ヘッダー画像

ブロックチェーンも不要?Hosted Channelとは

なまえ

Lightning Networkは、ペイメントチャネル(以下、チャネルと略す)という、資金をブロックチェーン上にロックし、ロックした金額内で相手との送金を行う仕組みです。LNですらコインの送受信をするには、必ず1度は資金ロックのために、ブロックチェーンへの書き込みが必要となります。そのため、EclairなどのノンカストディLNウォレットをインストールしてもすぐにはコインの送受信ができずセットアップが必要になります。その代替案として、BlueWalletのようなカストディLNウォレットを使うユーザーが大半ではないでしょうか。

ウォレットをインストールしたら、何のセットアップもせずに直ぐに使いたい!そんな願いをかなえるべく誕生したのがPhoenixというウォレットですが、これも実際にコインを受取るためには、まずは1度ブロックチェーンにデータを書き込まないといけないため、効率的とは言いがたいです(PhoenixはDenryuシステムに似ていますが、これはここでは割愛します)。

そこで、満を持して登場したのが、僕が尊敬するAnton氏が開発しているBLW(Bitcoin Lightning Wallet)で、最近追加された機能、「Hosted Channel」です!

 

文字 2145字

100

会員登録 / ログインして続きを読む

コメント(4件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

なまえ

ほぇ~。どんどん新しいコンセプトと技術が出てきてるんですね。個人的には使いやすいノンカストディアル式のLNウォレットを待ち望んでいるので、楽しみです!

関連記事

名前
サムネイル

1,000,000 USD worth of Bitcoin treasure hunt.

Source 1 : https://twitter.com/notgrubles/status/1117819810702872576 Source 2 : https://satoshistreasure.xyz/ A treasure hunt challenge worth 1,000,000 USD equavalent in Bitcoin was found among the messages projected from the Blockstream Satellite service. According to the message, there are 400 file parts required to be combined together to form the prize, the files parts are spread around world at 1000 different locations. The message also encourages participant to work together by forming groups as it is nearly impossible to finish the game by solo attempt. Until recently there are 3 keys released into the public. The location of the keys are provided in the remaining paid article.

名前
サムネイル

ビットコイン発掘

ビットコインを手に入れるには、取引所などから購入する以外に、自分で発掘することもできます。これは、ゴールドを鉱山で発掘するのに似ています。 発掘することを英語でマイニングといい、発掘者のことをマイナーと呼びます。表紙の写真が実際のマイニング専用機です。 2017年冬ごろはビットコイン価格が高騰していることもあり、ライトコインの発掘をすることを決めました。ライトコインについては別の記事として投稿したいと思いますが、ビットコインが金だと例えると、ライトコインは銀と似ています。仮想通貨を発掘するには専用機が必要で、今回はAntminerL3+という機械を中国のBitmainから購入しました。専用機の価格は変動的で、発掘難易度や仮想通貨の価格により安くなったりします(ということが分かりました)。以下の表は専用機の価格が70%安くなった時点の各時点の専用機の返済期間を表しています。16万が5万で購入できるようになりました。これは発掘難易度が上がり(発掘枚数が2枚/月から1枚/月)、ライトコインの価格が下がったため、専用機の価格が下がりました。これは2018-01-01時点の価格と比較すると適正といえます。

名前

別れと出会いに関して

日本のビットコイン業界は黎明期から有名人がいました。1人目はサトシナカモト。2人目はMtGoxを経営していたマルクカルプレス。3人目がビットコインジーザスと呼ばれていたロジャーヴァーです。   これに留まらず、日本語堪能で三重大学の講師だったライトニングネットワーク発明者のタッジドライジャ。世界最速でバイナンスをビリオンダラー企業に育てたCZ。ビットコインコア開発のニコラドリエ。そして最強助っ人と言われている木下ジョナサン。