ヘッダー画像

Spotlightのポイントと規制について考える

なまえ

Spotlightの残高はなぜポイントで、有効期限があるのでしょうか。

入金したBitcoinを出金できますが、これは来年からの暗号資産カストディ規制の対象にならないのでしょうか

ポイントを仮想通貨に変えて出金できるのは、仮想通貨交換業に当たらないのでしょうか

 

なぜSpoglightの残高がポイントで、有効期限があるのかを法律から考えます。

そして、Spotlightが規制の対象になる可能性があるのかどうか、考えます。

最終的には、Spotlightのポイント入出金を規制に当たらない形に整理する仮説を示します。

なお、あくまで個人の解釈として、Spotlightのサービスの設計を分析したものです。本記事を参考にされることに対して、一切の責任を負いません。

(昨日サービス内容をみて調べた情報に基づくので、勘違いがまざっていたらごめんなさい。ご指摘があればなるべく修正版をだします)

文字 5107字

100

会員登録 / ログインして続きを読む

コメント(1件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

なまえ

真面目な考察がすごい!

関連記事

名前
サムネイル

ETHをにぎりしめて向かった先は!?

前回の記事のつづきです。 前回はビットコイン(BTC)をイーサリアム(ETH)へ交換した話でしたが、今回は交換した100円分のETHをにぎりしめて向かった先についてのお話です。子供の頃は100円玉が大好きで、もらえるとぎゅっと手に握り締めて近くの駄菓子屋へ向かったのを思い出します笑 時代は進み、現代は仮想通貨という、手でお金の感触を味わえないデジタルなものになりつつありますね。あの昭和な古き良き時代が懐かしい(僕は平成育ちですが)。 前置きはこの辺で、今回はETHを使って信用創造ができるのか?という実験をしてみました。 今回僕は、MakerDAOというステーブルコインを発行するためのイーサリアム上のプラットフォームへ足を運びました。ここではETHを使ってステーブルコインDAIを発行することができます。1DAI = 1USDとなっています。MakerDAOについては様々なサイトに詳しい情報がるので、興味のある方はググってみてください。 MakerDAOでは、ETHを担保にしてコインを発行することができます。概要図として以下を張っておきます(出典)。 で、これってETHを担保にして信用創造できるんじゃないか?とふと思ったんです。自分が持っているETHからDAIを発行し、取引所でDAIをETHに交換する。そしてそのETHを使ってDAIを発行する。そうすると、、、

名前
サムネイル

ライトニングネットワークの経済圏

どんな経済圏でもお金がまわる仕組みが必要です。例えば、私たちの生活では仕事をして得たお金を使って物やサービスを消費します。働くことでお金を得るわけですが、なぜ私たちはお金を欲しがるのでしょうか?それはモノやサービスを消費するためであったり、将来のために貯蓄するためであったり人それぞれです。貯蓄することも、将来はそのお金で何かを消費するために貯蓄している方が大半だと思います。 ポイントも同じことが言えると思います。私たちが一生懸命ポイントを貯めるのは、そのポイントを使って何か消費しようと思っているからです。もしこのポイントで買えるものが極限られたもの、例えば、乾電池だけだとしたらどうでしょうか?誰もこのポイントを貯めようとはしないと思います。 ではビットコインはどうでしょうか?ビットコインは法律上、決済手段という定義ですが、金や株のように価値があり日本円へ換金することはできます。この点では、一部のユーザは価値の保存や投資目的で欲しがる人もいるとは思いますが、しかし、これも結局は円への換金が目的となっているでしょう。 ビットコインが通貨として機能するためには、やはりそれ自身でモノやサービスの消費ができることが必要だと思います。しかし、ビットコインを使った決済は、以下のような理由で不便なこともあります。 決済手数料が高い 決済処理が遅い そこでこれらの問題を改善しようとして開発された技術がライトニングネットワーク(以下、LNと称す)です。このLNもまだまだ発展途上な技術ですが、2018年1月の流通量は数BTCだったのが2018年12月には500BTCと確実に増えています。しかし、まだまだ通常のビットコイン決済よりも複雑であったりと、中々大衆へのは普及ができていません。 なぜLNを使う必要があるのか?なぜビットコインをLN上で持っていると嬉しいのか?もっと言うと、なぜビットコインを持っていると嬉しいのか?私たちがビットコインも持ちたがらない理由の1つとして、ビットコインを決済として消費できる魅力的なモノやサービスが殆どないからだと思っています。 そこで今回はLNが普及するには、その決済手段を使って消費したくなるような魅力的なモノ・サービスについて例を挙げたいと思います。LNは、LNにしか活用できるようなサービスがいくつかあります。今回はLNの小額決済という特徴を活かして魅力的なサービスが作れないか、以下に上げたいと思います

名前
サムネイル

ビットコインライトニングネットワークの使いみちとしての投げ銭の魅力

先日よりSpotlightとビットコインライトニングネットワーク(LN)を触らせていただいて、LNの手軽さにちょっと感動しています。 このLN、なにかに使えないかな?とぼんやり考えていました。 物を買うのに便利そうなんだけど、そもそもビットコインの法定通貨建て価格のボラリティが大きすぎるので、売る方としてはBTCで売りたくないだろうし。物がデジタルコンテンツであっても、生活がかかっているプロのライターさんや絵師さんは、やっぱり価格が大きく上下するビットコイン建てで自分のコンテンツを売りたくないでしょう。 となると、いい使い道の一つは投げ銭かな、と思うのです。   良い記事への感謝の気持としての投げ銭 僕は長年、いろんな場所でブログを書いてきました。自分で書くだけではなく、いろんなブロガーの記事を拝見していました。 その中には、すごいな、これは参考になったという記事も少なくありません。そんな記事にはお礼をしたいものです。でも、その記事に対してお礼としてできることは、コメント欄に感想を書くことくらい。ちょっとでもお金としてお礼をできればいいのになとずっと思っていました。 昔からそれを思っている人は多いようで、円で投げ銭をするサービスもあったように覚えています。しかしそれらのサービスは、投げ銭をする方とされる方の双方がそのサービスに登録していないといけなかったり、クレジットカード決済が必要だったり、投げ銭するときの手続きが少し煩雑だったりしてハードルが高く、普及しませんでした。 また、2015年くらいには、カウンターパーティーというプロトコル上で自分で仮想通貨を発行して、それを投げる押し付けるwという遊びが一部の仮想通貨に興味を持つブロガーの間で流行りました。ウォレットのQRコードを自分のブログサイトに貼ったりと、子供銀行券を使ったおままごとみたいに楽しむのですが、これがコミュニケーションの道具としておままごと以上に案外有用なように思いました。でも、これもあまり広がることはなかったように思います。 やっぱり投げ銭って魅力ないのかな、と諦めかけていた僕の考えをひっ