【和訳】Synonym Spaces Lightning Limitations

【和訳】Synonym Spaces Lightning Limitations


Otter→DeepLに突っ込んで軽く清書した程度なので粗々ですが、コア開発者の設計の見立て、規制への考えまでいろいろ聞けて有意義だったので残しておきます。

Synonym Spaces - Lightning Limitations


SPEAKERS
John Carvalho(CEO Synonym)
Matt Corallo(Spiral)
Christian Decker(Blockstream)
Bastien Teinturier(ACINQ)

John Carvalho  00:00
皆さん、synonym spaces へようこそ。私はSynonymのCEO、John Carvalhoです。本日は参加型ではなく、私がホスト役を務めます。本日のイベント名は「lightning limitations」です。このイベントの目的は、Lightningの宣伝のようなものではなく、Lightningの欠点について率直に話し合い、それに対処できるようにすることです。本日は、ほぼ全てのLightning実装から素晴らしいゲストをお招きすることができました。残念ながらLightning Labは参加を辞退しましたが、他のメンバーは全員参加しています。本日の参加にご賛同いただき、本当にありがとうございます。そして、聴衆を教育し、楽しんでいただければと思います。まずはクリスチャンからお願いします。

Christian Decker 00:54
ええ、もちろんです。こんにちは、私の名前はクリスです。私はおそらく、このようなものすべてについて博士号を取得したことで有名だと思います。基本的に、最終的に得られた結果は、lightningと似たようなものでした。新しいプロジェクトを立ち上げたくなかったので、ライトニング・ネットワークを作るために、当時のC-lightning、現在のCore lightningのチームの一員となりました。

John Carvalho 01:22
ありがとうございます。Bastien、あなたはどうですか?

Bastien Teinturier 01:29
こんにちは、私は Twitter と GitHub ではBastien.Tとして活動しています。私はACINQでEclairの実装とlightningの仕様に務めています。またPhoenixモバイルウォレットで知られています。しかし、我々はエクレアの実装に取り組むのではなく、主に仕様に務める会社です。また、予告としてwalletに取り組んでおりますがそれだけのプロジェクトではありません。

John Carvalho 01:58
ありがとうございます。Matt、どうぞ。

Matt Corallo 02:04
私は2011年初頭から専門的にBitcoinのものに取り組んできました。長年Bitcoin Coreに携わってきましたが、最近はLDKというLightningの実装に携わっています。LDKは、実装のデプロイメントシナリオの面で最も柔軟になるように設計されています。ウェブブラウザで実行できますし、さまざまな断片を取り出し、さまざまな場所で実行することができます。そう、まるでライトニングのように、自分の好きなように冒険ができるのです。ただ、Lightningノードを取り出して実行するよりも、もう少し開発者の労力が必要です。ですから、私たちはエンドユーザーではなく、開発者をターゲットにしています。

John Carvalho 02:53
素晴らしい。ありがとうございます。まず、スケーリングとコマースに関連するトピックから始めたいと思います。ライトニングの推進者やスタートアップが、ライトニングがビットコインのスケーリングの問題をすべて解決してマスターカードを殺すかのような主張をするのをよく耳にしますが、信頼できる集中型のソリューションよりも高速かつ安価で、エルサルバドルという国全体がすでにそのスケーラビリティを実証しているのだそうです。少なくとも私が知る限りでは、今のところどれも実際にそうだとは思えません。そこでお聞きしたいのですが、ライトニングネットワークの現状と、こうした主張を実際に実現するために必要なことの間には、どのようなギャップがあるとお考えでしょうか?まずはマットさんからお願いします。

Matt Corallo 03:38
そうですね、ライトニングはそこまでスケールしません。現実には、ライトニングがどこまで拡張できるかは分かりませんが、オンチェーンよりも大幅に拡張できることは分かっています。Lightningの開発初期には何でも圧縮できたので、人々は、流動性が決して失われないネットワークというよりも、取引を1つのオンチェーン取引に圧縮する方法だと言っています。このシナリオは少し変化しています。現実はその中間にあると思います。スプライシングの代わりにリバランスを行うとか、そういう議論も出てきています。流動性がネットワークを通じて主に一方向に流れていくので、人々は実際に変化することによってバランスを取り戻し、取引を圧縮してチェーンに乗せるという世界に戻ってきたのです。そのため、Lightningがどの程度スケールするのか、例えばオンチェーン取引がどの程度必要ないのかはわかりません。オフチェーン取引を一定量決済するため、また大規模な決済の場合は、うまくいきません。これが最初の問題で、どこまで拡張できるかはわかりません。それに加えて、まだ解決しなければならないUXの問題が山積みです。しかし、現状では、ユーザーは基本的に何も知らないままです。まだ、この世界では、「決済がうまくいかなかった。でも、もう1分もやっているのに、ルートが見つからない」とか。でも、複雑なことを全部説明しようとするつもりはありません。UXは、さまざまな文脈で、まだ長い道のりを歩むことになります。つまり、99%、場合によっては95%の確率で動作していたものを、99.99%の確率で動作するようにし、ユーザーが不満を感じないようにすることが、次の大きな課題だと考えているのです。

John Carvalho 06:08
私は、あなたがおっしゃったことにほとんど同意します。これは本当に難しいことで、基本的に、lightningを評価してもらうためには、エンドユーザーをテクノロジーについて教育することから始めなければなりません。これは逆効果だと思います。エンドユーザーにチャンネルの概念や流動性ネットワークの概念などを理解させるのは、Lightningがあまりにも複雑すぎるのです。クリスチャン、ライトニングのスケーラビリティについて何か補足することはありますか?また、それを改善するために必要なことは何でしょうか?

Christian Decker 06:42
私は通常、絶対的なものについて話すのは好きではありません。スケーラビリティに関して言えば、Lightningが最後の言葉だというのは、絶対的な言葉のひとつでしょう?私たちは、この言葉が生まれた背景を考慮する必要があります。マットも言っていますが、基本的には圧縮メカニズムで、大きなブロックを探す代わりに、今あるものをもっと活用することができます。一方、スケーラビリティは、そもそもLightningが私たちにとって興味深いものである理由の一面に過ぎません。そうでしょう?スケーラビリティの利点に加え、プライバシーのトレードオフの違いなど、開発者としてはもっと興味深い側面があるのです。もちろん、開発者として私が特に気に入っているのは、根本的なコンセンサスから解放され、レイヤー2で実際に実験できるようになったことです。ですから、スケーラビリティは確かに1つの側面だと思います。私たちは、この2~3倍の規模を獲得することで、うまくいっていると思います。しかし、それは間違いなく最後の言葉ではありません。そして、本来はそれを超えるような研究が今後求められると思います。そのため、この限界を研究したい人にとっては、興味深い存在になっていますね。

John Carvalho 08:40
もう一度言いますが、私は完全に同意します。Bastien、あなたはどうですか?何か追加することはありますか?

Bastien Teinturier 08:49
ええ、まず最初に、MattとChristianが言ったことに全面的に同意します。そして、まあ、私たちは皆、ここでは同じ考えを持っていると思います。実際にLightningの実装を書いている人と話すと、Lightningを使っている人よりもLightningでできること、できないことについて慎重に話しているように思います。Lightningを使っていて制限をすべて理解していない人は、とても大胆で、とてもとても、これはうまくいって月に行けるぞと言い、私たちは制限をすべて理解しています。なぜなら、私たちは、うまくいかない可能性のあるもの、改善しなければならないもの、改善に時間がかかるもの、時にはBitcoin自体に新たな変更が加えられるものをすべて強調しているのですから。私のところに来てLightningについて質問してくる人たちは、とても熱心なので、「あなたの気分を害してしまったようですね。ほとんどの場合、本当に素晴らしいのですが、私は、私たちがまだどれだけの仕事をしなければならないか、どれだけの研究が必要かを強調しているだけなのです。ですから、これはとても興味深い旅なのです。そして、クリスチャンが言ったように、合意形成のためのエンジンを用意することなく、非常に迅速に作業を進めることができるのも素晴らしいことです。このブログでは、最終的に、Lightningだけでは解決できないことを解決するための新しい研究分野を特定するつもりでした。でも、まだやることはたくさんあります。

John Carvalho 10:23
あなたは私に、ひよこの泣き言のような、lightning以前の面白いミームを思い出させるしている。Shit CoinerとBCHerはかつて常にからかって、18ヶ月先、18ヶ月先、18ヶ月先と言い続けていたんです。その意地悪は、ある意味、落ちて消えてしまった。でも、今はもっとリアルに感じています。私たちはもう何年もLightningに取り組んでいます。でも、まだやるべきことがたくさんあるように思います。ある意味、このミームのポジティブな面を見れば、まだ1年半も先のことのように感じられるのは不思議です。

Bastien Teinturier 10:58
ええ、確かにそうですね。そうですね、すみません。ええ、ええ、まさにそのように考えています。みんなに言われるたびに、もう準備できたの?と聞かれるたびに、「でも、ちょっと待ってください、本当にお勧めできるようになるには、この機能が必要なんです」と答えます。でも、資金の安全性を高めるために必要な機能や、UXを向上させるために必要な機能があることもわかっています。ですから、私は常に「まだそこまでは到達していない、これから到達するんだ」と言い続けています。でも、まだあれもこれもやらなければならないので、本当にあと3週間しかないけれど、ずっと、まだ、ずっと、と思っているところです。

John Carvalho 11:35
ここに質問の台本があります。でも、台本から外れて、1つだけ質問させてください。私たちがライトニングに取り組んでいるとき、UXの問題と技術的な問題を解決しようとして、ユーザーからこれらのことをできる限り適切に隠そうとしていることがあります。シノニムで冗談を言いながら、どうなるんだろう?そして、誰かが次のものを発明し、それはlightningよりも優れたものになるはずです。そして、lightningのような流動性やルーティングの問題はなさそうです。また同じことを繰り返すことになります。このままでは時代遅れになってしまうという心配をしたことはありませんか?さらに、関連する話題として、支払方法の種類が増え続けていることなども挙げられますが、常にターゲットが移動し続けているのです。lightningの場合は、ベースプレイヤーがこんなことを感じたり、こんなことを心配したことはない?次はどうなるんだろう?

Christian Decker 12:44
そうですね。つまり、現在動いているすべてのピースと、数週間ごとに行う新しい発見とで、基本的には常にゴールポストを動かしている状態なんだ。ですから、私たちが想像しているような全体像に到達することができないのではないかと、もどかしく思うこともあります。でも、それがまた、私たち開発者にとっては興味深いことでもあるんです。そうですね、時々、私たちは、もしかしたら他の何かがやってきて、私たちを時代遅れにしてしまうかもしれない、と感じることがあります。でも、でも、私たちがこの道を進んで得た経験が、休日の過ごし方や、より良い解決策に影響を及ぼしていることを期待しています。でも、もっと早い段階で枝分かれしていくかもしれません。ですから、私はここで無駄な努力をする必要はないと思っています。これが、私が言いたかったことです。

Matt Corallo 14:12
ブロックチェーンの歴史の中で、スケーラビリティの設計という点では、それほど根本的に新しいアイデアはなかったと思います。ビットコインが誕生して最初の1、2年は、間違いなく発明であったペイメントチャネル・ネットワークがありました。サイドチェーンのコンセプトも同じ時期に発明されましたが、ゼロ知識証明のようなサイドチェーン・デザインも混ぜて、いろいろなフォーラムで議論され、1~2年後のタイムスケールになったかもしれません。しかし、ゼロ知識証明のシステムそのものは、かなり後になってからでした。という感じです。そうですね、常に新しいアイデアや新しいデザインがあり、もう少し効率的な決済チャネルネットワークや、もう少し優れたサイドチェーンシステム、あるいはZ K Rollupなどを作る方法はありますが、これらはすべてバリエーションで重要なものです。しかし、それらは結局のところ、似たようなアイデアのバリエーションなのです。lからtaproot lightning、PTLC、[ー]といった新しいものが出てきても、それは同じもののバリエーションに過ぎません。そして、Lightningノードの一部をアップグレードするだけで、Lightningの実装にあるもの以外にも、ユーザーが使うものはすべてあります。ですから、新しいものが出てくるという点ではクリスチャンの意見に賛成ですが、根本的に違うという点では反対です。今あるものをベースにして、少し手り、拡張したり、次に来るもののために何かをするのではないのです。つまり、他を加えたのスケーラビリティ・デザインもあるでしょうし、サイドチェーンもあるでしょうし、ZKロールアップもあるでしょうし、プロセス・モデルが異なるものもあるでしょうし、スケーラビリティとお金を預けることとプライバシーとでトレードオフが異なるものもあるでしょうし、その他にもあるでしょう。しかし、決済チャネルネットワークのコンセプトが、他の何かに取って代わられ、なくなることはないと思います。

Bastien Teinturier 17:14
お二人の意見に完全に同意します。2つの点を強調したいと思います。まず、私たちがLightningに取り組んで学んだことは、Bitcoinレイヤーとの対話方法には非常に多くの微妙な部分があり、Lightningに取り組み始める前は未知数でしたし、Bitcoinの上に構築しようとしたときに起こりうるすべての問題を発見したことで、これは決して失われることはありません。私たちが得たすべての経験は、他のプロジェクトがLightningを置き換えたり、同時に構築したりする際に役に立ちます。Mattが言うように、あらゆる面でLightningより優れている銀の弾丸は存在しないと思います。もちろん、さまざまなユーザーが選択できるような、トレードオフの異なるソリューションが存在すれば、それは素晴らしいことです。でも、それが将来的に完全にLightningに取って代わって陳腐化、時代遅れになるようなものにはならないと思うんです。

Christian Decker 18:10
そうですね、まったく新しいものが登場するわけではなく、私たちが蓄積してきた経験をフォークにして、その上に段階的なソリューションを構築していくことになると思います。ただ、その分岐点が、これまでの経験とは異なる道を進み、今作っているものよりも上のどこかになるのかどうかが気になります。それとも、オン・チェーンに戻り、その上に構築していくのでしょうか?でも、まったく同感です。チャンネルを完全に置き換えるようなものは、まだ見たことがないんです。

John Carvalho 18:58
ありがとうございます。さて、話を戻しますが、私は常にlightningsのようなものは主に商業的な技術であると考えていました。BTCPay Serverや、OpenNodeやStrikeといったカストディ決済プロセッサーなど、ある程度の進歩はありました。しかし、ライトニングは商人や消費者に広く受け入れられているわけではありません。商業的な目的で大規模に利用されているわけではありません。LNはまだ成長していますが、商業者や消費者がライトニングをビットコイン取引に利用するのを加速させるには、どのような点を克服する必要があると思いますか?クリスチャン?

Christian Decker 19:44
おそらく、あなたはすでに大きなものを挙げたと思いますね。1つは確かに採用で、鶏と卵の問題のようなものがあります。通常、マーチャントは決済システムとの統合にあまり興味を示しませんが、もしその決済システムが提供できるのが、それを喜んで使う消費者数十人程度だとしたら。そのようなシステムと統合することは、時間を無駄にすることになります。もう一つの問題は、もちろん、現在のUXはLightningノードを動かすにはあまりにも難しいということです。私たちはあまり好きではありませんが、多くの場合、自己制御の代わりにカストディ・ソリューションの利用が提案されています。おそらく、この2つが大きな問題だと思います。私たちが実際に影響を与えることができるのは、もちろんユーザーエクスペリエンスです。私たちが今後エネルギーを注ぐべきはこの点であり、実際にライトニング・ペイメントを求める消費者が十分に増えれば、加盟店にとってもライトニングとの統合がより良いトレードオフになるのではないかと期待しています。

Matt Corallo 21:17
最初のポイントを強調し、それをさらに倍増するつもりでした。つまり、取引所やキャッチアップ、そして消費者プラットフォームである8年生のライトニングでビットコインを公開するのを目にする機会が増えています。ビットコインが存在する限り、消費者サイドは存在するわけですが、結局のところ、特に西洋諸国におけるすべてのビットコインの問題は、ユーザーがそれを必要とすること、つまり検閲に強い決済システムを望む必要があることなんです。ビットコイナーとしては、これは社会にとって本当に重要なものだと考えていますが、それは必ずしもユーザーがすぐに必要としているわけではありません。特に欧米ではそうですよね。欧米では、決済システムは非常にうまく機能しています。一般に、検閲の問題もありませんしね。欧米ではそうかもしれませんし、そうでないかもしれませんが、欧米以外ではそうでないことは確かです。でも、欧米でビットコインのユーザーについて話すときには、考慮しなければならないことです。私の大家族と話したのですが、彼らは皆、その必要性を感じないようです。だって、あなたには必要ないもの。いつか必要になるかもしれないけれど、今はまだ必要ない。それから、もうひとつ、私が言おうとしたことがあります。もう1つのポイントは、特に今日、西洋世界の外に目を向けると、最終的に、検閲に強い決済システムのニーズと同じニーズが、地元のインフラがクソだから、USDCなどのステーブルコインで満たされている、ということです。確かに、彼らは定期的に、つまり毎日、口座を凍結します。盗難、詐欺、テロ資金調達、その他、口座を凍結するあらゆる理由に基づいて、お金を取られています。しかし、機能的にはとてもうまく機能しています。そのため、多くの場所でビットコインに風穴を開けています。しかし、それが今後も続くかどうかは未知数です。ですから、私たちは皆、ビットコインに代わるものがあるように研究を続けることが重要だと考えていますが、だからといって大規模な普及が進むとは限りません。当面はね。クリスチャンが暴言を吐いて申し訳ありません。

Christian Decker 24:18
そうですね。だからその点をもう一度確認したいんです。そうです 既存の決済システムに代わる独立した選択肢として、ビットコインは非常に重要だと思います。今はまだ決済システムとして使っていなくても、ゲーム理論的には既存の決済事業者を脅かす存在であり、誠実さを保ち、必要な時に必要なだけの存在になると信じています。そのために、私たちは本質的に準備しています。現時点では完璧に機能していなくても構わないのです。既存の決済レールが基本的に行き過ぎることがないようにするためです。

Matt Corallo 25:15
そうですね。また、検閲に強い決済技術で埋め尽くされた空間で、そうでなければ全く太刀打ちできないことを承知で構築しているのでなければ、現在のように機能的に検閲に強いステーブルコインはないと思います。

John Carvalho 25:38
ゲーム理論的な脅威、あるいはビットコインのゲーム理論的な脅威というのは興味深い観点で、以前からよく考えていました。あなた方はウォレットを持っていて、明らかにUXの側面に焦点を当てていますね。ビットコイナーは、新しいプロジェクトや技術の新しい応用があるたびに、それを誇大宣伝するのが大好きです。でも、ここでみんなが指摘しているのは、そんなことはあり得ないということです。供給の前に需要がなければならないのです。私たちが最もクールな技術や最高のUXを構築したからといって、それがすべてを変えてしまうわけではありません。

Bastien Teinturier 26:29
その意見に完全に同意します。というのも、私たちはまだ、このシステムを構築するのに長い時間がかかっており、人々がオンボードする準備ができたと完全に言えるようになるまでには、まだ長い時間がかかるというあなたのアプローチを取っているからです。ですから、まだ十分な需要がない今、ゆっくりと必要なレベルまでスケールアップできるようにするのは良いことだと思います。しかし、部屋の中の象は、私たちが本当に巨大なレベルまでスケールアップする必要があると思うのか、ということです。そして、すべての人がそれを必要とするかどうかはわかりません。私たちはきっと、すべての人が少なくとも使いたいときに使えることを願っているのです。でも、みんなが使うとは思えません。そして、ただでさえ便利でないものを、人に押し付けることが私たちのゴールだとは思いません。しかし、実際に必要とする人たちが使えるように、そして必要なレベルまで拡張できるような技術にしたいとは思っています。でも、本当に、全世界の人がビットコインやライトニングを使う必要があるとは思えない、というのは象牙のような話かもしれません。でも、そうなってくれたら嬉しいですが、絶対にそうなるとは思えません。それでいいんです。本当に使える人がいて、その人たちの問題を本当に解決してくれるなら。私は幸せです。

Matt Corallo 27:48
ええ、そうだと思います。つまり、全世界がそれを使う必要があるのでしょうか?それは世界の状況について非常に悪いことを言うようなものでないことを祈ります。全世界がビットコインを使わなければならないのは、それが唯一の代替手段だからです。しかし、確かに国レベルではすでに多くの事例を見てきました。個々の国や、時には複数の国のグループで、国民全体が突然、検閲に相当強い金融技術へのアクセスを必要とするようなケースを、これからも見ていくことになると思います。インドのような規模でなければいいのですが、過去にはインドが候補になったこともあります。しかし、1億人とか5,000万人という規模になると、その規模に対応する方法を考えなければなりません。なぜなら、人々は検閲に強い技術を必要とすることがあるからです。

John Carvalho 29:04
さて、解決策の一部に話を移しましょう。ここにいる皆さんは、ビットコインとレイヤー、ビットコインとライトニングレイヤーの仕様策定グループにも参加しており、現在LSPsに関連する仕様の策定を進めています。先ほどお話したように、LNの成長の多くはカストディアル側で起こっています。LSPはソリューションの一部であり、Lightningのユーザーエクスペリエンスを進化させる上で重要だと思いますか?また、LSPとその位置づけについて、どのような見通しをお持ちですか?

Matt Corallo 29:56
すべてがスペクトルの一部です。つまり、カストディアルとLSPを分けて考えましょう。この2つは非常に異なるものです。カストディアンはスペクトルの一部であり、非常に重要だと思います。カストディアンの分野では、[ー]が人気を博し、多くの人がそれに興奮しています。これは本当に素晴らしいことです。その他にも、さまざまなライトニング、カストディアルなもの、クールなものがあります。LSPモデルというのがあって、これは、ある人や会社があなたのチャネルでカウンターパーティのポジションを取り、流動性を提供するもので、おそらく将来の支払いに応じて手数料を取ることもあります。特に、常時オンラインでない場合、誰がライトニング・ノードになる手助けをするのでしょうか?ライトニングの大きな課題は何でしょうか。もちろんです。LSPは本当に重要だと思います。確かに、モバイルでは、人々はクーポンでライトニングを選択したいと思うでしょう。しかし、今日はひどいものでした。というか、ひどいです。確かに、LSPは必要です。今日、優れたLightningモバイルのクライアントは、PhoenixでもMoonでも何でも、LSPを非常に多用し、流動性を提供するためにLSPに依存していますが、できれば主に流動性を提供してほしいと思っています。でも、できれば流動性を提供することが目的であってほしいと思います。良いUXを実現するために。私はそう思います。

John Carvalho 31:35
多分、クリスチャンは、違うと思います。すみません。

Bastien Teinturier 31:41
さて、私はこの件に関して歴史的な視点を提供したいと思います。私たちが開発した最初のモバイルウォレットは、LSPを使用しないモバイルで、直接接続することができ、好きな相手と直接接続することができました。そして、その最初のウォレットは、ライトニングに関する詳細をできるだけ隠すために、私たちにとって本当に便利なものにしたかったのです。また、複雑なウォレットを使うには、Lightningについて多くのことを理解する必要があると思いました。そして、このウォレットを使い、開発し、ユーザーからのフィードバックを見て、このウォレットを使うことにしました。その結果、Lightningは、ウォレットがそのような自由を保証するための準備がまだ整っていないと考えました。そこで、少なくとも最初は、短期的には、ユーザーにとって使いやすいレベルのUXを実現するためのサービスをノード上で提供する必要があると考えるに至ったのです。このモデルを使うことで、何が有効か、何が役に立つか、何が良いUXを提供するのに役立つか、などを学ぶことができるのです。しかし、長期的には、Lightningノードに本当に必要な機能は何かということを理解し、どのノードでもそれを実装できるようにしたいと考えています。つまり、誰もがLSPになる可能性があるのです。そうなれば、LSPという概念はなくなるでしょう。ネットワーク上のすべてのLightningノードがそうなるのですから。しかし、おサイフケータイのユーザーにとって本当に必要な機能に集約されるには、まだまだ時間がかかりそうです。でも、いずれはそうなると思います。ただ、この分野では私たちはまだ初期段階にいます。まだ、機能を試したり、UXを試したりしている段階です。まだまだ学ぶべきこと、発見すべきことがたくさんあります。

Matt Corallo 33:29
そうですね、私たちは本当に意見が違いますね。私はLSPが重要だと考えているので、少し言い間違えたかもしれません。しかし、ウォレットベンダーを常にLSPとして使うというコンセプトは、今後も正しいかもしれませんし、そうでないかもしれません。私は、願わくはそれが真実であり続けることはないだろうという点で同意します。しかし、「ねえ、この長いLSPのリストの中からあなたのLSPを選んでください」というオンボーディングのUXのように、何の脈絡もないクソなUXにも注意しておきます。だから、ある時点で、誰かが1つを選ばなければならないでしょうし、マーケットプレイスかもしれませんし、誰にもわからないことかもしれません。

John Carvalho 34:09
そうやってユーザーを混乱させることは避けたいと思います。そして、これらのことを待って、どの程度信頼したいのか、あるいはどの程度表現したいのかをユーザーが設定できるようにする方法を見つけようとします。少なくとも、すべてのピアがあらゆる可能性を持っていることが、ピアツーピアネットワークの理想的な設計だと思うんです。これは良い設計目標だと思います。というのも、彼はGreenlightプロジェクトで別の解決策を考えていて、それは、クラウド・ノードを、ユーザーのためにノードを表現する方法として使うというものだからです。アプリのエンドポイント・ノードを直接指す LSP に対して、これには明らかにいくつかの利点と欠点があります。なぜなら、クラウド・ノードは常にオンラインであることが可能だからです。しかし、プライバシーの問題や、検閲の可能性など、様々な問題があります。クリスチャンは、Greenlightとクラウド・ノードの関係性について、もう少し詳しく説明してください。

Christian Decker 35:35
このタイミングでGreenlightを引き出すとは、なかなか予想外です。しかし、私はまず、もう少し一般的な点をいくつか付け加えたいと思います。LSPは、現在、新しいユーザーをオンボードするための最良の方法だと思います。私たちがより包括的で、より親切であればあるほど、特に知識の低い人たちに対して、そのスペクトルをより広く伝えることができますよね?この種のテクノロジーを使うために、誰もがライトニング・ネットワークの絶対的な専門家であることを期待することはできませんし、期待すべきでもありません。カストディアルウォレットを選んだ人を非難すべきではないのと同じようにカストディあるシステムを持つことの代替手段を提供し、システムについての知識を深める方法を提供し、LSPの代替手段を提供することができるようにすべきです。例えば、Lisa (Neigut)がここ数カ月、Liquidity Adsと一緒に取り組んできたことですが、基本的にはチャネル・マーケットプレイスを立ち上げるための方法で、正しいUXの統合によって、ユーザーは自分で発表したチャネル候補リストの中からチャネル・パートナーを選ぶことができるようになります。これがどのように機能するかは、今後のお楽しみです。なぜなら、彼らは複雑でない方法で素早くネットワークに接続し、Lightning Networkを利用したいのです。インフラストラクチャの設定やネットワークへの接続は、基本的にLSPが行います。ですから、LSPを使うことを非難すべきではなく、よりコントロールしやすい代替手段を提供すべきだと思います。LSPは間違いなく良いサービスです。LSPは間違いなく、そのための良い方法です。そして、Liquidity Adsにアップグレードし、さらに、ネットワークの残りの部分との接続を最適化するにはどこを調べればよいかということにまでアップグレードするのは、自然な流れだと思います。もし、ユーザーが自分の経験をアップグレードしないことを選択しても、それはそれで構わないと思います。パン屋さんや美容師さんに、ライトニング・ネットワークのエキスパートになることを強制して、そのサービスに対する対価を得ることもできます。オーナーシップを高めるために時間と労力を費やすか、発生するリスクを許容するかは、基本的に彼らの選択です。トレードオフといえば、Greenlightの話が出ましたが、簡単に紹介します。これは、セルフホスティングのライトニングノードの間の代替手段を提供する試みで、個人的には、人々が自分の資金を完全にコントロールできるようにすることが究極の目標だと考えています。もう一方のカストディアル・ノードでは、最大のリスクを負いますが、正直言って、最高のユーザー体験を得ることができます。基本的にプラグアンドプレイです。Greenlightでは、ノードをクラウドに移行しつつ、そのノードにある資金を完全にコントロールできるようにしようとしています。ノードの運用方法だけでなく、流動性の管理方法など、さまざまな方法を構築することで、ユーザーに選択肢を提供し、ユーザーはその中から適切なトレードオフを選択することができます。私たちがユーザーのために決断するのではなく、ユーザーが選択する能力を持つべきなのです。

John Carvalho 40:19
ありがとうございます。相互運用性については何度か触れましたが、ここではより大きな象に話題を変えたいと思います。クリスチャン、あなたと私は過去に楽しい交流をしてきました。相互運用性の役割や、競争と協力について議論するために出会ったようなものですが、私の視点は、以前よりも競争よりも協力に引き寄せられてきたと言えます。皆さんもご存じのように、私たちは今、より多くのスペックグループを作ろうとしています。しかし、スペックや標準を重視する人たちがBOLTやblipsといった取り組みを行っても、現在のノードやさまざまなアプリレベルの実装を相互運用するには、Lightningにはまだ課題が残っています。みんなが一生懸命やっても、完全には相互運用できないこともありますし、思いもよらない方法で相互運用できることもあります。皆さんは、Lightningの相互運用性の問題を克服するための最大の課題は何だと思いますか?また、これらの課題を改善するために、今日から私たちにできることは何でしょうか?どうぞ。良い質問ですね。

Bastien Teinturier 41:43
主な問題は、人によってロードマップが異なるため、非常に忍耐強くなる必要があることだと思います。基本的に、私たちはこれらすべてを行いました。lightningでは、誰もが1ヶ月で実装できるような簡単なことは、すでにすべて行いました。ですから、残っているものはもっと難しく、もっともっと複雑なトレードオフを伴います。ですから、誰かが推す大きな機能が、本当に誰もが時間を費やすべきものであるかどうかは、決して濫用されるものではありません。というのも、私たちは非常に多くの人がいて、1日に使える時間も限られています。そして、すべてを実装する時間はないのです。ですから、最終的にはやはり重要なものはすべて選ばれて、みんなに実装されることになると思います。しかし、それには多くの時間がかかります。ユーザーにとっては、完成までに何年もかかる機能があることを理解するのは難しいことですが、私は、そうならざるを得ないと思っています。それが分散型開発のやり方です。でも、結局のところ、市場やユーザーのニーズが優先され、何が実装されるかが決まるということなんです。しかし、これは私たちが抱える大きな問題でもあります。ですから、同じ方向にはゆっくり進みつつも、他の人が別の方向に進み、しばらく時間をかけてから収束し、他の人が実装した機能に戻る、というようなことが必要なのです。だから、それを実現するためには、難しいトレードをしなければなりません。しかし、これが開発の現実であり、価値観の異なるチームによる分散型プロジェクトでは、ロードマップの作成が容易であるため、それを受け入れなければなりません。

Matt Corallo 43:33
自分の専門を少し見せるために。もちろん、100%同意します。歴史的に、アプリにLightningを追加したい場合、Lightningステートマシンを実装しなければなりません。基本的に、既存のLightningノードの1つがあなたの環境で動作する場合、サーバーで実行していて、Core LightningやLNDを実行したい場合、あるいは、たまたまScalaの世界で実行していて、Eclairを使うことができます。しかし、ElectrumがLightningとPythonを追加してプラットフォーム上で動作させ、既存のウォレットと緊密に統合したい場合、Lightningのステートマシンを実際に実装する必要があるのです。Electrumはこれを実現しました。このように、Electrumは、「いろいろなことが起こっている」と表現しています。主要なLightningプロトコルの実装に必要なリソースがあっても、完成までにはまだ時間がかかります。LDKの見解では、人々が望むものをすべて実装するために2、3、4、5人のエンジニアをフルタイムで費やすことなく、アプリケーションにLightningを追加する方法があることが非常に重要です。Lightningのプロトコルレベルでは、追加したいものが非常に多く、この機能をどうしても取り入れたいという実装もあるため、広く使用できるよう、全員が実装して広くサポートしなければならないのです。確かに、これは LDK の口説き文句のようなもので、その問題を解決するために、「私たちはあなたのためにすべてのハードワークを行うつもりです。つまり、7人のフルタイムのエンジニアがこれらを構築しています。そして、あなたはこれを受け入れて実行すればいいのです。」 そして確かに、Greenlightは少し異なるモデルで、クラウドでホストされたライトニングノードのようなものです。 他にも多くのトレードオフがありますが、似たような状況があります。lightningを追加する作業を行わなくても、lightningを追加できます。これは、歴史的に人々にとって大きな障壁でした。主要な実装を作成し、実際にそれを維持することができます。

Christian Decker  46:02
その通りです。つまり、これらすべての目標は、本質的にLightningの適用範囲を広げることなのです。そして、仕様の策定に戻ることです。ある意味、意図的に遅くしているのでしょう。なぜなら、すべての実装は、基本的に異なるアプリケーションのバックグラウンドから来るものだからです。なぜなら、すべての実装は、基本的に異なるアプリケーションの背景から生まれたものであり、要件も異なるからです。そして、すべての要件を収集し、その提案がさまざまな環境で実際に機能することを確認したときに初めて、「はい」と言えるのです。そうして初めて、「これはいい提案だ、進めよう」と言えるのです。つまり、近視眼的になって、1つのユースケースだけに集中し、他のユースケースを軽視して、Lightningの利用を不可能にしてしまうことを防ぐためです。例えば、モバイルでは、モバイル開発の代表となる人がいなければ、そのようなことは起こりません。このように、進歩が遅いとイライラすることもありますが、面白いことに、私は進歩がないことにイライラして、人に怒鳴ることに時間を費やしたことがあります。しかし、私は、このことが仕様書作成者としての私たちを正直にさせてくれるものだと信じています。そして、提案するときに、さまざまな角度から検討したことを確認することができるのです。そして、提案の際には、さまざまなバリエーションをすべて考慮した上で、最良の選択をすることができるのです。また、暗号のエコシステム全体を見渡すと、盗用などの結果となっている膝を打つような反応を見ると、私たちの進歩がいかに堅実で安定しているか、とても満足しています。つまり、このゆっくりとした進歩は、私たちが基本的にすべての人に配慮することを確実にし、また、そうでなければ後悔するような膝を打つような反応をしないように私たちを安全に保つためのものなのですね。

John Carvalho 48:27
反対意見のために果たすべき場所や役割はあると思いますか?例えば、BOLT12とOfferについて少し緊張がありましたが、BOLT12は標準であり、他の人々は、ライトニングのための多くの支払いタイプがあることを知っています。ソフトなコンセンサスや仕様のプロセスを経ずに独自に動いている人々や機能の中には、オーバートンの窓の反対側として機能し、仕様を前進させるような役割があると思いますか?例えば、その当事者やプロジェクトが、自分たちの提案をコンセンサスとすべきでないと本当に確信している場合や、通常の機能が特定され合意されるよりも速く、この非特定機能を前進させたいという即時の要求があるとか。このような、ある種のダイナミックさもまた重要なのです。

Christian Decker 49:45
それは基本的に、システムのどの部分について話しているかによります。特にAMP対MPPの場合、エンド・ツー・エンドのシステムが同一で、全員が合意しているわけではないにもかかわらず、共同作業や相互運用が可能なものなのです。これは、先ほどお話しした実験にも通じることですが、私たちは本質的に、さまざまなトレードオフを試し、さまざまなバリエーションを試す自由を持っています。そして、基本的には、テーブルに戻り、自分たちの経験を共有し、どうにかして、それらを1つの側面に集約することができないか、と考えます。例えば、HTLCとPTLCを比較する場合、両者を混在させることはできません。そして、基本的には、ネットワークのかなりの部分が、例えばマルチホップの性質を持つ特定の部分をサポートすることが必要になります。エンド・トゥ・エンドの場合は、AMPのようなものは簡単です。BOLT12は、このケースに言及されているように、それ自体では、誰もが同意しなければならないものではありません。というのも、12はライトニング・ネットワーク上でメッセージを送信する能力に依存していますが、今のところそのメカニズムがないのです。HTLCにおんぶに抱っこの場合は別ですが。

Matt Corallo 51:42
それについて、少し意見を聞かせてください。確かに、私たちは実験をしたいですし、人々が自由に実験できるようにしたいです。そして、エンド・ツー・エンドのもの、ライトニング、そして人々は好きなものを走らせることができますし、末端は好きなことをすることができます。しかし、最終的には、まとまったLightningのユーザーエクスペリエンスを実現したい。キャッシュアプリからLightningのQRコードを取得すれば、誰でも支払いができるようにしたい。もし、誰もが独自の決済システムを作り、独自の決済システムを実験し、それを誇りに思いながら出荷しているとしたら、そのようなことはあり得ません。そうすると、突然、ユーザー体験が分断されてしまうのです。QRコードを読み取ってもうまくいかない、なぜうまくいかない、サポートに問い合わせようとする、といった具合に、すべてがバラバラになってしまうんですね。私たちができる範囲で。ですから、「こんなものを作りました、こんなにすごいんです」というのと、「ベータ版やアルファ版を出荷しました、その結果、こんなふうになりました」というのでは、大きな違いがあります。ベータ版やアルファ版を出荷して、何人かの人にテストしてもらいました。そして、それはとてもうまくいっています。さあ、他のみんなも私と一緒になって、それを実装してくれませんか?しかし、デプロイしたところ、多くのユーザーが、Lightningを実装している人たちのためにサポートチケットを作成し、仕様もないのにQRコードが有効であるとか、この2つはまったく異なるものであるといった苦情を訴えているのです。実験ができるようにすることはとても重要で、実験ができるようにしたいのですが、一方で、誰かを止めることはできない、という不確実性もあります。アプリケーションを開発して出荷する人は、他の開発者やライトニング・ネットワークの穴としてのシステム全体のエンドユーザ・エクスペリエンスに配慮する必要があります。また、同じアプリケーションを使っている他のユーザーにお金を払いたいというユーザーだけでなく、同じアプリケーションを使っている他のユーザーにもお金を払う必要があります。ですから、何らかの後方支援が必要なのです。

John Carvalho 54:06
とはいえ、関係なく問題にぶつかるんですよね?Christianが言ったように、私たちはPTLCとHTLCを比較して最適化しているわけですから、その問題に直面することになります。なぜなら、どちらかをサポートしないアプリが存在するからです。

Matt Corallo 54:20
そうですね、私たちはそれをできるだけ少なくしたいと思っています。そして、私たちが大きなコミュニティとして時々意図的に行うのと、みんなが定期的に自分たちで行ってしまうのとでは、大きな違いがあるのです。

Christian Decker 54:34
その通りです。つまり、全員が足並みをそろえて行動することと、もう一方では緊張関係があることは明らかです。一方で、私たちは実験を行い、私たちが実装している提案が仕様の一部になる前に実行可能であることを本質的に証明したいと考えています。Core Lightningでは、BOLT12のLiquidity Adsなど、さまざまな段階について常に明確に説明するようにしていますが、これらはすべて機能フラグによって制限されています。では、半分のユーザーは興奮しすぎて、他の実装のチケットを開いてしまったのでしょうか?おそらくそうでしょう。しかし、私たちは、他の実装がそうであるように、実験的な機能を、あたかも誰もが頼るべきコア機能の一部であるかのように見せることは、できる限り避けようとしました。

John Carvalho 55:46
Bastienさん、何か追加することはありますか?

Bastien Teinturier  55:49
いいえ、その意見に全面的に賛成です。本当によくまとまっていると思いますので、他に付け加えることはありません。

John Carvalho 55:56
それでは、皆さん、ありがとうございました。次のトピックは、プライバシーです。Twitterで何人かの人がこの話題を持ってくるよう希望していましたし、私もこの件についていくつか質問をしています。そこで、現在の規制環境について話を聞いてみたいと思います。規制環境は加熱しているようで、アンホステッドウォレット、VASPs、money sort buisiness、KYC、AML、FATFルールなど、さまざまなコンセプトがあります。私は個人的に、LDKノードを搭載する予定のWalletアプリの利用規約を作成するための法的要件を調べ、この設計やLSP、ブロックチェーンに関するあらゆる複雑な事柄について弁護士に教えようとしています。私が思うに、ライトニングのデザインには脆弱性があり、ビットコインのチェーンとは異なる形で描写され、特定の当事者によって検閲される可能性がある、あるいは検閲されるべきものとして描写される可能性が少し高いような気がします。また、政府の代表者は、ピアツーピアネットワークとしてのLightningの仕組みに詳しくなり、検閲や監視、コンプライアンスに含まれるべき方法を考えようとします。ライトニングは、ユーザー、マーチャント、デベロッパー、ビジネスなどの規制や検閲、コンプライアンスに対して脆弱だと思われる点はありますか?また、そのようなリスクを回避したり、防止したり、軽減したりする方法について、何かお考えはありますか?

Matt Corallo 57:56
少なくとも規制に関しては、私たちは、検閲にかなり強いと思われるものの上に構築しているので、構築することができます。その結果、自分の国ではそのルールを作ればいいけれど、他の国ではノードを作ればいいと言われました。すると突然、自分が適用したかったルールが窓から消えてしまい、人々はあなたを無視するようになります。これでは何の役にも立ちません。もちろん、開発者がどこに住んでいるかという現実もありますし、Lightningをベースにしたアプリケーションを書こうとしている人たちがどこに住んでいるかという現実もあります。幸いなことに、ヨーロッパの規制当局と話をしたところ、「これとこれをやる」ということで、「まあ、それはどうでもいいや」ということになりました。アメリカには憲法修正第1条というものがあって、少なくともカリフォルニア州では、ソフトウェアを書くことは憲法修正第1条で保護された言論活動なのです。少なくともアメリカの一部の判例では、ソフトウェアに何を書いても、それが何らかのホスティングソリューションを必要としない限りは、何も言うことはできないことになっています。ウォレットベンダーのようなノードでなければ、ソフトウェアを書くことは憲法修正第1条で保護された言論です。ですから、私は規制の観点からライトニングプライバシーを心配することはあまりありません。なぜなら、現在のLightningの仕組みは、プライバシーにとってとてもとてもとても悪いものだからです。オニオンルーティングやプライベートルーティングといった理想がありますが、現実はそうではありません。しかし、現実には、ルーティングは非常に短いパスを取る傾向があり、使用する特定のルーティングアルゴリズムにもよりますが、どこか負荷のかかるノードを経由してパッドを取る傾向があるのです。PTLCではなくペイメントハッシュを使用しているため、ノード残高を比較的簡単に、しかも非常に正確に調べることができます。これによって、決済フローを監視することができます。ネットワーク上では多くのプロービングが行われています。決済フローを監視するためなのか、それとも純粋に自分のルーティングのためにネットワークの流動性を知るためなのかは分かりませんが、おそらく決済フローを監視しようとしている人がいるのでしょう。しかし、おそらく一部の人々は、決済の流れを監視しようとしているのでしょう。そして、現実には、彼らがその気になれば、おそらく検知することができます。さらに、受信者は、支払いを受けようとするときに、自分がネットワークのどこにいるのかを明らかにします。だからblinded ads,が必要なんですが、これは少なくとも修正可能です。ブラインドパスの修正方法はわかっています。だから、その1つは修正されつつあります。うまくいけば、両方のコードがデプロイされるにつれて、より多くの受信者レベルのプライバシーが得られるようになります。でも、どうすれば、より良いプライベート・ルーティング・アルゴリズムができるのでしょうか?ここには学術的な研究が必要です。私たちはこの方法を本当に知らないのです。クロスホップの相関を減らすにはどうしたらいいか?そうですね、PTLCはTaprootをベースにしているので、最終的にはそれが可能になります。しかし、CLTVの相関関係やその他の強力な相関関係も残っています。そのため、基礎研究の両方が必要なのです。しかし、ライトニングがプライベートなものだと思えるようになるには、基礎的な研究も必要です。さらに、Lightningを非公開にするために必要なこと、Lightningを堅牢にする意図、ランダムに失敗する支払いが必要なこと、効果的なプロービングを減らすために、支払いに対する前払いの手数料が必要な場合があり、ネットワーク全体の手数料が増える可能性があり、人々が嫌がること、その上、これらのすべてがうまくいくかどうか、もっと学術研究が必要で、これらがうまくいくかどうか、まだ、実質的に非公開になるまで長い道のりなのです。ですから、やるべきことはたくさんあります。

Christian Decker 1:02:58
最初の回答で述べたように、私たち開発者は自分たちの赤子に穴をあけるのがとても上手です。プライバシーは、そのための完璧な場だと思います。私たちはどこに骨格が埋まっているかをよく知っていますし、プライバシーがあるべき姿になるには、かなりの道のりがあることには同意しますが。例えば、規制に関して言えば、ブロックチェーン上に永久的な痕跡を残さないという点で、オンチェーンプライバシーよりも既にかなり優位に立っていると思います。私は弁護士ではありませんが、技術的な話が好きなただのオタクです。だから、私は、私が持っていない情報を提供することはできませんし、私が犯罪であることを知らなかったことに対して責任を負わされることはできませんので、より良いプライバシーを作るために、短い短い見解でそれを残します。

Matt Corallo 1:04:25
弁護士に相談することをお勧めします。なぜなら、あなたが知らなかったこと、あるいは犯罪を犯したことに対して、あなたは間違いなく責任を負うからです。

Christian Decker 1:04:26
そうあるべきですが。私は、私が関与していないか、または支払いの当事者ではないことのもっともらしい反証が好きなので、それがより単純になるのと同じくらい良いとしてプライバシーを取得したいです。そのためには、これらのトピックについてもっと学術的な研究が必要だということには同意します。もし誰かが修士論文や博士論文を探しているのなら、ぜひとも引き受けてくれる教授が何人かいますよ。

Matt Corallo 1:05:02
そして、私たちは、あなたが取り組むべき10個の異なる魅力的な研究課題を用意しています。だから

Christian Decker 1:05:07
10だけ?

Matt Corallo 1:05:09
おそらくもっと。

Bastien Teinturier 1:05:12
ええ、私はそれを強調したいのです。誰もがそのことに同意していると思います。プライバシーは常に実践の場であり、オフスイッチではありませんし、完全なプライバシーはあり得ません。だから、私たちは常に、あるトレードオフや壁に対して、より良いものを提供することができます。だから、私たちは常に改善しようと思っています。しかし、私たちは常に、他の重要なものを低下させることなく、どれだけのプライバシーを得ることができるかを選択しなければなりません。つまり、いったん研究が完了したら、どの程度ユーザーにある方向への引き込みと、別の方向へのトレードオフの許容を設定させるか、常にエンジニアリング上の決断を迫られることになるのです。ですから、完璧なプライバシーを実現するようなものは存在しないと思った方がいいと思います。

John Carvalho 1:06:08
なるほど。プライバシーの話題について、他に何か付け加えたい方はいらっしゃいますか?たぶん?ポジティブなメモやお気に入りのプライバシープロジェクトがあれば教えてください。

Bastien Teinturier 1:06:20
Blinded path みなさん、お願いします。はい。

John Carvalho 1:06:26
それでは、次のトピックに移りましょう。これは何と呼べばいいのかわかりませんが、代替的なライトニングの使用例です。例えば、最近話題になっているようなことです。私も過去に関わったことがあるのですが、ライトニング・ネットワークをトークンに使うというコンセプトがあります。OmniBOLTのように、トークンごとに代替のアセットネットワークを作り、ネイティブトークンをチャネルにするというデザインもあります。また、TAROは、このデフォルトのデザインを使って、ライトニングを流動性レールのように使おうとしていて、トークンからライトニングへの変換をエッジノードで行っています。ライトニングをトークンに使うことについて、皆さんはどのようにお考えですか?あるいは、トークンをルーティングするためのTAROのようなものでしょうか。また、将来的にどのようなトークンテクノロジーをサポートする予定ですか?

Matt Corallo 1:07:30
まず第一に、私が前に述べたことに言及するか、私が前に述べたことに言及するために、最近、多くの人がビットコインのコミュニティで、ステーブルコインはビットコインと競合しているが、我々は、それらは異なっている、と言うことがミームのようになっていると思います。私たちは両方をサポートするつもりです。両方をサポートすべきですが、100%競合するものです。世界の大半の人々がビットコインを使う実用的なユースケースは、西欧諸国ではないかもしれませんが、世界の大半の人々は、検閲に強い金融技術を必要とするもので、むしろステーブルコインを使うはずです。ドルの方がビットコインよりブランド力がありますから。だから、ビットコインよりもドルの方がブランド力があるから、ステーブルコインを使いたいんでしょうね。検閲に強い金融技術という領域では、ある意味、競争関係にあるわけです。その違いをユーザーに伝えるのは、私たちビットコインコミュニティの責務です。ステーブルコインは事実上検閲に強いのですが、普遍的に検閲に強いわけではありません。今、多くの規制に関する議論が行われているのは、ステーブルコインをどのように規制するかということです。ステーブルコインの適切な規制とは何か、そして、どれくらいのユーザー層が通常の検閲やその他によって実際に影響を受けるのか、ということです。それはステーブルコインの通常のビジネスコースです。ライトニングで行うことについては、私は明らかに、ユーザーが両方にアクセスできるようにすることが、ユーザーが望んでいることだと考えています。どうやってコミュニケーションをとるか。この違いは実に複雑です。ユーザーにどのように伝えるか?さて、ここでステーブルコインです。実際には検閲に強いのでしょうが、実は、もしあなたが制裁リストに載ってしまったり、あなたの名前が制裁リストの何かと同じに見えたり、あなたの名前がムハンマドに似ていたりすると、ある時点であなたの資金は凍結されることになるのです。そして、このステーブルコインを使えなくなるのです。UXで伝えるのは本当に難しいことで、どちらかを選ばなければならないとか、いろいろあるんです。でも、TAROで言及されたように、いろいろなシステムがありますし、DLCもあります。最近見たプロジェクトでは、取引所の信用をそのまま利用して、ステーブルコインを作っています。TARO、実際にどう展開するかにもよりますが、ステーブルコインを作るには、TAROの場合はマーケットメーカーとのチャネル、DLCの場合はオラクルを見ている人とのチャネルがあり、ステーブルコインの残高、あるいはビットコインに対してヘッジされた残高、あるいは1対1のヘッジ、つまりDLCの場合は実質1ドル合成の残高があるわけですね。そして、誰かにビットコインを支払って、相手がビットコインを受け取るか、ドルを受け取るか、あるいは相手が望むものを受け取るかは、その人がこうしたシステムを使うかどうかによって決まるのです。このようなデザインは、本当に素晴らしいものです。もちろん、ある程度の問題はあります。TAROの場合、無料オプションという問題がありますが、無料オプションにするか、オプションに値段を付けて、オプションにかかる費用をユーザーに請求するか、どちらかです。つまり、これは、ユーザーのコスト、ユーザーの使い勝手を増やすものなのです。マーケットメーカーであるカウンターパーティを信用する必要はありませんが、マーケットメーカーになることを望んでいる人とチャネルを持つ必要があります。そのため、やはり手数料が少し高くなります。そして最終的には、これらの行為はおそらく大幅に規制されるでしょう。そしておそらく、ネットワークには規制される可能性のある信頼要素があり、DLCは少し難しく、オラクルのものは少し保護されているかもしれません。しかし、TAROやUSDCなど、他のあらゆるものが厳しく規制されることは間違いありません。USDCではすでにその兆しが見えています。ビットコインにとって、それは何を意味するのでしょうか?
このことは、これらのシステムのユーザーにとって何を意味するのでしょうか?これらのネットワークでは検閲が問題になるのでしょうか?そして、素晴らしいUXを構築できるのか、明日、このようなものの多くには、ライトニングの問題があり、その上に、ステーブルコインの問題があります。さらに、将来的な規制の可能性、オプションの価格設定や手数料の高騰、マーケットメーカーが必要なことなどがあります。LSPはマーケットメーカーでなければならず、これもまた複雑です。さらにいろいろなことが起こってきます。ですから、そこで優れたUXを構築できるかどうかは、ただでさえ難しいLightningで優れたUXを構築するよりも、さらに難しくなるでしょう。ただでさえ難しいのに、同じような流動性の問題などもありますしね。ですから、人々がこうしたことに挑戦していることに期待しています。しかし、Lightningには多くの未解決の疑問があり、解決しなければならない未解決の疑問がさらに増えるだけだと思います。長くなってしまいました。そして、ようやくコーヒーが効いてきたところです。申し訳ありません。

Christian Decker 1:13:52
私が個人的に気にしているのは、Bitcoinとそれを決済システムとして機能させることです。なぜなら、それこそが、私が何年も前に掲げた目標だからです。そして、ライトニング・ネットワークを利用した他の仕組みが、その上に構築される可能性がある限り、それはそれで構わないのです。それはそれでいいんです。その複雑さが、私たちのすでに本当に複雑なシステムの中に入り込まない限りは。私たちは、アセットやステーブルコインといった複雑なものを一切使わずに、研究する新しいものを常に見つけています。そして、その複雑さが私たちの仕事に押し付けられるのは嫌です。私たちの興味は、ビットコインを決済システムとして機能させることなのに。それはおそらく、そういうことなのでしょう。

Bastien Teinturier 1:15:01
お二人がおっしゃることに同意します。なぜなら、Lightningを確実に動作させるためにやらなければならないことがすでにたくさんあり、それを改善することは、少なくとも今後数年間は私たちを忙しくさせるでしょう。いずれは他のことにも手を出さなければならないかもしれませんが、今はまだこのことにフォーカスしていません。

John Carvalho 1:15:29
わかりました、ありがとうございます。ライトニングネットワークを指向するスタートアップやプロジェクトは、ビットコイン決済とは関係のないウェブやコミュニケーションサービス、例えばチャットやアイデンティティのユースケースなどをハックしようとします。ライトニングとプロトコルを組み合わせて、ライトニング、次のインターネット、あるいは私が述べたようなコンセプトについて、どう思われますか?

Matt Corallo 1:16:02
大量の帯域幅の話になると、Onionのメッセージの話になります。サービス拒否の検討とか、レート制限とか、いろいろな議論がありますが、実際にサービス拒否の制限を行う具体的な方法について話をすると、利用可能な帯域幅がユーザーが実際に使いたい帯域幅の2桁か3桁以上であれば、本当に簡単なものがたくさんあって、本当にうまく機能します。これは本当に簡単なことです。1回の支払いにつき3通のオニオン・メッセージを送らなければならないとか、5通のオニオン・メッセージを送らなければならないとか、そういう話であれば、容量を大幅にオーバーして提供すればいいという話になるんです。実際に利用できるインターネットは1秒間に数メガビットなので、それほど問題ではありません。そして、本当に堅牢に動作し、本当に素朴なサービス拒否の技術を使うことができます。そして、素晴らしいネットワークができあがり、それが機能するようになりました。ところが、誰かがあなたのメッセージに実際に物質的な帯域幅を送ろうとし始めると、突然、誰かが何かのサービス拒否をして、あなたのアプリケーションは動かなくなるんです。だから、それは可能なんです。でも、もしそれをやったら、そのリスクを負うことになり、アプリケーションは失敗するか、何かちょっと問題が起きたときに、その顔から崩れ落ちることになります。ライトニングネットワークの中でこのようなことをしなくても、同じUXを構築したり、まったく同じアプリケーションを構築する方法はたくさんあります。ライトニングネットワークの中でやるのはクールですが、それほど良いものではありません。Torを使えばいいし、Torを依存関係にすればいい。少なくともTorにはより多くの帯域幅があり、サービス拒否の問題を解決するために取り組んでいます。もしあなたが現れて、「オニオンメッセージで大量のデータを送信していたら、ネットワークがDDoSに遭った。そして突然、私のアプリケーションが壊れてしまいました。おそらく、「最悪だ」という反応が返ってくるでしょう。でも、誰もあなたのためにそれを直そうとはしないでしょう。

Christian Decker 1:18:28
私はおそらくちょうど私の前の質問を繰り返すことができると思います。答えは、そうですよね?それが影響を与えない限り、Bitcoinの決済システムとしてのLightningの使用は?私は本当にそんなに気にしない。影響が出たらすぐにやめてください。私たちは、あなたがそれをしないようにすることができますか?いいえ。しかし、そもそもなぜ人々がネットワークに参加することを選んだのか、その理由を尊重してください。ほとんどの場合、それはビットコインに基づく決済システムに興味があったからであり、アニメのポルノなどをルーティングするためではないのですから。

Bastien Teinturier 1:19:10
私は100%同意します。というのも、みんな忘れがちですが、ライトニングのようなものを作ると、世界中の誰でも、誰にでも、瞬時に確実に支払いができるようになるんです。プライバシーもしっかりしていて、手数料も安い。だから、もしあなたがやっていることが、その体験を悪くするようなことなら、それはネットワークにダメージを与えていると思います。ネットワークは、優れた決済システムであることと、その上で他のすべてのことを行うことの両方をサポートできるとは思えません。

John Carvalho 1:19:45
ありがとうございます。この人たちに何か良い質問があれば、列に並んでください。この後、2つか3つの質問を受け付けますが、私の最後の質問をしたいと思います。もし、みなさんが好きなプロジェクト、好きな制限、嫌いなこと、あるいは私たちが取り上げなかったことで、今日取り上げたいと思ったことがあれば、それをステージに上げて、私たちがまだ議論していない制限や、制限を解決するようなライトニングの別の側面があるかどうかを議論する機会にしてください。

Matt Corallo 1:20:25
ああ、長いリストがあるんだ。プライバシーについて触れましたが、プライバシーは本当にひどいものです。また、オフラインでLightningを受信する場合、携帯電話でLDKを使用するか、検証済みのLightningサインやプロジェクトを使用してグリーンライトを使用するか、最終的には、携帯電話が状態の同期を行い、実際に支払いを受けたり、支払いを送信したり、支払いを転送したりするためにオンラインでなければならないなど、多くの複雑さがあります。このように、複雑な問題が山積みです。携帯電話がオンラインになるまでの間、ライトニング・ネットワークを通じて流動性を確保する必要があります。高速道路を走っていて、1時間くらい通信ができなかったりすると、突然ライトニング・ネットワークを攻撃するようなサービス拒否が発生するわけです。そこでやるべきことはたくさんありますし、やるべきこともたくさんあります。ライトニング、モバイルの信頼性の高い決済を実現するために、今日、ライトニング・ネットワークで人々が目にする決済の失敗の多くは、電話がオフラインだったという理由だけなのです。これはライトニングのユーザーを混乱させます。そのため、この点については、かなりの努力が必要です。また、アンカーやパッケージリレー、Bitcoin Core、ライトニングのセキュリティモデルについても触れていませんが、お金を盗まれないと信じていない人とはチャンネルを開けないことです。これは現在のLightningの状態です。アンカーワークが進行中で、ほとんどのLightning実装はこれをサポートし、使用しています。しかし、Bitcoin Coreのパッケージリレーがなければ、1年か2年前から精力的に取り組んでいるGloria Zhaoに敬意を表します。まだ十分ではありませんし、できる攻撃はまだあります。それに、一度手に入れたとしても、まだ発見があるかもしれません。でも、これは本当に難しいことなんです。だから、これだけは注意して欲しいのですが、不特定多数の人とチャンネルを開くのは、少なくとも金額の大小に関わらず、強くお勧めできません。失いたくないでしょうから ああ、他にもあるかもしれない でも、これがリストの最初です。

Bastien Teinturier 1:23:18
最後のポイントである資産の安全性については、特に強調したいと思います。基本的に、あなたが資金をライトニング・チャネルに投入するときはいつでも、悪意ある行為に対して安全であることを望みます。しかし現状では、私たちが望むほどには安全でない場合が多々あります。この問題を解決するには、ビットコインがチェーンされていないレイヤーで手数料を処理する方法を変更するか、少なくとも改善する必要があり、もっと柔軟に、少し変わったデザインにする必要があるため、難しいのです。ですから、これは長い時間がかかる作業で、多くの研究が必要で、いつ研究が行われるのかさえもわからない状態です。また、Beaconレイヤーで採用されるには、長い時間がかかるソリューションです。ですから、これは本当に重要なことなのです。そして、より多くの人がこの問題に取り組むことを願っています。

Christian Decker 1:24:06
そうですね、私自身の不満も付け加えたいと思います。それについては、私たちは広範囲に渡って話してきたと思います。Mattはすでにそのことに触れています。基本的に、現時点ではUXはかなり悪いので、もっと必要です。ユーザーにとって、これらすべてを理解しやすく、実感できるようにするにはどうしたらいいか、もっと研究する必要があります。そして、私は、この分野での大きな勝利となる可能性のある、いくつかのものが現在準備中であると思います。Mattのオフライン受信の提案を紹介しましょう。私はこの提案にとても期待していますし、将来的にはこのような提案がもっと出てくることを望んでいます。状況を改善するために。そうですね。

John Carvalho 1:24:52
ええ、私たちもそのようなことに興奮しています。私たちは、このような大きな問題を解決できるという意味で、研究者や学者ではありません。でも、私たちはUXの研究によく取り組んでいます。また、サイドプロジェクトとして、ライトニング・プライバシーを改善するための極秘プロジェクトがあり、今年の後半に公開する予定です。このように、私たちはできる限り自分たちの役割を果たしています。しかし、ここにいる誰もが言ったように、やるべきことはたくさんありますし、今日述べたような制限に対処するためのプロジェクトやコードの作成、調査も必要です。では、これから何人かの方に質問の機会を設けたいと思います。では、どんな質問が出たか見てみましょう。Sharpさん、質問したい方はミュートを解除してください。

質問者 Sharp 1:25:51
すごいな。どうもありがとうございます。マットへの簡単な質問です。ジョンが代替ユースケースについて質問したとき、あなたは「フリー・オプション問題」と呼ばれるものについて言及しました。私はそれを聞いたことがありません。それは何ですか?ありがとうございました。

Matt Corallo 1:26:05
そう、これはライトニング・ペイメントのことで、送信してから、完了するまでの時間や失敗するまでの時間があります。DLCでもTAROでも何でもいいのですが、ドルを送る場合、その期間中に為替リスクがあり、支払いが成功することも失敗することもあり得ます。その時間帯は1時間から2時間、あるいはもっと長いかもしれません。その間に、例えば、TAROトークンやDLC、米ドル建ての残高などを受け取り、支払いで送信し、その支払いを保留し、その支払いを自分に送信することができます。ノードを開き、その支払いを1時間保留します。その間、為替レートを見ながら、為替レートが有利に動けば支払いを完了させて儲け、不利に動けば支払いを失敗させることができるのです。米ドルからビットコインへの変換を行う人は、その支払いの間、このようなリスクを負っているわけです。で、これには値段がつけられるんです。通常のウォール街では、オプションと呼ばれるこのコストの値付けが非常に得意ですよね。なぜなら、その期間中にコインを買うか買わないかのオプションがあるわけですから。ウォール街はこの価格設定の仕方を知っていて、実際にコストを割り出すことができるのです。このオプションの予想コストはxです、と言って、そのコストを皆に前払いさせればいいんです。そして、「このオプションは有料です」と言うことができます。しかし、ビットコインのボラティリティが高い時期があるかもしれません。それが問題になるわけですが、そのあたりはおわかりですか?価格設定をした場合、あるいは価格設定をせず、ユーザーがこの攻撃を行わないと仮定した場合、そのオプションがユーザーにとって実際にどれほどのコストになるのかが不明です。為替リスクで損をする可能性はないのか?

質問者 Sharp 1:28:25
ありがとうございました。

John Carvalho 1:28:28
ありがとうございます。質問がある人は?他に質問のある人は?ああ、いたいた。どうぞ 自分でミュートをオンに。

質問者 1:28:48
そうですね、お久しぶりです。もう1度 私は、あなたが話している法的問題に関与する弁護士について質問があります。あなたが話していたプライバシー問題を助けるために、弁護士または法的背景を持っている人のための良い方法は何ですか?

Matt Corallo 1:29:09
ロビーです。私は今、戦いは裁判所の前ではなく、規制当局の前で行われていると思います.ご存じのとおり、米国には、これらの問題に取り組んでいる多くの優れた機関があります。コインセンターです。おそらく最高のものだと思います。ブロックチェーンもありますが、忘れてしまいました。しかし、これらのロビー活動グループの多くは、セキュリティである場合とそうでない場合があるトークンを合法的に発行できるかどうかという問題に焦点を当てています。私たちはビットコイナーとして、実際に税金の報告義務を負わずに人々に支払う能力を気にかけているので気にしません。米国の規則が適用され、それらがどのように構築されているかは、現在、DC、ブリュッセル、FATF などの両方で議論されているものです。リソースが必要です。特にブリュッセルです。ワシントン DC には多くのリソースがあります。ブリュッセルでこれらの問題を説明している人々は、非常に少ないです。彼らはこれらの問題を理解していますが、テクノロジーを理解していません。そして、ご存じのように、私たちはロビー活動を行って、政策立案者に何かをするように影響を与えようとしているわけではありませんが、それは悪いかもしれません.多くの場合、特にCoin Centerのような人にとっては、問題が実際に何であるかを説明しているだけであり、多くの規制当局はこれらのシステムを理解していないか、クライアントについて非常に混乱した理解を与えられています。誰かが彼らに暗号通貨について広く説明しました。そして明らかに、これらのことは非常に異なる可能性があります。ご存知のように、多くの暗号通貨システムは根本的に異なるシステムです。ですから、これらのことを規制当局に説明して、彼らができること、またはすべきことの法的輪郭を説明するだけです。ご存知のように、私は弁護士ではありません。この種の問題に入ることができるので、本当に素晴らしいと思います。しかし、国レベルでも州レベルでも、州レベルの規制がときどき出てきます。そして、州レベルでは、それは非常に簡単です。一般的に、あなたは、あなたが現れて、多くの場合、あなたの州の代表者と話して、実際に彼らと会話することができます。そして、それは誰にとっても非常に簡単なことかもしれませんが、特に法的な背景があり、これらの種類のものをどのように構築するかについてより深く理解している人にとってはなおさらです。そして、州の代表者に電子メールを送信して会議を設定し、ただ現れて彼らと会話するためにこれを行うことを誰にでもお勧めします。そして、問題を説明し、これらのシステムがどのように機能するかを説明し、これらのシステムの利点を説明し、正直に、オープンになりましょう。そして、多くの場合、規制当局が何を規制しているかを理解するのを助けることは抑制されているため、非常に大きな変化をもたらします。

John Carvalho 1:32:47
私は別の答えを待ちたい。私は少し前から、様々な国の様々な会社の弁護士や司法書士を相手に、この問題に深く関わっているようなものです。そして、私は過去にも、私がBit refillにいたときや、他の会社を通して話したことがありますが、私は一般的に、規制当局を追求したり、ロビー活動やこのようなことを追求することを躊躇しています。しかし、私の一般的な評価としては、ライトニング・ネットワークについて誰かに教え、それについてどうすればよいかを教えられるほど、ライトニング・ネットワークを完全に理解している弁護士がこの地球上にいるとは思えません。規制当局を教育するような場合です。ライトニングはビットコインを学ぶのが非常に難しく、弁護士が深く掘り下げて相互作用を知るのは難しいのです。もし、その手助けをしたいのであれば、次のような方法があります。コードの扱い方を学んだり、実装している人に質問したり、ポッドキャストをたくさん聞いたり、記事をたくさん読んだりして、1年か2年かけてライトニングのエキスパートになりましょう。何がベストな方法なのかはわかりません。でも、専門家になって、人々の偏見や思い込み、真実がわかるようになるまでは、誰にも何も言わないでください。そして、規制当局の代わりに、ビットコイナーやライトニングを開発している人たち、ライトニングを革新している人たちのところに行って、どこに弱点があるか、規制当局が弱点や攻撃ポイントとして注目するのは何かを教えて、構築者が規制当局の検閲能力を緩和し、コンプライアンスを完全に投げかけるのを支援し、法律や規制当局についてビットコイナーを教育して、彼らが我々に影響を及ぼす可能性を少しでもなくせるような方法を考えるのです。私はそう考えています。

Christian Decker 1:34:55
私個人としては、その点には同意しかねます。ビットコイナーとして、私たちはしばしば、規制当局や弁護士、私たちがたまたま嫌いな人物に悪意があると考えることがあると思います。しかし、多くの場合、それらの決定は、誤解や理解不足のところから出てくるのです。私たちビットコイナーは、専門家として、彼らが明らかに欠けているギャップを埋める手助けをしなければなりません。そして、この規制がどこで破綻しているのかを理解する手助けをしなければなりません。また、規制が我々を攻撃するポイントを制限することで、我々自身を保護すべきではないとは言いません。例えば、プライバシーを向上させたり、もっともらしい否認権を増加させたり、などです。しかし、私は、規制当局と協力して、規制が実際に私たちの理解する仕組みと一致するようにすることは、非常に重要だと思います。規制は、私たちがどのように社会生活を営むかを規制するものであり、ただ避けて通ることはできません。個人的な経験ですが、私は幸運にも、数年前にスイスで可決されたいくつかの規制の技術アドバイザーを務めることができました。私の経験では、実際に規制を作成している弁護士たちは、フィードバックに対して非常にオープンでした。私が間違っている点を指摘すると、例えば、彼らは中央集権を定義しようとしましたが、それは弁護士には不可能なことなのです。ですから。私は基本的に、彼らの主張のどこに問題があるのかを理解させ、規制のシステムがオープンで寛容であり、必要な保護が適用されていることを確認するために、彼らの殴り屋になるためにそこにいました。私は今でもこの思い出を大切にしています。そして、いつでも、もう一度やりたいと思います。

Matt Corallo 1:37:09
ワシントンDCの雰囲気とブリュッセルの雰囲気の違いを見れば、ロビー活動だけでなく、議員を教育することがいかに効果的であるかわかるでしょう。規制当局も、暗号通貨の分野では行き過ぎた行為だと考えているようです。しかし、議員たちの理解度は高く、民主党と共和党の両党の議員たちが、こうしたものは重要であり、排除すべきではないと話しているのを見ると、そのように感じます。有権者から「ビットコインを殺せ」「ビットコインは悪魔だ」「くだらない」と言われても、社会的な価値があるのだ、と。両陣営の多くの議員が立ち上がって、いや、何らかの価値があると言っているのです。ブリュッセルでは、技術に明るい議員もいますが、ごく少数です。ブリュッセルには技術志向の議員がたくさんいて、暗号通貨を大っぴらにけなすのです。特にビットコインはそうです。これは、Coin Centerなどが長年にわたって行ってきた活動によるもので、こうした戦いに先立って議員たちの前に立ち、「ビットコインとは何か、ビットコインには何がないのか。ビットコインが社会にとって価値がある理由。そして、なぜそれが重要なのか。このような会話をするだけで、望みのすべてを手に入れられないかもしれませんが、非常に大きく針が動くのです。規制当局は、「ああ、でも、もっといろいろなことをやるべきだ」と言うかもしれません。そして、もしかしたら、それは私たちが望んでいることではないのかもしれません。でも、ビットコインには社会的な価値がある、という立場からスタートすれば、それは面白いことです。ビットコインは海を沸騰させるから社会的価値はない、代わりに現金アプリやVenmo、Swiftなどを使うべきだという立場からではなく、面白いし、便利だし、守るべきだという立場から始めると、根本的に話が違ってくるんですよ。

John Carvalho 1:39:28
ありがとうございました。ここでVivekに質問をしてもらいましょう。

質問者 Vivek 1:39:32
ジョン、お招きいただきありがとうございます。オフラインでの支払いに関する最新の情報はどこで得られるのか、知りたかったのです。この日はライトニングの制限について議論しているので、特に関連性が高いと思いました。

Matt Corallo 1:39:49
メッセージに投稿するのが答えだと思います。人々はそれに取り組んでいることでしょう。オニオン・メッセンジャーを使うという穏やかな提案は、基本的に、あなたがオンラインであることを示す信号です。私は他にそれを行う提案を知りません この提案、オニオンメッセージを使用してオンラインで合図を送る。これはクールですてきなことですが、私にはそれがある種の(ー)

John Carvalho 1:40:30
Vivek、実際に、文字通り1つのPRのように、人々がそれについて議論しているところだと思います。そして、それは非常に初期の段階です。それから、BreezはMattが提案したオリジナルのメールを書き直そうとしたようで、そこにはMattのアイデアを少し詳しく説明したPRがあるんだ。しかし、それ以外でも、現役の広報が少し議論しているようです。でも、Mattが言っていたように、まだ初期のアイデアだと思います。そして、他のことが先に進んでいます。でも、このプロジェクトが進展していくのを見るのは、とても興味深いことです。

質問者 Vivek 1:41:02
了解です。ああ、Optechのリンクがあるんだ。そして、私は彼の開発者メーリングリストの投稿を信じますが、少し気になったので、ありがとうございます。

Matt Corallo 1:41:11
Twitterは本当に、離脱を押すと即座に文章の途中で離脱するようなオプションはないはずです。もしあなたが携帯電話をミスタップした場合、それはオプションであってはなりません。その点は残念です。でも、そうですね。オンユアメッセージは、まず広く展開される必要があり、そうすれば、人々はより多くの時間をかけて取り組むようになると思います。でも、今のところ、これは、他のすべてのピースが揃ったときに、どのようにこれを行うかというアイデアでしかないんです。

John Carvalho 1:41:42
それでは、ここで終わりにしたいと思います。今日はお時間をいただき、本当にありがとうございました。私にとっても、リスナーの皆さんにとっても、テクノロジーについて率直に語り、ライトニングが実際にどのように機能し、何ができて何ができないのかを教えてくれる皆さんのようなリソースがあることは、本当に重要なことだと思います。技術について率直かつ正直に話すことで、ビットコイナーはビットコイナーよりずっと良く見えると思います。ですから、皆さんが今日ここに集まってくれたことに本当に感謝します。最後に、皆さんと連絡を取る方法や、皆さんのプロジェクトについてもっと知ることができる場所について、皆さんにお知らせください。

Bastien Teinturier 1:42:24
そうだな、TwitterやGitHubで連絡を取ってくれれば、プロジェクトや組織としてのGitHubを知ることができるだろうね。

Christian Decker 1:42:36
もちろん、Twitterはやっているよ。そして、他のほとんどの場所では、私はデッカーと呼ばれています。コアライトニングのプロジェクトは、github.com/elements Project slash lightningの下にあります。サポートチャンネルもいくつかあります。これらはとてもアクティブです。お気軽にご参加ください。それでは、またオンラインでお会いしましょう。

Matt Corallo 1:43:01
最近はTwitterをあまり使わず、代わりに仕事に時間を費やしています。しかし、もしあなたが既存の、または新しいビットコイン財布にlightningを追加したいのであれば、https://lightningdevkit.org/をチェックしてみてください。私たちのDiscordに参加してください。どんな質問にも喜んでお答えします。そうそう。

John Carvalho 1:43:25
改めて、皆さん本当にありがとうございました。そして聞いてくれた皆さん、ありがとうございました!また来月お会いしましょう。次回のスペースについて。トピックは後ほど発表します。では、みなさん。良い週末をお過ごしください。

一同 1:43:37
ジョン、ありがとうございます。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ブロックチェーン・暗号資産のオフィスワーカー。 興味があることが多すぎる。 歌、カメラ、旅行、カレーが好き。

Share

Popular stories

美味しいカレーを食べたらクジ引きでビットコインをもらえた日

252

いちやさ

228

【調べ物】アルゴリズミックステーブルコイン:FRAX FINANCE

122