ocknamo

ocknamo

@1336

(;;)

フォローしているユーザーはまだいません

Monacoinで良く勘違いされていること

Twitterなどで見られるMonacoin関連で勘違いされている知識の正誤を書いておこうと思います。Bitcoinでも被る知識もあると思います。投資をおすすめするわけではありません。 ・マイニングの計算力が足りないから承認できるトランザクション数が少ない→1ブロック当たりで承認できるトランザクション(容量)は決まっていますので計算力とは関係ありません。そもそもトランザクションが正しいかどうか検証するのに計算力はほとんど必要ありません。 ・開発が止まっている→Monacoinは基本的にLitecoin(Bitcoin)をベースに特有のパラメーターや機能を加え独自の進化をしたコインです。一部特別な機能もありますが積極的に独自の機能を作るということはやっていません。保守に関しては、ありがたいことにLitecoinやBitcoinに問題が起きると追従して修正されています。それ以外のバージョンアップについても同様です。そのため今のところ開発が止まっているということはありません。 ・51%攻撃を受ける可能性がある→マイニングできるコインはすべて51%攻撃を受ける可能性があります。そういう意味ではMonacoinが51%攻撃を受ける可能性はあるでしょう。残念ながら過去にそういった攻撃をうけたことがあります。しかし現在は幸運にもASICが普及し同じアルゴリズムを持つ競合の心配がなくなったことで過去に受けた方法での51%攻撃をすることは極めて困難になりました。※過去に受けた攻撃が51%攻撃か似た手法の別の攻撃かは定かではありません。 ・昔は1円以下で購入できた→Monacoinは始まってすぐに3円程度のアマゾンギフト券などで取引され1円以下のような取引は個別のレアケースを除いてほとんどありませんでした。開始直後から比較的高値で取引されていた通貨だと言えます。 ・ひろゆきがマネーロンダリングするために開発された→今ではこんなこと言っている方はいませんが、2014年頃は本気で言っている方がいて面白かったです。ちなみにひろゆき氏はもらったMonacoin全部なくしたそうです。 現在のMonacoinは使用上の問題はなく安定して使える仮想通貨だと評価することができます。以上です。

EVM・Bitcoinオペコードと手数料

オペコードとは機械語の1個の命令のことで、数学では+や=などの演算子にあたります。プログラミングをする場合、PythonやJavaなど高水準言語と呼ばれる人間にとって理解しやすい言語を使います。そのプログラムを変換(コンパイル)してコンピュータが処理しやすいように低水準言語へ置き換えるのですが、その時にオペコード(実際はバイトコード)へ変換されます。ビットコインやイーサリアムも同じような仕組みですが、今回はこのオペコードと手数料の関係について両者の比較をしたいと思います。 ビットコインとオペコード ビットコインのプログラミング言語はビットコインスクリプトと呼び、これは低水準言語にあたります。ビットコインには一応Miniscriptという高水準言語ちっくなものが存在しますが、あまり活用されている事例は聞かないです。ビットコインスクリプトの例を以下に書いてみます。 OP_IF OP_2 ${alice.publicKey} ${bob.publicKey} OP_2 OP_CHECKMULTISIG OP_ELSE 3 OP_CHECKSEQUENCEVERIFY OP_DROP ${alice.publicKey} OP_CHECKSIG OP_ENDIF 上記のスクリプトは、「アリスとボブの署名か、または3ブロック経過していればアリスの署名を使うとビットコインを引き出せる」というプログラムで、巷ではこれをスマートコントラクトと呼んでいます。このスクリプトをバイトコードへ変換したものが以下になります。 63522103d410a00494e5831cc4fbadc78028428647a8072748cf3ed29980ac02c58faa85210376d82d42e52d88710fd8cd05091246bec5a8111008f64fef8c5f7e312fb839ba52ae6753b2752103d410a00494e5831cc4fbadc78028428647a8072748cf3ed29980ac02c58faa85ac68 意味不明ですよね。機械が理解できればよいのでこんな感じになります。データサイズは112byteです。このデータをハッシュしてビットコインアドレスにしたものが以下になります。 2N7MMSjziUcgU6HwseBH8S9WzQhebg7Xkyq <a href="https://blockstre

Mona is moving the branch to Bitcoin core, why?

SNS あたりを眺めていると、先走っている方々がいらっしゃるようですが。 モナコインのベースを Litecoin から Bitcoin に移すというのは、決定事項ではありません。何人か居る core 開発者のうちの一人がお試しで作ってみますよ、という、お知らせの段階。 Litecoin の成果物を全部捨てるわけでもありません。モナコインは Litecoin が採用しているコンセンサスアルゴリズム Scrypt を採用していた時期があり、覆せません。その時期に採掘されたブロックの検証には、引き続き Litecoin のコードが必要です。 提案を、正確性を失わない範囲で簡単に言うと、こんな感じ。 「Litecoin が今後何か決めたり機能追加したりしても、モナコインは追っかけ実装はしませんよ」ということにしません? Ⓜ 「変えるからには、現状追認だとデメリットやリスクが予想され、変えるとメリットがあるんだよね?」という疑問が湧くのは当然だと思います。ここで簡単にまとめておきます。 現状ブロックチェーンとしてのモナコインが抱えているデメリットやリスクのいくつかは、「Litecoin と一蓮托生になりがち」というところに起因しています。 よく知られているように Litecoin は Bitcoin を基にしたコインで、現状のモナコインは Litecoin を基にしたコインです。 大抵の機能実装は Bitcoin で行われ、後に Litecoin に採用され、その後にモナコインが採用します。 SegWit の有効化を Bitcoin や Litecoin に先立ちモナコインが達成するというような例外的な事例はあります。しかしこれは Bitcoin で実装が先に済んでいたものの、Bitcoin や Litecoin 勢が政治的な調整に手間取っている間に、フットワークの軽いモナコイン勢が出し抜いたというのが実際のところです。(それはそれで、ノード運用者やマイナーを含めた総合力の結果で、誇って良いとは思うのですが。) ともあれ、ノードの機能追加に関していえば、先端である Bitcoin より階層的に 2 段下がっているのは否定できません。 そして、モナコインは Litecoin の後追いだけして過ごしてきたかというと、それは全くの誤解です。ハッシュパワーが不安定な環境でも安定した採掘が行われるよう、採掘や難易度調整のアルゴリズムは別のものに置き換えられてきました。 結果として、今やモナコインには、Litecoin の後追いをするメリットが無くなっています。 Ⓜ Litecoin に追随していった場合に有り得るリスクとして、匿名化技術の導入があります。Litecoin

32u6bi6tfを購入しました。

-10000

8pqh4g96wを購入しました。

-100

0lxyu9oogを購入しました。

-100

ずいずいさんから7y3gwvfhkが購入されました。

1000

qgk8uidswを購入しました。

-100

3u0t7rwjgを購入しました。

-1919

9ls5blruxを購入しました。

-100

65hwbbd8nを購入しました。

-100

2s7snur17を購入しました。

-1000

6kxcpzj78を購入しました。

-100

901u8g3y5を購入しました。

-100

sdow3ant1を購入しました。

-100

dt5povdv2を購入しました。

-100

znjcvfnzsを購入しました。

-100

i4du2817xを購入しました。

-100

pvlgzc0syを購入しました。

-100

17jj0gextを購入しました。

-100

91vl75nowを購入しました。

-1000

wi1o1oy93を購入しました。

-100

w1tst6g5oを購入しました。

-1000

このクリエイターの人気記事

金を積立で買うならどこがお得か?

692

意識低い系が自炊を始めるときに買っておくと良かったもの

91

Filecoinキャッチアップ:2020年9月

72

アーカイブ

2021-01月
1記事
2020-12月
2記事
2020-11月
1記事
2020-09月
1記事
2020-08月
1記事
2020-07月
5記事