ヘッダー画像

₿全ビットコイナー必読の書“21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト"

なまえ

一人寒い部屋で迎えた2019年のクリスマス、ひとすじのぬくもりを求めてネットの海をさまよい歩いていたKatakotoさんは、とんでもないプレゼントに出会った。それはGigi氏という方が執筆した本。その名も

“21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト”

執筆者のGigi氏は自分のサイト上でも自身のことを多く語っておらずその詳細は謎に包まれているが、書いてある文章や写真、そしてbitcoin-resources.comの運営などからも分かるように、バリバリのビットコインマキシマリストであるのが感じられる。名前にkatakoto.ethみたいなんがくっついてる奴が気安く近づいた日には、眼から出る₿eamで焼き払われてしまいそうな気迫を感じだいぶビビった。

しかし最近、書籍化されたこの“21lessons.com”は、一度落ちたら抜けられないとされるビットコインのうさぎ穴に落ちてGigi氏自身が自らの体験から学んだコトが、哲学的・経済的・技術的見地から、初心者にもわかりやすいようにエッセイ形式で21のレッスンとしてまとめられていて、ビットコイン初心者にとってもその革命性がよく分かる網羅的な内容になっているではないか!

クリスマスの奇跡!この出会いは僥倖!

夢中で読み終えたあと、Katakotoさんはいてもたってもいられぬ衝動に突き動かされていた。

これは凄い本だ。翻訳して広く皆と共有せしめねばならぬ・・・

と言うわけでこの年末になって慌ただしく、ひとり勝手に翻訳プロジェクトに取り組んでいます。翻訳公開に関しては、なんとも太っ腹なことに元の記事がクリエイティブ・コモンズ4.0で公開されており、元から自由だったのですが、直接Gigiさんから連絡を頂き公式サイトからのリンクをして頂ける運びとなりました。

僕はプロの翻訳者でも何でもなく、ただの₿の衝動に突き動かされしものなので、多少の読みにくさや間違いなどは多めに見て頂きたい、優しくご指摘頂きたい所ですが、やるからには全力で最後の21レッスン目までやり切りたいと思います。

現実問題としてここSpotlightで公開した方が、実際にビットコインに興味のある方にリーチできて反応も多く得られるのはわかっているのですが、このラビット・ホールが通じる先が不思議の国のアリスというセレンディピティをいたく気に入ってしまったので、公開先はALiSとさせて頂きました。

現在、第一章の7レッスンの翻訳が終わった所です。別サイトになりますが興味のある方は下のうさぎさんを追いかけてラビット・ホールに飛び込んでみてください。

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️

 

今年は最後の最後に、こうして最先端のLNが利用できるSpotlightという新しいプラットフォームや、良い本に出会えてとても良い一年となりました。それでは皆様、良いお年を。2020年が皆様と暗号通貨にとって良い年になる事を願っています。

文字 0字

100

会員登録 / ログインして続きを読む

コメント(8件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

なまえ

翻訳、素晴らしいです!

もし良ければAlisでアップした内容をコピペでも良いので、スポットライトへも投稿して貰えないでしょうか?

なまえ

確かに、このシリーズはALISよりSpotlightで公開したほうが適切なのかも知れないです。
それをあえてALISで公開するkatakotoさんの心意気!

関連記事

名前
サムネイル

エピクテトスの教え

【エピクテトス】古代ギリシアのストア派の哲学者。奴隷の子として生まれる。「脳裏にうつるものは4種類しか存在せず。これらすべてを正しく識別するのが賢者である。」    

名前
サムネイル

BraveのBAP問題に関する考察

たつぞうです。 昨日、TLで話題になっていた「BAP」問題について考察してみました。 あわせて、同じテーマで配信したツイキャスのリンクも掲載しておきますので参考にしてみて下さい。   BAP問題、発端は、、、始まりは、極度信玄(してます)どののALIS記事からでした。  alis.to 相変わらず、鋭い考察するなぁ信玄どの。 実は昨日、ブログに考察を書こうとした矢先だったので、やられたーと思いました。 けれど、このブログがキックとなり、界隈の様々な人が、色々な視点で意見を述べていて、とてもいいトピックになったのではないかと個人的には思っています。   問題を一言でいうと 「Brave日本ユーザーが、広告閲覧するともらえるBATは、BATポイントである」 ということです。   ちなみに、Brave公式のQAはこちら。よくあるご質問 - Brave | Brave Browser   なぜ、Braveはこのような対応したのか?私の尊敬するITジャーナリストの星さん(http://@AkioHoshi)のツリーを参照ください。 日本でBraveブラウザを使うと、広告閲覧に応じてポイントのBAPが付く。本来の設計は仮想通貨トークンBATの配布。なぜ日本は別対応なのか? という論考。 仮想通貨扱いを避け、「景品表示法に基づくポイント」として設計したのではないか、と推定している。https://t.co/ZKav0oWXud https://t.co/XEE3z3E7lb — 星 暁雄 (@AkioHoshi) 2019年12月30日    Brave運営側が、日本の法規制に配慮する形で、このような対応を選択したのではないか、という推測を立てていらっしゃいました(星さんからの注釈:あくまで推測であり、事実に基づく内容ではないことを断っておきます)   そして、Braveに関することなら、日本ナンバーワンのGukoさんは、以下のように考察されています。 BATとBATポイントの違いは何か BAPは、PontaやPASMOのポイントと同様の「前払い式支払い手段」扱いとすることで、来春の決済資金法規制が始まってからも規制の対象となることを避けたのではないか、というものです。 Braveの対応に寄せられた意見ツイッター上では、様々な意見が寄せられていました。 私の意見は、BATは日本では利用や持ち込みが禁止されているような"禁止違法薬物"(←覚せい剤的な?)扱いなのか?という問い。違うはず。規制はビジネスの仕様の枠組みだけのはず。

名前
サムネイル

ライトニングネットワークの経済圏

どんな経済圏でもお金がまわる仕組みが必要です。例えば、私たちの生活では仕事をして得たお金を使って物やサービスを消費します。働くことでお金を得るわけですが、なぜ私たちはお金を欲しがるのでしょうか?それはモノやサービスを消費するためであったり、将来のために貯蓄するためであったり人それぞれです。貯蓄することも、将来はそのお金で何かを消費するために貯蓄している方が大半だと思います。 ポイントも同じことが言えると思います。私たちが一生懸命ポイントを貯めるのは、そのポイントを使って何か消費しようと思っているからです。もしこのポイントで買えるものが極限られたもの、例えば、乾電池だけだとしたらどうでしょうか?誰もこのポイントを貯めようとはしないと思います。 ではビットコインはどうでしょうか?ビットコインは法律上、決済手段という定義ですが、金や株のように価値があり日本円へ換金することはできます。この点では、一部のユーザは価値の保存や投資目的で欲しがる人もいるとは思いますが、しかし、これも結局は円への換金が目的となっているでしょう。 ビットコインが通貨として機能するためには、やはりそれ自身でモノやサービスの消費ができることが必要だと思います。しかし、ビットコインを使った決済は、以下のような理由で不便なこともあります。 決済手数料が高い 決済処理が遅い そこでこれらの問題を改善しようとして開発された技術がライトニングネットワーク(以下、LNと称す)です。このLNもまだまだ発展途上な技術ですが、2018年1月の流通量は数BTCだったのが2018年12月には500BTCと確実に増えています。しかし、まだまだ通常のビットコイン決済よりも複雑であったりと、中々大衆へのは普及ができていません。 なぜLNを使う必要があるのか?なぜビットコインをLN上で持っていると嬉しいのか?もっと言うと、なぜビットコインを持っていると嬉しいのか?私たちがビットコインも持ちたがらない理由の1つとして、ビットコインを決済として消費できる魅力的なモノやサービスが殆どないからだと思っています。 そこで今回はLNが普及するには、その決済手段を使って消費したくなるような魅力的なモノ・サービスについて例を挙げたいと思います。LNは、LNにしか活用できるようなサービスがいくつかあります。今回はLNの小額決済という特徴を活かして魅力的なサービスが作れないか、以下に上げたいと思います