Progress Report - 2021 11

Progress Report - 2021 11

はじめまして、Bakuchiiと申します。

何をしたとかの記録をプログレスレポートとして、今月からほそぼそと書いてきます。飽きなければ更新していきます。
  今月は、1つのバウンティと別のグラントを並行して進めた。今回のFei x Raiバウンティには120時間以上かかっただろう。

今月の記事
The ultimate guide to L2s on Ethereum
L2に明るくない人は、この記事にあるリンクを全て辿っていけばいいと思う

今月参加したバウンティ

FEI & RAI PCV Strategy On Uniswap V3

 今月は主にこれのバウンティに時間を費やした。
   このバウンティの要件は、PCVコントラクトにデポジットされたETHを担保にRAIを発行し、ミントしたFEIと一緒にUniswapV3で流動性提供をして、そのPosition NFTをReflexerのSaviourに預けてSafeに保険をかける、という複雑なことを行う。ETHを引き出すときは、ILのせいでsafeに返済するRAIが不足する可能性があるので単純ではない!

Uniswap V3とReflexerがSolidity 0.7で書かれているが一方で、Feiが0.8を使っているので、コードの単純なコピペでは機能しなくて苦労した。
  ReflxerがMakerDAOのコードベースを利用した、Ds系のライブラリを使っている点も親和性が低くて面倒な要因だった。
UniswapV3は素晴らしいが、インテグレーションという点では非常に辛いことがわかった。今日、Uniswap V3の盛り上がりがイマイチなのはこういう点が障壁の一つだろう。

UniswapV3を使う上で役に立ったリソース

公式のドキュメント
充実してきてチュートリアルもある

Charm FinanceのAlpha Vaults`
https://github.com/charmfinance/alpha-vaults-contracts

Gelato NetworkのG-UNI https://github.com/gelatodigital/g-uni-v1-core/tree/master/contracts

特に、G-UNIがSolidity 0.8を使っているので参考になった。Charmはコードが読みやすい。

Forta ProtocolのCompoundコンテスト

正確には10月ではあるが、書いておく


結果:負けた
https://docs.forta.network/en/latest/contest1-compound/

no plan inc.からの挑戦状 「NFTを奪ってください」

問題は全部で3つ(q3に出題ミスがあって後にq4として訂正版が出される)あって、全問正解者はno plan inc.の方と採用ランチができる権利と最終面接までスキップできる権利がもらえるらしい。そこそこ理解ある人に絞れるし、冴えたアイデアだなと思った。
 問題自体は、何をすればいいのか明白で割と簡単。q3はこれ出題者の意図ではないなと思いつつも穴をついて完了した。q4はq3の訂正版で、q3を正攻法で解かなればならないが、1つピースの見落としがあって少し考えた。結局はq1からq4まで全部解けた。
  
   q4で使われているBTCUtilsとValidateSPVライブラリは、tBTCなどで使われってるぽくて、勉強になった。

https://consensys.net/diligence/audits/2020/02/summary-thesis-tbtc-and-keep/

今月参加したグラント

idle Fiの10月に取り組んだバウンティの続きをグラント枠でやらないかとチームの人に誘われた. チームから要求された修正を加えて、PRのマージまで完了.
https://github.com/Idle-Labs/idle-tranches/pull/15
それと、Idle DAOでスマコンのdevとしてはたらかないかと誘われた。

匿名だから、採用の基準が年齢などに縛られずに成果に重きを置いてくれているので、リアル世界よりフェアだ

次のステップ

 - Secureum
 - ZKP
 - GR12

Remaining : 0 characters / 0 images
200

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

Progress Report 2022 01月

40

Progress Report - 2011 12 & 2021年のまとめ

30

Progress Report 2022 2月

25