現代の賢人、野口悠紀雄(クリプト本レビュー)

現代の賢人、野口悠紀雄(クリプト本レビュー)

先日はSpotlightのアップデート、おめでとうございます!

アップデートやリンクカードの記事を読んで、そういえばあまりspotlightの機能を使い尽くしていないな、と思い、あれこれいじっているうち、楽天アフィリエイトを挿入できることに気づきました。

「こりゃ面白い!」と思って、さっそく何か商品を紹介してみようということで、この記事を書いてます。

何かないかな?と思案しつつ・・・仮想通貨の本でも取り上げてみようと思い至り、過去の読書記録を読み返し・・・、今回はこれにしました。

野口悠紀雄さんの『仮想通貨革命』です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仮想通貨革命 ビットコインは始まりにすぎない 野口悠紀雄/著
価格:1650円(税込、送料別) (2020/9/3時点)

楽天で購入

野口さんといえば、かなり初期のころから仮想通貨やブロックチェーンに注目され、書籍を多く上梓されています。

この『仮想通貨革命』は2014年6月の刊行ですが、当時は仮想通貨関連の書籍がものすごく少なくて、そういう意味でも非常に貴重な本でした。

しかもマウントゴックス事件があった年で、世間の注目はあっても、不審がられていたころです。

その当時から、仮想通貨を冷静に評価していたのですから、野口さんの慧眼には舌を巻きます。

しかもしかも、2014年当時、野口さんは74歳!

よりによって、古稀を過ぎた方が、最新のテクノロジーについて、誰よりも熱く詳しく語るって、信じられます?

本の内容は、仮想通貨の仕組みから、その応用(スマートコントラクト 等)、今後の見通しまで、ほぼ全面的にカバーしてます。

プルーフ・オブ・ワークとか、RSA暗号についてもきちんと説明しているのですが・・・当時の私にはチンプンカンプンだったのを覚えています。f^_^;

この本がすばらしいのは、タイトルにもありますが、仮想通貨を「革命」と位置付けていることですね。

少し長いですが、引用します。

仮想通貨のことを知ったとき、私は「東方三博士の来訪」を思い浮かべた。(略)

なぜ仮想通貨が「東方三博士の来訪」なのか? それは、仮想通貨がIT革命の第三の贈り物であるように思われるからだ。第一はPCであり、第二はインターネットである。これらはすでに世界を大きく変えた。ただし、これだけでは十分ではなかった。経済活動にはつねに送金という行為が伴い、これについて従来の体制が続く限り、「先に述べた産業革命以前への回帰」は、完全な形では実現しないからである。しかし、いまコンピュータ技術の結晶である新しい通貨が、世界を変えようとしている。この革命が成功すれば、現代における東方三博士来訪の目的は達成されるだろう。

また、「革命に乗り遅れるな」と、警鐘を鳴らしています。まさに至言ですね。

日本はIT革命に乗り遅れた。ファイナンス技術の革命にも対応できなかった。その結果、日本の経済構造は変わらなかった。通貨革命にしても、日米間の差は、すでに絶望的なほど開いている。いま通貨革命に対応できなければ、その遅れは、決して取り戻せないものになるだろう。

・・・野口さんというと、『超整理法』で有名ですが、私はあまり注目していませんでした。

初めて読んだ野口さんの著作が、この『仮想通貨革命』で、「こんな賢人が現代日本にいたのか!」と、今さらながら驚愕したのでした。

その後も、野口さんは仮想通貨の本を書いていらっしゃいますが、『仮想通貨革命』の内容を踏まえて書いていることもあるので、一読の価値はあると思います。

以上です。

読んでくださってありがとうございました!

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

妻や子供に言えない話をいろいろ書きます。

Share

Popular stories

sMilesやってみた —> 初日の獲得額は? /運動して仮想通貨がもらえるアプリ

674

読売新聞が、ついに「BTC高騰」を報道!(2021年2月)

151

スマホで稼ぐ! マクロを使ってフリービットコイン効率化!① 試行の概要

142