ヘッダー画像

お金ないのにどうして振込できるの?〜信用創造の罠その2

なまえ

やあやあやあ、和尚です。 さて何日更新できるか、ここからが正念場ですね。 前回は、同じ銀行内での話でA社の普通預金口座から、あなたの普通預金口座へ給与振込があった時でも、お金(紙幣とか硬貨ね)をわざわざ銀行内で動かさないよー!というお話でした。

で今日は、 「では、他の銀行にお金を送る(=振込)する場合にはどうなんですか?」 というお話。 最近振込詐欺とか流行ってますが、あれですよ、あれ。ただ最近は振込されると「アシ」がつくので、最近はATMで現金を出して来てね!というて、それから「〇君のために現金を代理で取りに来ました」とかしてますよね?この匿名性、ということも現金の特徴なんですが、これはまた後日の話で。 では、後半戦読みたい人、お願いしますね!

文字 623字

100

コメント(0件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

関連記事

名前
サムネイル

暗号通貨の秘密鍵の安全性を守るには、唯一無二に真の乱数が必要で

暗号通貨の秘密鍵の安全性を守るには、唯一無二に真の乱数が必要です。 コンピュータの乱数は、擬似乱数といわれて真の乱数ではありません。長い周期をとると繰り返しがみられてしまうほか、初期値(シード)の与え方がわるいと同じような数列が出てしまうことが有ります。コンピュータのランダム関数をそのまま秘密鍵の生成に使うのは暗号の安全性の基準からはよろしくありません。 多くは、コンピュータ内部の情報だけでなく、マウスの動きや、機器の電子ノイズなどの信号を取り入れて、ランダムネスを向上させています。 さて、今回手に入れたのは、プレシジョンダイスといわれるサイコロです。

名前
サムネイル

Spotlightのポイントと規制について考える

Spotlightの残高はなぜポイントで、有効期限があるのでしょうか。 入金したBitcoinを出金できますが、これは来年からの暗号資産カストディ規制の対象にならないのでしょうか。 ポイントを仮想通貨に変えて出金できるのは、仮想通貨交換業に当たらないのでしょうか。   なぜSpoglightの残高がポイントで、有効期限があるのかを法律から考えます。 そして、Spotlightが規制の対象になる可能性があるのかどうか、考えます。 最終的には、Spotlightのポイント入出金を規制に当たらない形に整理する仮説を示

名前
サムネイル

ブロックチェーンLT会@名古屋へ忍び込んだ結果

先週末にブロックチェーンLT会@名古屋へプレゼンターとして参加して来ました。 発表者は5名で以下のような内容でした。 Amazon Managed Blockchain Polkadotをふんわり理解する 楕円曲線暗号 アルゼンチンでのBTCが公共交通機関決済事情 ライトニングネットワーク概要(僕のプレゼン) 興味深かったのが4のアルゼンチンのBTC決済事情でした。発表者のDa-さんは、仕事柄よく南米へ行くらしく、その際に趣味で現地の仮想通貨事情のレポートをしている方でした。アルゼンチンではバスなどの公共交通機関の決済