ラバ

ラバ

@1532

ビットコインの半減期に関して、反省と考察

ビットコインのブロックは10分毎に生成されて、2週間毎に難易度調整されて、約4年毎に半減期を迎える。 つまり、2009-2012 50 BTC/10分2013-2016 25 BTC2017-2020 12.5 BTC2021-2024 6.25 BTC いまここ2025-2028 3.125 BTC2029-2032 1.5625 BTC  この様に、大体4年毎に、BTCは半減期を迎えるため、総量は21Mと計算出来る。 実際の半減期当日を列挙すると、11/28/20127/9/20165/11/2020であり、4年ではなく、4年弱で半減している。これは難易度調整後に、ハッシュレート上がって、ブロック生成時間が10分を若干割ってるためだろう。 ここでは、単純化のため4年毎に半減と仮定すると、2041-2044 0.1953125 BTC/10分 20年後2045-2048 0.09765625 BTC2061-2064 0.00610351 BTC 40年後2073-2076 0.00762939 BTC2085-2088 0.00009536 BTC2101-2104 0.00000596 BTC 80年後2113-2116 0.00000074 BTC2125-2128 0.00000009 BTC2137-2140 0.00000001 BTC 116年後 つまり、2137-2140はマイナー報酬が1 Satoshiで、それ以降、新規のBTC報酬はなくなる。新規で報酬するには、小数点以下を8桁から更に切り下げる事は出来る。上限21Mを変更する事はないと思われる。 マイナーの年間売上規模を考えてみる。2015年のビットコイン価格を4万円と仮定すると、4万円 x 25 x 6 x 24 x 365 = 526億円/年 2017年のビットコイン価格を50万円とすると、50万円 x 12.5 x 6 x 24 x 365 = 3285億円 2021年のビットコイン価格を500万円とすると、500万円 x 6.25 x 6 x 24 x 365 = 1兆6425億円 2026年のビットコイン価格を1億円と仮定すると、1億円 x 3.125 x 6 x 24 x 365 = 16.4兆円 ここから、主に電気代、機器代、土地代、人件費などを引くと利益である。マイナーの産業としての規模は増え続けていて、クリーンエナジー対応必須である。4年でBTC報酬量が半減するので、半減後に価格2倍になると、売上は同規模だが、実際の価格は1桁上がっているため、マイナーの売上額も1桁上がっている。 さて、現時点では、半減する速度より、価格上がる速度が速いので、売上額は上

メタバース系Dappとネット老人の思い出SecondLife

全宇宙インターネット老人会高額課金ユーザーのタコ頭です。 今回はビットコインネタじゃないけど、許してちょ…そして思いっきりわたくし事デフww ざっくり、何でワイがビットコイナーを装い、アルトコインもお触りしていきいるのかって話ね。(読むに値しませんw) ブロードバンド回線が十分に普及した時代、某ADSL回線街頭売り込み大作戦のおかげで日本中にADSLが普及、その後光回線に移行していき万人が高速広帯域回線の恩恵にあずかれるようになった初期の時代。 (かっこつけてみたけど、2005~2007年ぐらいを意識していマフ。) もっとイメージしやすく言うと、スティーブ・ジョブズは存命で初期型iPhoneが発売されたかされていないかという世界。 そんな感じの時代に、SecondLifeという3D仮想空間がベラボーに流行した事を知っていますかぁ?(上目遣い) 2000年台中期頃のネットを知ってる人はそこそこいると期待したい… この仮想空間がすごかったのはですねぇ(当時としては)、変動相場制の内部通貨をもち土地が所有でき、その土地を貸したりお店を作って自作アイテムを売買したり、皆で協力をして家をたてて世界中の友人とアバター越しにチャットをしたり… テロリスト(チーターの類)に街が破壊されたり、景観でお隣さんと揉めたり、変態野郎が女性型アバターを追いかけまわして問題になったり…ギャンブルが横行して運営がBANしたり。 内部にはそんな人間味あふれる社会があり経済があり、事件が起き…変態さんが出没し…ほんとファンタスティックリアルワールドでした。 VRchatなどのコミュニケーションツールなどとはちょっと違う、仮想空間!仮想世界!と言えるようなものだったのです。 (一度使ってみてください、多分使わないとわからないです。今でもサービスは止まっておらず、コロナでユーザーが増えたという記事も見つけました。) さらに最盛期には、企業がこぞってプロモーションの為に内部にお店を出して、アイテムを無料で配ったりしてたんだよ。 ワイも思ったよ、これこそポストWEBだ未来のテクノロジーだってね。 そして、内部コンテンツを作る仕事というか、修行というかそういうことをしてたのよタコ頭は。 これでいけると思ったのよ… そんな世界にワイには何人かの友人がにいましたが、ブームが終わると少しずつみんなリアル空間に帰って行ってしまいました。 一度もリアルであった事が無く属性の一切が不明なアバターに対して、みんなどうしているのかまたあそこで再会できないか&hel

Popular stories

UmbrelをWiFi接続で運用する方法

289

UmbrelのダッシュボードでBTCの入金アドレスが表示されない現象への対処方法メモ

146

Umbrelを動かしているRaspberry Pi のCPU温度をブラウザから簡単に確認する

136

Archives

2021-07
4posts