは今回が初めてではなく、3回目です。最初は100(税込)から始まり、7年間の間に130円(税込)→150円(税抜)→220円(税抜)です。   今までが破格の価格だったとも言えますが、物価がどんどん上昇していて、もはやその価格を維持出来なくなったとも考えられます。   日本経済は失われた30年と言われ、デフレに陥っていたことは事実です。そのデフレ脱却を脱却するために量的緩和(もちろん量的緩和だけではないが)を行ってきました。 その影響なのか、隠れインフレが水面下で動いていたこともまた事実です。それは価格は変わらないけれど、内容量が減ってしまうことです。つまり実質的な値上げをしているということです。これはシュリンクフレーションと呼ばれる現象です。   いつの間にか容量が減っているwiki このサイトを見ればどの商品がどれくらい減っているかがわかります。値上げをしたら明らかに分かるけれど、シュリンクフレーションなら値上げをしているかどうかはわかりません。はなまるうどんのように明らかに値上げとわかる普通の値上げと違って、シュリンクフレーションに対して我々は敏感になる必要があると言えます。  

隠れインフレにご注意を
100

ビットコインとプライバシー

プライベートで書いていた記事を公開します。本当のメインコンテンツはBitcoin WikiのPrivacy記事の全訳なのですが、長すぎて投稿できなかったのでリンクだけ貼っておきます。 構成 トレーダーはプライバシーについて学ぶ必要はあるのか? プライバシーの基礎知識 オンチェーン上のプライバシー ウォレットの特徴分析 ビットコインは本当に透明性が高いのか オフチェーン上のプライバシー 取引所の先回り売買 機関投資家によるUTXOの監視と分析 Unchained Capital サービス運営者の情報優位性 electrum 取引所の利用 カストディリスク以外のリスク WasabiWalletを使ってみる WasabiWalletの概要 プライバシーの重要性 WasabiWalletの主な使い方 Tips WasabiWalletの仕組み 問題点 バグの多さ 翻訳 オプションの少なさ .NETフレームワーク自体の信頼性 中央集権性 (付録) Bitcoin WikiのPrivacyのページ全訳   トレーダーはプライバシーについて学ぶ必要はあるのか? ビットコインのプライバシーは開発者の間で広く議論されているトピックです。マニアックなプライバシーの内容や、国家やエリート犯罪集団から完全に身を守る方法についてはこの記事では触れません。一般的なトレーダーの目線で利益を失わないようにするためにプライバシーを気にした方がいい理由と、その実践方法について解説します。 プライバシーの基礎知識 ビットコインの取引履歴はトランザクションと呼ばれる単位から成り、トランザクションを一定時間ごとに区切って管理する単位をブロックと言います。トランザクションとブロックの内容は全てのビットコインのユーザーに公開されています。この記録は半永久的に残るため、取引履歴を追うことでビットコインがどのよ

ビットコインとプライバシー
description

b5fky6rosを購入しました。

-72
description

b5fky6rosを購入しました。

-28
card_giftcard

匿名ユーザさんから 8sji6rleyが購入されました。

100
card_giftcard

Yuyaさんから d52whov3zが購入されました。

231
card_giftcard

Yuyaさんから d52whov3zが購入されました。

100
card_giftcard

Yuyaさんから d52whov3zが購入されました。

191
description

94ipati57を購入しました。

-72
description

94ipati57を購入しました。

-28
description

lwix64frlを購入しました。

-100
description

cud0nyqt9を購入しました。

-422
description

cud0nyqt9を購入しました。

-144
description

cud0nyqt9を購入しました。

-28
description

cud0nyqt9を購入しました。

-100
description

cud0nyqt9を購入しました。

-306
card_giftcard

はじめさんから 5f84tntouが購入されました。

100
card_giftcard

匿名ユーザさんから 投げ銭がありました。

1000
card_giftcard

phiさんから d52whov3zが購入されました。

522
description

fddjdhk6jを購入しました。

-100
card_giftcard

高野勝通さんから d52whov3zが購入されました。

522
description

g29dwlz5pを購入しました。

-44