Bメロの帝王桑田佳祐さんのコード進行を探る。

Bメロの帝王桑田佳祐さんのコード進行を探る。

どうも和尚っす。今日は朝から猫と一緒にいます。というのも先日避妊手術を受けたばかりで、いざと言うときに人間がおらんといかん、・・・ということで家人から家に居ろ!という指示いや、命令を受けて、愚娘が家に帰ってくるまで、猫と留守番という仕儀になっております。おら獣医でもないので、猫が苦しみ出したらおろおろするだけしかないのに・・・。

ま、こんな風に苦しみもせず、寝ておられます・・・。貧乏症なので、新聞紙の上がお好きなようです・・・。

となると、現在「火宅の人」的になっている私が(いやいや、遊んでいるわけではありません、仕事で家にいないだけです)、もう家人がいない、猫は寝ているとなったら・・・

楽器遊び

しかないですよね、はい仕事はありますよ、山のように・・・だが、仕事の質問メールとかをテキトーにこなしながら(おいおい)、音楽活動といえばブラバンの活動一色になってしまって埃をかぶっている娘のエレクトーンの蓋を開け、YouTubeをセットします・・・。

課題曲は、これ。

いやね、このSpotlight書くようになってから、「桑田佳祐の優しい夜遊び」のラジオ聴くようなって、毎週のように23年ぶりに他人に曲提供した、って彼が言うてて、かつ、彼は毎週のようにかけてましたので、耳に自然と入ってきてました。キャンペーン張ってて、ラジオも先週電話ゲストとして彼女が出てましたし、週刊文春でも、彼女のグラビア、インタビュー、桑田佳祐の連載記事でのネタ、と3連発をかましていましたので・・・。ああ、これかなりバズらせようというレコード会社かどっかからの圧なのかな?なんて思ってしまってました。

さて、楽曲ですが、単純な曲調だな~というのが第一印象。イントロ、Aメロ、サビはほぼ単純な3コードしか使ってねーし、サビもやや普通だし、悪く言えば「手抜き?」と思えるほどの作品です・・・。そこをタイトルの奇抜さ「ブッダのように私は死んだ」や、歌詞の違和感「箸の持ち方だけは無理でした」「みたらし団子が食べたい」など、奇をてらった曲なのか?との疑いが晴れませぬ(あ、桑田ファンの方、石投げないで!)

が。

このBメロだけは、ラジオから流れてきたときにハッ!となったのは否めません。単調なAメロをそれも2回繰り返して、あーあ、と思った瞬間、意外なコードを差し込んでくる、というか、Aメロの終わりが普通なだけに、♪骨までしゃぶって私をいかせた・・・のメロディーもF(=ファ)の音の連続が、いままでGキーで来たところ、はっきり言ってGに対する7度なんで不協和音ですわ、いや、和音ではないけど・・・。

この桑田さん、前にも書いたかもしれんけど、詩はともかくとして、基本的な曲作りは、普通に作りこむんです。真夏の果実も、TSUNAMIも、いとしのエリーも、歌のスタートはルートのトニックコード(要はハ長調で言えばドミソの和音でスタートするということです)、ほんと、曲作り始めたばかりなのか?という曲作りをしています。だから売れるのかもしれませんが。
(ちなみに上記3曲ともDキーを使ってます。なぜ「C=ド」のキーを使ってないの?というと、桑田さんは多分ですがギターで曲を作ることが多いだろうと思われるんですが、ギター持ってる人はおわかりいただけますが、Cキーですと相棒として使うF,Gコードを使うときに、かなーりFが弾きにくい(いわゆるバレイコード)。Dですと、G,Aになりますが、どちらもかなりひきやすいコードでありますので・・・)

一方、Bメロについては、LOVE AFFAIR~秘密のデート、HOTEL PACIFIC、エロティカ・セブン、まま、いろいろありますが、全て「違和感あるそれもハッとさせられるメロを差し込んでくる」という傾向があります。当然、そういう曲はきいてても飽きがこないし、もう一度聞きたいと思う(だろうな)ので、ほら、こうしてベスト3になってしまう曲は、全てBメロは流れから飛び出している曲調を入れてあります。どうやってベスト3を決めたのかは知らないけど・・・。

ということで、私は今日は、このBメロのコードの解析、ということを主眼に久しぶりの耳コピと相成ったわけです。ネットにも歌詞はアップされてましたが、コードまではアップされてませんでしたので、カンニングも出来ません・・・いつもならえらっそうに、ここはこうだからね、とかあたかも自分で耳コピしたようにコード進行を語る、なんてことも出来ませぬ。

また、自分の耳も腐ってないかという点検でもあります。
はい、実は私の耳、既に腐っておりまして、何が腐ってるかといいますと、どうも最近1度音程が上がって聞こえるんですね、ですんでこの曲のキーもAmかと思ったら、Gmが主コードなんですよね。ですんで、耳コピした結果を下にアップしますけど、最初に「Gm」と右上に大きく書きました。

いやはや、縦書きの歌詞に、原則横文字アルファベット書かせてもらうってのがこんなに違和感感じるのか?と思いました。

Aメロは、申し上げたように、キーはGm(ト短調)の「マイナーコード」です。I-Ⅳ(Ⅶ)-Ⅴの3コードを主力で使って、メロディーの遊びは、「這うだけ~」というところのメロがテンションキー使ってるかな?という程度。

さて、Bメロ。ここで転調してるんです、ト短調Gmから変ロ長調B♭のメジャーキーへ。で、さらにいきなりC(B♭から見てⅡ度)のベースラインをブッコんできました。メロディーはF。でまたややこしいんですが、となると、この転調後のスタートコードはⅡ度(Ⅳ度の代理コード)といえるやつで、Fキーが入っているからスタートです。なんなのこれ!そりゃ耳につくわ!すごーく悩んだんですが、このBメロスタートのコードはCm7としてみました(本当はCm7- 11だよな・・・Fがあるから)。構成音がこれなんですよ、多分。ベースやってたのに、JNWさんのようにオンコードで表現するのが下手な私です(笑)。その次にF7-11のコードをかまして(ここは色々なコード表記があります・・・和音で書くなら簡単なんですが・・・)、トニックコードのB♭に戻る、その癖にカノン進行のFの代理コードであるA♭につないで元に戻る、これ以降、Bメロの基本となるB♭は一切出てきません。うーん、なんか、やられた~!って感じです。

で、サビ。ごくごく普通。往年の歌謡曲をリスペクトしたのでしょうが、彼女の歌声に任せた、という感じでしょうか。ここもスリーコードのみ。ごくごく普通にまとまっているメロディです。その分2番の歌詞がピーキーすぎて耳にツク、ってのが私には難点ですが、売る、話題性喚起のためには仕方がなかったのか、はたまた桑田さん流の「あそび」なんでしょうか・・・。ただ桑田さんのコーラスが控えめで面白いとは思います。

間奏部分のトランペットのところもコード無茶苦茶凝りまくってますが、これは主題ではないので・・・。

私にとってはこのお遊びは満足満足。趣味が少ない私にとって、この楽器遊び、耳コピ遊びはとっても自己満に浸れる、といってお金もかからないし、我ながらいい趣味だなあと。この文章わけがわからん人にはさっぱりわからんと思うんですが、そもそもブログなんて自己満だし(笑)。

まあそんなに音楽なんて分析するのが楽しいんではなくて、普通に聞いててハッとしたメロディーとかコードとか、ふと「なんなんだろ?」と調べてみたくなってしまうのが私の癖です。

さて、今日も落ちなしで終わろうかと思ったところで、猫やんがお目覚めです。

では、みなさまも良き休日の午後を!

合掌。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

2019年6月からフリーター(ではないらしい)に転職じて早1年半を過ぎました。昔の名前で出ています。 本職:社長の愚痴聞き。社長の説教。 出没地域:東海地方を中心として、日本全国。 天命を知ったはずなのに、まだまだ世の中知らないことだらけです。

Share

Popular stories

三島由紀夫の介錯をした男

222

I LOVE NAGOYA!

127

後払いと先払いについて考えてみる~その2

113