1way token swap from Counterparty to Monaparty

技術的にはできますよね、という、お話。作るとは言っていない。

Ⓜ️

XCP 上にアセットが在ったとします。良い名前が思い浮かばないので仮に ZAIF という名前だとしましょう。

そして、その世界には、1 way token swap を支援する謎の組織があったとします。

仮のアセット ZAIF の持ち主の誰かが、ビットコインの送金手数料などに絶望して、Monaparty に移りたいとします。移った先のアセットに価値が乗るかどうかは判りません…というより更にゴミになる気がしますが、思考実験なので気にせず…移りたい人がいるとします。

Ⓜ️

さて、スワップの仕組みについて。

ZAIF アセットの持ち主は、自分が秘密鍵を所持するモナコインアドレスをmemo に入れた send メッセージを Bitcoin アドレス 1CounterpartyXXXXXXXXXXXXXXXUWLpVr に向け投げます。このアドレスは、かつて Counterparty が XCP アセットを生成するために用意したアドレスで、だれもこのアドレスからアセットを取り出せません。いわゆる burn 状態です。

謎の組織は、上記ビットコインアドレスを監視しており、send メッセージを確認すると、以下の作業を行います。

* アセット名に接頭語(XMPSとか)をつけたアセットが Monaparty 上にあるか確認し、なければ作ります。ZAIF なら XMPS.ZAIF です。発行量は Counterparty にあるものと同じとします。

* send された (実質上 burn した) メッセージに含まれるモナコインアドレスに、アセット (例のとおりなら XMPS.ZAIF) を burn したのと同じ量だけ送ります。

* send の送信元アドレスが、その Counterparty アセットの所有者 (例のとおりなら ZAIF の所有者…現実にはありそうもないですが) だった場合には、Monaparty アセット (同 XMPS.ZAIF) の所有権も譲渡します。

Ⓜ️

謎の組織には何のメリットもないように思えるかもしれません。しかし Counterparty からの流入によって自己が運営している dApps の活発化など見込めるなら、誰かが実行するかもしれません。 Monaparty はプラットフォームです。ユーザベースの大きさは、プラットフォーム上でサービスする人たちの利益に直結します。プラットフォーム自身を維持している人々の利益に直結するかどうかは知りませんが。

Ⓜ️

初期から Monaparty をウォッチしていた方なら途中で気づいたかもしれませんが、これは Monaparty の ICO 時に行ったトークンスワップのアレンジです。

既に使われた手法の延長線上にあるものなので、大したコストもなく作れるでしょう。作るとは言っていない。

むしろ技術的な問題よりも、アセットの価値はどこにあり価格はどう付くのか、という根源的な問題が出てくると思っています。

現実世界での ZAIF トークンは、1号仮想通貨であり、今日も取引が行われています。では、思考実験での XMPS.ZAIF アセットの価値および価格はどう見ればよいのでしょうか。フォークと考えれば良いのでしょうか。そんな気もしますし、少し違う気もします。

Pepe、 SoG、 Mafiawars などカードと紐付いた Counterparty アセットが Monaparty 化されたとき、この Monaparty アセットと元のカードとの結びつきはどう考えれば良いのでしょうか。アセットを捨てて別のアセットを得たのだから結びつきは切れるのでしょうか。そんな気もしますが、アセットの発行者が率先して Monaparty に移った場合はどうでしょうか。

法務的・税務的な問題も別途あるにせよ、それらは大したことではなく、価値記録に対する、より深い考察とその社会的な共有が必要であろうと思います。

なんか、前例がないことだらけで、むずかしいですね。価値記録の設計って。

100