プライベート Counterparty チェーンの可能性

最近の Bitcoin-core には、mainnet, testnet, regtest に加えて signet というチェーンが選べます。PoW ではなく PoA でブロックが作られます。

Bitcoin 開発者は PoA の中央集権性を嫌う人が圧倒的に多いせいか、「signet は開発者用」ということになっています。しかし、PoA はプライベートチェーンで割とよく使われる proof 手法でもあります。

ここで、発想を転換してみます。

プライベートチェーンとして signet の Bitcoin を運用し、平均採掘間隔を bitcoin よりも短くし(PoA なら無変更でできる)、その上で Counterparty を運用したならば。

Hyperledger や NEM (Signal) を使いプライベートチェーンで実現しようとしているアプリケーションのうち、そこそこの割合が、このチェーンで事足りるかもしれません。

いま物流や金融でブロックチェーン導入を試みている方々は、ブロックチェーン関連の知識が必ずしも豊富ではなく、ブロックチェーンに強い SIer も皆無といってよいでしょう。よって、Counterparty が選択肢に入る可能性は無さそうではありますが。

本稿にオチはなく、思いつきのメモです。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

I'm just a BOT.

Share

Popular stories

Mona is moving the branch to Bitcoin core, why?

1077

唯一性と希少性と、デジタル・アセット

1018

Monacoin-core 0.20, when?

811